X

A blog about Oracle Japan News Portal

Recent Posts

Japan News Portal

鹿島建設、人材ポートフォリオの把握と分析による戦略的な人事施策の遂行を目的に、「Oracle HCM Cloud」を導入

本日、鹿島建設株式会社が、人材ポートフォリオの把握と分析による戦略的な人事施策の遂行を目的に、オラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」を導入し、2019年10月の稼働を目指していることを発表しました。発表資料はこちら。 鹿島建設は中長期的な企業の成長を支えるために、適材適所の人員配置や後継者育成などに戦略的に取り組もうとしています。そのためには、人材情報の一元管理による可視化、情報の有効活用や人事部門の生産性向上を実現できる仕組みが必要と判断しています。 そこで、2017年11月に、既存の人事システムを刷新し、人事管理アプリケーションの「PeopleSoft」と「Oracle HCM Cloud」のタレント・マネジメント機能の採用を決定しました。「PeopleSoft」は、Oracle Cloud上に構築されます。人事・給与・勤怠をクラウド上の「PeopleSoft」で管理、「PeopleSoft」と円滑に連携が可能な「Oracle HCM Cloud」のタレント・マネジメント機能を活用することにより、人材ポートフォリオの把握と分析による戦略的な人事施策の遂行、データに基づく客観的視点での適材適所の実現、データベースを活用した後継者候補のリストアップ・管理を目指しています。

本日、鹿島建設株式会社が、人材ポートフォリオの把握と分析による戦略的な人事施策の遂行を目的に、オラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」を導入し、2019年10月の稼働を目指していることを発表しました。発表資料はこちら。 鹿島建設は中長期的な企業の成長を支えるために、適材適所の人員配置や後継者育成などに戦略的に取り組もうとしています。そのためには、人材情報...

Japan News Portal

統計センター、Oracle Cloudを活用し、国勢調査などの統計データをLODとして公開

本日、独立行政法人統計センターが運用管理を行っている政府統計のポータルサイトである「政府統計の総合窓口(e-Stat)」において、国勢調査や経済センサスなどの統計データをLinked Open Data (LOD)*として公開する環境として、「Oracle Cloud」とグラフ・データベース「Oracle Spatial and Graph」を活用したシステムを、2019年1月に本格稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 * Linked Open Data (LOD):誰でも利用可能な全てのデータ同士がリンクしたデータのこと。オープンデータの公開レベルが5スターで位置づけられる 統計センターが運用している「e-Stat」は、2008年からサービスが開始され、各府省が公表する約600の統計調査のデータを一元的かつ総合的に提供しており、提供している統計表は約130万ファイルに上ります。日本政府が推進する「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」が定めるオープンデータの方針に則り、統計データのオープン化に取り組んでいます。その一環として、統計データを自動的・機械的に取得可能なAPI機能の整備を含む、オープンデータの高度化を推進するため、「e-Stat」の新たな機能として、国勢調査などの統計データをLODで提供しています。 統計LODでは、国勢調査、経済センサス、家計調査、社会・人口統計体系などの9つの統計調査のデータ、約13億トリプルのデータを統計LODとして提供しており、世界の各機関で提供している LOD と比べてもトップレベルの情報量です。また、LODの提供により、Web標準であるRDF*によるデータの標準化や、SPARQL**によるアクセス方法の標準化といったメリットも期待されています。 * RDF (Resource Description Framework):ウェブ上での言語やデータ構造・記述方法等に関する標準仕様 ** SPARQL:RDFを検索するための言語 統計センターでは2013年に、「e-Stat」のデータベースを「Oracle Exadata Database Machine」に移行し、2018年には同製品を更新するとともに、「Oracle Exalogic」を新たに導入することで処理性能と可用性を向上させました。そしてこのたび、RDFを含むグラフ・データベース機能や地理空間データ構築とその解析を支援する「Oracle Spatial and Graph」および「Oracle Database In-Memory」を、「Oracle Cloud」に構築し、統計LODを新しい環境で公開しました。

本日、独立行政法人統計センターが運用管理を行っている政府統計のポータルサイトである「政府統計の総合窓口(e-Stat)」において、国勢調査や経済センサスなどの統計データをLinked Open Data (LOD)*として公開する環境として、「Oracle Cloud」とグラフ・データベース「Oracle Spatial and Graph」を活用したシステムを、2019年1月に本格...

Japan News Portal

帝国通信工業、攻めのIT人材活用に向け、Oracle Cloudで効率的なデータベース運用基盤を構築

本日、帝国通信工業株式会社(本所:神奈川県川崎市中原区、代表取締役社長:一柳 和夫)が、同社の生産管理システムを構成するデータベース基盤を刷新し、「Oracle Database Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 帝国通信工業では、創業以来、多数のシステムを自社の情報システム部門で構築・管理してきました。その過程において、生産管理システムを構成するデータベースとして「Oracle Database」を導入していました。生産システムの拡張に伴い、システムを構成するデータベースも拡張され、現在ではデータベース・サーバーが9台のロケーションの異なる仮想サーバー上に散在していました。分散された仮想サーバー上のデータベース運用管理には、サーバー・リソースによるコストだけでなく、管理、パッチ適用などのメンテナンスの手間がかかり、情報システム部門の作業負担が課題となっていました。そこで、帝国通信工業では、データベースの更新を機会に、運用管理負担の軽減および運用コストの削減を実現するため、より効率的なデータベース運用管理を求め、データベースのクラウドへの移行を検討し、「Oracle Database Cloud」の採用に至りました。 帝国通信工業では、9台の仮想サーバー上に散在するデータベースを「Oracle Database Cloud」の機能である「Oracle Multitenant」を活用し、1台に集約し統合データベースを構築しました。その際に、自社情報システム部門の技術力に優れたエンジニアが、オラクルから提供される無償ハンズオン・トレーニングや無償トライアル環境を利用し、わずか1カ月で検証を完了、その後2週間でクラウド移行および統合データベースの構築を実現し、2019年1月より稼働を開始しています。  

本日、帝国通信工業株式会社(本所:神奈川県川崎市中原区、代表取締役社長:一柳 和夫)が、同社の生産管理システムを構成するデータベース基盤を刷新し、「Oracle Database Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 帝国通信工業では、創業以来、多数のシステムを自社の情報システム部門で構築・管理してきました。その過程において、生産管理システム...

Japan News Portal

日機装、迅速な意思決定を支援する経営基盤にオラクルのクラウドを導入

本日、特殊ポンプ、人工透析装置、水質調整システム、複合材成型品などを提供する日機装株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:甲斐 敏彦)が、迅速な意思決定と経営管理の効率化を目的にオラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 日機装は、経営基盤を整備し、経営層の迅速な意思決定を実現していく中で、従前の表計算ソフトによる属人的かつ煩雑な管理業務に課題を抱えていました。また、会計・売上・原価データが一元管理されていないことで、経営層へ報告する際の人的ミスなどのリスクが懸念されていました。このような予実管理業務を効率化・精緻化し、迅速な分析・意思決定を支える基盤として、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を評価し、採用に至りました。

本日、特殊ポンプ、人工透析装置、水質調整システム、複合材成型品などを提供する日機装株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:甲斐 敏彦)が、迅速な意思決定と経営管理の効率化を目的にオラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 日機装は、経営基盤を整備し、経営層の迅速な意思決定を実現して...

Japan News Portal

Oracle Utilities Opowerにより、世界の一般家庭で累計約23 テラワット時の節電量を達成

本日、「Oracle Utilities Opower Energy Efficiency」プログラムのサポートを受ける世界各地の一般家庭において、約23テラワット時(TWh)の累計節電量を達成したと発表しました。これは、大阪府の全世帯に必要な電力約1年分、または日本におけるすべての個人用携帯電話を74年間充電できる電力に匹敵します。発表資料はこちら。 「Oracle Utilities Opower」は、消費者エネルギー効率プログラムを2008年に初めて市場に発表しました。これには、世界初の行動情報に基づく家庭向け省エネレポート(HER)が含まれます。これらのレポートは、データ分析と行動科学を組み合わせ、電力消費者がエネルギー消費についてより深く理解できるだけでなく、自分たちにとって意味がある場合に無駄を減らす行動をとるように促します。プログラム発表から10年、累計23 TWhというマイルストーンとなる節電量を達成したことは、エネルギー事業者とその消費者がこれらのプログラムを積極的に受け入れ、行動変容を促すことで、電力の浪費とそれに伴う二酸化炭素排出を大幅に削減できることを証明しています。 2017年に日本の環境省の委託を受けたオラクルは日本の大手エネルギー事業者5社と連携し、「Oracle Utilities Opower Energy Efficiency Cloud Service」を利用して電力消費に関するパーソナライズされた洞察と、効率に関するアドバイスが記載された家庭向け省エネレポート(HER)を年に4回、エネルギー事業者あたり6万世帯(合計30万世帯)に送付しました。 2018年4月、環境省は家庭向け省エネレポート(HER)を受け取っている家庭とそうでない家庭を比較した結果、電力消費量が平均で2%、少なかったことを発表しました。わずかな効果に見えるかもしれませんが、環境省の計算では、日本の全家庭が1年間で2%節約することは、古い冷蔵庫2,600万台を交換する(そのためのコストは約3兆円)または80万世帯に太陽光発電パネルを設置する(そのためのコストは約1.4兆円)ことに匹敵します。  

本日、「Oracle Utilities Opower Energy Efficiency」プログラムのサポートを受ける世界各地の一般家庭において、約23テラワット時(TWh)の累計節電量を達成したと発表しました。これは、大阪府の全世帯に必要な電力約1年分、または日本におけるすべての個人用携帯電話を74年間充電できる電力に匹敵します。発表資料はこちら。 「Oracle...

Japan News Portal

H.I.S.、迅速な経営判断と予算管理業務の効率化を目的に、オラクルのクラウドを導入

本日、株式会社エイチ・アイ・エス(以下:H.I.S.)が、一度のデータ入力・分析とリアルタイムなデータの可視化による、迅速な経営判断と予算管理業務の効率化を目的に、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。 H.I.S.は、旅行事業、テーマパーク事業、ホテル事業の3つの柱を中心に、新たな事業展開に加え、拡大成長する世界の旅行市場を取り込み、法人旅行やオンライン事業、訪日事業など、国内の旅行事業も強力に推進しています。旅行商品が約2,000種類あり、例えば方面別の商品の収益把握に時間がかかるなど、データ収集や商品別のレポート集計に係る業務負荷などの課題を抱えていました。また、経営層への報告はリアルタイムではなく、緊急を要する問題の特定ができないなど、迅速な意思決定に課題がありました。クラウド上で予算管理に係るデータをリアルタイムに収集・可視化し、膨大な数の商品を様々な軸で分析し、経営情報として有効活用できる仕組みを検討し、また、社員が重複するデータ入力作業から解放され、管理業務を効率化できるソリューションとして、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用しました。

本日、株式会社エイチ・アイ・エス(以下:H.I.S.)が、一度のデータ入力・分析とリアルタイムなデータの可視化による、迅速な経営判断と予算管理業務の効率化を目的に、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。 H.I.S.は、旅行事業、テーマパーク事業、ホテル事業の3つの柱を中心に、新たな事業展開...

Japan News Portal

三越伊勢丹システム・ソリューションズと共同で、Oracle Exadataを活用した三越伊勢丹グループ内の顧客・商品データ分析基盤を刷新

三越伊勢丹ホールディングスのグループ会社、株式会社三越伊勢丹システム・ソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三部 智英)と共同で、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine(Oracle Exadata)」を導入し、三越伊勢丹グループ百貨店・クレジットカードの顧客データや商品データを一元的に管理する基盤を新たに構築支援したことを発表しました。発表資料はこちら。 三越伊勢丹システム・ソリューションズは、従来、データウェアハウス専用機を使用し分析用データの管理を行っていましたが、高い保守・運用コスト、リソースの制約などが課題となっていました。そこで、今後さらなる処理量の増大にも対応できるシステム基盤を新たに構築するため、データウェアハウス専用機からのデータ移行において豊富な実績を有する「Oracle Exadata」の導入を決定しました。 システム選定にあたっては、従来データウェアハウス専用機と同等以上の処理速度が確保でき、ピークが最大化する日時のデータ検索量にも耐えうる「Oracle Exadata」の高い性能が評価され、また、従来機のサポート・エンジニアと比較して、「Oracle Database」の知識を保有するエンジニアが三越伊勢丹システム・ソリューションズに多数いることも評価のポイントになりました。

三越伊勢丹ホールディングスのグループ会社、株式会社三越伊勢丹システム・ソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三部 智英)と共同で、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database...

Oracle Japan Information

Oracle Cloudについて教えてくれる、パートナー企業問い合わせ窓口を開設

本日2019年2月1日に、オラクルのクラウド・サービス「Oracle Cloud」を販売・導入するパートナー企業が、見積支援などを行う問い合わせ窓口として「Oracle Cloud Desk」(オラクル・クラウド・デスク)を開設しました。 国内において、新たにデータセンターの開設を予定しており、「Oracle Cloud」に関するパートナー企業からの問い合わせが増加しています。内容も、情報収集を目的としたものから、より複雑で詳細な案件が多くなり、パートナー企業の支援を強化する観点から、専用の問い合わせ窓口を設置することとなりました。 今後は問い合わせ対応に加え、「Oracle Cloud Desk」を起点としてパートナー企業向けの各種販売支援やキャンペーンなどを積極的に展開していきます。 「Oracle Cloud Desk」問い合わせメールアドレス:cloud_desk_jp_grp@oracle.com 祝日を除く月曜日から金曜日、9:00~12:00, 13:00~17:00 Q:誰でも相談できますか? A:「Oracle Cloud Desk」はパートナー企業向け相談窓口ですが、OPN(Oracle Partner Network)会員はもとより、未加入の方でもご利用頂けます。 Q:どのようなことが相談できますか? A:「Oracle Cloud」に関連するお問い合わせであれば、原則、ご相談頂けます。 例えば: 「クラウド・サービスの詳細を知りたいんですが」 IaaSからPaaS, SaaSまでワンストップで対応いたします。各クラウド・サービスの内容から、価格体系、BYOL(Bring Your Own License)や現在展開中のキャンペーン詳細に至るまで、お気軽にお問合せください 「『Oracle Cloud』を使う場合の費用はいくらになりますか?」 ヒアリング・シートを基に「Oracle Cloud」を利用する場合の費用を概算でご案内します。他社クラウド・サービスの見積もりと比較してみたい、というご要望にもお応えします。 「オンプレミスの環境からクラウド環境への移行を考えているのですが」 移行先の構成や移行プロセスのご相談などに加え、実際にご検討頂いている案件について直接ご相談頂くことも可能です。 「『Oracle Cloud』を取り扱うにはどうすれば良いですか?」 パートナー制度のご紹介から再販権取得手順や技術者育成プログラムの紹介など「Oracle Cloud」でのビジネスを希望されるパートナー企業に必要な情報をご提供します。 「電話でも相談可能ですか?」 基本的にメールでの対応とさせて頂いておりますが、複雑な案件の場合など、電話でのお話を希望される場合には、ご希望いただければ、「Oracle Cloud Desk」より電話をかけさせて頂くことも可能です。

本日2019年2月1日に、オラクルのクラウド・サービス「Oracle Cloud」を販売・導入するパートナー企業が、見積支援などを行う問い合わせ窓口として「Oracle Cloud Desk」(オラクル・クラウド・デスク)を開設しました。国内において、新たにデータセンターの開設を予定しており、「Oracle Cloud」に関するパートナー企業からの問い合わせが増加しています。内容も、情報...

Japan News Portal

イビデン、将来のERPの在り方を再検討し、次世代の経営基盤としてオラクルのクラウドERPを選択

本日、イビデン株式会社(本社:岐阜県大垣市神田町、代表取締役社長:青木 武志)が、欧州生産子会社において既存ERPの購買・在庫・会計・固定資産を「Oracle ERP Cloud」で刷新し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 イビデンは、ICパッケージ基板、プリント配線板などの電子事業と、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)、特殊炭素製品(グラファイト)などのセラミック事業を主力に、国内外37社の連結子会社で事業展開しています。2012年に創立100周年を迎えたイビデンは、環境変化に対応し、次の100年も成長を持続するため、2018年度から5カ年の新中期経営計画:To The Next Stage 110 Planを始動し、既存事業の競争力強化、新規事業の拡大、人財育成、ESG経営の推進に取り組んでいます。2000年台前半から積極的な海外展開を進め、従来からERPを導入してきましたが、拠点ごとの更新やハードウェアの運用・保守コスト、リソースの増大などが課題としてあげられてきました。そのため、今回更新を機に、次世代のERPについて議論を重ね、事業成長を支える経営基盤を検討しました。 検討の結果、クラウド・アプリケーションの利用によって更新業務がなくなり、本社が一括してERPを管理することで、保守コストの低減、業務フロー標準化、現場の見える化が実現でき、常に最新のテクノロジーを活用できるERPとして「Oracle ERP Cloud」を選択しました。移行に係る導入コストは、従来比で約半分に抑えることができ、将来的には、システム保守コストの低減も見込んでいます。  

本日、イビデン株式会社(本社:岐阜県大垣市神田町、代表取締役社長:青木 武志)が、欧州生産子会社において既存ERPの購買・在庫・会計・固定資産を「Oracle ERP Cloud」で刷新し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 イビデンは、ICパッケージ基板、プリント配線板などの電子事業と、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)、特殊炭素...

Japan News Portal

福利厚生事業を展開するベネフィット・ワン、デジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウドで経営管理基盤を刷新

本日、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石 徳生)がデジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 ベネフィット・ワンは、福利厚生業界大手として、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービスなど、約140万件のサービスを特別価格で利用できる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供しています。 ベネフィット・ワンでは、プロジェクトごとの予算を表計算ソフトにて運用、関連データの収集・集計・分析を行っていましたが、その業務が煩雑であり、現状の把握をおこなうためにコスト、時間がかかるという課題がありました。全社で取り組んでいるデジタル・トランスフォーメーションの一環として、このようなプロジェクト管理業務を効率化し、利益の見える化や生産性の向上が実現できる経営基盤を必要としていました。 ベネフィット・ワンは、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の以下の特長を評価し、採用に至りました。 人事、カスタマー・サービスにおいてオラクルのクラウドを既に活用しており、各業務のデータ連携が容易で、将来的に、プロジェクト・コードをオラクルの会計・購買クラウドと円滑に連携できる 一元管理されたデータにアクセスすることで、プロジェクト別の実績データ収集・分析・報告までの効率的な管理と、経営情報の見える化を実現できる 担当者の要望に合わせて、売上軸での分析など「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を段階的かつ柔軟に拡張が可能である  

本日、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石 徳生)がデジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 ベネフィット・ワンは、福利厚生業界大手として、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービスなど、約140...

News Release

クラウド・ビジネス成長計画を推進。新しいデジタル・セールス拠点を開設

本日、日本オラクルの東京都港区北青山の本社内に新しいデジタル・セールス拠点となる「Oracle Digital Hub Tokyo(オラクル・デジタル・ハブ 東京)」を開設したことを発表しました。発表資料はこちら。 「Oracle Digital Hub Tokyo」は、国内における「Oracle Cloud」への需要の高まりに応じた日本オラクルのクラウド成長計画の一環として、デジタル・トランスフォーメーションによるお客様の生産性向上に貢献する体制を強化していきます。 2019年1月から本格稼働した「Oracle Digital Hub Tokyo」には、全国の中堅・中小企業をカバーする、オラクルのクラウド・アプリケーションとクラウド・テクノロジー製品のデジタル営業組織「Oracle Digital」、クラウドERP「Oracle NetSuite」の部門が所在し、お客様の効率的なクラウド移行を支援することに重点が置かれています。また、これらの組織は、スタートアップ企業のようなクリエイティブな発想を活かしながら、最新のコラボレーション・ツールや、セールス・エクスペリエンスを展開するためのテクノロジー・営業手法を駆使し効果的なサポートをタイムリーに提供します。

本日、日本オラクルの東京都港区北青山の本社内に新しいデジタル・セールス拠点となる「Oracle Digital Hub Tokyo(オラクル・デジタル・ハブ 東京)」を開設したことを発表しました。発表資料はこちら。「Oracle Digital Hub...

Japan News Portal

全国約2,000万件超の賃貸物件を掲載するakibaco、オラクルのクラウドを活用し、カスタマー・サービスを強化したWebサイトとして刷新

本日、TRANSIBLE株式会社が不動産検索サイトakibacoの刷新に向け、オラクルのカスタマー・サービスのクラウド「Oracle Service Cloud」と、エンタープライズ・アプリケーションを実行できるセキュアな基幹業務インフラストラクチャを提供する「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。 TRANSIBLEは、価値あるビッグデータの活用を活かしたインターネット情報サービスを行う合弁会社として設立しました。TRANSIBLEが提供する第一弾のサービスとして、全国約2,000万件超の賃貸物件を掲載する不動産検索サイトakibacoを運営しています。セキュアな環境上でWebサイトを構築し、カスタマー・サービスをより充実させることで、他社が提供する不動産検索サイトとの差別化を図る目的で、一部のWebサイトを「Oracle Cloud Infrastructure」上に構築し、「Oracle Service Cloud」により、Webサイト上で自己解決を促進し、顧客満足度を向上する仕組みを構築しました。 今回導入した「Oracle Service Cloud」の人工知能機能により、問合せ頻度の高い質問への回答を優先的に表示し、Webサイトで利用者の自己解決を支援します。契約に関する手続き情報だけでなく、不動産を検索している利用者にとって有益な地域情報や物件探しに役立つ情報などのコンテンツを充実させることで、カスタマー・エクスペリエンスの向上を図っていきます。  

本日、TRANSIBLE株式会社が不動産検索サイトakibacoの刷新に向け、オラクルのカスタマー・サービスのクラウド「Oracle Service Cloud」と、エンタープライズ・アプリケーションを実行できるセキュアな基幹業務インフラストラクチャを提供する「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。 TRANSIBLEは、価値あるビッグ...

Japan News Portal

NEC、オラクルのDMPを採用し、オラクル・マーケティング・オートメーションとの連携により、データドリブン・マーケティングを加速

日本電気株式会社が、サード・パーティ・データを活用した顧客に最適化された広告キャンペーンを実施する目的で、クラウド型データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)「Oracle BlueKai」を採用したことを15日発表しました。発表資料はこちら。 NECは2016年7月、マーケティング・オートメーションの「Oracle Eloqua」を利用開始し、ターゲット属性やエンゲージメントをスコアリング機能で分析し、お客様に合わせたメール配信を行ってきました。利用開始前と比較し、CTR (Click Through Rate:クリック率)が約7倍に向上するなど成果を上げてきました。次のステップとして、オンライン上での顧客とのさらなるコミュニケーション拡大が課題となっていました。また、国内のみならず海外でのブランディング向上に向けた施策として、メディアを活用した広告配信を行っていましたが、最適なターゲットに向けたより効果のある広告配信を実施したいという要望がありました。そこで、海外でも豊富なサード・パーティ・データを提供する「Oracle Data Cloud」と、自社のファースト・バーティ・データと組み合わせて最適な広告配信が実現できるDMPとして「Oracle BlueKai」の採用を決定しました。 NECでは、「Oracle BlueKai」と「Oracle Data Cloud」を以下の点で評価しています。 現在稼働している「Oracle Eloqua」との連携に開発の必要がなく、マーケティング担当者は、セグメント別にターゲットした顧客への広告配信と、分析などが一元的に行える点 「Oracle Data Cloud」は、50億を超えるサード・パーティ・データを保持しており、日本および海外市場における最適なオーディエンスのターゲティングが可能であることに加え、「Oracle BlueKai」を介して、広告主側のプラットフォームであるDSP (Demand-Side Platform)、ソーシャル・ネットワークの広告、検索広告などを柔軟に選択でき利用が可能な点 NECのセキュリティ基準をオラクルのクラウド・サービスが満たしており、一連のマーケティング活動を、クラウド上でセキュアに管理が可能な点に加え、長年のパートナーシップによるオラクルへの高い信頼

日本電気株式会社が、サード・パーティ・データを活用した顧客に最適化された広告キャンペーンを実施する目的で、クラウド型データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)「Oracle BlueKai」を採用したことを15日発表しました。発表資料はこちら。 NECは2016年7月、マーケティング・オートメーションの「Oracle Eloqua」を利用開始し、ターゲット属性やエンゲージメントをスコアリング機...

Oracle Japan Information

サンフランシスコ・ジャイアンツとオラクル、「Oracle Park」命名を発表

米大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツとオラクルは本日、オラクルが2038年までの球場の命名権(ネーミング・ライツ)を保有することを含めた20年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。本日よりAT&Tパークの名称は「Oracle Park(オラクル・パーク)」となります。契約金額は公表されていません。 ジャイアンツ球団社長兼最高執行責任者(CEO)のローレンス・M・ベールは次のように述べています。「オラクルを当球団のネーミングライツ・パートナーに迎え、ここチャイナ・ベイシンの球場での新たな10年が始まることを非常に嬉しく思います。この球場の命名権の取得に関しては、全米規模の企業から地元企業まで、複数の企業に関心を寄せていただきましたが、ジャイアンツ球団にとって長年のパートナーであるオラクルはこのベイエリアに深く根付いている企業であり、テクノロジーとイノベーションの分野における世界的リーダーとしての地位や、コミュニティに価値をもたらすダイバーシティとインクルージョン、サスティナビリティ、教育やフィランソロピーに取り組むというコミットメントを共有しているという面でも、当球団にとって最もふさわしい企業だと言えます。今後、パートナーシップモデルの構築に取り組んでいくことを楽しみにしています」 オラクルのCEO、マーク・ハード(Mark Hurd)は今回の契約について、次のように述べています。「当社は全米で最もすばらしく、最も由緒ある球場の1つが今後、Oracle Parkと呼ばれることを、この上なく誇らしく思います。ジャイアンツはこれまで常に先頭に立って野球界に革新的な体験をもたらしており、当社もそうした伝統を引き継げることを大いに嬉しく思います。今後、球団と協力してすばらしいファン体験を創造し、魅力的なプログラムを開発してこれまでとは違ったやり方でファンを惹きつけ、コミュニティにインパクトを与えて行こうと考えています」 契約のハイライト 球場設備およびテクノロジーのアップグレード:オラクルはジャイアンツ球団と提携し、今後5年間で最先端技術を取り入れたスコアボードおよびサイネージの導入を含めた複数の球場設備の改修に投資します。ジャイアンツ球団とオラクルはファンのために、最新テクノロジーを活用したユニークな体験の創造にも取り組みます。球場のその他の改修内容については、今後数週間のうちに改めて発表します。 コミュニティプログラムの開発:ジャイアンツ球団とオラクルは、コミュニティ向けにシグネチャー・アウトリーチプログラムを開発します。 ホスピタリティとエクスペリエンス:オラクルとジャイアンツ球団はオラクルの顧客やコミュニティメンバーを取り込むユニークなスポーツ・ホスピタリティ体験の構築で協力します。 ジャイアンツとオラクルのパートナーシップの歴史 オラクルとジャイアンツ球団は長年にわたってパートナーシップを結んでおり、これまでさまざまなプロモーションや広告、慈善活動に協力して取り組んできました。たとえば、オラクルは過去15年間、「Giants Community Spotlight(ジャイアンツコミュニティ・スポットライト)」のスポンサーを務めてきました。これは、試合中のスコアボードに映像を流し、ベイエリア地域の話題や重要なお知らせを伝えたり、ジャイアンツが多数の非営利パートナーと組んで行っているコミュニティへの貢献活動を紹介したりするものです。 また、オラクルはジャイアンツ球団の100%子会社で、野球以外の事業や特別なイベントの開催を担当するGiants Enterprises(ジャイアンツ・エンタープライゼズ)のスポンサーも務めており、Oracle OpenWorld CloudFestコンサートは過去3年間、ジャイアンツの球場で開催されました。

米大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツとオラクルは本日、オラクルが2038年までの球場の命名権(ネーミング・ライツ)を保有することを含めた20年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。本日よりAT&Tパークの名称は「Oracle Park(オラクル・パーク)」となります。契約金額は公表されていません。ジャイアンツ球団社長兼最高執行責任者(CEO)のローレンス・M・ベールは次のよう...

Japan News Portal

BlueMeme、アジャイル開発サービス対応基盤としてOracle Cloudを採用

本日、株式会社BlueMemeが超高速開発基盤「OutSystems」を用いたアジャイル開発サービス「agile SDK™」の対応基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。また、同社では、社内システムおよびトレーニングの基盤としても「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しています。 BlueMemeは、ソフトウェア開発の分野における自動プログラミング技術と、2001年に宣言されたアジャイル開発手法を組み合わせることによって、大規模かつ複雑な業務アプリケーションの開発生産性を大きく向上させることを目的として、2009年6月に設立しました。プログラマのコーディング作業を自動化する自動プログラミング技術と、少人数で効率的な開発を実現するアジャイル開発手法、深層学習技術によるモデルデータ分析を活用することで、プログラマやエンジニアを活用することなく、業務アプリケーションを使用するユーザー自身が業務アプリケーションの開発を行うという、シチズンデベロッパーによるイノベーションの実現をコーポレートミッションとして事業を展開し、超高速開発基盤「OutSystems」、最新のサーバーレスアーキテクチャを採用した次世代型の統合認証基盤「Auth0」、NoSQLデータベース「MarkLogic」などの製品および開発サービスを提供しています。 現在、企業システムのクラウド化とスマートデバイスの急速な普及に伴うIT人材の不足が顕著化しており、プログラマを必要としない自動プログラミング技術と、少人数チームによるアプリケーション開発が可能なアジャイル開発手法が注目されています。また、中長期的には、ITを活用した新たなビジネスモデルの登場とともに、業務アプリケーションのモジュール化と短命化が進み、現在の業務アプリケーション開発の大部分において自動プログラミング技術を活用したアジャイル開発への需要拡大が見込まれます。BlueMemeは、2012年に日本で初めて超高速開発基盤「OutSystems」の導入及び付随する開発を顧客へ提供して以来、「OutSystems」の販売、ローカライゼーション、トレーニング及び日本国内の製品サポートを提供してきたほか、「OutSystems」を用いたアジャイル開発サービス「agile SDK™」を提供してきました。BlueMemeは、本サービス提供に関して、エンタープライズ・クラスのシステム構築のノウハウをそのままクラウドで活用でき、かつ優れたパフォーマンスとセキュリティを低コストで実現するパブリック・クラウドを検討していました。さらに、中長期的なアジャイル開発の需要拡大や変化する顧客のニーズに対応するため、柔軟なリソースおよびサービス拡張に対応するクラウド・インフラストラクチャを探していました。

本日、株式会社BlueMemeが超高速開発基盤「OutSystems」を用いたアジャイル開発サービス「agile SDK™」の対応基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。また、同社では、社内システムおよびトレーニングの基盤としても「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しています。 BlueMemeは、ソフ...

