水曜日 4 23, 2014

Oracle Database 12c エディション比較 - SE/EEの違い、Enterprise Editionでできること

Oracle Database 12c には、Enterprise Edition / Standard Edition / Standard Edition One といったエディションがあります。
機能の違いは、一覧で公開されています。

最も高機能である Enterprise Edition(EE)には、

  • 「パフォーマンス向上」
  • 「情報ライフサイクル管理」
  • 「可用性向上」
  • 「データの統合」
  • 「データベースセキュリティ」
  • 「運用管理・保守」

主要ないくつかの機能をピックアップして、解説します。
「Enterprise Edition なら何ができるのか」をご覧ください。

月曜日 3 17, 2014

Oracle Database Appliance 2.9 アップデート

2014年2月、Oracle Database Appliance の Bundle Patch 2.9 がリリースされました。
アップデートの概要は以下の通りです。

  • Oracle Database
    - 11.2.0.3.x / 11.2.0.4.x から 11.2.0.3.9 / 11.2.0.4.1 へアップデート (PSU)
     ※11.2.0.2.x 向け PSU は猶予期間終了により、含まれません
     ※ターミナルリリースである 11.2.0.4.x へアップデートすることをお奨めします
  • Grid Infrastructure
  • Oracle Appliance Kit
    - ハードウェア監視の拡張

概要は以下の資料をご覧ください。

参考資料

水曜日 1 01, 2014

Zero Data Loss Recovery Appliance:Oracle DBのデータ保護&バックアップ専用アプライアンス

Zero Data Loss Recovery Appliance

2014年10月21日、データベースの保護に特化した初のエンジニアド・システム「Zero Data Loss Recovery Appliance」の日本での提供を開始しました。

Zero Data Loss Recovery Appliance とは?

Zero Data Loss Recovery Appliance は、Oracle Database のデータ保護&バックアップ専用アプライアンスです。従来のデータベース・バックアップを根本から革新する製品です。

Zero Data Loss Recovery Appliance の詳細は以下の資料をご覧ください。

Zero Data Loss Recovery Appliance の技術詳細は以下の資料をご覧ください。

Zero Data Loss Recovery Appliance:参考資料

Zero Data Loss Recovery Appliance について詳しく知りたい場合

Oracle Directまでお問い合わせください。

月曜日 12 02, 2013

中間ダンプファイルを利用しないネットワーク経由でのEXPORT/IMPORT

Oracle Data Pumpを利用して、データベース・リンク経由でリモートデータベースから直接ローカルデータベースにインポートできることはご存知でしょうか。
中間ファイルであるDMPファイルを作成する領域がない場合に、特にこの機能が便利です。

<利用方法>
  • データベースリンクの設定をしておく
  • 移行先のデータベース上でimpdpコマンドを実行
  • 接続するリモートデータベースを、NETWORK_LINKパラメータで指定(指定する値はデータベース・リンク名)
(実行例)
COMMAND > impdp scott/tiger tables=emp,dept directory=dpump_dir network_link=scott.jp.oracle.com

<注意点>
  • ネットワーク・リンク・インポートは、10g以降のみ行うことができます。
  • 以下のデータ型では利用できません
    • LONG/LONG RAW
    • オブジェクトデータ型
  • パフォーマンスは、ネットワークの帯域幅とターゲットシステムのCPU処理量に依存します

金曜日 11 22, 2013

Oracle Database Appliance 2.8 アップデート

2013年11月、Oracle Database Appliance の Bundle Patch 2.8 がリリースされました。
アップデートの概要は以下の通りです。

  • Oracle Database
    - 11.2.0.2.x / 11.2.0.3.x から 11.2.0.2.12 / 11.2.0.3.8 へアップデート (PSU)
     ※11.2.0.2.x 向け PSU は猶予期間終了により、今後リリースされません
     ※ターミナルリリースである 11.2.0.4.x へアップデートすることをお奨めします
    - 11.2.0.2.x / 11.2.0.3.x から 11.2.0.4.0 へアップデート (PSR)
  • Grid Infrastructure
    - 11.2.0.3.x から 11.2.0.4.0 へアップデート (PSR)
  • Oracle Appliance Kit
    - 初期構築でのDB/EM作成が選択可能に

概要は以下の資料をご覧ください。

参考資料

水曜日 10 30, 2013

Oracle Database 11gR2の最新パッチセット11.2.0.4がリリースされました

2013年8月、Oracle Database 11g Release 2 の最新パッチセットである 11.2.0.4 が Linux x86-64 プラットフォーム向けにリリースされました。
また、2013年10月には Microsoft Windows x64 プラットフォーム向けにもリリースされました。
Patch Set Release (PSR) とは、不具合修正や機能拡張を含む Oracle Database における重要なパッチです。

概要は以下の資料をご覧ください。

ポイント1:ターミナルの PSR です

2013年10月時点で、PSR 11.2.0.4 が最新かつターミナルの PSR です。「ターミナル=最終版 PSR」であり、多くの不具合修正を含んでおり、もっとも安定した PSR です。

