X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

SQL Developerの使い方~ダウンロード、インストール、DB接続、SQL実行

Oracle Database Appliance
クラウドサービス無料トライアル実施中!データベース/バックアップ/Java/BI/ドキュメント

 

SQL Developer

世界で150万人が活用している Oracle SQL Developer とは?

オラクルが提供している無償のデータベース開発ツールである Oracle SQL Developer(以下、SQL Developer)をご存じですか?

こんなあなたに最適なGUIツールです。

  • コマンドラインベースの SQL*Plus はちょっと...
  • グラフィカルにデータベースの中身を確認したい
  • SQL文を完全に覚えておらず、1本SQLを書くのにも苦労してます

 

日頃こうしたことを感じられている方には、SQL Developer が役立つこと間違いなしです。
GUIツールなので、データの参照や表の管理がとても簡単になります。
加えて、SQL文の入力補完機能など初心者の方にも優しい機能を備えています。
嬉しいことに、日本語完全対応です。


日本語完全対応!
日本語完全対応!

テーブルもツリー形式で一覧
テーブルもツリー形式で一覧

SQL文の入力補完機能
SQL文の入力補完機能

 

もちろん、SQL Developer は豊富な機能を備えているので、上級者の方にもご活用いただけます。

今回は、SQL Developer を初めて利用される方に向けて、「こんなに簡単で便利ですよ」ということをご理解いただくために、SQL Developer を導入し、データベースに接続、SQLを実行してデータを参照するまでをご紹介します。

世界で150万人が利用する SQL Developer をぜひお試しください!

本記事は、執筆時点(2010年10月)の最新バージョン Oracle SQL Developer 2.1.1 / Windows XP を前提にしています。

 

スクリプト付き!チュートリアル資料できました

こちらのチュートリアル資料で、SQL Developer の各機能をお試しできます。

 

目次

 
 

Step1. ダウンロード

SQL Developer は、Oracle Database 11g に同梱されていますが、最新バージョンが Oracle Technology Network に用意されていますので、ダウンロードしましょう。

なお、ダウンロードには Oracle.com のユーザー登録(無料)が必要です。

ダウンロード・ファイル(90~130MB)は、OSごとに用意されています。

JDK 同梱あり/なしが選択できます。どちらが適切か分からない場合は、JDK ありをダウンロードしてください。

SQL Developer がサポートするOS等のシステム要件は、以下から確認できます。

 

Step2. ファイルを解凍して起動する

まずは、ダウンロード・ファイルを解凍しましょう。

実は、SQL Developer にはインストーラーによる作業はなく、解凍するだけ完了です。

フォルダ内の「sqldeveloper.exe」をダブルクリックし、SQL Developer を起動します。

初回起動時に、「java.exe」のフルパス名の入力を求められる場合があります。

その際は、「java.exe」のフルパス名(例えば C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_06\bin\java.exe)を入力してください。

 

Step3. データベースに接続する

データベースを用意していない場合は、以下のチュートリアルを参考に、Oracle Database のインストールを行いましょう。

 


SQL Developer:データベースに接続する

SQL Developer からデータベースへ接続するには、「データベース接続」を作成します。

「データベース接続」は、接続ペイン内の「接続」を右クリックし、「新規接続」を選択し、必要な情報を入力します。

以下のマニュアル及びデモ動画を参考に、「データベース接続」を作成してみましょう。

「データベース接続」を作成したら、上記デモ動画を参考に、データベースに接続してデータを参照してみましょう。

 

Step4. SQLを実行する


SQL Developer:SQLを実行する

SQL Developer からSQLを実行するには、いくつかの方法があります。

ここでは、「SQLワークシート」からSQLを実行してみましょう。

上記で作成した「データベース接続」を右クリックし、「SQLワークシート」を選択すると表示されます。

先述したSQL文の入力補完機能も試すことができます。

デモ動画を参考に、様々な機能を活用してSQL文を作成し、実行してみましょう。

 

Next Step. さらに Oracle SQL Developer を使い倒そう!

SQL Developer には、まだまだたくさんの機能が用意されています。

  • オブジェクトの閲覧と作成 → 本記事で紹介
  • PL/SQLの編集とデバッグ
  • SQL Worksheet(コマンドとスクリプト) → 本記事で紹介
  • SQL実行計画の表示
  • 異種データベースからの移行(マイグレーション)
  • PL/SQL Unit Test
  • SQL Developer Data Modeler Viewer ...etc

こちらのチュートリアル資料で、SQL Developer の各機能をお試しできます。

 

参考資料

 

Oracle Database Appliance
クラウドサービス無料トライアル実施中!データベース/バックアップ/Java/BI/ドキュメント

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha
Oracle

Integrated Cloud Applications & Platform Services