Japan News Portal

クラウドへ移行する際にデータが最優先される理由とは

オラクルは、エンタープライズのワークロードに適したパフォーマンス、セキュリティを低コストで利用できるように設計した第二世代の「Oracle Cloud Infrastructure」を発表しました。ある研究機関によると、全世界でクラウドに移行されたエンタープライズのワークロードは未だ15~30%と言われており、本格的な移行はまだこれからという見方もあります。エンタープライズにおけるクラウドへの移行を考える際に、自社の機密性の高いデータをどのように扱うかの議論が必要となります。 このブログでは、オラクル・コーポレーション、Oracle Cloud Infrastructure プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデントを務めるカイル・ヨーク(Kyle York)が執筆した、クラウドの検討になぜデータの議論が優先されるべきなのかを解説する記事「Why your data should be priority one as you build your cloud computing plan」を日本語で紹介します。 ================== クラウドへ移行する際にデータが最優先される理由とは オラクル・コーポレーション カイル・ヨーク 最も重要なビジネス・アセットは何かとCIOに尋ねれば、企業データという回答が最も多くなるはずです。 結局のところこれは、企業がどのような素材や製品を誰からどのような条件で購入するかに関する情報です。掴みどころのない「データ」という用語には、販売した製品とサービス、販売先、雇用する従業員、顧客とパートナーに関する情報も含まれます。これらが組み合わされたデータが組織の活力の元となります。 一部のデータは、外部の規制団体による規則の対象となります。その多くは、企業内の特定グループの占有情報であり、細心の注意を払って取り扱う必要があります。「データは新たな石油だ」という主張は最近非難を浴びてしまっていますが、組織が生成する組織に関するデータこそがビジネスを前進させる推進力であると言っても過言ではありません。 データは後から考えることではなく最初の仕事 これから述べるすべての理由により、データ(およびそのデータに対して実行されるアプリケーション)をクラウドへ移行する判断は、何よりもまず、データの議論から始める必要があります。 クラウド・コンピューティングを取り巻く環境は、初期の頃とは大きく様変わりしました。10年ほど前、大企業内のスタートアップや小規模な開発チームはクラウドに殺到しました。ソフトウェアで新たな開発・テストを実施するためのコンピューティングとストレージ・リソースを第三者のデータセンタ(クラウド)に「スピンアップ」するためです。リソースを必要時に利用し、終わったらシャットダウンする従量の課金モデルは(多くが個人クレジット・カードまたは小口現金で支払われていました)、新しいソフトウェアのプロトタイプを短時間で作成したいチームにとって魅力的でした。 こうした活動は通常、CIOやその他のITリーダーの管轄外で、大量のデータを第三者のインフラストラクチャに移行することなく行われていました。 今ではこの状況は大きく変わりました。大企業やそのITリーダーたちは、既存の重要なアプリケーションやデータでさえもクラウド・インフラストラクチャ(オンプレミスであれ、パブリック・クラウドであれ)に移行する必要があることを認識しています。 楽しさやゲームを超えたクラウドの大きな可能性 ビデオゲームの「Angry Birds」を実行するのと同じタイプのインフラストラクチャに企業データを委ねることは、CIOの理にかなっているのでしょうか。「Angry Birds」やそれを実行するクラウドを軽視するわけではありませんが、ユースケースは大きく異なります。 ゲーム中に動作が停止したり、不安定になったりすると、人はイライラしますが、誰もがすぐに落ち着きを取り戻します。しかし、メーカー、銀行、医療機関が、在庫を追跡できない、取引を記録できない、処方薬を揃えられないとなると、その影響はかなり深刻です。 CIOと他の最高責任者は、データベースを含むクラウド・システムからネットワークの末端に至るまで、候補となっているクラウド・インフラストラクチャにセキュリティ保護が組み込まれていることを確認する必要があります。さらに、重要なオペレーションに使用されるデータベースが、新しいホームで効率的かつ安全に実行されることを確認する必要があります。 新しいクラウドのセキュリティ機能がデータベース・ソフトウェアの自律的な更新とパッチ適用にも対応しているのであれば、それは魅力的であり、さらに、インターネットやネットワークの末端でシステムの変動を監視する早期警告システムも用意されているのであれば、より魅力的かつ強力になります。 クラウド移行に関する誇大広告にもかかわらず、ほとんどの大企業が重要なデータベースと連携したエンタープライズ・アプリケーションをまだクラウドに移行していないことは明白です。ある研究機関の推定によれば、これまでに移行されたエンタープライズ・ワークロードは全体の15~30%に過ぎません。つまり、仕事はまだ山のように残っています。 しかし、実際に移行する前に、重要な自社データを扱うのに最も適したクラウド・インフラストラクチャを企業が慎重に検討することには当然のことと言えます。データ処理を合理化し、保護するための人工知能、機械学習、アナリティクスが注意深く組み込まれたインフラストラクチャは、将来の成功の確率を大幅に向上することができるでしょう。

オラクルは、エンタープライズのワークロードに適したパフォーマンス、セキュリティを低コストで利用できるように設計した第二世代の「Oracle Cloud Infrastructure」を発表しました。ある研究機関によると、全世界でクラウドに移行されたエンタープライズのワークロードは未だ15~30%と言われており、本格的な移行はまだ...

Japan News Portal

ドラッグストア・調剤薬局のココカラファイン、経営管理の効率化と利益構造の改善に向けた経営基盤としてオラクルのクラウドを活用

本日、株式会社ココカラファインが、経営管理の効率化と利益構造の改善に向けた経営基盤としてオラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 ココカラファインは、ドラッグストア事業と調剤事業を柱に、介護、在宅調剤、インターネット販売などの健康関連サービスを提供しています。ドラッグストア業界は、競合各社の積極的な出店や、オンラインなどによる購買チャネルの多様化、法・規制緩和、異業種を交えた業務・資本提携やM&Aなどが行われ、市場環境が著しく変化しています。同社においても、2013年4月に6社が合併し事業が拡大する中、各社の業績評価指標、業務プロセスなどが統一されていないことや、表計算ソフトを用いた各店舗との予算および実績集計・配賦業務が非常に煩雑でした。そのため、このような予実管理業務を効率化し、利益構造の改善に向けた迅速な分析・意思決定のための経営基盤を必要としていました。 ココカラファインは、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の以下の特長を評価し、採用に至りました。 担当者が一元管理されたデータにアクセスでき、部門・プロジェクト別での予実データ収集・分析・報告までの効率的な管理と、経営情報の見える化を実現できる点 経営企画担当者によるアプリケーションの管理が容易で、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の最新情報などを参考に画面やレポートなど改善しながら活用し続けられる点 システム運用・バージョンアップ工数の削減、高度なセキュリティを実現できるSaaS(Software as a Service)のアプリケーションであり、短期導入が可能である点

本日、株式会社ココカラファインが、経営管理の効率化と利益構造の改善に向けた経営基盤としてオラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 ココカラファインは、ドラッグストア事業と調剤事業を柱に、介護、在宅調剤、インターネット販売などの健康関連サービスを提供しています。ドラッグストア業界は、競...

Japan News Portal

INDETAIL、「多言語対応スマートチェックインサービス」開発にオラクルのブロックチェーンを採用

本日、株式会社INDETAILが開発する「多言語対応スマートチェックインサービス」における宿泊予約情報などのデータ管理を行う基盤として、「Oracle Blockchain Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 INDETAILは、札幌に拠点を置き、ブロックチェーン / AI戦略立案・開発などのビジネス・ソリューション、ソーシャルゲーム運営におけるデータ分析・開発などのゲームサービスの分野でニアショアサービスを展開しています。地方拠点によるコスト優位に加えて、ブロックチェーン、AIなどの先進性の高い技術とノウハウを活用し、開発、分析、サービス提案、運用までワンストップで対応し、お客様の課題解決および新たな価値創造を支援しています。 INDETAILは、「IoT×AI×ブロックチェーン活用 インバウンド向け宿泊施設多言語スマート化事業」を進めており、同事業は2018年6月には中小企業等経営強化法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画「新連携」として認定されています。同事業では、昨今の宿泊業界におけるインバウンド需要に対応する人材不足および多言語対応の課題への対策として、IoT、AI、ブロックチェーンを駆使し、専用のスマートボックスを開発することで、無人かつ多言語でチェックイン機能やコンシェルジュ機能(質問・回答、施設案内等)を提供するスマートサービスの実用化を目指しています。この事業計画の開発にあたり、INDETAILでは、個人情報を含む宿泊予約情報や決済情報などのデータ管理に、高い耐改ざん性や堅牢性が特徴であるブロックチェーンの採用を決定しました。選定にあたっては、より確実で安心な取引を実現するために、エンタープライズ・クラスの信頼性を提供するブロックチェーン・ネットワーク構築および運用基盤を求めていました。 INDETAILでは、これらのニーズを満たすブロックチェーン・ネットワーク構築および運用基盤として、保存データの暗号化とポイントインタイム・リカバリのための元帳の常時バックアップを活用する高いセキュリティ、柔軟性、拡張性を備えたエンタープライズ要件を満たす機能の提供、フルマネージドサービスによる環境構築と運用管理の迅速化およびシンプル化、オープンなブロックチェーン基盤、「Oracle Cloud」で提供するIaaS、PaaSおよびSaaSとの迅速な連携と展開を評価し、「Oracle Blockchain Cloud」の採用を決定しました。

本日、株式会社INDETAILが開発する「多言語対応スマートチェックインサービス」における宿泊予約情報などのデータ管理を行う基盤として、「Oracle Blockchain Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 INDETAILは、札幌に拠点を置き、ブロックチェーン / AI戦略立案・開発などのビジネス・ソリューション、ソーシャルゲーム運営におけるデータ分析・開発などのゲーム...

Japan News Portal

愛媛銀行、お客様対応チャット・サービスをオラクルのモバイル開発クラウドで構築

本日、株式会社愛媛銀行が、お客様対応品質の向上を目的に新規導入するチャット・サービスの開発および運用基盤として、「Oracle Mobile Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。   同行のチャットボット・サービスは、「Oracle Mobile Cloud」の他に、AIにより利用者からの質問を理解し、最適な回答を返す「Oracle Service Cloud」、会話内容データを安全に保管することで、利用者により安心して使ってもらえるようにする「Oracle Database Cloud」など、「Oracle Cloud」サービス群を使用し、2018年7月から構築を開始し、明日10月30日より、サービス提供開始となります。また本件は、株式会社ケンファースト(本社:東京都千代田区外神田、代表取締役社長:畠山 憲一)が開発、導入支援を行いました。   愛媛銀行は第16次中期経営計画において、インターネット社会の到来、AI・IoTの活用などによる、お客さまのニーズ、地域社会の変化や多様化に向き合い、変革に挑戦することを表明しています。なかでも、お客様本位の業務改革の一つとして、AI、FinTech、RPAなどの戦略的な投資を強化し、お客様のライフスタイル変化に対応したサービス強化に努めています。その一環として、お客様が24時間利用可能なサービスを実現するため、これまで社内で蓄積してきたお客様からの問い合わせ対応情報を活用したFAQベースのチャット・サービス「ひめぎんチャットボット」の導入を決定しました。    

本日、株式会社愛媛銀行が、お客様対応品質の向上を目的に新規導入するチャット・サービスの開発および運用基盤として、「Oracle Mobile Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。   同行のチャットボット・サービスは、「Oracle Mobile Cloud」の他に、AIにより利用者からの質問を理解し、最適な回答を返す「Oracle...

Japan News Portal

オラクルとKPMG、クラウドセキュリティに関する意識調査を実施

KPMGコンサルティングと日本オラクルは、オラクル・コーポレーションとKPMGが共同で実施したクラウドセキュリティに関する意識調査をまとめたレポート「オラクルとKPMGによるクラウドの脅威レポート 2018年」(日本語版)を発行しました。 本レポートは、企業におけるクラウドサービスの導入と利用が進む中、オラクル・コーポレーションとKPMGが米国、カナダ、英国、オーストラリア、シンガポールの5カ国のサイバーセキュリティおよびIT専門家450人を対象に、クラウド利用におけるセキュリティの現状について調査したものです。 今回の調査では、回答者の90%が、自社がクラウド上に保管しているデータの半数以上が機密性の高いデータであると回答しています。パブリッククラウド環境のセキュリティについて、回答者の83%が、自社のオンプレミス環境と同等あるいはより安全であると考えていることが明らかになり、多くの企業がパブリッククラウド環境のセキュリティを信頼していることが伺えます。 さらに、今回の調査では、60%が自社の持つデータの4分の1以上がクラウド上に保管されていると回答しました。一方で、97%がクラウドを利用するにあたり自社内にクラウドセキュリティポリシーを定義していると回答する中で、82%は自社の従業員がこのポリシーに従うかどうかを懸念していると回答しており、シャドーITや部門で利用しているクラウドサービスからのセキュリティインシデントが懸念されます。 今回の調査では、クラウド上における機密性の高いデータの保管が増える中、38%の回答者が、サイバーセキュリティの最優先課題として、クラウド上のセキュリティインシデントの検出・対処を挙げています。また、31%が自社にセキュリティアーキテクトを設置しているとする一方、41%がクラウド・セキュリティアーキテクトを設置しているとし、84%の企業が高度な攻撃者から効果的に防御するために、より多くの自動化を活用するとコミットするなど、企業のクラウドセキュリティに対する意識の高さが伺えます。 一方で、KPMGコンサルティングが昨年国内の大手企業を対象に実施した企業のサイバーセキュリティに関する実態調査「サイバーセキュリティサーベイ2017」では、47%の日本企業がセキュリティ対策において必要な人材の確保・育成ができていないと回答し、さらに、セキュリティ対策での課題として、セキュリティに知見を持つ実務担当者がいないことを挙げる企業が64%存在しています。そのため、日本企業においても、海外と同様、クラウドを含めたセキュリティを専門的に担う担当者の設置が望まれます。 <その他の主な調査結果> セキュリティに関連した従業員によるパソコン操作などのセキュリティイベントデータを効果的に分析し、それに対処できているとする回答は14%に留まりました。 今年5月に施工された欧州の一般データ保護規則(GDPR)への対応が必要とする回答者の95%が、GDPRは自社のクラウド戦略とサービスプロバイダーの選定に影響を及ぼすと考えています。 36%の回答者が、モバイル機器とアプリケーションの利用拡大によりアイデンティティ/アクセス管理(IAM)の統制と監視が困難になると回答しました。 サイバーセキュリティのための機械学習の利用について、29%が機械学習を限られた範囲で既に使用しており、さらに18%の回答者は機械学習を広範に使用し、24%が既存のセキュリティツールに機械学習を追加利用していると回答しています。 パブリッククラウド環境を利用する企業の98%が、サービスを利用する前にパブリッククラウドサービスプロバイ ダー(CSP)のセキュリティ体制の評価を行っていると回答しました。一方、自社でCSPのセキュリティ体制の評価を行っているとした企業は47%に留まり、52%の企業は第三者に評価を依頼しているとしています。 総務省が発表した「平成29年通信利用動向調査」によると、約60%の日本企業がクラウドを活用しています。日本企業においてもクラウドの活用が広がってきていることから、今後ますます、クラウドセキュリティへの取り組みの重要性が増すことが考えられます。 KPMG コンサルティングのサイバーセキュリティコンサルティング部門パートナーの田口 篤は、クラウド脅威レポート日本語版の発行にあたり、「リスクマネジメントの観点から現在のクラウドファーストの動きを捉えると、それはネットワークレイヤで安全領域を作り、そこに自社の重要資産を閉じ込めるという従来型のセキュリティ思想の終焉を意味します。コスト、スピード、拡張性等、マルチクラウド時代のメリットを最大限に享受するためには、セキュリティ思想もマルチクラウドを前提とした新しいものに変革していかなくてはなりません。そのためのヒントがこのレポートには数多く含まれています。本レポートが皆さまのサイバー防衛の一助になれば幸いです」と述べています。 日本オラクルの執行役員 クラウドプラットフォーム戦略統括 竹爪 慎治は次のようにコメントしています。「クラウド活用の拡大に伴い、ユーザー、アプリケーション、データ、およびインフラストラクチャは急速に増加および変化し、もはや従来のセキュリティ対策では対応できません。ハイブリッドおよびマルチクラウド環境にまたがるポリシーを容易に展開し管理するために、高度に自動化された(自律化された)セキュリティ対応が重要となります。 オラクルは機械学習、AIおよび自動対処を活用した業界初の自律型(Autonomous)のクラウドサービスを展開しており、これにより、セキュリティの脅威のより迅速な検出と緩和に要する時間を大幅に短縮し、自社の資産を保護することができます」。 「オラクルとKPMGによるクラウドの脅威レポート 2018年」は下記URLよりダウンロードいただけます。 URL: https://www.oracle.com/a/pr/doc/oraclekpmgcloudthreatreport2018.pdf

KPMGコンサルティングと日本オラクルは、オラクル・コーポレーションとKPMGが共同で実施したクラウドセキュリティに関する意識調査をまとめたレポート「オラクルとKPMGによるクラウドの脅威レポート 2018年」(日本語版)を発行しました。 本レポートは、企業におけるクラウドサービスの導入と利用が進む中、オラクル・コーポレーションとKPMGが米国、カナダ、英国、オーストラリア、シンガポールの5カ国のサ...

Japan News Portal

日本オラクル、より効率的な国際貿易管理を支援するため、物流管理ソリューションの最新版を提供

本日、ますます複雑化するグローバル経済においてお客様の成功を支援するため、「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」の最新版を提供開始しました。この最新版により、コスト削減、グローバル貿易規制に関するコンプライアンスの効率化、一連の管理の迅速化したいお客様の要件を単一の統合プラットフォームで管理できるようになります。発表資料はこちら。   最新の「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」では、出荷ルートや自動化されたイベントハンドリングに関するリアルタイムかつデータを元にしたインサイト提供します。また、迅速かつ正確なスクリーニングと税関申告の拡張された規制サポートも提供されます。たとえば、Nahdi Medical Companyは、「Oracle Transportation Management」の最新版を導入して以来、トラックの使用率を5~10パーセント向上させることに成功しました。

本日、ますます複雑化するグローバル経済においてお客様の成功を支援するため、「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」の最新版を提供開始しました。この最新版により、コスト削減、グローバル貿易規制に関するコンプライアンスの効率化、一連の管理の迅速化したいお客様の要件を単一の統合プラット...

Oracle Japan Information

間もなく開幕!Oracle OpenWorld 2018の見どころ

ゴールデンステート・ウォリアーズ プレジデントのリック・ウェルツ、理論物理学者のブライアン・グリーン、CIAや米国家安全保障局長官を歴任したマイケル・ヘイデン、そしてオラクルの会長兼CTOのラリー・エリソン、CEOのサフラ・キャッツ、マーク・ハードが登壇するOracle OpenWorld 2018は、2018年10月22日から25日まで米国サンフランシスコで開催されます。 OpenWorldでは20年以上にわたり、技術とビジネスの専門家からなる膨大なコミュニティが課題に挑み、最新の製品イノベーションとロードマップを学び、インスピレーションを得ています。全てを聴講できるカンファレンス・パスを購入することで、メインステージでの基調講演、製品トレーニングと、認定や新技術に関するチュートリアル、製品の専門家とのミーティング、ネットワーキングの機会が得られます。 また、AT&T、FedEx、Dropbox、Gap、Avis、American Red Cross、Caesars Entertainmentなど、350を超えるオラクルの顧客が最新のクラウド製品とテクノロジーをどのように利用しているかについてのケーススタディが予定されています。これらの企業が自社の製品・サービスをどのように進化させ業務を移管し、ビジネスプロセスを結び付けながら戦略を構築し、実行したかを知ることができます。 今年のイベントの主なテーマは次のとおりです:Your Autonomous Future(Autonomous Database、AI、機械学習、チャットボット)、”Tomorrow’s ERP, Today”(経理・財務、調達、計画、予算、レポート)、Your Evolving Customer Experience(顧客の獲得から満足度向上、関係維持の方法まで)、The Changing Workforce(リクルーティング、タレントマネジメント)、実用的なビジネスインサイト(データ分析、ビジネスインテリジェンス、予測)、トランスフォーメーションテクノロジ(IoT、ブロックチェーン、ロボット、仮想・拡張現実)、Bulletproofing Your Business(セキュリティ、コンプライアンス)。 元米国国土安全保障省長官のジェイ・ジョンソン、プロデューサー兼著者のニール・ガラン、1715 Labs CEOのソフィー・ハックフォード、ユーラシア・グループ 政治経済学者のイアン・ブレマー、Glitch CEOのアニル・ダッシュ、Snips CEOのランド・ヒンディなどの著名なスピーカーが登壇します。 OpenWorldと並行して3つの関連イベントが開催されます:Oracle Code OneはMoscone Westで開催され、過去数年にわたって開催したJavaOneを拡張し、より多くの言語、技術を網羅すると同時に、Javaの技術的な内容を深掘りします。 Intercontinental Hotelで開催されるOracle Leaders Circleでは、ベストセラー作家のロバート・D・カプラン、Vanity Fair 特別編集委員のニック・ビトン、PwCチーフ・クライアント・オフィサーのアミティー・ミシハイザーなどが登壇します。この招待制イベントは、350名の顧客企業・団体のCxOおよび上級役職者に限定されています。また、Oracle NetSuiteの財務、コマースなどのクラウドアプリケーションを使用するビジネスリーダーを対象としたSuiteConnectも同会場で予定されています。 10月24日の水曜日の夜はAT&T Parkでのエンターテイメント“CloudFest”にご招待します。シンガー・ソングライターのベック、ロックバンドのポルトガル・ザ・マン、米国のポップアーティストであるブリーチャーズが登場するコンサートをが午後6時30分から開始されます。 本記事はForbes.com OracleVoiceの以下の記事を抄訳しています:https://www.forbes.com/sites/oracle/2018/10/08/why-attend-oracle-openworld-2018/#43cfa0a63d20

ゴールデンステート・ウォリアーズ プレジデントのリック・ウェルツ、理論物理学者のブライアン・グリーン、CIAや米国家安全保障局長官を歴任したマイケル・ヘイデン、そしてオラクルの会長兼CTOのラリー・エリソン、CEOのサフラ・キャッツ、マーク・ハードが登壇するOracle OpenWorld 2018は、2018年10月22日から25日まで米国サンフランシスコで開催されます。OpenWorldでは20...

成蹊小学校、Oracle Academyのオブジェクト指向プログラミングコースを実施

コンピュータ・サイエンスへのニーズが拡大するとともに、そのスキル開発を目的とした教育プログラムも増加しています。世界中の学生は、できるだけ早い時期にコンピュータ・サイエンスを学ぶ機会を望んでいます。 小学校から大学までの一貫教育を行う学校法人 成蹊学園は2012年に創立100周年を迎え、小学校では様々な体験学習を通じ、学びに対する好奇心を芽生えさせ、自ら進んで勉学に向かう姿勢と学ぶ喜びを育てています。 成蹊小学校では以前から、コンピュータ・サイエンス学習への取り組みを進めていました。Oracle Academyでは、無償のJavaプログラミングのコーディング学習カリキュラムを成蹊小学校の教員に授業で活用できるよう支援しました。 ネットワーク・アプリケーションの基盤であるJavaは、依然として革新的で強力なプログラミング言語の1つです。世界中で900万人を超える開発者に使用されているほか、テクノロジー関連の職務において、最も需要の高いコンピューティング・スキルとしてその名が挙がります。 ビッグ・データも、もともとはJavaの存在により生まれたものであるほか、Internet of Things(IoT)もその大部分がJavaデバイスで構築されています。現在のコンピュータ・サイエンス教育課程では、オブジェクト指向プログラミングとJavaが不可欠となっています。 Oracle Academyの団体会員に登録する成蹊小学校は、Javaのカリキュラムコースを利用しています。今回は、マウス操作で制作できる初級者向けAlice and Greenfoot コースをクラスに導入しました。プログラミング経験がほとんど、またはまったくない学生向けのこのコースでは、教員は豊富な3Dモデルが揃ったギャラリーのオブジェクトやキャラクターを使用し、アニメーションで物語やゲームを作成させながら、基本的なJavaプログラミングの概念を学生に教えることができます。 Oracle Academyのカリキュラムは、プロジェクトベースの学習などの優れたカリキュラムを活用し、教員にアセスメント方法を提示しながら、学生が楽しく魅力的な体験を通じてコンピュータ・サイエンスを学ぶことを可能にします。 成蹊小学校の学生は、コンピュータ・サイエンス教育の取り組みを通じて、そのスキルを向上させ続けるための道を歩んでいます。 オラクルアカデミー Java カリキュラムについて、会員登録についての詳細はこちら academy.oracle.com/jp    

コンピュータ・サイエンスへのニーズが拡大するとともに、そのスキル開発を目的とした教育プログラムも増加しています。世界中の学生は、できるだけ早い時期にコンピュータ・サイエンスを学ぶ機会を望んでいます。 小学校から大学までの一貫教育を行う学校法人 成蹊学園は2012年に創立100周年を迎え、小学校...

Japan News Portal

スカルプDのアンファー、迅速な経営判断を目的に、オラクルの予算管理クラウドを導入

本日、アンファー株式会社が、クラウド上で統合された経営情報の可視化による迅速な経営判断の実現を目的に、予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を稼動したことを発表しました。発表資料はこちら。 アンファーは、スカルプDに代表される化粧品、第一類医薬品、サプリメント、健康食品、専門医師監修によるクリニック専売品などの研究開発および製造・販売・卸業務を行っています。アンファーでは、新製品の研究開発・販売などによる持続的な事業の成長に伴い、管理部門において、組織の統廃合や新規ブランド・販路追加によるマスタ・データの管理にかかる業務工数の増大や、各部門からのデータ収集やブランド・部門・販路別のレポート集計業務の煩雑化などの課題を抱えていました。また、経理部門と営業部門で同一条件の損益計算書を保有し、経営において迅速な意思決定に役立てることも必須要件でした。そこで、経営情報の一元管理・可視化が可能で、管理業務を効率化できる仕組みとして「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を導入しました。 今回、アンファーでは、全社予算・実績・予測管理、利益分析と、組織・販路・ブランド・商品別の軸での分析管理に「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を活用しています。導入後、予算管理業務において、業務時間の約30%削減を目指しています。 アンファーは、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の以下の特長を評価しています。 各担当者だけでなく経営層がリアルタイムに経営情報を把握する事が可能であり迅速な意思決定を実現する点 国内小売業における豊富な導入実績と業界のベスト・プラクティスをクラウドで早期に導入が可能な点 表計算ソフトの属人的な管理から脱却し、クラウドでの一元管理を実現、ファイル連携や画面入力によるデータ収集、配賦・集計処理、ダッシュボードやレポーティングまで管理が可能な点  

本日、アンファー株式会社が、クラウド上で統合された経営情報の可視化による迅速な経営判断の実現を目的に、予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を稼動したことを発表しました。発表資料はこちら。 アンファーは、スカルプDに代表される化粧品、第一類医薬品、サプリメント、健康食品、専門医師監修によるクリニック専売品などの研究開発および製造...

Oracle Japan Information

Oracle Academy、新たにカスタマイズされた学習リソースとAIカリキュラムの提供を開始

Oracle Academyが米国時間9月4日、コンピューティング教育を世界的に推進するための新たなカリキュラムと学習モジュールを発表しました。発表資料(英語) 今回提供する最新のカリキュラムは、人工知能(AI)や機械学習といった新しいテクノロジーを教職員が授業に柔軟に取り込めるようデザインされています。さらに、成功したイノベーターや起業家によるレッスンによって、生徒の学習意欲を高めていきます。 オラクル・コーポレーション Oracle Academy担当バイスプレジデントのアリソン・ダーベンウィック・ミラー(Alison Derbenwick Miller)は次のように述べています。「技術革新がますますグローバル経済をけん引していく中、コンピュータ・サイエンスは教育において重要な要素となります。Oracle Academyの新しいコンピューティング・コースや学習体験は教育を強化し、学生たちが将来、より多くの可能性を切り開き、イノベーターとして活躍する意欲を鼓舞していきます。」 Oracle Academyが提供するコンピューティング・カリキュラムとリソース コンピューティング教育における次世代標準を確立 新たな提供内容 1.Oracle Academy Education Bytes 個別にカスタマイズされた学習リソースとして設計された教材で、比較的短時間で柔軟に学べる学習モジュールです。既存のカリキュラムの拡張学習として、プログラミング、SQL、PL / SQL、ビッグ・データ、R、Hadoopなどの自己指向の学習として使用できます。提供形式は、Hands-On Labs、Projects and Challenges、Videos and Presentationsの3つのフォーマットです。 2.新コース・カリキュラム コンピューティングを学ぶ上級者向けに、AIと機械学習の新しいコース・カリキュラムを開始します。このコースでは、ビジネスや組織が現実的な課題に取り組むのに役立つJavaの機械学習ソリューションを設計、実装、デモンストレーションすることを学ぶことができます。 3.ビデオ講義シリーズ 起業家になること、起業したいと希望する学生向けに開発されたこのシリーズは、Oracle Global Startup Ecosystem に参加しているエクゼクティブによるビデオ講義を提供し、成功した起業家が夢を追いかけ、成功を見出すという実践的なレッスンとなっています。 オラクルアカデミーは前年度、全世界128カ国、15,000 以上の団体と協力、コンピューティング教育を推進し、630万人の学生に影響をあたえました。  

Oracle Academyが米国時間9月4日、コンピューティング教育を世界的に推進するための新たなカリキュラムと学習モジュールを発表しました。発表資料(英語) 今回提供する最新のカリキュラムは、人工知能(AI)や機械学習といった新しいテクノロジーを教職員が授業に柔軟に取り込めるようデザインされています。さらに、成功したイノベーターや起業家によるレッスンによって、生徒の学習意欲を高めていきます。オラ...