ポイント2:12c からのバックポートを含む新機能が実装されている PSR です

以下のような新機能が実装されています。

  • Oracle Data Redaction
  • データベース統合リプレイ
  • 動的統計
  • フラッシュバック・データ・アーカイブ最適化
詳細は以下の資料をご覧ください。

ポイント3:Windows 8 / Windows Server 2012 に対応しています

※Oracle Database 12c でも、Windows 8 / Windows Server 2012 に対応しています

各プラットフォームでのリリース予定は以下の文書をご覧ください。

参考資料

月曜日 7 08, 2013

Oracle Streams と Oracle Advanced Replication の今後

Oracle Database Release 12c のマニュアル「Upgrade Guide」によると、Oracle Streams に加えて Oracle Advanced Replication (Multi-Master Replication、Updatable Materiarized View)は今後推奨されない機能です。

『Oracle Database Upgrade Guide 12c Release 1 (12.1)』
8.1.6 Deprecation of Oracle Streams


『Oracle Database Upgrade Guide 12c Release 1 (12.1)』
8.1.7 Deprecation of Advanced Replication

すぐに、これらの機能が使えなくなるわけではありませんが、Oracle Streams、Oracle Advanced Replication の機能を使って実装されている方はご注意ください。

また、新規システムの構築の際にも、データの連携・同期処理には、シンプルな仕組みでリソース面でも優位な Oracle GoldenGate をお勧めします。

火曜日 4 02, 2013

Oracle Database Appliance(ODA) X5-2:高可用性データベースをアプライアンスで!シンプルかつ低コストで実現!

Oracle Database Appliance

直近開催セミナーのお知らせ

2015年3月6日:「実機で体感、Oracle Database Applianceの実力(東京)」

オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」のさまざまなメリットや採用事例をご紹介した上で、ご検討にあたって気になるポイントを解説します。シンプルに高可用性データベースを構築・運用できるOracle Database Appliance を検討されているお客様はぜひご参加ください。


更新:2015年1月、次世代機「Oracle Database Appliance X5-2」を発表しました

更新:2014年9月、Oracle Database 12c に対応しました


2011年11月14日、データベース・アプライアンス「Oracle Database Appliance」の日本での提供を開始しました。
現在は、第四世代となる「Oracle Database Appliance X5-2」を提供しています。

Oracle Database Appliance とは?

Oracle Database Appliance は、Oracle Database Enterprise Edition / OS / サーバ / ストレージ / ネットワーク / クラスタウェア / 管理ソフトが統合されたデータベース・アプライアンス製品です。シンプルかつ低コストで高可用性&高性能なデータベース基盤を実現します。

Oracle Database Appliance の詳細は以下の資料をご覧ください。

特徴(1)「高可用性データベースに必要なハードウェアをコンパクト(6RU)に構成可能」

Oracle Database Appliance には、Oracle Real Application Clusters(RAC) をはじめとした、高可用性データベースを構築する際に必要なハードウェア(サーバ2台、共有ストレージ、共有ストレージ用ネットワーク、インターコネクト用ネットワーク等)をわずか6RUに構成することができます。

Oracle Database Appliance

特徴(2)「高可用性データベースがわずか2時間で構築可能」

Oracle Database Appliance には、Oracle Appliance Manager という管理ツールがプリインストールされています。Oracle Appliance Manager の構築ウィザードに従うと、ソフトウェア(Oracle Database、Oracle Grid Infrastructure、Oracle Enterprise Manager 等)やストレージ設定、(ベストプラクティスが盛り込まれた)データベース構築が完了します。
また、Oracle Database Appliance には、運用管理を効率化するための高度な障害検出・解析機能も備わっています。

Oracle Database Appliance

特徴(3)「スモールスタートに最適:必要なCPU能力に合わせてライセンスを拡張購入可能」

Oracle Database Appliance は、「Capacity-On-Demand(システム規模に応じた支払い)」というユニークなソフトウェア・ライセンス方式を採用しています。Oracle Database Enterprise Edition のライセンスを2コア~72コアまで拡張購入可能です。
スモールスタートしたいケースにも、Oracle Database Enterprise Edition が持つ高度な機能(パフォーマンス、運用管理、可用性等)を活用いただくことができます。

Oracle Database Appliance

Oracle Database Appliance:紹介動画

Oracle Database Appliance:顧客事例

顧客事例及びニュースリリースとして発表させていただいたお客様です(五十音順)。
※()内は担当パートナー様です

Customer Voice

朋和産業:低コストにデータベース基盤を再構築。大幅なパフォーマンス改善と災害・障害対策を実現

「アプリケーションをほとんど変えることなく、短期間で性能を上げることが急務でした。Oracle Database Appliance はメモリもディスクも十分に搭載されており、必要なCPU分だけのライセンス費用を支払えばよい、極めてコストパフォーマンスが高い製品であると判断しました。Oracle Database Appliance は最大の目的である性能改善を短期間、かつ必要最小限の投資で実現するための最善の方法でした。」

Oracle Database Appliance:参考資料

Oracle Database Appliance について詳しく知りたい場合

Oracle Direct または、Oracle Database Appliance 販売パートナー("Oracle Database Appliance Japan"と検索)までお問い合わせください。

