X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF):Oracle Database 10g

資料の概要

  • 日付:2006/06/01

  • 種別:技術資料

企業のデータベース・システムへの依存度が高まるにつれ、サービスの中断によって起こる混乱はますます深刻になります。Oracle Database 10g には、エンド・ユーザーへの影響を最小限に抑えて、システム障害からアプリケーションをリカバリする様々な可用性機能が実装されています。中断を最小限に抑えるということは、リカバリ時間の短縮だけではなく、フェイルオーバー時にユーザーに混乱を与えないことも意味します。透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF)では、アプリケーションの状態を保持し、障害発生時に実行していた作業を再開し、ほとんどの障害をエンド・ユーザーから完全に見えないようにします。TAF は、それを活用するアプリケーションを開発するツールを提供するだけでなく、トランザクションに影響を与える障害など、すべての障害をエンド・ユーザーから見えなくするツールも提供します。

  • 概要
  • フェイルオーバーの概念
  • TAF 機能
  • TAF の構成
  • 透過的アプリケーション・フェイルオーバーの構成
  • 特別な考慮事項
  • Fast Application Notification
  • Fast Connection Failover
  • 結論

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://otndnld.oracle.co.jp/tech/oci/pdf/taf_10.2.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.