News Release

シンプレクス、市場系統合パッケージシステムインフラ基盤としてOracle Cloudを採用

本日、シンプレクス株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:金子英樹)が、同社の国内金融機関向け市場系統合パッケージシステム「SimplexPRISM(シンプレクスプリズム)」のインフラ基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 シンプレクスは、1997年の創業以来、メガバンクや大手証券など日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。クラウド・サービスの普及により、大手金融機関における基幹システムのクラウド移行が本格化するなか、シンプレクスでは、金融業務に求められる厳しいシステム要件を満たしたクラウドへの対応を積極的に進めています。 同社の「SimplexPRISM」は、トレーディングからリスク管理までの一連の市場取引業務をカバーする市場系統合パッケージソリューションです。200種類以上の商品に対応し、お客様の課題レベルに合わせてモジュール単位で導入可能なPFE*/CVA** など先進のリスク管理機能、自社開発の分散計算機能による高速なリスク計算処理などを提供しています。 * PFE:Potential Future Exposureの略で、リスク指標の一つ。取引の満期までに、当該取引についての現時点での再構築コストを超えて生じ得る追加的なエクスポージャー。 **CVA:Credit Valuable Adjustmentの略で、リスク指標の一つ。信用評価調整を意味する。 シンプレクスでは、「SimplexPRISM」の導入案件におけるクラウド基盤として、金融機関の厳しいセキュリティ要件を満たすパブリック・クラウド環境を求めていました。その上で、既にお客様が利用している「Oracle Database」との親和性に加え、システム全体としてのコスト・パフォーマンスの最適化も求められていました。シンプレクスでは、これらのニーズを満たすため、「Oracle Cloud Infrastructure」の基盤上において「SimplexPRISM」の稼動検証を行い、同社の求める要件を満たした「Oracle Cloud Infrastructure」の採用を決定しました。主な採用ポイントは以下のとおりです。 セキュリティ要件への対応:「Oracle Cloud Infrastructure」は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規 ISO27001」の認定を取得。「SimplexPRISM」のクラウドインフラ基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を利用した場合にも、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO27001」認証の要件を満たしていることを検証で確認 「Oracle Database」との親和性:「Oracle Cloud Infrastructure」は、データベースで必要とされる高いIOPSパフォーマンスが追加料金無しで提供。さらにクラウド型データベース「Oracle Database Cloud Service」を使用することで、管理コストを低減しながら、「Oracle Database」に最適化された設定により、高いパフォーマンスを実現。 高いコスト・パフォーマンス:導入、運用管理コストを最適化しながら、従来のオンプレミス基盤と比較して、性能面において十分なパフォーマンスを発揮

本日、シンプレクス株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:金子英樹)が、同社の国内金融機関向け市場系統合パッケージシステム「SimplexPRISM(シンプレクスプリズム)」のインフラ基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 シンプレクスは、1997年の創業以来、メガバンクや大手証券など日本を代表する金融機関に向けて...

Japan News Portal

日本住宅パネル工業、人事関連システムをOracle Cloudへ全面移行

本日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 日本住宅パネル工業(パネ協)は全国の建具、木工業者などで構成された全国規模の事業協同組合です。工業化した内装部材・部品の供給メーカーとして、また、これらをシステム化し、企画・設計から現場施工・アフターメンテナンスに至るまで、内装トータル企業として業務を展開しています。 日本住宅パネル工業では、社内システム(ポータル・会計・人事給与・販売・工事管理など)をオンプレミスのハウジング環境で利用し、システム専任部門はなく他業務との兼任で運用管理を行ってきました。日々の運用管理業務やサーバー更新の度に発生する機器調達や載せ換えの労力やコストを抑え、その分を本来の業務に充てることが重要課題でした。そのため、導入および運用コストを含む全体のコスト・パフォーマンス向上を図るため、各システムのパブリック・クラウドへの移行を計画してきました。 同社は、第1弾として、国産ERPと他社製データベースからなる人事関連システムを稼働するハードウェア基盤のクラウド移行から検討を開始しました。主要なクラウドベンダーを評価比較した上で、「Oracle Cloud」への全面的な移行を決定し、2018年7月より稼働を開始しました。「Oracle Cloud」の採用ポイントは以下のとおりです。 高いコスト・メリット:既存環境のクラウド移行の試算を行った結果、他社クラウド比で約50%*の費用で利用可能 優れたパフォーマンス:他社クラウドと比較し、より安価な価格で約2倍のリソース(メモリ)が利用可能。増加するトランザクションにも対応できる高い性能 容易な導入、移行:オラクルが開催する無償ハンズオントレーニングへの参加やマニュアルを活用することで、1ヶ月という短期間での移行を自社自身で実現 * 日本住宅パネル工業調べ 日本住宅パネル工業では、今回の人事関連システムの「Oracle Cloud」移行と合わせて、自社で運用している基幹システムのバックアップを「Oracle Cloud」へ格納する仕組みも導入しました。今後、日本住宅パネル工業では、事業の中核をなす基幹システムの「Oracle Cloud」への移行を計画しています。

本日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 日本住宅パネル工業(パネ協)は全国の建具、木工業者などで構成された全国規模の事業協同組合です。工業化した内装部材・部品の供給メーカーとして、また、これらをシステム化し、企画・設計から現場...

Japan News Portal

トランスコスモス、ビジネスモデルの変化への対応と経営スピードのさらなる加速を目的に経理・会計システムをオラクルのERPクラウドで刷新

本日、トランスコスモス株式会社が、ビジネスモデルの多様化・事業のグローバル化に対応し、経営スピードをさらに加速する目的で経理・会計システムを「Oracle ERP Cloud」で刷新することを発表しました。発表資料はこちら。 アジアを中心に世界33カ国・173の拠点でサービスを提供するトランスコスモスは、激化する市場での競争力をより高め、継続的なビジネスの成長に向けた経営全体の柔軟性と迅速性が重要であると考え、経理・会計システムを刷新する選択をしました。 従来のシステムでは業務プロセスとデータが統合されておらず、業務効率化とリスク統制における課題がありました。また、システム運用コストの軽減にも対応できることも重要でした。そこで、トランスコスモスのサービスのイノベーションやグローバル展開というビジネスモデルの多様化にも迅速に対応し、同時に内部統制も担保できるソリューションとしてクラウドERPへの移行を決断し、「Oracle ERP Cloud」を選択しました。業務の標準化だけでなく、さらに多様化したビジネスモデルやサービスに迅速に適応できるシステムを目指します。具体的には、この共通基盤を活用し、グループ会社の決算早期化や内部統制、連結ベースの月次決算や組織・会社横断的なビジネスモデル単位での収支管理などを実現します。将来的には「Oracle ERP Cloud」をグループ各社へ展開することも検討しています。 トランスコスモスは、今回の「Oracle ERP Cloud」の採用にあたり、以下の特長を評価しています。 -オラクルの最新かつ最適な技術基盤上で業務プロセスの標準化や情報の統合を実現できる点 -既存システムや将来の新しい業務にも柔軟に連携・対応でき、拡張性も高い点 -グループ全体の内部統制に必要なデータ収集において、複数元帳と複数会計基準の仕訳生成エンジンである「Oracle Financial Accounting Hub Cloud」(FAH)を活用することで、追加の開発が必要ない点  

本日、トランスコスモス株式会社が、ビジネスモデルの多様化・事業のグローバル化に対応し、経営スピードをさらに加速する目的で経理・会計システムを「Oracle ERP Cloud」で刷新することを発表しました。発表資料はこちら。 アジアを中心に世界33カ国・173の拠点でサービスを提供するトランスコスモスは、激化する市場...

Japan News Portal

ラリー・エリソン、「Oracle Autonomous Transaction Processing」の提供開始を発表

本日、オラクルの経営執行役会長兼CTOであるラリー・エリソン(Larry Ellison)は、最新の自律型データベース・サービス「Oracle Autonomous Transaction Processing」の提供開始を発表しました。「Oracle Autonomous Transaction Processing」は、革新的な機械学習および自動化機能を活用し、大幅なコスト削減、優れたセキュリティ、可用性、生産性を実現します。高パフォーマンスのトランザクション処理、レポート、バッチ、アナリティクスなどの混合ワークロードに対応し、要件の厳しい金融、小売、製造、政府機関などのアプリケーション実行にも対応する設計となっています。オラクルの自律型データベースのポートフォリオは、今日、市場において最も包括的かつ高度なデータベース機能セットを提供します。発表資料日本語抄訳版はこちら。 エリソンは次のように述べています。「オラクルは、世界で最も優れたデータベースであり、自律型となったことでさらに優れたものとなりました。データ盗難を防御し、99.995%の可用性を実現し、企業や開発者の生産性を飛躍的に向上する、より信頼性およびセキュリティに優れたシステムを提供します。」 従来、データベース管理システム作成には、ハードウェアとソフトウェアの複雑なスタックをカスタム構成し、手動でメンテナンスするための専門家が必要でした。「Oracle Autonomous Database」は、拡張性と柔軟性などのクラウドの経済性を備えながら、機械学習を活用した自己稼働、自己保護、自己修正が可能なデータベース・サービスを実現し、データ管理に革新をもたらします。このサービスにより、ユーザーは自律型データベースの新規作成を瞬時に行い、既存のデータベースを簡単に変換し、コストおよび市場投入までの時間を大幅に削減します。 現在提供中の「Oracle Autonomous Data Warehouse」サービスを補完する「Oracle Autonomous Transaction Processing」は、高パフォーマンスのトランザクション、レポート、バッチ、IoT、機械学習などの混合ワークロードに単一データベースで対応し、よりシンプルなアプリケーション開発および展開、実行中のトランザクション・データ上でリアルタイムのアナリティクス、パーソナライズ、不正検出を可能にします。

本日、オラクルの経営執行役会長兼CTOであるラリー・エリソン(Larry Ellison)は、最新の自律型データベース・サービス「Oracle Autonomous Transaction Processing」の提供開始を発表しました。「Oracle Autonomous...

Japan News Portal

ダイキン工業 化学事業部、デジタル・マーケティングによる営業の生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に、Oracle Cloudを採用

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、取締役社長 兼 CEO:十河 政則)化学事業部が、デジタルを活用した営業活動の促進による生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」、顧客管理・営業支援のクラウド「Oracle Sales Cloud」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。 ダイキン工業 化学事業部では、グローバルブランドとしての認知度をさらに高め、事業強化・拡大することを目的にWeb、マーケティング、営業の各分野においてデジタル化を推進することになり、Webサイトの再構築と連動し、デジタル・マーケティングを強化、その後の営業活動をグローバルで円滑に連携できるソリューションを検討しました。そして今回、顧客情報をグローバルで一元管理し、デジタル・キャンペーン施策に対する顧客の反応を詳細に把握・分析し、営業活動の可視化を実現できる「Oracle Eloqua」と「Oracle Sales Cloud」を選択しました。   ダイキン工業 化学事業部は「Oracle Eloqua」を活用することで、メールやリンクへのアクセスなど顧客のオンライン上の行動を詳細に把握・分析し、より確度の高い見込み客の絞り込みや次のアクションの立案に役立てます。また、「Oracle Eloqua」で得たリードを営業担当者に割り当て、「Oracle Sales Cloud」により営業活動を記録、グローバルでマーケティング部門・営業部門と共有することで、顧客情報の可視化を行い、事業成長を支えるデジタル基盤を構築します。   本発表に向けた顧客企業のコメント 「ダイキン工業 化学事業部では、事業環境変化に素早く対応するため、デジタルを活用した新しい取り組みを開始しています。Webサイトをリニューアルし、顧客のオンライン上の行動履歴を効率的に営業活動に活かし、生産性の高い営業活動を支援する目的で、『Oracle Eloqua」と『Oracle Sales Cloud』を採用しました。日本だけでなく、米州・欧州含めて同ソリューションを活用し、より確度の高い見込み顧客を絞り込み、グローバルで適切に営業と連携することで、ビジネス獲得率向上を目指します。」   ダイキン工業株式会社 化学事業部 マーケティング部長  新家 伸洋     本プロジェクトでは、株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:前田 丈彰 以下ISI)が業務サポートと全体のプロジェクト管理を支援しています。ISIは、自社を含め「Oracle Cloud」導入実績があり、そのナレッジを活用し構築にあたりました。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、取締役社長 兼 CEO:十河 政則)化学事業部が、デジタルを活用した営業活動の促進による生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に「Oracle Marketing...

Japan News Portal

関西3空港の運営会社、グループ14社 社員約4,000名の人材情報を統一的に管理するため、オラクル・クラウドのタレント・マネジメントを導入

本日、関西国際空港を運営する関西エアポート株式会社が、グループ全体の人材情報の管理とタレント・マネジメント基盤としてオラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。 関西国際空港は韓国・中国方面への新規就航や増便に加え、東南アジアやハワイ方面への航空ネットワークを拡充するなど、2018年夏期スケジュールで過去最高の国際線便数を記録しています。また、関西国際空港、大阪国際空港と神戸空港の総旅客数についても、引き続き好調なインバウンド需要と、アウトバウンド需要の回復基調により、好調に推移しています。空港運営事業の継続的な成長を目指すにあたり、関西エアポートでは、人材の確保・維持や最適な人材配置に向けた新たな施策が求められていました。しかし、関西エアポートのグループ各社で異なる管理システムを利用しており、統一的な人材情報の管理ができず、情報収集や資料作成などの業務負荷の増加にも直面していました。 関西エアポートでは、タレント・マネジメント領域における「Oracle HCM Cloud」のグローバル対応や既存システムとの連携における柔軟性や拡張性などの点を高く評価し、2017年10月に採用を決定しています。今回の導入により、グループ内約4,000名の社員の人材情報をデータとして蓄積し、育成や異動、最適配置などの意思決定を迅速に行える仕組みとして「Oracle HCM Cloud」を活用していきます。今後は、グループ内で一元的にタレント・プロファイルを管理しつつ、キャリア開発などの利用範囲を拡大していくことも検討しています。  

本日、関西国際空港を運営する関西エアポート株式会社が、グループ全体の人材情報の管理とタレント・マネジメント基盤としてオラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。 関西国際空港は韓国・中国方面への新規就航や増便に加...

News Release

ティーモスインテリジェンス、HPCクラウド提供基盤にOracle Cloudを採用

本日、ティーモスインテリジェンス株式会社(本社:東京都千代田区岩本町、代表取締役:堺 幸之助)が同社のハイパフォーマンス・クラウド・コンピューティング(HPC)「iHAB CLUSTER」のクラウド基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 ティーモスインテリジェンスは、オンプレミスかクラウドかではなく、その存在を意識せずに使えるクラウド・コンピューティングの将来像を示すコンセプトとして「iHAB」を提唱しています。「iHAB」では、「iHAB CLUSTER」、「iHAB Storage」、「iHAB DC」3つのサービスを展開しており、「iHAB CLUSTER」においては、CAE(Computer Aided Engineering)や深層学習(ディープ・ラーニング)に必要なコンピュート・リソースを提供しています。 ティーモスインテリジェンスでは、「iHAB CLUSTER」を利用するお客様において、利用リソースの一時的な増加に対応し、かつCAEやAIなどの高性能コンピューティングでも安定したパフォーマンスを提供可能なパブリック・クラウド環境を求めていました。ティーモスインテリジェンスでは、これらのニーズを満たすパブリック・クラウドを選定するため、実際に業務で使用するCAEアプリケーションを用いて検証を行い、その結果、パフォーマンスに優れた「Oracle Cloud Infrastructure」を選定しました。 選定のポイントは以下のとおりです。 優れたパフォーマンス:ベアメタル・インスタンスにより、仮想マシンよりも高い性能が得られ、NVM Expressを使用した高いIOPS性能のローカルおよびブロック・ストレージにより、HPCワークロードを高いパフォーマンスで実行可能。また、最新のNVIDIA Tesla V100 GPUにより、AIおよび深層学習においても高い性能を発揮 高速かつ安定したネットワーク: 低遅延、広帯域(25Gbps x 2)のノンブロッキング・ネットワークにより、高いパフォーマンスで、かつ安定した性能をノード間およびストレージとの通信で実現 高いコスト・パフォーマンス:ベアメタル・インスタンスは、同等の仮想マシンと比較して高いパフォーマンスを発揮、また低遅延・広帯域のネットワークは追加料金無く使用可能なため、より高い性能をより低コストで実現可能。また、ネットワーク・ダウンロードも10TBまで無償のため、データの移動が多く発生する場合でも、より低いコストで提供可能 サービス構成イメージ

本日、ティーモスインテリジェンス株式会社(本社:東京都千代田区岩本町、代表取締役:堺 幸之助)が同社のハイパフォーマンス・クラウド・コンピューティング(HPC)「iHAB CLUSTER」のクラウド基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 ティーモスインテリジェンスは、オンプレミスかクラウドかではなく、その存在を意識せずに使える...

Japan News Portal

GAUSS、AIコンサルティング用データ分析とAI開発支援サービスの基盤にOracle Cloudを採用

本日、株式会社GAUSS(本社:東京都渋谷区道玄坂、代表取締役:宇都宮 綱紀)のAIコンサルティング業務で活用するデータ分析基盤および同社が2018年10月より提供開始予定のAI開発支援プラットフォーム「GAUSS Foundation Platform」のサービス基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 GAUSSは、AIパッケージ販売・受託開発、AIコンサルティングおよびAI公営競技予測の開発・運営をしています。「想像したことを創造する」を理念に、AI技術研究に留まらず、自社もAI事業を営む実行力を強みとして、全業界の法人様向けに新規事業の創出や業務の効率化を支援しています。 GAUSSでは、AIコンサルティング業務で活用するAI基盤として他社パブリック・クラウドを利用していましたが、AIの学習プロセスを高速に実行可能にする、より高度なパフォーマンスのAI基盤を求めていました。加えて、主要機能をDockerコンテナでマイクロサービス化していることから、エンタープライズ・クラスのKubernetesサービスの利用が必要とされていました。また、同社では、システム開発企業向けに、データ準備(RPAツール)、データクレンジング、アノテーション、学習、デプロイ、継続的なインテグレーションを一貫してサポートするAI開発支援プラットフォーム「GAUSS Foundation Platform」の提供を予定しており、そのサービス基盤として、上記に加え、ビジネスの成長に伴い増加するトランザクションに柔軟に対応するコスト・パフォーマンスに優れたパブリック・クラウドを検討していました。 GAUSSでは、これらのニーズを満たすパブリック・クラウドを選定するため、複数のクラウドで比較、検証した結果、AI学習プロセスに必要なベアメタルGPUインスタンスでの高いパフォーマンスに加え、エンタープライズ・クラスのKubernetesサービスの利用でもコスト・パフォーマンスに優れた「Oracle Cloud Infrastructure」を選定しました。GAUSSでは、この社内での利用実績をもとに、2018年10月に開始する新しいAI開発支増援プラットフォーム「GAUSS Foundation Platform」のサービス基盤としても、「Oracle Cloud Infrastructure」の採用を決定しました。GAUSSの「Oracle Cloud Infrastructure」選定のポイントは以下のとおりです。 ● 優れたパフォーマンス:AI学習プロセスなどの高負荷処理でのベアメタルGPUインスタンス、ブロック・ストレージでの高速なパフォーマンスを低コストで実現、今後のサービス拡大にも対応可能に ●「Oracle Container Engine for Kubernetes」のパフォーマンスおよび管理運用性:「Oracle Cloud Infrastructure」の「Oracle Container Engine for Kubernetes」がエンタープライズ・クラスのKubernetesサービスを高いコスト・パフォーマンスで提供し、エンドツーエンドのコンテナ・ライフサイクル管理を実現 ●「Oracle Cloud」の豊富なIaaSおよびPaaS、SaaS機能との連携:「Oracle Cloud Infrastructure」のストレージや「Oracle Database Cloud」、「Oracle Analytics Cloud」など豊富な「Oracle Cloud Platform」サービスや、マーケティングなどのSaaSサービスとの連携により、さらなるサービス拡張が可能に ● サポートおよび技術コンサルティング:オラクルが提供する高いレベルのサポートおよび技術コンサルティング力

本日、株式会社GAUSS(本社:東京都渋谷区道玄坂、代表取締役:宇都宮 綱紀)のAIコンサルティング業務で活用するデータ分析基盤および同社が2018年10月より提供開始予定のAI開発支援プラットフォーム「GAUSS Foundation Platform」のサービス基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 GAUSSは、AIパッ...

Japan News Portal

スタイルアクト、不動産テックを支える国内最大規模の不動産データ管理にオラクルのデータベース・クラウドを採用

本日、スタイルアクト株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:沖 有人)が、既存のクラウド環境からのパフォーマンス向上、最新のデータ活用を目的に、同社の不動産データ管理システムに、オラクルのクラウド型データベース「Oracle Database Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 スタイルアクトは、年間約1億件のデータを継続的に調査、収集している国内最大規模の不動産ビッグデータを保有しています。それらのデータを用いて、デベロッパー、ハウスメーカー、ファンド、銀行など不動産に携わる幅広い企業や個人に対して不動産に関する分析・調査コンサルティング、不動産の売買、賃貸およびその媒介などの幅広いサービスを提供しています。 スタイルアクトでは、同社の事業の核となる不動産ビッグデータのデータ管理および加工システムにパブリック・クラウド・サービスを利用しています。日々の更新および追加によるデータ量増加に伴い、既存クラウド環境における集計データの検索パフォーマンスの低下が課題となっていました。また、データロードも長時間にわたるため、データのバッチ処理を夜間では終了しきれないことも度々生じていました。これらの改善を既存システムで行うには、パブリック・クラウド・サービスのストレージの容量を拡張する必要がありました。しかし、インスタンス・サイズあたりのストレージ容量に上限があるため、当初と比較すると倍以上の月額課金となることが判明し、これに代わる対応策が必要になりました。 スタイルアクトでは、これらの課題解決に加え、今後増加し続けるデータ量に対応するため、拡張性およびコスト・パフォーマンス、フルデータの検索パフォーマンス、データ加工業務の効率化を実現するシステム強化を前提に、ソリューションの選定、検証を開始しました。検証の結果、同社の不動産データを分析用に処理するデータ管理基盤として「Oracle Database Cloud」の採用を決定しました。スタイルアクトの「Oracle Database Cloud」採用のポイントは以下のとおりです。 既存クラウドに比べ166倍*、パフォーマンスが向上:マテリアライズド・ビューのよる検索パフォーマンス向上 既存クラウドに比べ3倍*、データロード時間を短縮:夜間処理による日次バッチ処理を実現し、より最新のデータ活用を支援 優れた柔軟性および拡張性:将来的なデータ量の増加にも、CPUやストレージのサイズを個別に変更できるため、柔軟な対応が可能に データ抽出の利便性:「Oracle Database Cloud」は、OSへの管理者ログインが可能なため、MySQLクライアントモジュールをインストールし、データ抽出をより容易に。また、CSVファイルを外部表として直接参照でき、データ抽出の利便性を向上 * 日本オラクル調べ 構成図

本日、スタイルアクト株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:沖 有人)が、既存のクラウド環境からのパフォーマンス向上、最新のデータ活用を目的に、同社の不動産データ管理システムに、オラクルのクラウド型データベース「Oracle Database Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 スタイルアクトは、年間約1億件のデータを継続的に調査、収集している国内最大規模の不動産ビッグデー...

Japan News Portal

ソマール、基幹ERPシステムをOracle Cloudへ全面移行:他社クラウドに比べ、約50%のコストを削減しながら、基幹ERPの高い要件を満たすクラウド基盤を提供

本日、ソマール株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:曽谷 太)が、基幹システムを構成するオラクルのERP製品のハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行することを発表します。発表資料はこちら。 ソマールは、電機・電子、精密機器、自動車、製紙、更には食品素材など、多岐にわたって事業展開しており、新しい商品を迅速に顧客に提供する「商事機能」と、独自の技術でサービスを提供する「メーカー機能」とを併せ持つユニークな企業として、その強みを発揮しています。また、市場のグローバル化に対応して中国・アジアを主体に海外にも広く展開しています。 ソマールでは、会計・生産管理など、企業の根幹を担う基幹システムにオラクルのグローバルERPパッケージ「JD Edwards」を採用しており、2012年から運用してきました。事業のグローバル化に伴い、トランザクションの増加に伴う性能維持、システム運用コストおよび工数の最適化、災害対策など危機管理への対応などの基幹システムに求められる要件も高まってきていました。 ソマールでは、基幹システムで利用しているハードウェアの刷新に合わせ、これらの要件に加え、導入および運用コストを含む全体のコスト・パフォーマンス向上を課題としていました。これらに対応するため、ソマールではパブリック・クラウドへの移行を検討し、主要なクラウドベンダーを評価比較した上で、「Oracle Cloud」への全面的な移行を決定しました。「Oracle Cloud」の採用ポイントは以下のとおりです。 高いコスト・メリット:既存環境をクラウドへ移行、さらに災害対策サイトを構築した場合の試算を行い、他のクラウドに比べ約50%*の費用で利用可能 優れたパフォーマンス:他のクラウドに比較した際に、より安価な価格で約2倍のリソース(メモリ)が利用可能で、増加するトランザクションにも対応できる高い性能 マルチリージョンでの展開:日本国内と北米のデータセンターで容易に、災害対策構成を構築可能 一貫したサポート:クラウド基盤からEPRにわたり、オラクルが提供する高いレベルのサポートサービスをトータルで利用可能 * ソマール調べ 構成図 ソマール株式会社 システムネットワーク部 グループリーダーの杉野 功氏は、次のように述べています。 「今回、製造業の中核である、生産管理をはじめとした業務を支える基幹システムをクラウドに移行するにあたり、主要なクラウドベンダーを慎重に評価しました。システム要件を満たすことは当然として、エンタープライズレベルのサポートが受けられるかという点を重視し、『Oracle Cloud』を採用しました。そうした高品質のサービスを、他のクラウドに比べて約50%の費用で利用できるという高いコスト・メリットを高く評価しています。」

本日、ソマール株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:曽谷 太)が、基幹システムを構成するオラクルのERP製品のハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行することを発表します。発表資料はこちら。 ソマールは、電機・電子、精密機器、自動車、製紙、更には食品素...

Japan News Portal

総合・専門・食品スーパーなど小売業の経営管理を支えるプラットフォームとして、Oracle Cloudの採用が加速

本日、小売業の市場環境変化への迅速かつ柔軟な対応と、経営情報の可視化・分析による戦略的な意思決定を支援する仕組みとして「Oracle Cloud」の採用が加速していることを発表しました。発表資料はこちら。 小売業において、個人消費の先行き不透明感、同業だけでなく他業態との競争激化、人手不足による人件費の上昇、店舗形態の多様化・ネット通販の拡大など市場を取り組まく環境は大きく変化しています。その中で、さらなる成長を目指すためには、経営情報を一元的に管理・リアルタイムに把握し、その情報を経営戦略に活かし、迅速に次のアクションおこすことが重要です。今回、小売業における4社が、短期間で事業に貢献できる経営基盤として「Oracle ERP Cloud」や「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の採用を公表しています。 「Oracle ERP Cloud」や「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を導入することで、戦略的な経営判断を行える事業基盤を整え、同時に業務の効率化も実現します。各社の事業・部門別の実績、予算、見込データを多次元データベースに一元管理し、リアルタイムに各事業別や、各店舗別、各サービス別などのさまざま軸で分析・シミュレーションができ、迅速な経営判断に活かすことが可能になります。 小売業における「Oracle Cloud」採用企業一覧(抜粋。50音順) 株式会社 タイヨー:鹿児島県を中心に九州でスーパータイヨーを展開 株式会社多慶屋:御徒町・上野で総合ディスカウントストアを展開 株式会社Francfranc:インテリア・雑貨小売販売事業を展開 綿半ホールディングス株式会社:綿半ホームエイドのスーパー運営のみならず多角事業を展開

本日、小売業の市場環境変化への迅速かつ柔軟な対応と、経営情報の可視化・分析による戦略的な意思決定を支援する仕組みとして「Oracle Cloud」の採用が加速していることを発表しました。発表資料はこちら。 小売業において、個人消費の先行き不透明感、同業だけでなく他業態との競争激化、人手不足による人件費の上昇、店舗形態の多様化・ネット通販の拡大など市場...

Japan News Portal

日本オラクル、セキュアかつ効率的なトランザクションを実現するブロックチェーン・ネットワーク構築を支援

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、「Oracle Blockchain Cloud」の国内提供を発表します。「Oracle Blockchain Cloud」は、企業や組織のブロックチェーン・ネットワーク構築を容易にし、より安全で効率的なトランザクションや、サプライチェーンを通じた世界規模での商品追跡を可能にします。NTTデータ様、NTT先端技術様、セゾン情報システムズ様、野村総合研究所様からの賛同コメントを含む発表資料はこちら。 ブロックチェーンは、より安全、透明、効率的かつ高費用対効果に企業間トランザクションを実現することにより、あらゆる業界においてビジネスに変革を起こす力を持っています。 「Oracle Blockchain Cloud」は、お客様が独自のブロックチェーン・ネットワークを容易に構築し、他のブロックチェーンや「Oracle Cloud Platform」 の各サービスとの統合だけでなく、既に利用している「Oracle Cloud Application」やサードパーティ製アプリケーションとの迅速な統合を可能にするブロックチェーン・プラットフォームを提供します。また、ユーザーはブロックチェーン・ネットワークをプロビジョニングし、他のネットワークへの参加、スマートコントラクトの展開と実行、元帳の更新および照会を実施することもできます。数十年にわたる業界での実績および幅広いパートナー・エコシステムをもとに、オラクルのブロックチェーン・プラットフォームは、ブロックチェーンを介したサプライヤー、銀行、およびその他の取引先との信頼できるトランザクションの確実な共有および実行を可能にします。 Oracle Cloud Platform製品開発担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるアミット・ザベリー(Amit Zavery)は 、次のように述べています。「ブロックチェーンは、今世代で最も革新的なテクノロジーの一つとなるでしょう。 『Oracle Blockchain Cloud』は、大切なパートナー様やお客様との長年にわたる研究開発の賜物です。オラクルのプラットフォームは、企業のビジネスの強化、不要なプロセスの排除、分散型ネットワークでのより簡単、透過的かつ安全な処理を支援します。」 オラクルのブロックチェーン・プラットフォームは、Linux FoundationのHyperledger Fabricの上に構築され、基本的なインフラストラクチャに従属するもの、コンテナ・ライフサイクル管理、イベント・サービス、アイデンティティ管理、RESTプロキシ、および単一のコンソールに統合された多数の運用・監視ツールが予め組み込まれており、セットアップおよびアプリケーションの開発プロセスを迅速化します。 「Oracle Blockchain Cloud」は、99.95%の可用性SLAを実現するオラクルのマネージド・クラウド・プラットフォームであり、高可用性設定や自律型のリカバリー・エージェント機能に加え、可用性ドメインをまたがる複数のデータセンターでの災害復旧を可能にする継続的な元帳のバックアップ機能を搭載しています。 また「Oracle Blockchain Cloud」は、既存のクラウドやオンプレミス環境、API管理、アプリケーション開発環境やツールとのプラグアンドプレイ・ベースの統合が可能なため、「Oracle Cloud Platform」の幅広いサービス・機能により更なるメリットを提供します。さらに、オラクルでは、トラック&トレース、原産地/来歴の識別、保証および使用法、およびコールド・チェーンなどの一般的な使用例にブロックチェーン技術を活用する新しいSaaSアプリケーションを提供しています。オラクルとサードパーティからのアプリケーションとのプラグアンドプレイ機能により、さまざまなシステムとの迅速な統合が可能になり、市場投入までの時間を大幅に短縮し、異なるアプリケーションの利用をまたいでブロックチェーン・プラットフォームを利用することから利益増加につながります。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、「Oracle Blockchain Cloud」の国内提供を発表します。「Oracle...