木曜日 12 27, 2012

Ksplice:Oracleの考えるOSのセキュリティ

意外に多いOSのセキュリティパッチ

Linux のセキュリティパッチは、1~2週間にひとつの割合でリリースをされています。サイバーアタックの90%は既知の脆弱性を狙ったもので、適用しなければ致命的な問題を引き起こす可能性もあります。

OS再起動が嫌がられる理由

OSのセキュリティパッチの適用には、OSの再起動が通常必須となります。OSの再起動は、非常にコストのかかる作業です。システム管理者のスケジュール調整、適用時のアプリケーションのシャットダウン、再起動後のOS、アプリケーションなどの稼動確認、etc。作業要員、時間の問題だけでなく、ソフトウェアの状態が失われ、再起動後に思わぬ問題が発生するケースなどもあります。

頻繁にリリースされるセキュリティパッチを毎回適用して再起動を行うのは現実的ではありませんが、適用しない事によるビジネスリスクも無視できません。このような状況に対してどのような対応が出来るでしょうか?

Oracle Linux の提供する Ksplice がこの問題を解決します。

Ksplice とは

  • オンラインでカーネルセキュリティパッチを適用します
  • パッチ適用後はOSの再起動無しでパッチの機能を有効にします
  • 運用中のアプリケーションには影響を与えません
  • インストール、運用は非常に簡単に行う事が可能です

Ksplice のメリット

  • カーネル適用作業による運用コストの削減
    / カーネルパッチ適用による作業人員、運用スケジュールが不要になります
  • サービスレベルの向上
    / セキュリティパッチをオンラインで即時適用出来るため、システムが堅牢になります
    / 再起動時のアプリケーションの停止が無くなるため、再起動によって引き起こされる可能性のある思わぬ問題を回避し、安定運用が提供出来るようになります
Ksplice

Ksplice の適用の流れ

前提条件

  • Premier Support の契約を頂いているお客様
  • インターネット接続可能であること

適用手順

  1. ULNアカウントを作成します
  2. ULNサイトから Ksplice Uptrack access key を入手します
  3. Ksplice.com にアカウントを作成します
  4. インストールスクリプトをダウンロード/インストールします

運用について
運用は簡単なコマンドでカーネルパッチの適用・削除がオンラインで可能です。
※参考資料:Oracle Ksplice for Oracle Linux

  • uptrack-upgrade 最新のカーネルパッチを適用
  • uptrack-show 適用済みのKspliceパッチを表示
  • uptrack-install 指定したKspliceパッチIDまで適用
  • uptrack-remove 指定したKspliceパッチIDまで削除

Ksplice のトライアル

RHEL5、RHEL6ユーザー向けに30日間の無償トライアル提供を提供しています。 是非、Ksplice を体験してみてください。
カーネルパッチ適用による運用の煩わしさから解放されてみませんか?

Oracle Linux について

  • 2006年提供開始、世界で10,000社以上の導入実績
  • 日本においても数百社を超える利用実績
  • Oracle Database, Fusion Middleware の開発部門が標準プラットフォームで活用
  • Oracle Engineered Systems の正式プラットフォーム
  • 大手ISV各社が Oracle Linux をサポート
    / Adobe, Autonomy, BMC, CA, CommVault, EMC, Informatica, Infor, Progress Software, Quest, SAP, Sungard, Symantec, Tibco… and more
    / Oracle Linux をサポートするアプリケーション数は対前年比150%伸張
  • ソフトウェア・フルスタックをシングルサポート。全世界145カ国でのサポート戦略
  • 低価格戦略

参考資料

水曜日 10 31, 2012

【環境構築キット】RACの可用性と拡張性を体験しよう! Oracle RAC 11g R2の新機能ハンズオン

本キットでは、Oracle DBA & Developer Days 2011 で実施されたハンズオン・セッションの環境をセットアップするために必要な仮想マシンイメージ及びファイルが提供されます。
Oracle RAC の機能を体験いただくためのハンズオン環境構築キットです。
Oracle Database / Oracle RAC のセットアップが完了している環境を手早く構築可能です。

ハンズオンの概要
本環境をセットアップすることで、以下のハンズオンを体験していただけます。
  • RACデータベースへの接続:SCAN接続、EMへの接続
  • サービスの基本操作(作成・開始・停止・削除)
  • ディスク・グループへディスク追加(ASMの動的リバランシング)
  • Oracle ASM Cluster File System(ACFS)の作成
  • RACデータベースの拡張と縮退(サーバー・プールの属性変更)
  • In-Memory Parallel Execution(IMPX)の実行
  • インスタンス・ケージングによるリソース制御
  • Transparent Application Failover(TAF)の動作確認
  • 高可用性IP(HAIP)の動作確認

詳細はこちら
http://www.oracle.com/technetwork/jp/server-storage/virtualbox/community/ddd-rac-handson-webpage-1413415-ja.html
About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Archives
« 3月 2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    
       
Today
Bookmarks
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
ランキング:技術コラム