X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Oracle WebLogic Server for OKEをUniversal Creditで(サブスクリプション型)

Ryusaburo Tanaka
Business Development, Cloud Native Services

※ 本ページはUse your Universal Credits with Oracle WebLogic Server for OKEの翻訳です。

概要

Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructure Container Engine for Kubernetes(Oracle WebLogic Server for OKE)の、新しいサブスクリプション型の価格設定オプションが利用可能になったことをお知らせします。 Oracle WebLogic Server forOKEと提供される機能については、以前のブログ投稿を参照してください。 Oracle CloudMarketplaceに、OracleWebLogic Server for OKEの新しいメニューが用意されました。これにより、KubernetesでOracle WebLogic Serverドメインをすばやくプロビジョニングし、事前構成されたCI / CDパイプラインを使用して、OracleのUniversal Creaditモデル( UCM)を使用して、WebLogicServerアプリケーションを開発、およびデプロイできます。

今回の発表内容は以下です。

高可用性のためのクラスタリング機能と、問題を診断するためのOracle Java SE Advanced(Java Mission ControlとJava Flight Recorder)が含まれています。 Oracle Application Development Framework(ADF)を使用してアプリケーションを構築する場合は、JRF対応ドメインを作成します。

Oracle WebLogic Server Enterprise Editionには、パフォーマンスとスケーラビリティを向上させるOracle Coherence、高度なデータベース接続を実現するActive GridLink for RAC、およびInternet Application Server Enterprise Editionの全てが含まれています。

OKE上のOracle WebLogic Serverの構成をすばやく作成する

Oracle Marketplaceの検索バーで "WebLogic" という単語を入力すると、利用可能なOracle WebLogic Serverのメニューがすぐ見つかります。Oracle WebLogic Server for OKE用のメニューだけを探したい場合は、"oke"と入力します。




必要なメニューを選択し、利用規約に合意した後、いくつかのパラメータを指定するだけで、数分以内にインスタンスの準備が整います。

Oracle WebLogic Server for OKEの構成要素

Oracle WebLogic Server for OKEは、OKEクラスタでWebLogic Serverを実行するためのベストプラクティスに則った、安全な環境を構築するために必要なリソースを作成・構成します。 WebLogic Kubernetes Toolkitを使用して、KubernetesでWebLogicをサポートします。 OKEクラスタ内で実行されるJenkinsコントローラが提供され、それによって、ドメインを構築およびテストするように構成されたJenkinsエージェントをオンデマンドで起動できます。 NginxはIngress Controllerとして構成され、デプロイされたアプリケーションにアクセスするためのパブリック・ロードバランサーと、Oracle WebLogic ServerおよびJenkins管理コンソールにアクセスするためのプライベート・ロードバランサーによって、フロントエンドとして配備されます。踏み台サーバはパブリック・サブネットでプロビジョニングされ、それによって、管理ホスト(インスタンス構成を管理するために必要なツールで構成される)などのプライベートなリソースへのアクセスが可能になります。ファイル・ストレージ・サービスが作成され、さまざまなコンポーネントにマウントされるため、永続ボリューム(persistent volume)を必要とするコンポーネント構成を簡単に作成できます。

 

ノード・プール(Node Pool)について

Oracle WebLogic Server for OKEは、OKEクラスタに2つのノード・プールを作成します。 1つ目はWebLogicのノード・プールで、WebLogicバイナリを含むイメージを使用するポッドを実行するように構成されています。 2番目のnon-WebLogicのノード・プールは、WebLogicバイナリを含まないイメージを使用するポッドを実行するように構成されています。 それぞれのノード・プールが作成されるため、WebLogicのノード・プールに関連付けられたOCPUでのみ、WebLogicソフトウェアを使用する資格が課金されます。 WebLogic以外のノード・プールでWebLogicソフトウェアを使用する資格については課金されません。

こちらは、プロビジョニングの後に、それぞれのノード・プールで実行されるされるように構成されたpodのイメージです:

Getting Started

開始するには、Oracle Cloudアカウントが必要です。 Oracle Cloudのアカウントをまだお持ちでない場合は、こちらにアクセスして新しい無料利用枠アカウントを作成してください。 また、チュートリアル "Get Started with Oracle WebLogic Server for OKE" を参照してください。 Oracle WebLogic Server for OKEの詳細については、製品ドキュメントを確認してください。 次に、Oracle Cloud Marketplaceにアクセスして、Oracle CloudでOracle WebLogic Serverアプリケーションを実行する新しい方法をテストしてください。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.