Japan News Portal

鹿児島・宮崎で94店舗のスーパーを展開するタイヨー、経営陣の戦略的意思決定を支援する基幹システムをオラクルのERPクラウドで刷新

本日、株式会社 タイヨー(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長:清川 継一朗、以下 タイヨー)が、将来の事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、経営情報の可視化・分析による戦略的意思決定の実現を目的に基幹システムを「Oracle ERP Cloud」で刷新することを発表します。発表資料はこちら。 タイヨーは、鹿児島・宮崎で94店舗のスーパーを展開*しています。個人消費が伸び悩み、同業だけでなく他業態との競争が激化するなど、流通を取り巻く環境は日々変化しています。自社改革に取り組む一方、自社の事業拡大に向けた事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる経営基盤が求められていました。 * 2018年4月時点   従来、タイヨーでは、市場や業務の変化に合わせて対応を図るものの、旧来のシステムが原因で柔軟な業務改革を抑制していることや、何度も入力が必要になるなど業務が適切に連携されていないことによる業務の煩雑化に加え、システム運用コストの増大など課題がありました。そこで、更なる成長を目指し、老朽化した複数台のサーバー運用を終了し、自社でシステムを保有しない方針を打ち出しました。今回、経営視点で全体最適を実現するシステムを目指し、常に最新機能が使えて短期間にコストを抑えて導入でき、かつ経営情報の可視化と分析による経営陣の戦略的意思決定を支える仕組みとして「Oracle ERP Cloud」を採用しました。今回の導入により、経理・財務データをクラウド上に一元管理・可視化し、属人的であった業務を標準化することで業務の効率化も実現します。   タイヨーは、今回の「Oracle ERP Cloud」の採用にあたり、以下の特長を評価しています。 ・経理・財務・予算管理業務を網羅した「Oracle ERP Cloud」のビジネス・プロセス・モデルを利用することで、業務効率化と全体最適化を実現できる点 ・「Oracle ERP Cloud」に予め組み込まれたビジネス・インテリジェンスを利用することで、経営陣の戦略的意思決定を可能にする点 ・「Oracle ERP Cloud」を利用することで、短期間にコストを抑えて導入が可能な点

本日、株式会社 タイヨー(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長:清川 継一朗、以下 タイヨー)が、将来の事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、経営情報の可視化・分析による戦略的意思決定の実現を目的に基幹システムを「Oracle ERP Cloud」で刷新することを発表します。発表資料はこちら。 タイヨーは、鹿児島・宮崎で94店舗のスーパーを展開*しています。個人消費が伸び悩み、同業だ...

Oracle Japan Information

8月は教育をテーマに、各地でボランティアを実施

オラクルは今年から8月を「Focusing on Education」と定め、“教育で世界を変えて行こう!”をスローガンに世界中の社員が、教育に因んだ地域社会での次世代育成をサポートしていきます。 日本オラクルでも様々な教育関連ボランティアプロジェクトを実施予定です。次世代のために、社員の知識、時間、経験を活かした取り組みを行います。 本プロジェクトを担当する日本オラクル株式会社 Corporate Citizenship担当の川向 緑は、次のように述べています。「オラクルでは今までも夏休みに様々な子供向けのボランティアプロジェクトを開催してきました。自分の知識を活かしてボランティア活動をすることは社員にとって最大の社会貢献であり、子どもたちの笑顔に触れることは最高の報奨となります。今回新たに8月を教育関連のボランティア活動の推奨月間とすることで、社員の意識を高め、より多くの社員がボランティアに参加し、多様なプログラムを開催できるようになりました。」 実施予定のボランティを次のとおり紹介します。 *** 8/2 こどもの貧困問題セミナー(港区編)by Kid’s Door 日本には7人に1人、相対的な貧困状態にある子どもがいると言われています。日本オラクルの本社がある港区にも、そのような子どもたちがいます。NPO Kid’s Doorは2017年6月に港区でも無料学習塾を始めました。身近なところにある貧困問題、どんな解決法があるのか、セミナーを開催します。 *** 8/4-5 大学生ボランティアトレーニング by Learning for All オラクルは、貧困や発達障害など、様々な課題を抱え、学習の機会に恵まれていないこどもたちに無料学習支援を提供しているNPO Learning for Allを応援しています。 オラクルの社員ボランティアでは、大学生ボランティアのトレーニングを行うためのセミナールームを提供し、運営のサポートを行います。  *** 8/6 Java for Kids with 児童養護施設 in 名古屋 2017年、児童養護施設の子どもたち向けのプログラミング教室が評価され、東京ボランティアセンターから企業ボランティアアワードを受賞しました。今年は名古屋でも児童養護施設向けのプログラミング教室を開催します。プログラミング初心者でも安心。プログラミング教育の経験豊富な日本オラクルの社員が丁寧に教えます。 *** 8/8 こども食堂 会社訪問 夏 日本オラクルのカフェで紙コップの代わりにマイボトルやマグを使うと、5円分、NPOレインボーリボンが運営する葛飾区内3カ所の“子ども食堂”に寄付されています。日本オラクルでは夏と冬に子ども食堂に来る子どもたちをカフェにお呼びして「みなと 子ども食堂」を開催しています。今回は、ただ「オラクルのカフェでご飯を食べる」だけではなく「夏休み職業体験+冬季オリンピックアスリートから話を聞こう!」のスペシャルバージョンを実施します。 *** 8/9 岐阜県郡上市の中学生が日本オラクル訪問 港区・青山と友好交流都市である岐阜県郡上市から20名の中学2年生が、東京で働く人から話を聞いてキャリアのイメージをつかむことを目的に、日本オラクルにやってきます。社員ボランティアと仕事、プライベートの話をカジュアルに会話して、都会で働く人のイメージを持ってもらいます。 *** 8/17 Java for Kids with 児童養護施設 in 赤坂 2017年、東京ボランティアセンターから企業ボランティアアワードを受賞した、児童養護施設の子どもたち向けのプログラミング教室。児童養護施設で暮らす子どもたちと一緒に、楽しくおしゃべりしながらアニメを動かすプログラミングを行います。 ***  

オラクルは今年から8月を「Focusing on Education」と定め、“教育で世界を変えて行こう!”をスローガンに世界中の社員が、教育に因んだ地域社会での次世代育成をサポートしていきます。 日本オラクルでも様々な教育関連ボランティアプロジェクトを実施予定です。次世代のために、社員の知識、時間、経験を活かした取り組みを行います。本プロジェクトを担当する日本オラクル株式会社 Corporate...

Oracle Japan Information

サッカーW杯:選手の評価、VAR、得点王をデータで分析

ロシアで行われている第21回サッカーワールドカップ。私たちを3週間以上も魅了し続けていますが、間もなく終わりを迎えようとしています。このブログ執筆時点で行われた56試合で、146ゴールが決められ、189枚のイエローカードが出されました。お気に入りのスペイン、前回覇者のドイツ、同決勝進出のアルゼンチンは早々に帰国を余儀なくされました。 このブログシリーズでは、“少しマニアック”なデータから、Oracle Analytics Cloudを使用して分析しています。決勝トーナメントに残ったチームは、私たちが期待していたものではないかもしれませんが、過去の大会と比較してみることにしました。 選手の評価 まず、選手が期待通りの活躍をしているかを分析したく、FIFA 2018のデータセットの関連する統計を見つけることにしました。興味深いことに、チームの平均よりも高く評価されている選手(アルゼンチンのメッシ、ポルトガルのロナウドなど)を抱えるチームは比較的早く敗退しているということです。確かに、ブラジルとウルグアイは評価が9以上の選手を唯一人いるチームです。ロシア、クロアチア、イングランドのようなチームの選手は、より均等に格付けされています。おそらく今大会においては、これらのチームの1つが勝ち上がり、チームワークを結集し報われることになるでしょう。 開催地域・大陸の優位性は維持 前回のブログでは、大会を開催することでその地域・大陸のチームにいくつかメリットがあることを実証しました。確かに、今大会で強豪国に勝利した試合のひとつが、スペインとロシアの試合でした。ワールドカップが出場国の地域・大陸で開催されたときに、より良い成果を上げていることも発見しました。そして、欧州のチームはロシアで健闘しています。準々決勝に進出したチームのうち6チームは欧州の国々、残りが南米です。 VARは判定への抗議を反映しているか? これは今大会の議論のポイントになっていますが、VAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)はゴール数にどのくらいのインパクトを与えているのでしょうか?実際、期待するほどではありません。これまでの平均得点は、過去6回の大会で記録したゴールとほぼ同じです。それが決勝に進むに連れ、あと何ゴール記録されるのか興味深いポイントでしょう。 ただ、今大会はペナルティーキック(PK)の数が突出しています。試合当たりのPKの数が0.55で、この割合が続くと、最終的に35回のPKを行うことになり、過去の記録である18回を大きく越えることになります。  誰が得点王に輝くのか? これまでに、どのチームが多くのゴールを決めているのでしょうか?このグラフは、どのチームが最もゴールを決めているのかを示すために、大会のグループステージのデータを収集しています。最もゴールをあげているチームは、右下隅に配置されています。ベルギーは得点と失点の差が最も大きく、イングランド、クロアチア、ロシアが続きます。ちなみに、イングランド、クロアチア、ロシアはすべてPK戦で準々決勝に進んだので、グループステージでの枠内に飛んだシュートはおそらく、狙ったとおりボールを蹴るいい練習になったかもしれません。 それでは得点王が手にする“ゴールデンブーツ”は誰に?イングランドのハリー・ケイン(6点)とベルギーのロメル・ルカク(4点)は、今大会のチームで重要な役割を果たしています。もしハリー・ケインが得点王になれば、1986年のゲーリー・リネカー以来、イングランド代表選手の獲得となるでしょう。 試合終了の笛 興味深いことに、今大会に躍進したチームは想定とは違っているかもしれませんが、過去何大会で目にしてきている平均的内容になっていることがデータでも証明されてきています。感情的なショックは必ずしも実態における差異に等しいとは限らず、それはスポーツ界と同じくらいビジネスにも当てはまります。 有り難いことに、実際に何が起こっているのかを示すためにデータが常に存在しています。だから、セルフサービスのデータ可視化ツールを利用することが非常に重要です。データを解読するスキルが必ずしも得意でなくとも、自らの情報を理解し、前提条件に挑戦できるようになります。 ですから、あなたが持つデータで何か驚きの発見をしてみてはどうでしょう。短いデモを見て、データ可視化を作成する方法を学ぶためにOracle Analytics Cloudに試しに登録してください。スプレッドシートとの格闘よりもはるかに簡単で、よりよいビジネス成果を得るためには思い込みを“覆す”ものが見つけるかもしれません。 今大会、どの国がワールドカップを手にするのか注目です。あなたの国がまだ勝ち進んでいる場合は、夢を見てください! 著者:オラクル・コーポレーション 欧州・中東・アフリカ地域 ビッグデータ&アナリティクス マーケティング担当ディレクター ウィリアム・トロットマン 本ブログは、The World Cup: Analyzing the Finals and Playersを抄訳しています。

ロシアで行われている第21回サッカーワールドカップ。私たちを3週間以上も魅了し続けていますが、間もなく終わりを迎えようとしています。このブログ執筆時点で行われた56試合で、146ゴールが決められ、189枚のイエローカードが出されました。お気に入りのスペイン、前回覇者のドイツ、同決勝進出のアルゼンチンは早々に帰国を余儀なくされました。 このブログシリーズでは、“少しマニアック”なデータから、Orac...

News Release

Oracle Cloud InfrastructureでNVIDIA Tesla V100 GPUの利用開始を発表

本日、NVIDIA® Tesla® V100 16GB GPUを実行する新しいベアメタル・コンピューティング・インスタンスの提供開始を発表します。マツダ様、伊藤忠テクノソリューションズ様、ティーモスインテリジェンス様からの賛同コメントを含む発表資料はこちら。 新たに利用可能になるインスタンスにより、「Oracle Cloud Infrastructure」上で最新の高性能コンピューティング(HPC)、人工知能(AI)、ディープ・ラーニングなど、インフラストラクチャの負担が大きいワークロードを迅速かつ高いコスト効率で実行できるようになります。 オラクルは、NVIDIA Tesla GPU向け仮想マシン(VM)のサポートも提供する予定です。これにより、お客様はVMあたり1、2、または4 GPUのVMを実行できるようになります。さらに、NVIDIA Tesla V100 32GB GPUを「Oracle Cloud Infrastructure」で2018年中に利用できる予定です。 お客様の選択肢を増やすために、オラクルはPascalベースとVoltaベースのコンピューティング・サービスでNVIDIA GPU Cloud(NGC)も、「Oracle Cloud Infrastructure」で制限付きで利用できるようになります。NGCを利用することで、研究者やデータ・サイエンティストは、HPCやディープ・ラーニング向けの広範なGPU最適化ソフトウェア・ツールにアクセスできるようになります。NGCには、上位のディープ・ラーニング・フレームワークとHPCアプリケーション向けに調整、テスト、維持されたコンテナも含まれます。 本サービスに関する詳細は、2018年7月27日(金)ウェスティンホテル東京で開催する「Oracle Innovation Summit Tokyo」の15:15~16:00のセッション「AI & High Performance Computing on Oracle Cloud Infrastructure」で紹介する予定です。

本日、NVIDIA® Tesla® V100 16GB GPUを実行する新しいベアメタル・コンピューティング・インスタンスの提供開始を発表します。マツダ様、伊藤忠テクノソリューションズ様、ティーモスインテリジェンス様からの賛同コメントを含む発表資料はこちら。 新たに利用可能になるインスタンスにより、「Oracle...

Japan News Portal

設備・資産リースのSMFLキャピタル、営業の生産性向上を目的に、オラクルのマーケティング・クラウドを導入

SMFLキャピタル株式会社が、営業の生産性向上を目的に、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「OracleMarketingCloud」のマーケティング・オートメーション製品「OracleEloqua」を導入したことを発表しまし た。発表資料はこちら。 SMFLキャピタルは、一部のメーカー・販売会社の担当者向けに自社開発のマーケティング・ツールを活用し、キャンペーン・メールの案内など定期的な情報提供を行っていました。しかしながらキャンペーンのシナリオを変更する際に自社 のIT部門に依頼する必要があり、キャンペーンの改善・実行までに時間を要していました。また、キャンペーンの分析に関してもリンクへのクリック数しか把握できず、横断的な分析を行えないなど課題を抱えていました。 そこで、マーケティング部門担当者がシナリオ変更や分析を行えるクラウド・サービスの導入を決定し、地域・業界別などの詳細なターゲッティング、メール配信、メールの開封率など顧客のエンゲージメントの把握や分析を同じプラッ トフォーム上で管理できる「OracleEloqua」を採用しました。 これにより、メール配信準備や配信結果確認後のフォローアップまでのサイクルタイムが75%短縮され、「OracleEloqua」はよりタイムリーな情報提供ができるツールとして評価されています。導入後は対象を全国のメーカー・販売会社に拡 大し「OracleEloqua」の機能を活用し、見込顧客に向けて、適切なタイミングに適切なメッセージを送るなどのナーチャリングを行い、メールによるファイナンスの利用促進を行っています。今後は、さらに利用対象者の範囲を拡大し、コ ンテンツの充実により同社認知度の向上に向けた施策に取り組んでいきます。

SMFLキャピタル株式会社が、営業の生産性向上を目的に、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「OracleMarketingCloud」のマーケティング・オートメーション製品「OracleEloqua」を導入したことを発表しまし た。発表資料はこちら。 SMFLキャピタルは、一部のメーカー・販売会社の担当者向けに自社開発のマーケティング・ツールを活用し、キャンペーン・メールの案内な...

Oracle Japan Information

サッカーW杯開幕: 主将の背番号、審判、スタジアムをデータで分析

先週ロシアでサッカーワールドカップが開幕しました。32チームによってこれから約1カ月に渡って64試合が行われ、サッカーファンには眠れない夜が続くことになります。 少し変わったところからデータを収集してOracle Analytics Cloudで分析するブログを掲載するにあたり、今回の大会の結果を予想できる手がかりを導き出すことを目的に、過去のワールドカップを見直してみることにしました。 そこで、英国のオラクルでインターンをしているイズマル・サイード(Ismail Syed)の協力を得て分析を行い、過去のいくつかのデータから背番号、スタジアム、審判、地域、そして優勝チームについても明らかにしてみました。 キャプテンの背番号。日本は意外にも・・・   各国チームのキャプテンが何番の背番号を付けることが多いのかを調べてみました。10番が圧倒的に多く、これまで200人以上のキャプテンが10番を付けていました。次に多かったのが4番で、ゴールキーパーがキャプテンを務める場合は、背番号は1番でした。(補足:日本が出場した過去のワールドカップで背番号10番の選手がキャプテンになったことはありません)   審判によるバイアスは? 次に、審判の国籍と各試合の勝利チームとの間に何らかの相関関係があるかどうかを調べてみました。当然、審判は自国チームの試合を担当することはできませんが、地域による勝敗の偏りはないでしょうか?幸いなことにはっきりした関連性は見られませんでした。同じ大陸出身の審判が笛を吹く試合で勝つことが多いチームは、ほんの数チームだけでした。興味深いことに、イングランドとドイツの間には強烈なライバル意識が存在しているにもかかわらず、イングランドの審判はドイツチームが勝利した試合を担当していることが多く、英国が勝利した試合の審判がドイツ人であることが多かったのです。 ホームアドバンテージ 大会の開催国には、ホームアドバンテージがあります。イングランド(1966年)、フランス(1998年)ともに、過去1度だけの優勝を自国開催の大会で飾っており、ウルグアイ(1930年)、イタリア(1934年)、アルゼンチン(1978年)も自国開催で優勝しています。しかし大陸別にみるとどうでしょうか。おもしろいことに、欧州のいくつかの国(イタリア、ドイツ、フランス、イングランド)は欧州地域で開催された大会で優勝しており、同様にウルグアイやアルゼンチンも南米で開催された大会で優勝しています。地域にかかわらず、どこで開催されても優勝しているブラジルは、言ってみれば例外です。 とは言え、ドイツは2014年のブラジル大会でも優勝しており、スペインは南アフリカで開催された2010年に優勝していることを忘れてはいけません。つまり、一般的に自国が位置する大陸内で開催される大会の方が優勝する可能性が高いものの、この傾向は最近、崩れてきています。今年の大会はブラジル、ドイツ、スペインが優勝チームの最有力候補に挙げられており、ワールドカップが大陸内に留まる可能性も留まらない可能性もあるようです。 ゴール数の推移   今大会も毎試合、かつてのように多くのゴールが見られるでしょうか?どうもそうではなさそうです。1930年代から1950年代にかけては1試合平均4~5本のゴールが見られ、ファンにはそれが当然のように受け止められていました。しかし1960年代以降、1試合平均のゴール数は3本以下に減っています。1954年のスイス大会では1試合平均のゴール数が5本を超え、観客にとってはたまらない大会になりました。高いお金を払う価値が大いにあったと言えます。 スタジアムとゴール数の関係性  私たちはどの地域のどのスタジアムで最も多くのゴールが生まれているのか、そしてそれが「ホーム」チームによるものか「アウェイ」チームによるものかも分析しました。ひときわ目を引くのが、スイス・バーゼルのザンクト・ヤコブ・パルクです。このスタジアムでは1954年大会の6試合しか行われていないにもかかわらず、44本以上のゴールが生まれており、1つの大会中のゴール数としてはどこよりも多くのゴール数を記録しています。しかし、スタジアム別の最多ゴール数を記録しているのはメキシコシティのエスタディオ・アステカです。というのも、このスタジアムにはアドバンテージがあるからです。メキシコでは過去に2度、ワールドカップが開催されているため、試合数が多いのです。   思い込みをデータで覆す 私たちがサッカーのある部分に関して立てた仮説について、例えば優勝の可能性を自国開催かどうかだけでみるのではなく、自国を含めた地域で開催されると優勝の可能性が高まるのかどうかなど、ビジュアル分析によって、もっと掘り下げてみることができます。分析によって、もっと意外なことも明らかになります。つまり、イングランドの勝ち試合の審判はドイツ人審判が多く、その逆も然り、といった事実です。それが本当だと思っていた人はそう多くないでしょう。 同じことがビジネスにも当てはまります。私たちが当たり前のように信じていることを、データが確認したり否定したりしてくれます。たとえ直感的に違うと思っても、データを活用してみることが重要なのです。 これを実現してくれるのが、セルフサービスのデータ視覚化ツールです。たとえデータに強くなくても、社内の誰もがこのツールを使って情報の持つ意味を解き明かすことができます。 自分たちのデータからどんな驚くような事実が出てくるか、ぜひ、試してみてください。Oracle Analytics Cloudのデモをご覧になって、トライアルにサインアップしてみましょう。スプレッドシートのピボットテーブルと格闘するよりもずっと簡単なうえに、もっとたくさんのことができること間違いなしです。 今年のワールドカップに出場する全チームの健闘を祈ります。最近の傾向からどんなことが分かるか、私たちもしっかり結果を見守りたいと思います。そこから何が分かるのか、またすぐに皆さんにお知らせしますので、どうぞお楽しみに。  

先週ロシアでサッカーワールドカップが開幕しました。32チームによってこれから約1カ月に渡って64試合が行われ、サッカーファンには眠れない夜が続くことになります。 少し変わったところからデータを収集してOracle Analytics Cloudで分析するブログを掲載するにあたり、今回の大会の結果を予想できる手がかりを導き出すことを目的に、過去のワールドカップを見直してみることにしました。そこで、...

Japan News Portal

コクヨグループのカウネット、機械学習による顧客分析とデジタル・マーケティングをOracle Cloudで実現

コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネットが、新規顧客の獲得と顧客ロイヤリティの向上を目的に、「Oracle Marketing Cloud」と「Oracle Cloud Platform」などのオラクルのクラウド・サービス群を導入したことを発表します。発表資料はこちら。 カウネットではこれまで、ECサイト上での充実したコンテンツ展開や推奨商品の提示などを行ってきましたが、新たな施策として、顧客分析を強化し、その分析結果を活用したパーソナライゼーションに取り組みます。ECサイトの表示やメールマガジンのコンテンツ配信のパーソナライゼーションを実現するため、オラクルのクラウド・サービスを組み合わせたマーケティング・プラットフォームの提案を高く評価し、採用を決定しました。 カウネットでは、オラクルのクラウド・サービスを組合せたマーケティング・プラットフォームを以下の点で評価しています。 「Oracle Maxymiser」は、機械学習によりテストを重ねることで、ECサイト上に自動的に適切なオーディエンスに向けた適切なコンテンツを提示し、実装まで行えるクラウド・サービスである点 「Oracle Responsys」を活用したメール・マーケティングでは、Web行動データを細かい粒度で取り込み、システム上で自動的にターゲットに合わせた適切なコンテンツを生成・配信することが可能な点 「Oracle Analytics Cloud」により、マーケティング・キャンペーンのシナリオ作成に必要なRFM*分析、デシル分析、クラスタ分析、アソシエーション分析などの顧客情報分析が可能な点 「Oracle Analytics Cloud」の直感的なUIと機械学習により、「Oracle Database Cloud」上のデータをGUIベースで結合及び絞り込みができ、業務部門でのデータ統合や加工といったセルフサービスBIの実現が可能な点 オラクル1社で、今回の取り組みを実現するために必要なクラウド・サービスを提供できるため、連携・開発工数の負荷が少なく、導入後の窓口もオラクルで完結できる点 *Recency(最新購入日)、Frequency(購入頻度)、Monetary(購入金額)の3つの指標で顧客を分類する方法

コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネットが、新規顧客の獲得と顧客ロイヤリティの向上を目的に、「Oracle Marketing Cloud」と「Oracle Cloud Platform」などのオラクルのクラウド・サービス群を導入したことを発表します。発表資料はこちら。 カウネットではこれまで、ECサイト上での充実したコンテンツ展開や推奨商品の提示などを行ってきましたが、新たな施策として...

Oracle Japan Information

2018サッカーW杯開幕。日本も可能性あり!? 予選を突破するチームを予測

著者:オラクル・コーポレーション プロダクト・マーケティング担当ディレクター クリス・ガルシア   いよいよ待望の日がやってきました。世界最大のスポーツの祭典、サッカーワールドカップです。4年に1度、わたしたちサッカーファンは1ヵ月間、最高レベルのエキサイティングなプレーに酔いしれるのです。 日本は出場が決まっていますが、もし出身国が出場しないのであれば、応援するチームを決めてみてはどうでしょうか。わたしは米国人なので、応援するチームをいくつか選ぼうと思います。例えばメキシコ、強豪国ドイツやブラジル。ホスト国のロシアもいいですね。エジプト、アイスランド、パナマはワールドカップ初出場または未勝利の国々です。32ヵ国から上手に選んでみましょう。 応援する国を決めるために、FIFAのサイトに行き、基礎的な統計データを収集、Excelシートに入力しました。あとは手作業で、対戦チームと試合日程、勝率を計算する計算式を追加しました。そのデータシートはこちらからダウンロードできます。 オラクルとどういう関係があるというのでしょうか?データです。お仕事で大量のデータを扱っていませんか。それを理解することが重要です。残念ながら母国である米国はワールドカップに出場しませんが、大会は見たいし応援するチームも見つけたいです。このことが、クラウドでデータ分析を提供する「Oracle Analytic Cloud」を使うモチベーションになりました。なぜなら、簡単に選択肢を絞ることができるからです。状況を把握するために順々にビジュアル化しました。 ワールドカップはサバイバルそのもの、まずはグループステージを突破することです。最初の難関を突破する可能性あるチームを見つけるため、出場国のワールドカップにおける勝率、得点ゴール数、各リーグ(4チームで構成)の対戦相手3チームに対する勝利確率を分析しました。 下のビジュアルは、各国の勝利確率と平均得点ゴールを表しています。文字が大きければ勝利する確率が高いということ、文字の色が濃ければ平均得点ゴールが高いということです。 全体像を把握するのに適しています。しかし、繰り返し言いますが、まずはグループステージを突破することです。以下に、各グループのそれぞれのチームが対戦相手国との比較で、突破する確率を表しています(補足:相手国に負ける確率が高ければチャートの色が大きくなるため、要するに小さければ小さいほど、ステージ突破の確率が高いということを表しています。) グループAは、ロシアとウルグアイが有利。他2チームのワールドカップにおける実績が乏しいのが理由。   グループBはスペインとポルトガルが優位。   グループCは予測が難しい。フランスとデンマークが比較的有利   グループDはアルゼンチンとクロアチアが突破すると予測   グループEも難しい。ブラジルの突破は確実   グループFも似ていて、ドイツが圧倒   グループGは英国とベルギーが余裕で突破   もっとも拮抗するのが日本を含むグループH。どのチームも突破するチャンスがある もちろん、これらの判断基準は過去のデータから導き出しています。将来を予測しているかどうかというと、そうかもしれませんが、各チームを実際把握するには、新たな選手やコーチ、システムを理解することが最善の推測となるでしょう。 ここまで見てきたとおり、「どこを応援しようか」という単純な疑問が、Excelシートを作成し、いくつかビジュアルも作成し、応援するチームを決める手がかりを探らせたのです。これらのデータはとても簡単に、そして迅速に収集できました。データの可視化がどれほど簡単か、こちらのリンクからツールをダウンロードしてみてください。 本記事は以下の内容を抄訳しています: 2018 World Cup: Analyzing Team Win Percentages

著者:オラクル・コーポレーション プロダクト・マーケティング担当ディレクター クリス・ガルシア   いよいよ待望の日がやってきました。世界最大のスポーツの祭典、サッカーワールドカップです。4年に1度、わたしたちサッカーファンは1ヵ月間、最高レベルのエキサイティングなプレーに酔いしれるのです。 日本は出場が決まっていますが、もし出身国が出場しないのであれば、応援するチーム...

News Release

東京都主税局の「AIによる自動応対の共同実証実験」に参画

  本日、東京都主税局(以下、主税局)が5月1日から開始している、より質の高い納税者サービスの提供に向けて、人工知能(AI)を活用したチャットボットの実証実験に参画していることを発表します。発表資料はこちら。 具体的に、6月1日から7月2日まで実施する「納税や納税証明に関する問い合わせ」に自動で応答するAIチャットボットの仕組みをオラクルのクラウドサービスで構築し、実証結果を提供します。 主税局では、税についての定型的な問い合わせに自動対応できるチャットボットの活用を検討しており、税務分野におけるチャットボットの有効性や可能性などを検証しています。第一弾として、5月1日に「自動車税に関する問い合わせ」に対応するチャットボットを主税局のホームページ上で公開しました。この度、第二弾として、「納税や納税証明に関する問い合わせ」に関するチャットボットを公開し、300項目にわたる同システムの構築を日本オラクルが支援しています。実証の結果として、利用に関するアンケート結果の集計、チャットボットの応答時間、FAQのヒット率および傾向などを提供します。 日本オラクルが構築した「納税や納税証明に関する問い合わせ」に対応するAIチャットボットの仕組みには、カスタマーサービスを支援する「Oracle Service Cloud」、データベース基盤をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud」、クラウドで開発する多言語アプリケーション実行基盤「Oracle Application Container Cloud」などを使用しています。

  本日、東京都主税局(以下、主税局)が5月1日から開始している、より質の高い納税者サービスの提供に向けて、人工知能(AI)を活用したチャットボットの実証実験に参画していることを発表します。発表資料はこちら。 具体的に、6月1日から7月2日まで実施する「納税や納税証明に関する問い合わせ」に自動で応答するAIチャットボットの仕組みをオラクルのクラウドサービスで構築し、実証結果を提供します。 主税局では、...

Japan News Portal

日本メクトロン、迅速な意思決定による経営管理と生産性向上に向けて、オラクルの経営管理クラウドを稼動

日本メクトロン株式会社が、年間当たり約2,500時間*の作業時間削減を目標に、迅速な 意思決定による経営管理と生産性向上の実現に向けて、オラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 グローバル競争の激化やIT・技術革新による市場の急激な変化に伴い、経営における迅速な意思決定・対応力が求められている中、当社では、世界中 にある子会社から販売計画や実績などの膨大なデータを表計算ソフトで管理し、経営層に報告していました。しかし近年、属人的かつ煩雑な集計作業に よる業務の負荷が増大し、過去実績との比較や、受注の増減が生産側でどう影響するかという分析に人手による対応の限界を迎えていました。 そこで、日本メクトロンでは、予算・実績や販売計画の多軸分析を行う仕組みとして「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、これにより、データ集計業務の負荷軽減を実現します。また、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の国内外における多数の導入実績と、業務部門担当者が使いやすく、表計算ソフトとの高い親和性も評価しています。 今回の導入により、経営企画部と各事業の企画部が同じデータ基盤を活用し、販売チャネル・得意先・製品別売上を可視化することにより、業務の効率 化を実施しています。年間当たり約2,500時間*の作業時間削減の目標に対しては、稼働開始後、数日を要するレポート作成が数時間で完了するな ど一定の効果が出はじめています。 *日本メクトロン調べ

日本メクトロン株式会社が、年間当たり約2,500時間*の作業時間削減を目標に、迅速な 意思決定による経営管理と生産性向上の実現に向けて、オラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 グローバル競争の激化やIT・技術革新による市場...

News Release

カブドットコム証券、オラクルのクラウドを活用し、新発注基盤システムの高速・安定稼働を実現

カブドットコム証券株式会社が、株式の新発注基盤システム「RAIDEN®」(ライデン)を高速・高性能で稼働を続けるため、データベース基盤をアップデートする前のテスト環境に「Oracle Database Cloud」を導入、テストを自動化することで、工数を従来比、75パーセント削減しました。発表したニュースリリースはこちら。 三菱UFJフィナンシャル・グループの中でリテール・ビジネスのネット戦略中核会社であるカブドットコム証券では、現在、より高速・高性能な取引を実現する優位性のあるサービスを提供するためのシステムを安定稼働させる態勢を強化しています。そのため、データベースなどソフトウェアの最新化やセキュリティ・パッチの適用など対策を適時講じる必要がありました。定期的に発生するデータベースのパッチ適用やアップデート作業の迅速化、それらを事前検証するための検証用環境の準備、正確かつ効率的なテストの実施などが必要でした。過去に別のシステムにパッチを適用した際は、実行計画の変化などを手作業で確認したため全てのSQLを検証することができず、テストの網羅性に課題がありました。また、工数も約1人月かかっており、データベース管理者の業務の大きな負荷になっていました。 今回「RAIDEN®」にパッチを適用するにあたり、「RAIDEN®」構築当時から技術支援を提供しているアシストからの提案を受け、検証用環境として、本番環境の「Oracle Database」と同等の機能をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud」、およびパッチ適用前後のSQL非互換や性能テストの正確性向上およびテスト自動化を行う「Oracle Real Application Testing」を採用しました。 「Oracle Database Cloud」での「Oracle Real Application Testing」の使い方や操作性については、アシストが定期開催している無料ハンズオン・セミナーに参加し、簡単・迅速にテストが実施できることを実感していました。実際の検証作業においても、アシストによる使い方のレクチャーやQA対応もあり、スムーズに実施することができました。 その結果、本番適用前のテスト環境を迅速に構築、約1万3,000件に及ぶSQLの非互換や性能テストにかかる工数を約40時間で完了し、75パーセント削減することに成功しました。また、本番環境のほぼ全てのSQLをテストできたため、テストの網羅性も大幅に向上しました。

カブドットコム証券株式会社が、株式の新発注基盤システム「RAIDEN®」(ライデン)を高速・高性能で稼働を続けるため、データベース基盤をアップデートする前のテスト環境に「Oracle Database Cloud」を導入、テストを自動化することで、工数を従来比、75パーセント削減しました。発表したニュースリリースはこちら。 三菱UFJフィナンシャル・グループの中でリテール・ビジネスのネット戦略中核...

Japan News Portal

JTB、海外旅行業務のシステム基盤にオラクルのクラウド・サービスを採用

自社内でパブリック・クラウドを構築する「Oracle Cloud at Customer」を導入し、TCOの削減、ITリソースの柔軟な割当て、セキュリティを強化 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、株式会社JTB(本社:東京都品川区東品川、代表取締役社長:髙橋 広行)が2020年に向けたIT戦略の一環として刷新する海外旅行業務システム基盤に、データセンター内で「Oracle Cloud」が利用可能な「Oracle Cloud at Customer」および「Oracle Exadata Cloud at Customer」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。 JTBは、そのルーツである「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」が誕生した1912年以来100年以上にわたり、訪日外国人向けのきっぷ代売・クーポン発行、日本到着後のツアーの企画・実施、日本人向けの海外国内パッケージ旅行の販売、修学旅行・企業の旅行・MICEなどの法人ビジネス、グローバル・ネットワークの拡大へと、お客様と共に進化を続けてきました。更なる飛躍を遂げるため、2018年4月からは新たな事業ドメインとして、「交流創造事業~JTBならではのソリューション(商品・サービス・情報および仕組み)の提供により、地球を舞台にあらゆる交流を創造し、お客様の感動・共感を呼び起こすこと。」を掲げています。デジタルとヒューマンタッチをかけあわせたソリューションの提供により、お客様の期待を超える価値を生み出し、お客様にとっての成果を約束することをグループの経営ビジョンとして追求しています。ビジネス戦略に則したIT戦略を掲げ、既存システムを徹底活用し、成長領域への優先投資、デジタルテクノロジーの積極的な活用の実現をめざしています。 JTBでは、このIT戦略のもと、既存システム活用の一環として、ビジネス戦略により柔軟に対応しパフォーマンスを向上できるシステム・インフラストラクチャ基盤の更改に向け、選定を開始しました。従来は、システムによってインフラストラクチャ基盤をオンプレミスで構築したり、プライベート・クラウド上に展開したりしていました。インフラストラクチャ基盤を構成するハードウェア製品の更改に際し、基盤を個別に構築することによる初期コストの増加、インフラストラクチャ運用の集約によるコスト削減が課題となっていました。また、旅行販売に関するシステムの特性から、インフラストラクチャ基盤の利用は、季節波動が大きいため、個別に構築していた基盤を集約することによる効率化も求められておりました。それぞれのシステムが持つ、強固なセキュリティ要求も、決して欠かすことはできませんでした。 これらの課題を解決するため、JTBでは、自社のデータセンターでオラクルのクラウド・サービスを利用できるインフラストラクチャ基盤として「Oracle Cloud at Customer」、データベース基盤として「Oracle Exadata Cloud at Customer」を選定しました。選定のポイントは以下のとおりです。 総所有コスト(TCO)の削減:パブリック・クラウド利用と同様の定額課金により、初期投資、管理、維持コストを低減。またオラクルによる一貫した管理、運用サービスを提供 高いパフォーマンスと柔軟性:「Oracle Cloud at Customer」と「Oracle Exadata Cloud at Customer」のITリソースの柔軟な割り当てにより、ピーク時におけるデータ量やトランザクションの急激な増大に対応しながら、定評ある「Oracle Exadata」の高いパフォーマンスをクラウドで利用可能 セキュリティ要求への対応:クラウドの柔軟性を保ちながら、機密データを自社データセンター以外に持ち出し不要

自社内でパブリック・クラウドを構築する「Oracle Cloud at Customer」を導入し、TCOの削減、ITリソースの柔軟な割当て、セキュリティを強化 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、株式会社JTB(本社:東京都品川区東品川、代表取締...

Japan News Portal

日本オラクル、自律型データベース・クラウドにより企業のデータ・ドリブン経営とイノベーションを支援

自律型データベース・クラウドの第一弾となる「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」が簡単、高速、柔軟なデータ・ウェアハウジングを実現 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の国内提供を発表します。「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」は、自動管理(Self-managing)、自動保護(Self-securing)、自動修復(Self-repairing)を特長とした「Oracle Autonomous Database」で提供される最初のサービスです。機械学習により、煩雑な構築、管理、運用を簡単にし、業界をリードするテクノロジーに基づく優れたパフォーマンス、セキュリティ機能、高可用性を低コストで提供します。発表資料はこちら。 昨今、日本のIT事業者または企業のIT部門従事者を含むIT人材が不足しており、その不足状況は2020年以降急激に増加するという調査結果が出ています。1特に、デジタル・トランスフォーメーションの潮流により、モバイル、クラウド、アナリティクス、IoTなどのテクノロジーを活用した新規事業などが重要な事業分野となってきている今日では、できるだけ多くのIT人材を確保したいという企業や事業部門が増加し、これまでのIT部門が担ってきたITシステムの管理、運用だけではなく、より戦略的にICTをビジネスに活用できる人材が求められています。また、増加の一途をたどるデータの管理には、これまでより高度なセキュリティ、煩雑な管理、運用に加え高い処理能力が必要となる一方で、それらの課題を解決するコストパフォーマンスに優れたソリューションが求められます。 1 出典:「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(経済産業省)2016年6月10日公表 URL:http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html  日本オラクルでは、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」をはじめとする自律型データベースやその他自律型クラウド・サービスの提供により、お客様のクラウド活用を更に促進し、データ・ドリブン経営およびイノベーションの実現を支援していきます。複雑なITシステムやデータの管理を自動化することで、データ管理者やデータ活用者の生産性が向上し、IT人材はデータをより高度に活用しながら戦略的な分野で活躍することができ、企業にとってはより多くのイノベーションの実現や新規ビジネスの機会につながります。 「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の特長 「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」は、「Oracle Database」の持つ分析機能、セキュリティ、高可用性などのメリットを享受しながら、複雑な設定、チューニング、管理を自動化します。また、ウェアハウスのワークロードやデータ量の変化にも動的に対応し、ダウンタイムなしで利用することが可能です。「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」は、簡単な管理および運用、高いパフォーマンスおよび柔軟性により、ユーザー企業の生産性向上、リスク低減、およびコスト削減を実現する新しい自律型のデータベース・サービスです。部門レベルのデータ分析用途からエンタープライズ規模のデータウェアハウスまで幅広く対応し、初期費用なしで自動的にチューニングがされる高度なデータ・ウェアハウスをすぐに利用することが可能となります。 主な特長は以下のとおりです。 簡単:業界初となるワンステップのウェアハウス・プロビジョニングにより、簡単な設定で、自動バックアップ、暗号化、パッチ適用、高可用性に対応するアーキテクチャを搭載したセキュアなデータベースの構築、利用が可能。オンプレミスの既存のデータベースとの互換性を備えていることから、クラウドへの移行も簡単。チューニングなどのデータ管理にも人手をかけず、データベース・アーキテクトの工数を削減。 高速:自動的に性能を最適化。「Oracle Exadata」のテクノロジーによる業界トップレベルのクエリ性能で、大規模な同時アクセスにも対応し、優れたコストパフォーマンスを実現。 柔軟:コンピューティングとストレージのサイズを別々に、動的に拡張/縮小可能で、ピーク時にリソースを増やし、不要なときには停止するなど柔軟なリソース変更が可能。初期投資不要、従量課金というクラウド・サービスの活用メリットを最大限にし、運用、管理を含む大幅なコスト削減を実現。 「Oracle Autonomous Database Cloud」の特長 「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」は、「Oracle Autonomous Database Cloud」の最初のサービスとして提供され、オラクルのデータベースにおける数十年にわたる経験とテクノロジーを最大限に活用し、企業のデータベース・サービス活用に変革をもたらします。「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」は、「Oracle Autonomous Database」サービスに共通する以下の特性を備えています。 自動管理(Self-managing):データベースのプロビジョニング、保護、モニタリング、バックアップ、復旧、トラブルシューティング、チューニングに人手を介さず、人的エラーを解消。ダウンタイムなしで自動的にアップグレードやパッチを適用。 自動保護(Self-securing):外部からの攻撃や、悪意のある内部ユーザーからデータを保護。ダウンタイムなしでセキュリティ・パッチを自動適用し、全てのデータを自動的に暗号化。 自動修復(Self-repairing):あらゆる計画的/非計画的ダウンタイムからの自動的な保護。最大99.995%のSLA*を実現し、計画メンテナンスを含む1か月あたりのダウンタイムは2.5分以内。 *SLAは提供するサービスによって異なります。  

自律型データベース・クラウドの第一弾となる「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」が簡単、高速、柔軟なデータ・ウェアハウジングを実現 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の国内提供を発表します。「Oracle...

Japan News Portal

アプリケーションに新たなAIを搭載し、次世代の経理・財務業務を強力に支援

経理・財務領域にAIによるインテリジェンス機能を組み込むことにより、迅速な判断と業務効率の向上を支援し、企業の収益拡大とコスト削減を実現 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、人工知能(AI)を搭載した新たな経理・財務領域の拡張アプリケーションを発表しました。「Oracle Adaptive Intelligent Applications for Enterprise Resource Planning(ERP)」は、高度なデータ・サイエンスや機械学習を「Oracle Data Cloud」やパートナーから得たデータに適用することによって、取引業務の自動化やビジネス・プロセスの合理化を支援します。これにより、財務担当者は変化に適応し、新たな市場機会を収益に結びつけ、利益率の向上を目指すことが可能になります。発表資料はこちら。 「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」は財務、調達、業績管理、発注管理、生産管理など、「ERP Cloud suite」に含まれる既存アプリケーションの機能を強化するよう設計されています。   オラクルのアプリケーション開発担当シニア・バイス・プレジデントのロンディ・ウは次のように述べています。「ビジネスの俊敏性を高めるため、企業は業務プロセス効率を改善し、ビジネス前進のための指針となるインサイトが得られるよう、適切なツールを活用する必要があります。オラクルは、業界で最も包括的なクラウド・アプリケーション製品群に高度な機械学習を組み合わせ、すぐに活用できるアプリケーションを提供することで、素早く価値を生み成果を出し、財務リーダーのビジネス改革推進を支援します。」   「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」は財務担当者に以下のような利点を提供します。 より優れたインサイト:アナリティクスやAIを経理・財務に応用することで、売掛・買掛業務から調達、決算業務における、業務パフォーマンスの向上やプロセスの機敏性を高めることができます。さらにインテリジェント機能により、例えばベンダー選定における異常値を検知することで、ベンダー・リスクや不正行為の回避にも役立ちます。 大幅な効率化:ロボットによるプロセスの自動化やAI機能によるタッチレス処理を実現し、人的ミスの可能性を最少化します。 より洗練された意思決定支援:オラクルはあらゆる業務アプリケーションに機械学習を組み込むことによって、業務の迅速化に大きな影響力を発揮します。これは、「Oracle Data Cloud」やパートナーから得るデータを活用し、財務、人事、プロジェクト管理など複数のチャネルやプラットフォーム全体からインサイトを導き出すことによって、ビジネスの戦略的な意思決定を支援します。 影響力の拡大:AIの活用で豊富なインサイトを得られるようになり、ビジネスの先行きを予測した適切な判断が下せるようになります。これにより最高財務責任者(CFO)を始めとする財務担当者は企業内での影響力を高めることができます。 例えば、全国展開する大手小売業の財務部門は、「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」を活用することで、購入履歴や売上比率、割引率といったサプライヤーに関するファースト・パーティ・データに加え、サード・パーティ・データ(売上高や信用情報などの企業属性)を合わせて収集することができます。こうした情報をもとに財務部門では納入品質は維持しながら調達コストを最大限に抑えるために、どのサプライヤーとの取引を倍加し、どのサプライヤーとの取引を停止するべきかの判断を下すことができます。データを基にしたインサイトをもとに迅速な調整を行うことで、組織における財務部門の価値が高まり、CEOが業績改善のための戦略的な提言を求める際にもCFOや財務部門への依存度が高まるようになります。

経理・財務領域にAIによるインテリジェンス機能を組み込むことにより、迅速な判断と業務効率の向上を支援し、企業の収益拡大とコスト削減を実現 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、人工知能(AI)を搭載した新たな経理・財務領域の拡張アプリケーションを発表しました。「Oracle Adaptive Intelligent...

Oracle Japan Information

コムテック、経営部門による予算実績管理に、オラクルのアナリティクス・クラウドを採用

データの可視化および分析サービスにより、システム・アウトソーシング事業の収益を一元管理 コムテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮田 良嗣、以下、コムテック)は、システム・サービス提供における高度な収益管理を実現するため、オラクルがクラウドで提供するビジネス・アナリティクス「Oracle Analytics Cloud」などを採用しています。 コムテックは、ユーザー企業向けに営業支援、マーケティング支援、システム・コンサルティングから開発・運用、オペレーション業務など多岐に渡りコムテック型アウトソーシングサービスを提供しています。ユーザー企業への付加価値向上として、システム化による統制力の強化、タイムリーかつスムーズな情報提供、コンタクト・センターの立ち上げ、業務プロセスの改善、RPA化などさまざまな取り組みを行っています。コムテックでは従来、データベースを多次元的に解析するOLAP(On-Line Analytical Processing:オンライン解析処理)サーバーである「Oracle Essbase」を同社の収益管理に導入していましたが、システムを継続利用するうえで以下の課題が発生していました: 現行の「Oracle Essbase」を導入してから6年以上経過しており、同搭載サーバーなどの更改時期をむかえ、加えてクライアントPCのOSやExcelなどのバージョンアップへの対応が必要 経営部門や情報システム部門といったユーザー部門が日々の予算実績業務の管理に「Oracle Essbase」を利用しているため、運用負荷をかけずに、現行業務をそのまま移管することが必要 都度システム更改に対応していくIT部門の負担軽減 そこで、コムテックは以下の点を評価し、「Oracle Analytics Cloud」などのクラウドサービスの採用に至りました。 既存の「Oracle Essbase」のアプリケーションを「Oracle Analytics Cloud」に移行することで、現行業務への影響を最小化しながら、利用継続が可能 オンプレミス環境での現行システム更改とTCOで比較した際のコストメリット 「Oracle Analytics Cloud」に付属で利用可能な「Oracle Data Visualization Desktop」の活用による、クラウド上の「Oracle Essbase」データとそれ以外の様々なデータを活用したセルフサービスBIの実現 導入支援パートナーである株式会社ジールによる「Oracle Analytics Cloud」への移行支援を2カ月という短期間で実現可能(クラウド環境への移行作業、ユーザーへのトレーニング等) コムテックでは、2018年2月にこの移行プロジェクトを開始し、2018年4月からユーザー向けのサービス稼働およびトレーニングの実施を予定しています。 参考リンク コムテック株式会社 Oracle Analytics Cloud  

データの可視化および分析サービスにより、システム・アウトソーシング事業の収益を一元管理 コムテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮田 良嗣、以下、コムテック)は、システム・サービス提供における高度な収益管理を実現するため、オラクルがクラウドで提供するビジネス・アナリティクス「Oracle Analytics Cloud」などを採用しています。 コム...

Japan News Portal

「Be a change maker」‐国際女性デーに女性活躍を推進する働き方や職場環境を考えるイベントを開催【後編】

3月8日は、国際女性デー。今年、日本オラクルでは、「社員ひとりひとりが理想とする会社になるための『変化』の力になっていければ」という想いを込め”Be a Change Maker”をテーマに、日本オラクルのOWLメンバーが中心となり、パネルディスカッションとゲストスピーカーによる講演からなる社内イベントを開催しました。後編では、パパ社員のパネルディスカッションと、ゲストスピーカーの講演の模様をお伝えします。(前編はこちら) 子育てが自分の成長にもつながる 2つ目のパネルディスカッションでは、仕事と子育てを両立させているパパ社員がパネリストとして登壇し、「オラクルパパ社員に聞く!子育てパパの実態とは?」をテーマに、自分たちが子育てに携わってきてよかったと感じたことについて、それぞれの経験に基づき語りました。ディスカッションはまず「日本オラクルは、仕事と子育てとの両立が可能な環境か?」という質問から始まり、パパ社員は3人からのコメントは、チームや関係者の理解や支援、育休などの制度取得、両立を推進する文化などを背景に、日本オラクルには仕事と子育てとの両立が十分可能な環境であるというものでした。「仕事への影響を含め、子育てに携わってきてよかったこと」については、「コミュニケーションの上で忍耐強くなった。自分の思い通りにならないことに対してイライラすることがなくなったし、相手の気持ちを考えるようになった。」「失敗に寛容になった。奥さんとのコミュニケーションをよりとるようになり、また効率を考えるようになった。」、「早寝早起きになったことは健康的にもよかったと思う。また、地域の子どもたちとも触れ合うことで、どうやったら伝わるかを日々考えるようになった。」と、家庭での関係性や仕事においてポジティブに働いた点がそれぞれの経験と合わせて紹介されました。 パパ社員によるパネルディスカッションの模様(撮影:日本オラクル) このイベントには、青山オフィスの会場だけでなく、日本オラクル大阪支社に勤務する女性従業員も、「支社で働く女性が望むこと」と題したビデオメッセージとともにリモート参加しました。大阪支社の女性従業員からの職場環境向上のアイデアとして「Hygge(読み:ヒュッゲ、デンマーク語で「居心地がいい、心が安らぐ」)」という概念を紹介し、その概念を基に考えた2つの施策として「もぐもぐタイム」、「リモート環境」の充実が提案されました。そして、「今回のイベントをきっかけに、自分たちの働く場所、これからの働き方について考えていきたい」と、メッセージを締めくくりました。 ゲストスピーカーが講演 ゲストスピーカーの講演では、まず、Child Family Consultant Professionalの川合良子さんから、「『子育て学』は人を成長させ、企業を大きくする」と題して、子育てに孤軍奮闘しているパパ・ママが自分らしい子育てを楽しみ、子育てを通して自分も成長することを提唱する『子育て学』についてお話しいただきました。パパ社員のパネルディスカッションでも、子育てに携わって、自分が成長できたという意見が出ていましたが、川合さんは「「子育てに関わる保護者や人の成長」と「豊かな心と言葉を持つ子どもの育成」 を実現することが、社会、企業活動に連動し、企業にとって良い結果が生まれる」と提唱されていました。2つ目の講演には、女性従業員比率89%の株式会社waja代表取締役COOの小安光司さんとFASHION CHARITY PROJECT(FCP)ディレクターの土持梨奈さんが登壇、女性の活躍の場は無限であることを世界に認知させた同社が手掛けるファッションECビジネスについて、そして女性が輝き続けることによる社会への影響力についてお話しいただきました。また、ダイバーシティや働き方改革に必要なこととして、「改革とかイノベーションとか大げさになっているが、小さいことでもきちんと実践していくことだと思います。重要なのは浸透させること、周りも理解した状況で、きちんと実践していくことだと思います。」(小安さん)「個人の意識改革と発信が重要。社会課題であるという認識を持って、他に実践している人たちの成功体験を共有していければいいと思います。イノベーションは個人からだと思っています。」(土持さん)と、お二人とも意識の持ち方が重要とされていました。 左:Child Family Consultant Professional 川合良子氏 右:株式会社waja代表取締役COOの小安光司氏、FASHION CHARITY PROJECT(FCP)ディレクター 土持梨奈氏(撮影日本オラクル) イベントの最後には、OWLの日本のリーダーであるクラウド・システム事業統括 事業統括本部長 斉藤 千春が挨拶し、当日参加できなかった日本オラクル CEOのフランク・オーバーマイヤーからの「日本オラクルは、女性活躍推進に引き続き全社で取り組んでいく。」という力強いビデオメッセージを紹介しました。そして、参加者や登壇者への感謝の意を述べるとともに、「今日のイベントが良い気づきの機会となればと思う。オーバーマイヤーCEOのメッセージの通り、日本オラクルは女性活躍推進にフルコミットしていきますので、皆さんの一歩一歩の前進を、OWLとしてもいっしょに進めていきたいと思っています。」とコメントし、イベントを総括しました。 日本オラクル クラウド・システム事業統括 事業統括本部長 斉藤 千春(撮影:日本オラクル)

3月8日は、国際女性デー。今年、日本オラクルでは、「社員ひとりひとりが理想とする会社になるための『変化』の力になっていければ」という想いを込め”Be a...

Oracle Japan Information

「Be a change maker」‐国際女性デーに女性活躍を推進する働き方や職場環境を考えるイベントを開催【前編】

3月8日は、国際女性デー。オラクルでは、2006年に発足し、女性リーダーシップの育成や女性活躍推進のイニシアチブを担うOracle Women’s Leadership(OWL)が中心となり、世界各国でこの日をお祝いするとともに、女性活躍推進に関して全社的に考える機会を提供するイベントや活動を行っています。今年、日本オラクルでは、「社員ひとりひとりが理想とする会社になるための『変化』の力になっていければ」という想いを込め”Be a Change Maker”をテーマに、日本オラクルのOWLメンバーが中心となり、パネルディスカッションとゲストスピーカーによる講演からなる社内イベントを開催しました。このブログでは、当日のイベントの模様を2回に分けてレポートします。前編では、日本オラクルの女性リーダーからの挨拶とより良い職場環境をテーマとしたパネルディスカッションまでをレポートします。 日本オラクル女性リーダーからの3つのアドバイス イベントの冒頭では、日本オラクル 専務執行役員 エンタープライズ第2営業統括 のサンドラ・グアソティが登壇し、参加者に向けて日本語でエールを送りました。政府や経済界でも女性活躍推進の動きは活発になっている一方で、女性管理職登用の政府目標である2020年までに30%に対して現状1ケタという状況に対して、「この現状を変えることは決して簡単ではないが、個人レベルでできることがある。」とし、グアソティは3つのアドバイスを送りました。 1つ目は「Believe in yourself(自分自身を信じましょう)」。グアソティは、「前に進むために、勇気を出し、安全圏から飛び出す勇気が必要です。」と述べ、女性従業員が自信を持ち、積極的に会議やプロジェクトへ参加、発言していくことが個々の可能性を広げるためにも大切であると強調しました。2つ目は「Socialize your partner(パートナーの意識を変えましょう)」。グアソティはまず、「男性も家庭を作る仲間にしましょう。」と提言しました。チームメンバーに夜7時には家に帰るよう勧めていたところ、ある男性社員から、早く帰らせるのをやめてほしいと言われたという自身のエピソードを紹介し、このマインドを変えていこうと参加者に呼びかけました。そして最後は、「Connect & help each other(連携し、お互い助け合いましょう)」。グアソティは、「一人で悩むだけでなく、他の人とつながりましょう。女性同士、職場の男性、近所の人、その他大勢の人達、そして、あなたもあなたの仲間もよいチャンスをつかめるように、お互い助け合いましょう。」と述べ、女性が働く環境をよりよいものとするためのアドバイスとしました。 日本オラクル 専務執行役員 エンタープライズ第2営業統括 サンドラ・グアソティ(撮影:日本オラクル) 若手社員からのよりよい職場環境への提案 イベントでは、日本オラクル従業員によるパネルディスカッションが2回行われました。1つ目のパネルディスカッションでは、3名の女性社員が登壇し、「若手社員が考える、Make this a Good Place/ Great Place to Work!」をテーマに、日本オラクルは働きやすい環境なのか、さらに働きやすい環境にするために何が必要か、について意見交換が行われました。参加した3名からは総じて「日本オラクルは働きやすい環境だ」という感想が述べられ、その理由として「Work Anywhereや有休がとりやすい環境であり、教育制度もしっかりしている」、「ライフステージの変化に合わせて柔軟に対応してくれる仕組みがある、自由な空気感がある」、「柔軟なところに働きやすさを感じる。」といった点があげられました。一方、日本オラクルをより働きやすい環境としていくための提言としては、「より活発なデジタルツールでの社内外コミュニケーションの推進」、「青山、赤坂オフィス間の移動のための自転車の設置」、「部門間の垣根を超えたネットワーク作りの機会を」など、これまで以上に柔軟で働きやすい環境にするために具体的な問題提起や改善施策の提案があげられていました。 パネルディスカッションには若手女性社員が参加(撮影:日本オラクル) (後編に続く)

3月8日は、国際女性デー。オラクルでは、2006年に発足し、女性リーダーシップの育成や女性活躍推進のイニシアチブを担うOracle Women’s Leadership(OWL)が中心となり、世界各国でこの日をお祝いするとともに、女性活躍推進に関して全社的に考える機会を提供するイベントや活動を行っています。今年、日本オラクルでは、「社員ひとりひとりが理想とする会社になるための『変化』の力になっていけ...

Oracle Japan Information

AIや自動化が最もインパクトを与える5つのビジネスとは?

人工知能(AI)は瞬く間に企業の中核に入り込みつつあり、アクセンチュアによれば今後、企業のテクノロジー支出の25%がAI関連になると予想されている。強力なコンピューティングと正確なデータ分析を備えたAIを増強することによって、より確実な情報に基づいた意思決定が可能になる。さらにその後のタスクを自動化するAIとオートメーションは、まさにビジネスの“バッテリー”として活力を与え、成功への推進力になっていく。 こうした急速な台頭は、3つの要因によってけん引されてきた。クラウドによって大量のコンピューティングや処理能力がオンデマンドで利用できるようになったこと。データの爆増によって、こうした新たな能力を推進するスマートアルゴリズムを生み出すために必要な要件がもたらされたこと。そして、AIをイノベーションの原動力としてビジネスに簡単に統合できる新たなツールの出現によって、さまざまな組織がAIを導入して恩恵を得やすくなったこと、の3つである。 さまざまなアプリケーションの可能性がある中、企業はまず、どこから手を付けるべきだろうか。フォレスターがAIに関し、オペレーション上の問題をうまくモデル化できないために、2018年中にAIがらみのプロジェクトの75%が期待外れに終わるだろうと警鐘を鳴らしていることを考えれば、まず、以下の点に着目してみるべきだろう。 1. Driving value from data:データから得る価値を高める: データ群が巨大化するに伴い、自動化された新たなAI対応ツールによって、膨大な量のデータから本当に価値のある情報を手に入れるという、干し草の山から針を見つけるような作業がスピードアップし、適切な行動が確実にとれるようになる。こうしたツールは、データの運用管理や真に価値のあるインサイトを引き出す上でも、驚くほど強力な役割を担うようになるだろう。 2. Rebalancing the cyber warfare:サイバー戦争への新たな対応: 企業におけるサイバーセキュリティに伴うさまざまな課題は急速に拡大し、もはや人だけでは手に負えなくなっている。セキュリティ侵害やパフォーマンス異常、脆弱性の検知、防御、対応を自動化するためには、AIや自動化が不可欠になっていくだろう。 3. The search for operational excellence:オペレーショナルエクセレンスの探求: 新たなアプリケーションやサービスはますます短期間で市場に投入しなければならなくなり、企業は大きな圧力にさらされている。性質も規模もバラバラな業務システムを前に途方に暮れているあいだにも、クラウドそのものが新たな様相を呈すようになり、IT部門にとってエンタープライズシステムを最適化し、致命的な障害を防止することが困難になっている。AIはエンタープライズシステムを最適な状態で稼働させ続けるために必要な数多くの多彩なモニタリングやコントロール要件を自動化でき、新たなレベルの最適化を実現できる。 4. Boosting business performance:ビジネスパフォーマンスの向上: AIの能力をERPや人材マネジメント(HCM)、サプライチェーンマネジメント(SCM)、セールス&マーケティングなどの基幹業務アプリケーションに組み込むことによって、意思決定プロセスをさらに簡素化し、組織全体を通じてビジネスプロフェッショナルの効率アップを図ることができる。 5. Creating conversation from chat:チャットで会話を生成: AIに対応した最新のプラットフォームは、AIのスキルを持ったスペシャリストなしでも迅速かつ簡単にインテリジェントなボットの構築やトレーニングが行えるようになっており、新たにAIの導入に着手するには最適な場所になっている。 ビジネス環境における要素として、AIの重要性がますます高まることは明らかである。目の前の相手が自分よりも優れた決定をより素早く行うとすれば、この先競争に勝つことはできなくなるだろう。のんびり構えている場合ではない。

人工知能(AI)は瞬く間に企業の中核に入り込みつつあり、アクセンチュアによれば今後、企業のテクノロジー支出の25%がAI関連になると予想されている。強力なコンピューティングと正確なデータ分析を備えたAIを増強することによって、より確実な情報...

Japan News Portal

児童養護施設の子どもたちへのプログラミング体験提供の取り組みで企業ボランティア・アワードを初受賞

日本オラクルは、認定NPO法人 ブリッジフォースマイルとの児童養護施設の子どもたちへのプログラミング体験提供の取り組みが評価され、東京ボランティア・市民活動センターが主催する第3回「企業ボランティア・アワード」を初めて受賞しました。2018年2月23日(金)に行われた「企業ボランティアの祭典2018」にて、賞状と奨励金が授与されました。 東京ボランティア・市民活動センターは、市民一人ひとりのより良い生き方(well-being)を実現するために「広義の福祉」の視点にもとづき、幅広い領域のボランティア活動を推進し支援します。企業ボランティア・アワードは、東京ボランティア・市民活動センターが推進する企業・社員ボランティア活動推進の一環で、都内の企業で働いている人たちによる非営利団体でのボランティア活動を表彰し、広く社会に広報することによって、企業人のボランティア活動への参加や企業と非営利団体の協働を促進することを目的とした事業で、今回で3回目の開催となります。 日本オラクルでは、同社が管理するプログラミング言語「Java」をベースに、子どもたちにプログラミング体験を提供する「Java for Kids」の活動を2014年から行っています。「Java for Kids」は、子どもたちにプログラミングの仕組みやロジカルにコードを組むことの面白さを理解してもらうため、同社の社員ボランティアが主体となりゼロから作り上げたプログラムです。2016年からは認定NPO法人 ブリッジフォースマイルと連携し、職業体験の一環として「Java for Kids」を児童養護施設の子ども立ち向けに展開しています。多様な大人と接する機会の限られている子どもたちにIT業界で働くイメージを持ってもらうため、通常の「Java for Kids」よりも時間をかけ、ボランティアがほぼマンツーマンで子どもにつき、お昼を一緒に食べたり仕事の話などを挟みながら、個別の理解度に合わせてプログラミングを進めています。 今回の日本オラクルの受賞は、この取り組みが評価されたものです。今回の受賞では、開発言語、研修設備などの社内のリソースを有効に活用し、社員ボランティアが積極的に企画から運営まで関わっていることが評価されました。加えて、プログラミング教室というIT企業のオラクルらしい取り組みであること、児童養護施設の子供たちに対する「ダイバーシティ&インクルージョン」を推進する活動であることも評価されています。 25年以上にわたり、オラクルの社員は職場や自宅周辺のコミュニティなど様々な場所で、教育機会を提供し、環境を保護し、コミュニティを豊かにするため、ボランティア活動をしています。年間を通じて、世界中の社員が多くのボランティア活動に参加しています。日本オラクルでも、この一環として、「Java for Kids」をはじめとする子どもたちの教育支援、環境保護、コミュニティ支援などのボランティア活動に取り組んでいます。日本オラクルでは、今後も社員ボランティアを通じて、これらの活動に取り組んでいきます。  

日本オラクルは、認定NPO法人 ブリッジフォースマイルとの児童養護施設の子どもたちへのプログラミング体験提供の取り組みが評価され、東京ボランティア・市民活動センターが主催する第3回「企業ボランティア・アワード」を初めて受賞しました。2018年2月23日(金)に行われた「企業ボランティアの祭典2018」にて、賞状と奨励金が授与されました。 東京ボランティア・市民活動センターは、市民一人ひとりのより良い生...

News Release

メタウォーター、上下水道の設備管理・監視サービスの付加価値向上に、Oracle Analytics Cloudを採用

本日、水・環境分野の総合エンジニアリング企業であるメタウォーター株式会社が、オラクルがクラウドで提供するビジネス・アナリティクス「Oracle Analytics Cloud」などを採用し、上下水道事業者向けに水処理施設の運営・管理を行う「ウォータービジネスクラウド(以下、WBC)」に蓄積されたデータの利活用に関する実証実験(PoC)を開始したことを発表します。発表資料はこちら。 具体的には、上下水道事業を行う各地方自治体や事業受託企業がWBCを利用しながら、各種装置・設備の障害に対する予兆検知、原因の特定を柔軟かつ迅速に行えるサービスのPoCを行います。 メタウォーターが2011年に開始したWBCでは、上下水道施設における機器の広域監視や保守点検などに関するさまざまなサービスを提供しています。上下水道事業者へのさらなる付加価値創出を目的に、WBCに蓄積されたデータから、複数機場や過去の発生事象との比較などをより柔軟に行い、サービス間を横断的に連携できる仕組みやリアルタイム・データを活用できるサービス基盤の構築を計画しています。このPoCに「Oracle Analytics Cloud」などのオラクルのクラウドサービスを活用し、蓄積された点検・監視・設備データと天候や降水量などの気象オープンデータとの相関関係を可視化・分析します。

本日、水・環境分野の総合エンジニアリング企業であるメタウォーター株式会社が、オラクルがクラウドで提供するビジネス・アナリティクス「Oracle Analytics Cloud」などを採用し、上下水道事業者向けに水処理施設の運営・管理を行う「ウォータービジネスクラウド(以下、WBC)」に蓄積されたデータの利活用に関する実証実験(PoC)を開始したことを発表します。発表資料はこちら。具体的には、上下水...

Japan News Portal

オラクル、自律型クラウドを進化させ、クラウド・プラットフォーム全体にわたって自律機能を拡張

(本内容はオラクル・コーポレーションより2018年2月12日付で公開されたものです。) オラクルは本日、「Oracle Cloud Platform Autonomous Services 」(リンク)を「Oracle Autonomous Database」 以外にも拡張し、すべての「Oracle Cloud Platform」サービスで自動稼働(Self-Driving)、自動保護(Self-Securing)、自動修復(Self-Repairing)を可能にすると発表しました。拡張された自律型クラウド・プラットフォーム・サービス群によって、自律型クラウド機能の業界標準を刷新します。AIと機械学習を次世代のクラウド・プラットフォーム・サービス全体に適用し、お客様のコスト削減、リスク軽減、イノベーション促進、予測インサイト獲得を支援します。発表資料はこちら。 組織がイノベーションに注力していくなかで、新しいアプリケーションを構築して要求の厳しいワークロードに対応できる、包括的かつ統合的な一連のクラウド・サービスが求められています。オラクルのクラウド・サービスは、最大限のパフォーマンス、高可用性、安全なエンタープライズITシステム、そしてイノベーションを実現しつつ、チューニングやパッチ適用、バックアップ、アップグレードといった主要機能を自動化できます。加えて「Oracle Cloud Platform」には、イノベーションとスマートな意思決定を促進するために、アプリケーション開発、モバイルおよびボット、アプリケーションおよびデータの統合、アナリティクス、セキュリティ、管理に特化した自律的な機能が組み込まれています。 オラクルの自律機能は、昨年10月に開催されたOracle OpenWorldで発表された世界初の自律型データベースなど、「Oracle Cloud Platform」に不可欠です。「Oracle Autonomous Database」は、高度なAIと機械学習により、人間の労力、人的ミス、手作業によるチューニングを排除し、これまでにない可用性、高性能、セキュリティを低コストで提供します。データ分析用の「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud Service」、トランザクションおよび混合ワークロード用の「Oracle Autonomous Database OLTP」、高速かつ大規模トランザクション用の「Oracle Autonomous NoSQL Database」などの複数の自律型データベース・サービスの提供は、今後12カ月以内を予定しています。 「Oracle Autonomous Database」に加え、データ管理、アプリケーション開発、モバイルおよびボット、統合、アナリティクス、セキュリティ、システム管理用の「Oracle Cloud Platform」の自律機能の提供は、今後12カ月以内を予定しています。    

(本内容はオラクル・コーポレーションより2018年2月12日付で公開されたものです。) オラクルは本日、「Oracle Cloud Platform Autonomous Services 」(リンク)を「Oracle Autonomous Database」 以外にも拡張し、すべての「Oracle...

News Release

Oracle Cloudのデータセンターを新設-データ・ドリブン経営とイノベーションを実現するクラウドへの投資を強化

本日、国内におけるクラウドへの高まる需要に応えるべく、Oracle Cloudのデータセンターを新設する計画を発表しました。発表資料はこちら。 日本オラクル株式会社 取締役 執行役 CEO(最高経営責任者)のフランク・オーバーマイヤーは次のように述べています。「私たちは、お客様が『データを所有する会社』ではなく『データ・ドリブンな会社』へと変革することをサポートします。また変革に必要とされるのは、イノベーションを実現する基盤、実現可能性を引き出すAI(人工知能)、ブロックチェーン、IoTといったクラウドで提供されるツール群です。国内で30年以上にわたり、日本のお客様はデータを扱うエキスパートとしてオラクルを信頼いただきました。この度、データセンターを新設するだけでなく、日本オラクル社員への投資を継続し、業界で最良のクラウド・エキスパートを目指します。その一環として、国内初となるOracle Digital Hub Tokyoをオープンする予定です。」 データセンターの新設に加え、日本オラクルは2018年中期に、中堅・中小企業、クラウドネイティブなスタートアップ企業向けの営業拠点としてOracle Digital Hub Tokyoを、日本オラクルの東京都港区北青山の本社内に開設します。マーケティング・オートメーションを導入したデジタル・マーケティング、SNSなどを使ったソーシャル・セリング、ウェブ・カンファレンスによるお客様へのライブ・デモなど、新世代の営業スタイルを推進します。

本日、国内におけるクラウドへの高まる需要に応えるべく、Oracle Cloudのデータセンターを新設する計画を発表しました。発表資料はこちら。日本オラクル株式会社 取締役...

Japan News Portal

半導体製造装置の新川、2020年の中期経営計画達成に向け、「Oracle HCM Cloud」を導入

半導体製造装置の製造・販売を行う株式会社 新川が、グループ全体712名の人材情報の一元管理と人材の有効活用基盤としてオラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」のタレントマジメントを導入したことを発表しました。発表資料は、こちら。 新川は、ボンディング技術を用いた半導体のワイヤボンディング装置の分野で業界をリードしています。半導体組立工程にIoT(Internet of Things)機能を取り込んだソリューションなど、革新的な開発で継続的な事業成長を目指しています。昨今のIoTや人工知能(AI)の発展に伴い、半導体は、ますます高機能・高性能へと進化しています。半導体製造装置業界においても、その多様なニーズに迅速に対応するため、継続的な技術革新が求められています。新川では、中期経営計画の「Challenge Shinkawa 2020」の中で「組織活性化と人材育成」を掲げており、市場の変化に迅速に対応し、革新的な開発を担う技術者の育成、年齢・出身国・業務経験にこだわらない多様な社員の発掘や育成をさらに強化していくことを目指しています。その中で、散在している人材情報、業務の進捗管理・目標設定などの効率化やデータ分析による適材適所の組織づくりなどに課題がありました。   同社の掲げる「組織活性化と人材育成」の実現に向けて、まずは本社の社員を対象にした人材情報の管理や、社員自身が果たすべき業務を管理・評価するリアルタイムミッション管理を実現する総合人材データベースとして「Oracle HCM Cloud」を活用します。新川では、従来の評価制度の見直しを行っており、年次評価ではないリアルタイムミッション管理の仕組みはその取り組みの一つです。さらなる組織活性化に向けて、評価制度の新しい潮流である年次・中間などの人事評価を行わないノーレイティングスの仕組みの導入も視野にいれています。各社員の成長を促進し、会社の利益にもつながる人事評価制度として今後活用していくことを計画しています。   こうした背景により、新川では、人材情報の一元化、適材適所配置のためのデータ分析、将来的にノーレイティングスの導入を支える仕組みとして、「Oracle HCM Cloud」を採用しました。今回の導入により、最新の人材情報にいつでもアクセスが可能なため、上司と社員がリアルタイムにコミュニケーションを図りながら、業務の進捗確認・評価ができ、各社員の多様な能力の発掘、個人の主体的な目標設定、社員同士のコラボレーションによる組織活性化と人材育成を支援します。

半導体製造装置の製造・販売を行う株式会社 新川が、グループ全体712名の人材情報の一元管理と人材の有効活用基盤としてオラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」のタレントマジメントを導入したことを発表しました。発表資料は、こちら。 新川は、ボンディング技術を用いた半導体のワイヤボンディング装置の分野で業界をリードしています。半導体組立工程にIoT(Internet of Things...

News Release

複雑化するマルチクラウド環境に対応するセキュリティ・IT運用管理サービス群を拡充

本日、マルチクラウド環境の進展によるセキュリティ対策およびIT運用・管理の複雑化を解消するクラウド・サービス群を拡充し、「Oracle Identity Security Operations Center(以下、Oracle Identity SOC)」として提供開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 オラクルは次世代のセキュリティおよびIT運用・管理ソリューションに対し長期的な投資を続けています。ID・アクセス管理、クラウド利用の管理・制御、ログ収集・分析、ユーザー挙動分析、自動修正などを統合した「Oracle Identity SOC」により、企業や官公庁はセキュリティ脅威の予測、削減、検出、解決、およびアプリケーションとインフラストラクチャのパフォーマンス上の問題の修復を迅速に行うことができるようになります。 セキュリティおよびIT運用・管理に関わる統合データの分析と自動修復の両方にオラクル独自の人工知能(AI)技術を使用する「Oracle Identity SOC」を利用することで、企業はリスクの発生可能性や影響度に応じてセキュリティとIT運用・管理の態勢を迅速に適合させることができます。このAI技術により、攻撃の防止、検出に要する時間を数カ月単位から分単位へ短縮、セキュリティ侵害とパフォーマンス低下へのより迅速な対応に役立ちます。

本日、マルチクラウド環境の進展によるセキュリティ対策およびIT運用・管理の複雑化を解消するクラウド・サービス群を拡充し、「Oracle Identity Security Operations Center(以下、Oracle Identity SOC)」として提供開始したことを発表しました。発表資料はこちら。オラクルは次世代のセキュリティおよびIT運用・管理ソリューションに対し長期的な投資を続け...

Japan News Portal

電力中央研究所、さらなる業務合理化と生産性向上実現のため、基幹業務システムをオラクルのクラウドで刷新

本日、一般財団法人 電力中央研究所(本部:東京都千代田区大手町、理事長:各務 正博)が、業務合理化やより生産性の高い事業運営に向けた取り組みの一環として、オラクルのパブリッククラウドを活用し、会計、予算、プロジェクト管理などの基幹業務システムを刷新することを発表しました。発表資料は、こちら。同研究所が今回採用したオラクルのクラウド・サービスは、ERPクラウドの「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」、予算管理クラウドの「Oracle Planning and Budgeting Cloud」に加え、データベースやアプリケーション連携、コンピュート基盤をクラウドで提供する「Oracle Cloud Platform」などです。 改革の推進にあたり、同研究所では複数のERP製品を比較検討し、プロジェクト管理・財務・会計・調達などの業務間の連携が容易で、かつ、計画・予算に柔軟に対応できるプロジェクト管理や、各事業・収益・非収益事業区分ごとの損益管理が可能な仕組みとして、「Oracle ERP Cloud」を選択しました。加えて、より精度の高い予算管理が可能な「Oracle Planning and Budgeting Cloud」と、同研究所特有の業務に対応し、オープンなプラットフォーム基盤で信頼性を備えたデータベース管理、柔軟なアプリケーション開発・連携を可能にする「Oracle Cloud Platform」のサービス群を採用しています。 同研究所は、今回の広範囲な「Oracle Cloud」の採用にあたり、以下の特長を評価しています。 ・幅広い業務が網羅され、全体最適化された「Oracle ERP Cloud」のビジネスプロセス・モデルを利用することで、同研究所全体の業務改革と生産性向上を実現できる点 ・「Oracle ERP Cloud」にあらかじめ組み込まれ、リアルタイムかつ詳細にドリルダウンが可能なビジネス・インテリジェンスを利用することで、多面的な視点での戦略立案業務が可能になる点 ・「Oracle ERP Cloud」のID一元管理により、アクセス権限や承認プロセスの設定が組織変更に連動できることに加え、組み込まれたソーシャル機能を併用することで、部門内外のリアルタイムのコミュニケーションが円滑に図れる点 ・既存システムから使用する「Oracle Database Cloud」やJavaアプリケーション開発基盤に「Oracle Java Cloud」を提供し、同研究所特有の業務に対応した機能を追加開発することが可能な点 ・Software as a Service(SaaS)だけでなく、Platform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a Service(IaaS)を含めた「Oracle Cloud」を包括的に活用することで、同研究所が目指す業務合理化・高度化の効果が最大化される基盤の構築を日本オラクルのコンサルティング・サービスが的確に提案し、その導入を支援している点  

本日、一般財団法人 電力中央研究所(本部:東京都千代田区大手町、理事長:各務 正博)が、業務合理化やより生産性の高い事業運営に向けた取り組みの一環として、オラクルのパブリッククラウドを活用し、会計、予算、プロジェクト管理などの基幹業務システムを刷新することを発表しました。発表資料は、こちら。同研究所が今回採用したオラクルのクラウド・サービスは、ERPクラウドの「Oracle Enterprise...

News Release

三菱自動車、グローバル共通の設計部品表システムのIT基盤として「Oracle Exadata」を導入

本日、三菱自動車工業株式会社が、設計部品表システムのIT基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (Oracle Exadata)」を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。 世界160以上の国・地域でビジネスを展開する三菱自動車では、グローバル展開のさらなる強化を目的に開発の迅速化に取り組んでいます。自動車開発の中でも特に重要なプロセスである試作車開発や量産車の生産は、グローバル共通の設計部品表システムに支えられており、24時間365日の安定運用が求められます。従来は、信頼性と可用性を重視しメインフレームで構築したシステムを利用してきましたが、高い運用コストや性能面の限界が課題となっていました。そこで、従来システムと同等以上の信頼性を有し、今後さらなる処理量の増大にも対応できるシステム基盤を構築するため、「Oracle Exadata」の導入を決定しました。 システム選定にあたっては、事前検証において従来システムと同等以上の処理速度が確保でき、ピーク時におけるデータ量の急激な増大にも耐えうる「Oracle Exadata」の高い性能が高く評価されました。「Oracle Exadata」への移行の結果、部品表の構成表示や技術情報イメージの表示といった、部品管理システムにおける主要な17種類の処理において高速化が実現し、部品番号リストの表示では処理時間が最大70%削減できました。さらに、災害時のデータ保護を目的にデータベース専用機「Oracle Database Appliance」を合わせて導入し、災害対策環境を構築しました。新システムが稼働する「Oracle Database 12c」はクラウド構築に最適なデータベースで、プライベート・クラウド環境やハイブリッド・クラウド環境への移行も容易となります。

本日、三菱自動車工業株式会社が、設計部品表システムのIT基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (Oracle Exadata)」を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。世界160以上の国・地域でビジネスを展開する三菱自動車では、グローバル展開のさらなる強化を目的に開発の迅速化に取り組んでいます。自動車開発の中でも特に重...

News Release

日本オラクル CEO フランク・オーバーマイヤー2018年 年頭所感

「beyond your cloud > commit;」(ビヨンド・ユア・クラウド・コミット) -クラウドのその先へ、お客様とともに歩むクラウド・ジャーニーの始まり 明けましておめでとうございます。本年も皆様にとって素晴らしい、実りある1年となりますことを心よりお祈りします。 昨年6月に日本オラクルのCEOに就任して約半年がたちました。就任後6か月、日本のビジネスを深く理解するために多くのお客様を訪問しました。お客様との会話から私が学んだことが3つあります。 まず、多くのお客様は「少子高齢化による人材不足」に直面していること、その影響もあって2つ目として企業は今まで以上に海外に目を向け、グローバルビジネスの拡大を図っているということです。最後に、お客様はコスト削減とイノベーションを同時に実現することを目指しています。少子高齢化によって、人材不足を引き起こすだけでなく、それに伴う内需縮小の対抗策としての外需の取り込みが必要不可欠になっています。これに対応するためには、限られた資源を最適化してイノベーションを加速させなければなりません。 約40年にわたり、オラクルはデータを扱う企業として、日本だけでなく世界的にお客様からの高い信頼を獲得してきました。オラクルは今や日本で最も信頼されるデータベース企業です。ですが、オラクルは今後も将来にわたってお客様の挑戦をサポートするよきパートナーであり続けることができるのか、ということを考えてきました。「我々はそうでありたい」と願っています。日々の改善の積み重ねに加え、Oracle Cloudの機能とイノベーションの価値を最大限に引き出すことができれば、日本オラクルは今後もお客様の変革を支援するパートナーになり得るはずです。 我々は過去の実績に固執するつもりはありません。お客様のビジネスの将来について本気でディスカッションできる真のパートナーとなるために、これからも自分たちの専門性を継続的に強化、拡充していきます。それによって日本オラクルは、お客様が「データを所有する会社」ではなく「データ・ドリブンな会社」へと変革することをサポートします。 変革の過程で重要なもう一つの点は、「イノベーションを実行可能にする」ということです。イノベーションと聞くと、極めてIQの高い人材の創造力によってもたらさせると考えられがちです。私は、むしろイノベーションは訓練だと思っています。そのためには明確な統制をもってイノベーションを管理することが求められます。さらに会社全体でイノベーションに注力するというマインドセットがなければいけません。この2つの要素に加え、イノベーションを実行するための基盤が必要になります。これは、人材や資産だけではなく、イノベーションを実現するための道具箱、つまりイノベーションの可能性を引き出す再利用可能なクラウド・サービス群のことです。 日本オラクルは、自らの変革に全力投球し、お客様にとって良きパートナーであり続けたいと思います。「beyond your cloud > commit;」というスローガンのもと、お客様のデータ・ドリブンな取り組みとイノベーションの実現をサポートしてまいります。 日本オラクルについて オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp 日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル •    Facebook    www.facebook.com/OracleJP •    Twitter    twitter.com/Oracle_Japan オラクルについて Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

「beyond your cloud > commit;」(ビヨンド・ユア・クラウド・コミット)-クラウドのその先へ、お客様とともに歩むクラウド・ジャーニーの始まり 明けましておめでとうございます。本年も皆様にとって素晴らしい、実りある1年となりますことを心よりお祈りします。 昨年6月に日本オラクルのCEOに就任して約半年がたちました。就任後6か月、日本のビジネスを深く理解するために多くのお客様を訪問...

News Release

日本オラクル、プライバシーマーク(R)認証を取得

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、個人情報保護対応への徹底した対策が評価され、このたび一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」が付与されたことを発表しました。発表資料はこちら。 プライバシーマークは、JIPDECが日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」への適切な対応と体制を整えている事業者を認定し、付与するものです。 オラクルでは、全世界で部門横断的なプライバシーへの取り組みを強化しています。日本オラクルにおけるプライバシーマーク取得は、オラクルがグローバルに展開するプライバシー管理プログラムの一環であり、欧州米国間 Privacy Shield(*)など、これまでに実施してきた他の戦略的第三者機関の認証取得の取り組みに追従しています。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、個人情報保護対応への徹底した対策が評価され、このたび一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」が付与されたことを発表しました。発表資料はこちら。プライバシーマークは、JIPDECが日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム...

Oracle Japan Information

「Oracle Cloud」のFISC安全対策基準に関するリファレンス企業のお知らせ

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)はこのたび、公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)が策定する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(以下 FISC安全対策基準)」の各項目に対する「Oracle Cloud」の対応状況をまとめた「金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンス」*について、新日鉄住金ソリューションズ株式会社、TIS株式会社、トレンドマイクロ株式会社の3社が新たに本セキュリティリファレンスの妥当性を確認したことをお知らせします。 * 2017年7月に公開 FISC安全対策基準は、金融機関におけるコンピュータシステム障害の未然の防止や影響の最小化、早期回復のために指針とすべき安全対策について解説し、国内金融機関において幅広く活用されています。最新の第8版追補改訂では、「クラウドサービス利用に関する対応」や「サイバー攻撃に関する対応」などのテーマについて検討、改訂が行われました。 「金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンス」は、「Oracle Cloud」のInfrastructure as a Service (IaaS)およびPlatform as a Service (PaaS)に関して、FISC安全対策基準および第8版追補改訂の各項目に対する対応状況を調査したものです。調査は、株式会社三菱総合研究所が実施し、FISC安全対策基準の各項目(138の設備基準、120の運用基準、53の技術基準)のそれぞれについて確認・整理しました。 金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンスの簡易版は次のリンクよりご参照いただけます。 https://go.oracle.com/LP=55052 ※セキュリティリファレンス本編の入手については、NDA締結が必要となりますので、担当営業までお問い合わせください。 【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 谷地田 Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)はこのたび、公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)が策定する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(以下 FISC安全対策基準)」の各項目に対する「Oracle...

News Release

NTTコムウェア、Oracle Exadataなどを導入し、通信事業者の回線小売サービス業務を効率化

本日、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(以下、NTTコムウェア)が通信事業者による回線小売サービスのフロント受付システムに「Oracle Exadata」と「Oracle Exalogic」を導入し、更改したことを発表します。また、サービス・契約管理システムの開発・検証環境に「Oracle Cloud」のPaaSとIaaSで構成される「Oracle Cloud Platform」を導入し、ハイブリッド構成による開発期間の短縮・コスト削減を目指します。発表資料はこちら。 NTTコムウェアが構築する、通信事業者による回線サービスの受付業務のシステム基盤は、エンドユーザー、代理店、他事業者など複数チャネルからの注文をワンストップで受け付け、一括オーダーを手配する基幹業務を担っています。業務量増加に伴う性能課題、ハードウェア老朽化による保守および拡張性低下に対する解決策に加え、TCO(総所有コスト)削減が求められていました。システム更改にあたって、ハードウェアを中心としたインフラストラクチャだけでなく、プラットフォームに当たるオラクルのデータベースやミドルウェアにおける性能、信頼性、運用、コストの面で、仮想化を前提としたIAサーバーとの適用性評価を実施した結果、「Oracle Exadata」「Oracle Exalogic」の採用を決定しました。 NTTコムウェアは開発コスト低減・期間短縮に向け、今回の適用事例の経験・知識に加え、「Oracle Cloud Platform」を組み合わせたハイブリッド環境の構築に関する取り組みも開始しています。基幹システムで培った堅牢性の高い構築ノウハウをデジタル技術と融合することを目指します。プライベート/パブリッククラウド、またはハイブリッドでITインフラ基盤を構築し、既存アプリケーションをAPI連携などでオープン化することで俊敏性を重視したビジネス戦略を推進してきます。 本事例は、日本オラクルが2017年12月7日(木)に開催する「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」(会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール)、2018年1月26日(金)に開催する「Oracle CloudWorld Osaka 2018」(会場:コングレコンベンションセンター)の基調講演で紹介される予定です。

本日、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(以下、NTTコムウェア)が通信事業者による回線小売サービスのフロント受付システムに「Oracle Exadata」と「Oracle Exalogic」を導入し、更改したことを発表します。また、サービス・契約管理システムの開発・検証環境に「Oracle Cloud」のPaaSとIaaSで構成される「Oracle...

News Release

IT・ものづくりエンジニア派遣のパーソルテクノロジースタッフ、オラクルの予算管理クラウドを活用し、経営情報の見える化と多軸分析の実現へ

パーソルテクノロジースタッフ株式会社が、経営情報の見える化や部門・サービスなどの切り口による多軸分析の実現を目的にオラクルのクラウド型予算管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用し、稼働開始したことを本日発表しました。発表資料はこちら。 パーソルテクノロジースタッフでは、経営情報の見える化と部門・サービスなどの切り口による多軸分析が実現できるクラウド・アプリケーションとして、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を選択しました。担当者が一元管理されたデータにアクセスでき、多軸シミュレーションや分析レポートの作成が容易なクラウドの仕組みにより業務効率の向上が図れます。今回の導入により、部門・サービス別での予算および実績配賦による予実管理と通期予算見通しの見える化を実現します。今後は、地域・顧客別のより詳細な分析や戦略的な経営情報の活用に向けてプロジェクトを進める計画です。

パーソルテクノロジースタッフ株式会社が、経営情報の見える化や部門・サービスなどの切り口による多軸分析の実現を目的にオラクルのクラウド型予算管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用し、稼働開始したことを本日発表しました。発表資料はこちら。 パーソルテクノロジースタッフでは、経営情報...

News Release

制御スイッチ製造・販売のIDEC、オラクルのERPクラウドを活用し、IFRS対応へ

日本オラクル株式会社は本日、IDEC株式会社が、国内外の市場拡大に伴うIFRS対応を目的に、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用し、稼動開始したことを発表しました。発表資料はこちら。   IDECは、ファクトリーオートメーション分野を中心とした制御機器の総合メーカーで、制御用操作スイッチをはじめとする各種制御機器の開発・生産・販売に加え、制御ソリューションの提案などを行っています。   今回、IDECでは、グローバルにおいて各国の法制度やIFRSに対応し、さらに経営情報の見える化が実現できるクラウド・アプリケーションとして、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を選択しました。本社では、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」の採用からわずか約4ヶ月で本番稼動しています。今後は、アメリカ・中国・タイ・台湾を含む国内外の連結子会社への展開を進める計画で、グループ全体の決算業務の早期化とグループ管理会計において、より精度の高い分析を実現していきます。   IDECは、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」の以下の特長を評価しています。 ・オラクルのERPにおける多数のIFRS対応実績 ・グローバルでの経営情報の一元管理による決算早期化と業務効率化を同時に実現できる点 ・SaaS (Software as a Service) のため、早期導入を実現でき、限られた人員でも運用が可能であり、バックアップやバージョンアップにかかるコストや工数が削減できる点    

日本オラクル株式会社は本日、IDEC株式会社が、国内外の市場拡大に伴うIFRS対応を目的に、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用し、稼動開始したことを発表しました。発表資料はこちら。   IDECは、ファクトリーオートメーション分野を中心とした制御機器の総合メーカーで、制御用操作スイッチをはじめとする各種制御機器の開発・生産・販売に加...

News Release

日本オラクル、環境省委託事業にて主要エネルギー事業者5社と協力し、国のCO2排出量削減目標に貢献

日本オラクルは、2030年度までに温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減するという日本の地球温暖化対策計画を達成するための環境省の取り組み(低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による家庭等の自発的対策推進事業)の一環として、オラクルの公益業界向けクラウドサービス「Opower Energy Efficiency Cloud Service」を用い、日本全国5つの主要エネルギー事業者が管轄する地域における約30万世帯に向け、各家庭にパーソナライズされた省エネへのアドバイスを提供することを発表します。   日本の一般家庭の平均的CO2排出量の70%近くがエネルギー使用に起因しています。環境省では、2030年度におけるCO2排出量削減目標達成に向けた施策として、家庭部門におけるCO2排出量の2013年度比で約40%削減を目指しており、一般家庭のエネルギー消費行動変容によるエネルギー効率化を検証するために、大規模な実証事業をスタートします。本取り組みの一環として、オラクルの公益業界向け事業部門Oracle Utilitiesは日本の主要5エネルギー事業者である、北海道ガス株式会社、東北電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、沖縄電力株式会社の協力のもと、「Opower Energy Efficiency Cloud Service」を用い、これらのエネルギー事業者が管轄する地域の各家庭にパーソナライズされた、行動科学の知見とデータ分析を活用した家庭向け省エネレポートを提供します。   発表資料はこちらから。 日本版ナッジについてはこちらから。  

日本オラクルは、2030年度までに温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減するという日本の地球温暖化対策計画を達成するための環境省の取り組み(低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による家庭等の自発的対策推進事業)の一環として、オラクルの公益業界向けクラウドサービス「Opower Energy Efficiency...

News Release

創業から90年、産業用機械向けパイプ製造を手がける住吉鋼管が、基幹システムを「Oracle Cloud」へ全面移行

TISインテックグループのTIS株式会社と、日本オラクル株式会社は、産業機械向けのパイプ製造を手がける住吉鋼管株式会社の「Oracle Database」を基盤とする基幹業務システムを、オンプレミス環境から「Oracle Cloud」へ全面移行したことを発表します。発表資料はこちら。 2017年8月から本稼働がスタートした「Oracle Cloud」環境下で、障害ゼロで安定稼働している基幹業務システムでは、業務システムが長期停止するリスクが解消され、BCP(事業継続計画)対策の強化を実現しました。また、オンプレミス環境がなくなったことで、ファイアウォール機器の管理やサーバートラブルでの休日対応などが無くなり、管理者の負荷が大幅に軽減されています。 本事例の詳細は以下URLをご参照ください。 https://www.tis.jp/casestudy/casestudy_99.html

TISインテックグループのTIS株式会社と、日本オラクル株式会社は、産業機械向けのパイプ製造を手がける住吉鋼管株式会社の「Oracle Database」を基盤とする基幹業務システムを、オンプレミス環境から「Oracle Cloud」へ全面移行したことを発表します。発表資料はこちら。2017年8月から本稼働がスタートした「Oracle Cloud」環境下で、障害ゼロで安定稼働している基幹業務システ...

News Release

三菱電機など6社による「Edgecrossコンソーシアム」参画のお知らせ ~ 企業・産業の枠を超えて、エッジコンピューティング領域を軸に新たな付加価値を創出

アドバンテック株式会社、オムロン株式会社、日本電気株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本オラクル株式会社、三菱電機株式会社の6社は、「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を設立することで合意しました。企業・産業の枠を超え、エッジコンピューティング領域を軸とした新たな付加価値創出を目指し、グローバルで需要が高まっているIoT化や、日本政府が提唱する「Society5.0」とSociety 5.0につながる「Connected Industries」の活動に寄与します。 当初のコンソーシアム活動内容は、FA・ITの協調を実現するオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム「Edgecross」の仕様策定・普及推進をはじめ、企業・産業の枠を超えた賛同企業が共に協力と協働を行う場の提供などです。今後はグローバルでの活動も含め、製造業のみならず様々な産業への適用拡大を目指します。発表資料はこちら。

アドバンテック株式会社、オムロン株式会社、日本電気株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本オラクル株式会社、三菱電機株式会社の6社は、「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を設立することで合意しました。企業・産業の枠を超え、エッジコンピューティング領域を軸とした新たな付加価値創出を目指し、グローバルで需要が高まっているIoT化や、日本政府が提唱する「Soc...

News Release

日本オラクル、企業の管理職を対象にした働き方改革とデジタル活用に関する調査結果を発表

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、働き方改革への取り組みとデジタル活用について管理職の立場からみた取り組みの現状、課題や効果、今後の期待に関する意識調査を行いました。同調査によって、働き方改革に取り組んでいる企業が80 %以上を占める一方、残業時間の削減や有給休暇取得促進など労働時間削減施策が多く、ビジネス成長を意識した生産性向上への取り組み、ICT(以下、デジタル)活用については課題があることが明らかになりました。 発表資料はこちらから。 本調査は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科岩本研究室の協力を経て2017年10月、従業員100名以上の国内企業で働く部長職以上の管理職412名を対象に実施されたものです。企業経営者、管理職による働き方改革の現状認識を明らかにし、働き方改革による生産性向上を実現するための課題を特定することを調査の目的としています。さらに、生産性向上のためのデジタル活用度合い、具体的な活用領域や今後期待する領域なども調査しました。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、働き方改革への取り組みとデジタル活用について管理職の立場からみた取り組みの現状、課題や効果、今後の期待に関する意識調査を行いました。同調査によって、働き方改革に取り組んでいる企業が80 %以上を占...

News Release

AGC旭硝子、営業生産性向上のためオラクル・マーケティング・クラウドを採用

本日、旭硝子株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役 兼 社長執行役員:島村 琢哉、以下、AGC旭硝子)が、デジタルを活用した営業活動の促進に向けて、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。 AGC旭硝子は、建築・自動車用ガラスだけでなく、基礎化学品からフッ素系高機能化学品など多様な製品・ソリューションを提供しています。AGC旭硝子では昨今、顧客の購買行動の変化により、顧客がAGC旭硝子のWebサイトから直接情報収集することが増加していました。それに伴い、AGC旭硝子では、オンライン上の顧客行動情報を取得可能なマーケティング・オートメーションの仕組みを比較検討した結果、オンライン上の顧客の行動をメールやリンクへのアクセスなど詳細に把握でき、かつ確度の高い見込み客の絞り込みを実現できるグローバル対応製品である「Oracle Eloqua」を採用しました。 AGC旭硝子は、「Oracle Eloqua」を以下の点で評価しています。 ・グローバル展開が可能な点 ・担当や組織毎に閲覧権限を設定できる強固なセキュリティ ・他社のマーケティング・クラウド・サービスと比較して、高度なメール配信が可能な点 ・マーケティング活動で得た顧客のオンライン行動情報を一元的に管理・把握が可能で、主要な営業支援システムとも連携し共有できる点    

本日、旭硝子株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役 兼 社長執行役員:島村 琢哉、以下、AGC旭硝子)が、デジタルを活用した営業活動の促進に向けて、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。 AGC旭硝子は、建築・自動...

Japan News Portal

The Forrester Wave™: Enterprise BI Platforms With Majority Cloud Deployments Q3 2017でオラクルはリーダーに位置づけ

エンタープライズBIプラットフォーム(主要なクラウド)評価の概要 Forresterは、多数のクラウド導入市場を持つエンタープライズBIプラットフォームの状態を評価し、トップエンタープライズBIプラットフォームベンダーの長所と短所を評価しました。過去の調査、ユーザーのニーズの評価、ベンダーと専門家のインタビューを検討した後、我々は22の評価基準を設定し、これを3つのグループに分けしました。 現在の提供されている機能:私たちの評価は、差別化された機能に集中しました。 このレポートの評価されたすべてのベンダーが商品化された機能がサポートされている必要があります。結果として、この評価は、現在のBIプラットフォームの差別化要因であると判断したものに焦点を当てました。 高度な(予測的、規範的、テキスト)分析。ビジネスアプリケーションへの接続性。他社BIプラットフォームとの統合。データカタログおよびデータガバナンス機能データ準備とプロファイリング。客観的な第三者によるデータ視覚化。運転時間のためのジオフェンシングのような高度な地理空間分析。 Hadoop/Sparkベースのアーキテクチャ。オンチップコンピューティング。標準団体によるコンプライアンスと認証。読み取りと書き込みの両方の機能   戦略:BIベンダー(BIソフトウェアから得られた全社収益の割合)。 SaaSベースでのビジネスモデルとクラウド戦略に重点。R&DにおけるBIへの投資割合。知的所有権(IP)。グローバルブランドでのパートナー名の数。   マーケットプレゼンス:BIベンダーの市場へのプレゼンス(売上、顧客数、グローバルエリアでのプレゼンス) オラクルはリーダーに位置づけ オラクルは、幅広くより大企業レベルへのBIポートフォリオの展開による差別化を図ります。 オラクルは、Oracle Analytics Cloudにより、セルフサービス分析からEssbaseの強力なMOLAPエンジンを活用した複雑な要件に至るまで、エンタープライズ規模でBIのニーズを包括的にサポートしています。ベンダーは、ハイブリッドシナリオをサポートすることもできます。包括的な高度な分析機能と自然言語機能により、顧客への提案が可能です。セマンティック・レイヤーが製品全体に及ぶため、オラクルの他のアプリケーション(CRMやERPなど)の顧客は、共通エンタープライズ情報モデルから更なるメリットを得ることができます。 既存のオラクルのお客様は、ライセンスの柔軟性を向上させることもできます。 オラクルは、Day by Dayを使用して、シンプルなBI配信ではなく、ユーザーの情報ニーズに焦点を当てて、モバイルによる利用形態をより新しい方法にて可能にしました。 https://reprints.forrester.com/#/assets/2/132/'RES137263'/reports より抄訳(各ベンダーの評価スコアもご確認頂けます) The Forrester Wave™ is copyrighted by Forrester Research, Inc. Forrester and Forrester Wave™ are trademarks of Forrester Research, Inc. The Forrester Wave™ is a graphical representation of Forrester's call on a market and is plotted using a detailed spreadsheet with exposed scores, weightings, and comments. Forrester does not endorse any vendor, product, or service depicted in the Forrester Wave. Information is based on best available resources. Opinions reflect judgment at the time and are subject to change.

エンタープライズBIプラットフォーム(主要なクラウド)評価の概要 Forresterは、多数のクラウド導入市場を持つエンタープライズBIプラットフォームの状態を評価し、トップエンタープライズBIプラットフォームベンダーの長所と短所を評価しました。過去の調査、ユーザーのニーズの評価、ベンダーと専門家のインタビューを検討した後、我々は22の評価基準を設定し、これを3つのグループに分けしました。 現在の提供...

News Release

福岡ソフトバンクホークス、新たなファン獲得のデジタル施策として、オラクル・クラウドを利用開始

本日、福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡県福岡市中央区、代表取締役社長:後藤 芳光、以下 福岡ソフトバンクホークス)が、新たなファン獲得のためのデジタル施策として、ソーシャル・メディア管理のクラウド「Oracle Social Cloud」を利用開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 福岡ソフトバンクホークスでは、従来、福岡ソフトバンクホークスとしてのブランド認知向上やお客様やファンとの関係を構築することを目的にソーシャル・メディアの運用に取り組んできました。ソーシャル・メディアを新しいファン獲得のための施策として活用することを検討する中で、発信だけでなく、ソーシャル・メディアで得られた情報を有効的に活用でき、ソーシャル・メディアを通じたファンとのコミュニケーションを強化できる仕組みとして、「Oracle Social Cloud」を採用しました。「Oracle Social Cloud」のソーシャル・リスニング解析エンジンを活用することで、福岡ソフトバンクホークスに関連するキーワードの抽出だけでなく、ファンや福岡ソフトバンクホークスの試合を観戦した人の動向や話題となっているコメントから関連性の無い単語を排除し、ポジティブ/ネガティブなど文脈で判断し自動で振り分けて情報収集できる点を評価しています。

本日、福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡県福岡市中央区、代表取締役社長:後藤 芳光、以下 福岡ソフトバンクホークス)が、新たなファン獲得のためのデジタル施策として、ソーシャル・メディア管理のクラウド「Oracle Social Cloud」を利用開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 福岡ソフトバンクホークスでは、従来、福岡ソフトバンクホークスとしてのブランド認知向上やお客様やファン...

News Release

防災科学技術研究所、国と地方自治体の連携を可能にする「防災情報サービスプラットフォーム基盤整備支援業務」にオラクルのクラウドを採用

本日、国立研究開発法人防災科学技術研究所(本所:茨城県つくば市天王台、理事長:林 春男)が実施する、被災自治体が現場対応の際に必要となる情報処理を現場目線で分かり易く迅速に行う「防災情報サービスプラットフォーム基盤整備支援業務」において、オラクルの各種クラウドサービスが採用されたことを発表しました。発表資料はこちら。 「Society 5.0(超スマート社会)」*実現に向け、「防災情報サービスプラットフォーム」の整備は、内閣府が科学技術政策として推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」が掲げる11の主要課題のひとつである「レジリエントな防災・減災機能の強化」の研究開発プロジェクトに基づいています。本プラットフォームは、地方自治体などの公的機関が災害対応を行う際に活用できる、防災情報共有のためのプロトタイプシステムを2年間で構築します。

本日、国立研究開発法人防災科学技術研究所(本所:茨城県つくば市天王台、理事長:林 春男)が実施する、被災自治体が現場対応の際に必要となる情報処理を現場目線で分かり易く迅速に行う「防災情報サービスプラットフォーム基盤整備支援業務」において、オラクルの各種クラウドサービスが採用されたことを発表しました。発表資料はこちら。「Society 5.0(超スマート社会)」*実現に向け、「防災情報...

Oracle Japan Information

最新のテープ・ストレージ製品「StorageTek SL4000 モジュラー・ライブラリ・システム」を提供開始

オラクルの最新テープ・ストレージ製品「StorageTek SL4000 モジュラー・ライブラリ・システム(以下StorageTek SL4000)」の国内での提供を開始しました。「StorageTek SL4000」は、柔軟な拡張性と高い可用性を備え、管理を簡素化できるとともに、クラウドやデータ保護、災害対策、アーカイブなどの用途に適した環境負荷の少ないストレージ製品です。 企業のIT部門にとって、機密情報を適切に保護することは最優先事項のひとつです。テープによるデータ保護やアーカイブのソリューションは、長期間にわたるデータ保持のための総所有コストを最小限に抑えながら、ランサムウェアなどのサイバー攻撃やその他の理由によるビジネスの中断から素早く回復するために幅広く利用されています。データ保護やアーカイブ戦略の一環として、堅牢かつ高性能で柔軟性の高いテープシステムを組み込むことで、企業はセキュリティと可用性を最大限に高めつつ、コストを削減することができます。クラウド、オンプレミスの両方に対応するオラクルのStorageTekソリューションは、データ保護のための低コストで高効率のインフラストラクチャを提供し、企業やサービス・プロバイダーの長期的なアーカイブを支援します。 「StorageTek SL4000」は、カートリッジ・テープを前世代の「StorageTek SL3000」の約1.5倍となる最大9,000巻、テープドライブは約2倍の最大120台搭載できます。ベースライブラリーは、最大339のスロットと最大24のテープドライブをサポートし、1つのフレームとしては、最大2.8ペタバイトのデータ容量を格納できます。なお、増設用カートリッジ拡張モジュールを追加することにより、1つのライブラリー内で最大76ペタバイトまで拡張可能です。また、最大3個のドライブ拡張モジュールを追加することで、最大148テラバイト/時間までスループットを向上できます。 「StorageTek SL4000」の特長 柔軟な拡張性: カートリッジ・テープを300巻から9,000巻まで収納でき、稼働を止めることなく拡張することが可能です。また、テープドライブは、最大120台まで搭載できます。 高い可用性: 冗長化され、稼働中に交換可能なコンポーネントの採用によりダウンタイムを最小化します。 管理の簡素化: 管理ソフトウェアとWebインターフェイスの搭載により、ライブラリーを容易に統合できます。 優れた統合性:ライブラリー内部を分割するパーティション機能の採用により、複数のライブラリーを容易に統合できます。 製品写真 https://www.oracle.com/us/assets/cw20-sl4000-1-3843135.jpg https://www.oracle.com/us/assets/cw20-sl4000-2-3843133.jpg https://www.oracle.com/us/assets/cw20-sl4000-3-3843132.jpg   日本オラクルについて 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp   日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル ・Facebook www.facebook.com/OracleJP ・Twitter twitter.com/Oracle_Japan   オラクルについて Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://cloud.oracle.com をご参照ください。   【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 坂元 Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/   * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

オラクルの最新テープ・ストレージ製品「StorageTek SL4000 モジュラー・ライブラリ・システム(以下StorageTek SL4000)」の国内での提供を開始しました。「StorageTek SL4000」は、柔軟な拡張性と高い可用性を備え、管理を簡素化できるとともに、クラウドやデータ保護、災害対策、アーカイブなどの用途に適した環境負荷の少ないストレージ製品です。 企業のIT部門にとって、...

News Release

三菱電機と製造業のスマート化を実現するIoT基盤開発で連携

本日、三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区丸の内)と製造業のスマート化を実現するInternet of Things(IoT)基盤開発で連携することを発表します。具体的には、三菱電機が提案する製造業におけるビジネス・アプリケーションとデバイスの間に位置するエッジ領域のオープンなソフトウェア・プラットフォーム「FA-ITオープンプラットフォーム」とオラクルのクラウドサービスを連携し、生産現場のデータの収集・分析・改善を支える基盤として活用します。発表資料はこちら。 三菱電機が提唱する「FA-ITオープンプラットフォーム」では、生産現場のデータモデルを容易に構築できるように、開発者用サイトから開発キットをダウンロードし、プラットフォーム上で動作するユーザー向けアプリケーションの開発を可能にします。また、クラウド・ITベンダーが有する様々なシステムを活用したユーザー向けサービスと生産現場を接続し、グローバルに点在する自社複数工場の一元管理やサプライチェーンを含めた管理と合わせて最適化を推進します。 「FA-ITオープンプラットフォーム」では、オラクルがクラウドで提供するデータベース「Oracle Database Cloud Service」、アプリケーション実行基盤「Oracle Java Cloud Service」、ビジネス・データ分析基盤「Oracle BI Cloud Service」、IoTデータ受信・処理基盤「Oracle IoT Cloud Service」、ビジネス・アプリケーション連携基盤「Oracle SOA Cloud Service」、コンピュート/ストレージ基盤「Oracle Infrastructure as a Service (IaaS)」を連携させます。工作機械や生産端末からリアルタイムに取得した情報を「Oracle IoT Cloud Service」で受信し、拡張可能な基盤で効率的なリアルタイム処理を可能にします。また、蓄積されたビッグデータの分析において「Oracle Database Cloud Service」が備える機械学習機能や、「Oracle BI Cloud Service」のレポート機能、およびコスト効率の高い「Oracle IaaS」を活用することで、ファクトリ・オートメーション(FA)領域におけるソリューションのさらなる発展と製造業のスマート化に貢献します。

本日、三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区丸の内)と製造業のスマート化を実現するInternet of Things(IoT)基盤開発で連携することを発表します。具体的には、三菱電機が提案する製造業におけるビジネス・アプリケーションとデバイスの間に位置するエッジ領域のオープンなソフトウェア・プラットフォーム「FA-ITオープンプラットフォーム」とオラクルのクラウドサービスを連携し、生産現場...

News Release

「Oracle Cloud」の新しいAPI管理ソリューションを提供開始

他社のクラウドサービスやオンプレミス上のAPIも管理可能にし、ライフサイクル全体を支援するさまざまな機能をクラウドで一元的に提供。企業のデジタル・トランスフォーメーションとAPI ファースト・アプローチを推進 2017年7月28日 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 日本オラクル)は本日、「Oracle Cloud」の新しいAPI(Application Programming Interface)管理ソリューション「Oracle API Platform Cloud Service」を提供開始したことを発表します。 データはデジタルビジネスにおける価値そのものであり、その価値を顧客に対してソーシャルやモバイル、IoTなどのデジタルを活用し迅速かつ適切に届ける仕組みがAPIです。APIを有効活用することで、ビジネスへの俊敏性を高め、顧客と密接に繋がることが可能になります。「Oracle API Platform Cloud Service」により、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境のAPIを簡単かつセキュアに管理可能となり、企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援します。 API管理をクラウド型で提供する「Oracle API Platform Cloud Service」は、「Oracle Cloud」や他社クラウド、オンプレミス環境上にAPIゲートウェイを配置可能で、APIの設計・開発・テスト・利用・運用といったライフサイクル全体において画面操作で実行する環境を一元的に提供します。業務部門のユーザーがAPIに関わるようなケースも考慮し、宣言的・ノンコーディングでの管理も可能です。また、既存システムとの連携における実績豊富なSOA関連技術、クラウドネイティブなAPI開発を支援するDevOps, マイクロサービス関連技術、ID管理やデータ・セキュリティ技術など、さまざまなソリューションとの高い親和性も特長です。 オラクルのPaaSとIaaSを統合したクラウドサービス「Oracle Cloud Platform」の一部である「Oracle API Platform Cloud Service」は、セキュアにAPIを管理することができるため、既存資産を適切な権限で安全に公開することが可能です。マルチクラウド環境でAPIを管理できるため、既にクラウドを活用しているお客様にも適しています。またAPIライフサイクルとAPIに関わるパートナーや開発者を対象に、高度な機能からノンコーディングでも実装可能な機能まで幅広く提供するため、ビジネス・コミュニティの拡大による既存ビジネスの強化、異業種との連携によるビジネスの多様化など、新しい成長戦略を構築することができます。 「Oracle API Platform Cloud Service」の主な機能は次のとおりです。 設計:企業とお客様、API開発者と利用者がともに設計可能。API管理・運用にも紐づくAPIのデザインとドキュメントを作成します。 ビルド:既存のサービスをAPIとして実装し、既存アプリケーションやデータストアなどに格納されていたデータにアクセスできるようにします。 セキュア:OAuth 2.0、IPフィルタリング、流量制御などにより、コーディングなしでAPIに業界標準のセキュリティと脅威に対する保護を割り当てます。 ハイブリッド連携:オンプレミス、「Oracle Cloud」、または他社のクラウド経由でのゲートウェイの配置を1回のクリック操作で簡単に選択できます。多機能なライフサイクル管理ツールを使って一度APIポリシーを作成すれば、どこにでも配置できます。 公開: APIのリストを適切に公開、一覧表示します。 使用:簡単な操作でサードパーティのAPIも登録可能、事前に設定されたオラクルのSaaS APIと同様にAPIをシームレスに使用できるようになります。 モニタリング・分析:APIの利用状況を様々なメトリックで単一ダッシュボードから確認可能、迅速なアクションを支援します。 日本オラクルではAPI活用推進の一環として、アイデアソンやハッカソンの企画を通じて、お客様のデジタル・トランスフォーメーションの推進を幅広く支援していきます。 「Oracle API Platform Cloud Service」の価格 月額 16万6,845円から(税抜き) 参考リンク https://cloud.oracle.com/ja_JP/api-platform 日本オラクルについて 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp オラクルについて Oracle Cloudは、世界の195を超える国々のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://cloud.oracle.com をご参照ください。 【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 谷地田 Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

他社のクラウドサービスやオンプレミス上のAPIも管理可能にし、ライフサイクル全体を支援するさまざまな機能をクラウドで一元的に提供。企業のデジタル・トランスフォーメーションとAPI ファースト・アプローチを推進 2017年7月28日 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 日本オラクル)は本日、「Oracle...

Oracle Japan Information

リコー、新規・成長事業の経営基盤にオラクルのクラウドERPを採用

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、株式会社リコー(本社:東京都中央区銀座、代表取締役 社長執行役員:山下 良則、以下 リコー)が、中期経営計画の一施策として、新規・成長事業を推進するビジネス基盤に「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用したことを本日発表しました。 リコーは、2017年4月に発表された第19次中期経営計画において、「構造改革」、「成長事業の重点化」、「経営システムの強化」という3つの基本プランおよびValue Proposition(顧客提供価値)として「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES (エンパワーリング・デジタル・ワークプレイス)」を発表しました。従来の一般オフィスから“ワークプレイス(働く場所)”へ、さらには社会へと価値提供領域を拡大するとともに、仕事をデジタル化し、データをインテリジェンスに変換することで顧客の「知の創造」を支援するものです。 「成長事業の重点化」としてリコーの強みを生かした効果的な投資により新しい事業を立ち上げるためには、従来のビジネスとは異なった組織、開発体制、生産、販売、サービスが必須となり、量販や受注設計など事業によって異なるビジネスプロセスへ対応できる基幹業務システムを迅速かつ安価に導入することが求められました。グローバル展開、コンプライアンス対応、業務の標準・効率化、本社からプロセス・データが可視化できるなどのビジネス要件に加え、IT運用の省力化、常に最新バージョンと高いセキュリティが確保されるというシステム要件の両方を満たすとして、「Oracle ERP Cloud」を採用しました。 同社では、17年度上期より新規・成長事業において、「Oracle ERP Cloud」の展開を始め、2018年3月までに4事業への展開を予定しています。これにより、従来オンプレミス製品でERPシステムを構築する場合と比較して、圧倒的なコスト削減と構築期間の短縮を見込んでいます。 本発表に向けた顧客企業のコメント 「リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。昨今の市場変化に迅速に対応するため、基盤事業の強化に加え、 独自技術を応用したサービスの融合による新規事業の拡大を図っています。このたびリコーのさらなる成長を見据え、新規事業の多様なビジネスプロセスや刻々と変化する事業環境を支える基盤として、 『Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud』を採用しました。クラウド型ERPを開発期間やコストを最小限に抑えつつ2018年3月までには4事業へ展開し、デジタルビジネスへの変革を支える経営基盤として最大限に活用していきます。」 株式会社リコー 執行役員 デジタル推進本部 本部長 石野 普之氏 参考リンク 株式会社リコー Oracle ERP Cloudの概要 日本オラクルについて 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援 する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp 日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル Facebook          www.facebook.com/OracleJP Twitter             twitter.com/Oracle_Japan オラクルについて Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://oracle.com をご参照ください。   【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 斉藤 Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、株式会社リコー(本社:東京都中央区銀座、代表取締役 社長執行役員:山下 良則、以下 リコー)が、中期経営計画の一施策として、新規・成長事業を推進するビジネス基盤に「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用したことを本日発表しました。 リコー...

News Release

化学品専門商社の研光通商、オラクルのERPクラウドを自社の構造改革を実現する経営基盤に採用

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、研光通商株式会社(本社:東京都千代田区岩本町、代表取締役社長:芋生 龍哉、以下 研光通商)が、自社の構造改革の一環として、経営基盤に「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用したことを本日発表しました。発表資料は、こちら 研光通商は、化学工業薬品、健康・栄養補助食品等の専門商社です。研光通商では、10年以上経過した基幹システムをサーバーやソフトウェアの保守期限を延長し継続利用してきました。しかし、維持・管理にかかるコストの増大と限られた人員での運用に限界がきており、更改の時期を迎えていました。新システムの検討では、企業としての継続的な成長に向け、従来、属人的かつ煩雑であった業務プロセスの抜本的な見直しを行い、経営の意思決定を支援できるシステムを必要としていました。 研光通商では、経営に関わる迅速な意思決定や業務の標準化と自動化、そして経営情報の見える化が実現できるクラウド・アプリケーションとして、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を選択しました。また、モバイル端末から利用できるクラウドの仕組みにより生産性の向上が図れるとしています。今回の導入により、従来、月次締めとその後の役員会資料などレポート作成にほぼ1か月を要していた月次決算処理の大幅な短縮が可能になります。まずは本社から、次に海外拠点や連結子会社への展開と段階的に導入を進める計画です。 研光通商では、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」の以下の特長を評価しています。 多数の製品を扱う商社における多様な業務プロセスを網羅できる点 予め定義されたビジネスフローを利用する事で全社最適な構造改革が実現できる点 多彩なBI機能が備わっており、それらを活用したダッシュボード機能により、リアルタイムかつ視覚的に経営情報を把握できる点 SaaS (Software as a Service) のため、バックアップ・バージョンアップ等の運用コスト・工数が削減でき、限られた人員でも運用が可能であり、段階的な導入を実現できる点 リモートアクセスとモバイルデバイスの活用により働き方改革を図る基盤が整備できる点 経営環境変化に伴う事業の拡大・縮小に柔軟に対応できる点 本発表に向けた顧客企業のコメント 「研光通商は1965年に創業した工業化学品、食品化学、健康食品、飼料添加物、医薬品原料など多様な製品を取り扱う専門商社です。2015年に創立50周年を迎え、全世界8か所の拠点を軸にグローバルビジネスを展開してきました。日々変化する経営環境の中で、継続的な企業の成長を目指し、自社の構造改革に取り組んできました。経営に関わる迅速な意思決定や業務の標準化と自動化、そして経営情報の見える化が実現できるクラウド・アプリケーションとして、「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用しました。今後本社から順に海外や連結子会社への導入・展開を段階的に進め、決算及び意思決定の迅速化を実現します」 研光通商株式会社 執行役員 経営企画室長 松田 仁氏 参考リンク 研光通商株式会社 Oracle ERP Cloudの概要   日本オラクルについて 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援 する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp 日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル Facebook          www.facebook.com/OracleJP Twitter             twitter.com/Oracle_Japan オラクルについて Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://oracle.com をご参照ください。 【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 斉藤 Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、研光通商株式会社(本社:東京都千代田区岩本町、代表取締役社長:芋生 龍哉、以下 研光通商)が、自社の構造改革の一環として、経営基盤に「Oracle Enterprise Resource Planning (ERP) Cloud」を採用したことを本日発表しました。発表資料は、こちら 研...

News Release

砂町産科婦人科医院、24時間365日の非対面サポートをオラクルのクラウドで実現

日本オラクルは本日、砂町産科婦人科医院(医院:東京都江東区南砂、院長:杉浦 聡、以下、砂町産科婦人科医院)が、非対面サポート強化のため、問い合わせ対応を支援するオラクルのクラウド「Oracle Service Cloud」を活用したサービスを開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 砂町産科婦人科医院は、「大学病院の安心感」と「クリニックの居心地のよさ」を提供することを心がけ、産婦人科医療に取り組んでいます。日頃より、妊娠・出産に関してさまざまな疑問や不安を抱える妊婦に向けて砂町産科婦人科医院の専門スタッフが受診時に対面で対応していました。その中で、妊婦同士でお互いの疑問を共有し、経験者がその質問に回答をすることで自己解決できる話題も多くあることが分かりました。 そこで、砂町産科婦人科医院では、オンライン上で、専門的な知識が必要な質問に対しては専門家が直接対応し、一方で、妊婦同士でも情報交換を行いながら、疑問や不安を自己解決できる仕組みを検討しました。比較検討の結果、国内での導入実績が豊富な「Oracle Service Cloud」を採用しました。 砂町産婦人科医院では、Webサイトの「よくある質問」のページに「Oracle Service Cloud」を活用します。これにより、多くの妊婦が抱える疑問とそれに対する回答を人工知能機能により、問合せ頻度の高い質問への回答を優先的に表示できるため、Webサイト上での自己解決率向上につながります。また、第2段階として「Oracle Service Cloud」のコミュニティ・セルフ・サービス機能を活用することを視野にいれています。コミュニティ・セルフ・サービス機能では、利用者が相互に情報交換できるオンライン・コミュニティを提供し、そこで共有されたナレッジを一元的に管理することが可能となります。砂町産科婦人科医院では、通院している妊婦同士が24時間365日オンライン上で情報交換できる仕組みを実現し、妊婦の不安や疑問を解消、安心できる環境づくりを目指します。 参考リンク 砂町産科婦人科医院 Oracle Service Cloud 製品概要 日本オラクルについて 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp 日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル Facebook          www.facebook.com/OracleJP Twitter             twitter.com/Oracle_Japan オラクルについて Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://oracle.com をご参照ください。 【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 斉藤 Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

日本オラクルは本日、砂町産科婦人科医院(医院:東京都江東区南砂、院長:杉浦 聡、以下、砂町産科婦人科医院)が、非対面サポート強化のため、問い合わせ対応を支援するオラクルのクラウド「Oracle Service Cloud」を活用したサービスを開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 砂...

News Release

ジーテクト、自動車業界の変革をリードする人材力強化のため、新しいタレントマネジメントの仕組みを導入 - 2020年経営目標達成に必須の人事イノベーションをオラクルの人材管理クラウドが支援

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 日本オラクル)は、株式会社ジーテクト(本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町、代表取締役社長 社長執行役員:高尾 直宏、以下ジーテクト)が、同社の2020年経営目標達成の重要なカギを握る人事イノベーションを実現するため、オラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」のタレントマネジメントを導入したことを発表します。 ジーテクトは、自動車部品のグローバル製造業で、車体部品やトランスミッション部品の分野で業界をリードしています。自動車の電動化、スマート化、シェアリングサービスなど業界が急速に変化する中で、2020年までの中長期ビジョンとして売上3,000億円、営業利益200億円の達成を目標にしています。この経営目標達成のカギとなる戦略のひとつに「人事イノベーション」を掲げ、ジーテクトの将来をリードする次世代のマネジメント層や技術者の育成、そこにいたる若手の発掘や育成を強化していくことを目指しています。 同社の掲げる人事イノベーションを実現するためには、ジーテクト約8,000名の社員の人材情報をデータとして蓄積、可視化して分析、またその分析結果をもとに、パフォーマンスや評価の管理、育成、異動や最適配置など迅速かつ適切な人事施策や意思決定に役立てるデジタルの仕組みを導入する必要がありました。そのデジタルの仕組みとして、同社は「Oracle HCM Cloud」のタレントマネジメントを2016年11月に採用し、現在日本国内の社員1200名を対象に2017年4月より活用を開始しています。クラウドでの導入により、採用決定から6か月間という短期間で利用開始することができました。 ジーテクトでは、従来導入している人事給与管理システムがあり、「Oracle HCM Cloud」はこの既存の仕組みと連携する形で活用されています。今までは、紙や表計算ソフトによって管理されていた人材情報、評価などのデータを「Oracle HCM Cloud」のデータとして管理され、それに加えて、新たに、経験、スキル、キャリア志向などのデータを加え、統合的に管理、人材戦略として活用していきます。「Oracle HCM Cloud」のタレントマネジメント領域における幅広い機能、グローバル対応、レポーティング等における柔軟性や拡張性などの点を高く評価した結果、採用を決定しています。 ジーテクト株式会社 取締役 常務執行役員 事業管理本部長 吉沢 勲 氏 は、新しいタレントマネジメントの仕組みついて以下のように述べています。 「ジーテクトは、中長期ビジョンとして2020年までに売上3000億/営業利益200億の達成を目標としており、そのビジョンを実現するための戦略のひとつに“人事イノベーション”を掲げています。変化の激しい環境で競争力を維持するためには、社員の能力を最大限引出し、変化にスムーズに対応して継続的に活躍してもらうことが必要不可欠です。『Oracle HCM Cloud』のタレントマネジメントによって社員のあらゆる情報を蓄積、可視化することで、データをもとに人材の把握が可能になります。この仕組みを活用し、組織全体の意識改革、革新的な人材の育成と創出、次代を支える経営幹部候補の育成に役立てていきます。」 参考リンク ・ジーテクト株式会社概要 ・Oracle HCM Cloud製品概要 日本オラクルについて 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp オラクルについて Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://oracle.com をご参照ください。 * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。  

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 日本オラクル)は、株式会社ジーテクト(本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町、代表取締役社長 社長執行役員:高尾 直宏、以下ジーテクト)が、同社の2020年経営目標達成の重要なカギを握る人事イノベーションを実現するため、オラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM...

Oracle Japan Information

「Oracle Cloud」のFISC安全対策基準への対応について

日本オラクルはこのたび、公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)が策定する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(以下 FISC安全対策基準)」の各項目に対する「Oracle Cloud」の対応状況をまとめた「金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンス」を公開しました。 FISC安全対策基準は、金融機関におけるコンピュータシステム障害の未然の防止や影響の最小化、早期回復のために指針とすべき安全対策について解説し、国内金融機関において幅広く活用されています。最新の第8版追補改訂では、「クラウドサービス利用に関する対応」や「サイバー攻撃に関する対応」などのテーマについて検討、改訂が行われました。 「金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンス」は、「Oracle Cloud」のInfrastructure as a Service (IaaS)およびPlatform as a Service (PaaS)に関して、FISC安全対策基準および第8版追補改訂の各項目に対する対応状況を調査したものです。調査は、株式会社三菱総合研究所が実施し、FISC安全対策基準の各項目(138の設備基準、120の運用基準、53の技術基準)のそれぞれについて確認・整理しました。 金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンスは次のリンクよりご参照いただけます。 https://go.oracle.com/LP=55052 以上 【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 坂元 Tel: 03-6834-4837 / E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

日本オラクルはこのたび、公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)が策定する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(以下 FISC安全対策基準)」の各項目に対する「Oracle Cloud」の対応状況をまとめた「金融機関向け『Oracle Cloud』対応セキュリティリファレンス」を公開しました。 FISC安全対策基準は、金融機関におけるコンピュータシステム...

News Release

楽天カード、クレジットカード業務の基幹システムを全面刷新し本格稼動を開始

国内金融業界で初となる「Oracle Cloud at Customer」を採用し、長期的に安定したクレジットカードの取引環境を会員および加盟店に提供 楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 「日本オラクル」)は、楽天カードのクレジットカード業務の基幹システムを全面刷新し本格稼動を開始したことを発表します。 楽天カードは、クレジットカード業界でNo.1になることを目指しています。このたびの基幹システムの刷新により事業の拡大スピードに合わせた柔軟な運用と、長期的に会員が安心してクレジットカードを利用できる環境を整えることができました。従来は、月に数時間、楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」において一時的にサービスの利用制限がありましたが、本基幹システムの刷新により定期メンテナンスが不要となり、顧客に一層高い利便性を提供できるようになりました。 楽天カードの新基幹システムは、異なる事業者のソフトウェアやハードウェアを柔軟に組み合わせることができるオープンシステムとなっています。従来のメインフレーム(大型汎用機)の構成では難しかった、複数人による同時のプログラム編集が可能となったほか、周辺システムも含め、プラットフォームやアーキテクチャ、開発言語を統一することで生産性を飛躍的に高めることができるようになりました。 また今回、楽天カードは国内の金融業界において初めて、自社管理のデータセンター内に「Oracle Cloud」環境を配置するサービス「Oracle Cloud at Customer(オラクルクラウドアットカスタマー)」を採用しています。これにより、特定の処理を行う際の一時的な負荷増大時にも柔軟な対応が可能となり、急増する楽天カードの会員数と取引件数に対する処理能力を一層強化し、会員および加盟店に、長期的により安定した取引環境を提供します。なお、本基幹システムの全面刷新プロジェクトは2014年から始まり、今回の本格稼動に至りました。

国内金融業界で初となる「Oracle Cloud at Customer」を採用し、長期的に安定したクレジットカードの取引環境を会員および加盟店に提供楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役...

News Release

佐鳴予備校、啓明舎の運営会社、2万以上の映像授業コンテンツの配信基盤をオラクルのクラウドに移行

「Oracle Cloud」の米国と国内データセンターの冗長構成で、いつでも視聴可能な環境を整備し、安定運用を実現 本日、佐鳴予備校、啓明舎などの教育事業を運営する株式会社さなる(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:佐藤イサク、以下 さなる)が提供する映像授業コンテンツ「@will(アット・ウィル)」の提携塾向け配信基盤をオラクルのクラウドに移行したことを発表します。最新のオラクルのデータベース・クラウドへ移行することで、受講生が視聴する教材の選択画面の反応が約2倍速くなり、また利用者増加に応じてリソースを柔軟に配分し、日々の運用管理を安定して行うことができるようになりました。 1980年創立のさなるは、愛知県・静岡県を中心に1都11県で、小学生、中学生、高校生向け教育事業を展開し、受講生のニーズに応じて学習する科目・単元を自由に選択できる映像授業コンテンツ「@will」を高校生向けに提供しています。2万以上の講座を取り揃え、一定の進度で学ぶ一斉授業とは異なり、受講生の目標・志望大学に合ったカリキュラムで効率よく学習することができます。同社は2010年から提携塾向けに提供するコンテンツ配信基盤をホスティング型で運用していましたが、高コストに加え、メンテナンスに係る工数・時間が課題となっており、既存システム基盤のクラウド移行による課題解決を模索していました。 さなるは他社のクラウドサービスと比較して、オラクルのクラウドはよりコスト効果が高く、米国と国内のデータセンターで同サービスの冗長構成がとれることを評価し、「Oracle Database Cloud Service」、「Oracle Compute Cloud Service」、「Oracle Storage Cloud Service」の導入を決定、2017年5月に移行を完了しました。新システムでは、オンプレミスの「Oracle Database」から最新の「Oracle Database 12c Release2」の機能を備えた「Oracle Database Cloud Service」に移行することで、大量データの最適な処理、充実したセキュリティ機能により安心・安全な運用管理を続けています。

「Oracle Cloud」の米国と国内データセンターの冗長構成で、いつでも視聴可能な環境を整備し、安定運用を実現 本日、佐鳴予備校、啓明舎などの教育事業を運営する株式会社さなる(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:佐藤イサク、以下 さなる)が提供する映像授業コンテンツ「@...

News Release

三井住友信託銀行、リスク管理業務をはじめとする高度なデータ処理の実現に向け「Oracle Exadata」を採用

本日、三井住友信託銀行のリスク管理業務高度化に対応するIT基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine」が採用されたことを発表しました。膨大なリスクデータの集計・分析を可能にする高い処理能力と、「Oracle Database 12c」のマルチテナント機能を用いたプライベート・クラウド環境における開発管理の容易性などが評価されました。発表資料はこちら。 常にグローバルな規制への準拠が求められる銀行業界においては、リスク管理業務をはじめとする経営管理業務で利用するデータの即時性・正確性への要求が高まっています。三井住友信託銀行では、これらのニーズを満たす大規模データベースインフラ構築への取り組みを開始しています。それに応じて、システムには従来よりもはるかに大量のデータ収集や高速処理を行うことができる高い性能が必要とされつつあります。 同社ではこのたび、高度なデータベース基盤を迅速かつ確実に構築することを目的に、大量データの高速処理に優れた「Oracle Exadata」を採用することを決定しました。採用にあたっては、従来月次で行っていた大量データのバッチ処理を、日次で行うことができる高い処理性能への評価に加えて、将来的な全社共通データベース基盤としての機能拡大も視野に入れた拡張性の高さ、「Oracle Database 12c」のマルチテナント機能による高い運用管理性などが評価されました。取り扱うデータの種類や対象範囲が多岐にわたり開発規模が大きいため、開発環境にはマルチテナント機能を活用し、プライベート・クラウドとして構築します。工程ごとに速やかに環境を構築・管理できる高度な柔軟性による開発プロセスの効率化が期待されています。

本日、三井住友信託銀行のリスク管理業務高度化に対応するIT基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata...

Oracle Japan Information

オラクルCEO:AI戦略はビジネスにフォーカスと強調

オラクル・コーポレーション マイケル・ヒキンズ オラクルCEOのマーク・ハードは、同社が第4四半期の決算を発表したあとCNBCとのインタビューの中で、オラクルのクラウド・アプリケーションに人工知能(AI)の機能を徐々に追加していくと言及した。 ハードは、オラクルのアプローチはAIアプリケーションを個別に構築するのではなく、顧客がビジネスを推進するために使用する「Oracle Cloud」のアプリケーション、プラットフォーム、インフラストラクチャの各サービスにAI機能を組み込んでいくことであると説明した。「わたしたちの業界では歴史的に、アプリケーションからデータを抽出し、任意のところに送信し、人々に魔法をかけさせてから・・・それを送りかえしています」とCNBCとのインタビューで語った。 しかし、AIの最適なアプローチは、「サービス自体に統合され、組み込まれること」と強調する。「これはわたしたちが語るのと同じくして、提供されていくことです。」 オラクルは、顧客が特別な開発作業を行うことなく、特定のビジネス環境ですぐに使用できるAI機能を備えたアプリケーションを構築する計画だ。「オラクルでは、機械学習とAIをクラウドサービス群全体に組み込み、独自のノウハウでAIを強化しています」と、オラクルのシニアプリンシパルプロダクトマネージャー、マヒパル・ルニアは語る。「このような方法で、ビジネスリーダーは事業を遂行すること、収益の確保に集中し、新しいテクノロジーを管理するのではなく、新しいテクノロジーをこれらの業務に適応させることができるようになります。」 本記事はForbes.com OracleVoiceの以下の記事を抄訳しています:https://www.forbes.com/sites/oracle/2017/06/28/hurd-says-oracles-ai-strategy-is-business-focused/#1b7ba0fc16e5

オラクル・コーポレーション マイケル・ヒキンズ オラクルCEOのマーク・ハードは、同社が第4四半期の決算を発表したあとCNBCとのインタビューの中で、オラクルのクラウド・アプリケーションに人工知能(AI)の機能を徐々に追加していくと言及した。ハードは、オラクルのアプローチはAIアプリケーションを個別に構築するのではなく、顧客がビジネスを推進するために使用する「Oracle Cloud」のアプリケーシ...

Oracle Japan Information

日本の規制要件に対応した、医薬品開発の安全性情報管理ソリューション最新版「Oracle Argus Cloud Service」バージョン8.1を提供開始

オラクルの医薬品開発の安全性情報管理アプリケーション最新版「Oracle Argus Cloud Service」バージョン8.1の提供が開始されました。このバージョンは、医薬品メーカー、開発業務受託機関(CRO)などのライフサイエンス企業の安全性管理部門が、医薬品規制調和国際会議(ICH)のガイドラインであるE2B(R3)、および独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)を含む各地域における規制当局による副作用報告の要件に準拠できるように設計されており、特に日本特有の要件に対応するために必要な機能が多数追加されました。  最新バージョン8.1で追加された主な機能は次の通りです。 PMDA、欧州医薬品庁(EMA)、アメリカ食品医薬品局(FDA)などの各地域における規制当局の副作用報告の要件に対応するための基本機能とフレームワーク E2B(R3)に準拠したPMDA向けXMLファイルの出力(*)、日本のニーズに合わせた多数の機能拡張 ユーザーインターフェース上に120以上の新しい入力フィールドを追加 Null flavor(ブランクである値に一定の意味を持たせることのできるコード)の入力をサポート ICHのE2B(R3)ガイダンスに従って既存フィールドの長さを変更 *「E2B(R3)実装ガイドに対応した市販後副作用等報告及び治験副作用等報告について」(平成28 年3月31日付け厚生労働省医薬・生活衛生局審査管理課長・安全対策課長連名通知)、および「市販後副作用等報告及び治験副作用等報告の留意点について」(平成28年3月31日付け独立行政法人医薬品医療機器総合機構審査マネジメント部長・安全第一部長・安全第二部長通知)に基く 「Oracle Argus Safety」について Oracle Argus Safetyは、医薬品メーカー、開発業務受託機関(CRO)などのライフサイエンス企業が医薬品の安全性と関連法規制の遵守に注力できるようにすることを目指して設計された、包括的なファーマコビジランス(医薬品安全性監視)プラットフォームです。Oracle Argus Safetyは、企業における次のような取り組みを支援します。世界で100社以上、日本でも30社以上の導入実績があります。本製品はクラウドでもオンプレミスでも利用可能です。 グローバルなファーマコビジランスコンプライアンスの確実な遵守 科学的根拠に基づいた安全性に関する迅速な意思決定 医薬品安全性管理とリスク管理の統合 ファーマコビジランスにかかるリソースの把握とコスト削減 参考情報 Oracle Argus Safety 製品概要 Oracle Argus Cloud Service概要 以上 【本件に関するお問い合わせ先】 日本オラクル株式会社 広報室 坂元 Tel: 03-6834-4837 / E-mail: pr-room_jp@oracle.com プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/ * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

オラクルの医薬品開発の安全性情報管理アプリケーション最新版「Oracle Argus...

News Release

がんや血液腫瘍領域における新薬開発のシンバイオ製薬、経営資源配分の最適化を目的にオラクルの予算管理クラウドを活用

本日、がんや血液腫瘍領域における新薬開発のシンバイオ製薬が、経営資源配分の最適化を目的にオラクルのクラウド型予算管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を稼働開始したことを、本日発表しました。資料はこちら。   シンバイオ製薬は、がん・血液・ペインマネジメントの領域を中心に医療ニーズの高い新薬の開発に取り組んでいます。シンバイオ製薬では、事業の拡大に伴い、表計算ソフトを利用して行う予算策定および予実対比・見込み管理業務におけるデータの収集や各種計算、レポーティングにおける作業負荷が増大していました。中長期計画と単年度予算の連動性を保つために各担当による二重入力が発生するなど非効率な業務にも課題がありました。また、製品ライフサイクル全体を通した損益構造の把握や全体を加味したより精緻な経営情報に基づく投資判断も求められていました。   今回、予算情報の一元管理や業務効率化に加え、開発製品のパイプラインごとに適切な経営資源配分を行う目的で、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を活用しています。製品ライフサイクルにおけるコスト、全社および各部門の経費予算、予実データ、見込・予測情報などを「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」に集約し、製品ライフサイクルの損益の把握やシミュレーションを通して、より精緻な経営管理を行っていきます。

本日、がんや血液腫瘍領域における新薬開発のシンバイオ製薬が、経営資源配分の最適化を目的にオラクルのクラウド型予算管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を稼働開始したことを、本日発表しました。資料はこちら。   シンバイオ製薬は、がん・血液・ペインマネジメントの領...

News Release

東急ホームズ、営業の負荷軽減・生産性向上を目的に、オラクルのクラウド・サービスを利用開始

本日、株式会社東急ホームズが、営業の負荷軽減と生産性向上を目的に、マーケティング業務向けクラウド製品群「OracleMarketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle MarketingAutomation」の利用を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 東急ホームズは、ミルクリークに代表される注文住宅や住宅リフォーム事業を関東や一部関西を中心に展開しています。昨今、不動産情報サイトや自社Webサイトから情報収集・資料請求しているお客様も増加しています。その中で、住宅展示場に来場していなくてもWebサイト上で情報収集し資料請求を行うお客様に、適切なタイミングで適切な情報を提供することで、成約までのタイミングを逃さず関係を継続的に構築していくことが極めて重要となってきました。 今回、「OracleMarketing Automation」を利用することで、営業担当者は、注文住宅というお客様の検討期間が長期にわたる営業プロセスの中で、自社Webサイトを通して資料請求を行ったお客様の興味関心が高まった適切なタイミングに、最適な提案を行うことができます。さらに、お客様へのメール案内の一部を「OracleMarketing Automation」の機能により自動化することで、お客様との継続的なコミュニケーションが可能になります。

本日、株式会社東急ホームズが、営業の負荷軽減と生産性向上を目的に、マーケティング業務向けクラウド製品群「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Marketing Automation」の利用を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 東急ホームズは、ミルクリークに代表される注文住宅や住宅リフォーム...

News Release

ダイバーシティ施策を深化する日本オラクル、LGBT対応を包含した社員向け福利厚生制度に拡充

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂)は、性別、年齢や国籍など多様化する人材を積極的に採用、長期的に活躍してもらうための環境を整えてきました。2016年における新規採用者の女性比率は前年度より10%向上し、また2016年4月の大学新卒新入社員には、中国、韓国など外国籍の人材も多数存在します。このように多様化する人材を受け入れ、企業として高い生産性を発揮するために、新たな施策としてLGBT対応も包含した社員の福利厚生制度に拡充しました。 日本オラクルは、人種、肌の色、民族、性自認、性的指向、社会経済的地位、年齢、文化、宗教的、政治的信条、身体的なチャレンジ、視点や考え方の違いなどによって、従業員や取引のあるすべての企業の社員の方々を差別することはない、と明言しています。今回の日本オラクルの取り組みでは、同性カップルや事実婚などの関係にある社員に対しても、法令で婚姻関係にある社員が享受できている福利厚生制度等を可能な限り同様のレベルで適用するよう制度改定を行いました。例えば、慶弔金や育児・介護休職や家族を対象とした傷病休暇、あるいはカフェテリア・プラン(選択型福利厚生制度)の家族対象のメニュー、さらには企業負担の加入保険についても適用拡大を行いました。これにより、我々は2020年までに「The Most Admired Company」になることを目指す日本オラクルのVISION2020に向け、大きく前進します。 オラクルでは職場のダイバーシティ&インクルージョンの一環として、いくつかの社員コミュニティがあり、会社として活動を支援しています。LGBTのコミュニティも当事者と支援者の社員が集まり「OPEN(Oracle Pride Employee Network)」という社員グループを立ち上げており、日本でも2015年から当事者と支援者が自主的に活動を開始しています。「OPEN」は、LGBTの当事者と支援者によって共通の興味をもった社員同士をつなげ、お互いに支援し、そのコミュニティが認識する課題についてオラクルの理解を促していくような環境づくりに取り組んでいます。「OPEN」には当事者であるかどうかを表明せずに参加でき、安全な職場環境の確保とビジネス成功のために必須なトップタレントを保持することを目的にしています。日本では、当事者と支援者が集まりカジュアルな雰囲気で情報交換をするランチ会などを主催しています。今回の人事制度刷新も、「OPEN」での活動を通じてLGBT当事者のニーズを日本オラクルの経営者に提案し、実現したものです。LGBTをはじめとする企業におけるダイバーシティ施策の必要性について、日本オラクル株式会社 取締役 代表執行役社長 兼 最高経営責任者 杉原 博茂は、「我々の社員はもちろん、お客様企業や社会全体で多様性を受け入れる土壌は広がっています。LGBT当事者も非当事者も、分け隔てなく手を取り合い、お互いを尊重していけるような職場にしていくことが当たり前の時代となりつつあります。企業として日本の社会やお客様に貢献していくために、オラクル自身が多様化する人材を理解、受け入れ、皆が共に快く働けるような環境を今後も追求し、積極的に取り組んでいきます。」と言っています。 日本オラクルのダイバーシティについてhttp://www.oracle.com/jp/corporate/citizenship/about/workforce/diversity/index.html 日本オラクルの働き方改革について http://www.oracle.com/jp/corporate/features/pr/hatarakikata/index.html 日本オラクルについて日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp 日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル•Facebookwww.facebook.com/OracleJP•Twittertwitter.com/Oracle_Japan * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼...

News Release

フォード・モーターがオラクルの人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」を採用 - チーム・エクスペリエンスの管理を目的に「Oracle HCM」を選択 -

*本内容はオラクル・コーポレーションより2017年2月13日付で公開されたものです。 オラクルはフォード・モーターが従業員とマネージャのエクスペリエンスの向上を目指し、より効率的でデジタル時代にふさわしい製品とサービスの導入のためOracle HCM Cloudを包括的に採用したことを発表しました。クラウドサービスは、人事の変革において重要な役割を担います。 これまで、同社はそれぞれの人事業務ニーズに応えるために複数の仕組みを使っていました。クラウドの登場によって今この状況は変わり、既存テクノロジーと統合できる包括的なサービスの導入を検討するようになりました。Oracle HCM Cloudは大規模なグローバル人事に求められるレポーティングやセキュリティ要件を満たし、給与、報酬管理、目標・業績管理、タレントレビューや後継者計画、採用・オンボーディングなどの業務を網羅的にカバーし同時に人事にとっては、ビジネスの推進や採用のニーズに応えるため誰もが使えるレポート、データ分析や予測を活用できるサービス提供のためにグローバル対応とセキュリティの担保は重要となります。 オラクルのSaaS/PaaS製品は堅牢かつこれらのニーズに柔軟に対応できる仕組みを整えています。オラクルのクラウドサービスでは人事担当者のコストや時間を最小限に抑えつつ、社員の情報や履歴にアクセスできる単一のプラットフォームを提供します。これにより、人事担当者は、ペーパーワークから解放され、より戦略的な意思決定に時間を費やすことができます。また、「Oracle Cloud Customer Connect Programというユニークなコミュニティサイトを通じてお客様のビジネス特有のチャレンジやクラウドへの移行する上で、同業他社の最良事例や戦略を学び合えるようなっています。 「オラクルはフォード社はじめ他の自動車業界の企業と一緒に仕事することにとても興奮しています。我々は、お客様に耳を傾けて、ビジネスのコストを抑え、ビジネス遂行への戦略なアプローチができるよう、網羅的で核心をついたサービスを提供するために最先端で、統合されたクラウドサービスを提供していくよう全力をつくします。 あらゆる企業が将来に向けて前進するために我々の技術が役立ちたいと思っています。さらにそれ以上に、このような次世代への変革を支援するため、オラクルがお客様同士のネットワークや協業の機会を提供していくことを知っていただきたいと思っています」と、オラクルのHCM製品戦略担当グループ・バイスプレジデントのグレッチェン・アラーコンは言っています。 補足情報Oracle HCM Cloudに関するより詳細な情報はこちら オラクルについてオラクルは、クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームの広範なサービス群を最大限に統合し提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に����するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。 * OracleとJavaは、OracleCorporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

*本内容はオラクル・コーポレーションより2017年2月13日付で公開されたものです。 オラクルはフォード・モーターが従業員とマネージャのエクスペリエンスの向上を目指し、より効率的でデジタル時代にふさわしい製品とサービスの導入のためOracle HCM Cloudを包括的に採用したことを発表しました。クラウドサービスは、人事の変革において重要な役割を担います。 これまで、同社はそれぞれの人事業務ニーズに応...

News Release

300年以上続く箱根温泉旅館の老舗の一の湯、インバウンド需要に向けたカスタマー・サービス強化のため、オラクルのクラウド・サービスを利用開始

本日、300年以上続く老舗の箱根温泉旅館を運営する株式会社一の湯(本社:神奈川県足柄下郡箱根町、代表取締役社長:小川 晴也、以下 一の湯)が、カスタマー・サービスを支援するクラウド「Oracle Service Cloud」のWebセルフサービス機能を活用し、英語で対応可能なお問合せサイトを拡充したことを発表しました。発表資料はこちら。一の湯では、国内外からの利用客は、オンライン宿泊予約サイト経由の申込者が約30パーセント、自社Webサイト経由の申込者が約40パーセントと全体で約70パーセントがWebサイトから情報を得て予約を行っています。自社サイト経由の申込数の増加に向けて、Webサイトの拡充を検討していました。また、繁忙期には、限られた人数のオペレーターではお客様からの電話に対応しきれないケースもあり、カスタマー・サービスの改善も課題でした。その中で、入電数を抑え、Webサイトから得られる情報で自己解決を促進し、日本語・英語で対応できるカスタマー・サービスの仕組みが求められていました。このたび、問合せ頻度の高い質問への回答を優先的に表示する「Oracle Service Cloud」の人工知能機能により、WEBサイトでの自己解決を支援します。また、各温泉旅館のオペレーターが応対する質問や回答の中で、共通する情報を内部で共有できるため、均一な回答を迅速に提供することも可能になり、オペレーターの生産性向上にも貢献します。今後は、自社Webサイトを訪問した利用者に向けて、事前の情報収集・予約から帰国後までの顧客体験を一元的に管理し、継続的なカスタマー・サービスの向上を目指していきます。

本日、300年以上続く老舗の箱根温泉旅館を運営する株式会社一の湯(本社:神奈川県足柄下郡箱根町、代表取締役社長:小川 晴也、以下 一の湯)が、カスタマー・サービスを支援するクラウド「Oracle Service Cloud」のWebセルフサービス機能を活用し、英語で対応可能なお問合せサイトを拡充したことを発表しました。発表資料はこちら。一の湯では、国内外からの利用客は、オンライン宿泊予約サイト経由の...

News Release

福助、インバウンド需要や中国での市場開拓に向けた消費者動向分析に、オラクルのクラウドを活用

本日、福助株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂 寛、以下 福助)が、消費者の声を直接収集・分析し、製品企画や販売戦略に役立てる目的で、ソーシャル・メディア管理のクラウド「Oracle Social Cloud」を利用開始したことを発表しました。発表資料はこちら。今回の導入では、「Oracle Social Cloud」を活用して、製品比較サイトやソーシャル・メディア上の投稿から消費者の反応や生の声を収集するだけでなく、他社のキャンペーン動向の把握、中国での消費者動向を調査・分析することに活用していきます。福助は、「Oracle Social Cloud」の以下の点を評価しています。・「Oracle Social Cloud」の持つソーシャル・リスニングの高精度な解析エンジンにより、関連性の無い単語を排除し、キーワードそのものだけでなく、前後で頻繁に使われている単語を判別し、文脈で情報収集できる点・自社だけでなく他社キャンペーンの動向やそれに対する消費者の反応も収集し、分析に活用できる点・中国の代表的なソーシャル・メディアWeibo(ウェイボー)からもデータ収集が可能である点

本日、福助株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂 寛、以下 福助)が、消費者の声を直接収集・分析し、製品企画や販売戦略に役立てる目的で、ソーシャル・メディア管理のクラウド「Oracle Social Cloud」を利用開始したことを発表しました。発表資料はこちら。今回の導入では、「Oracle...