X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【速報】Oracle VM 3.0発表:ポリシーベースの管理機能、ストレージとの連携強化、パフォーマンス・拡張性の向上etc

更新:2011/08/25

Oracle VM 3.0 のダウンロードが可能になりました。

また、Oracle VM 3.0 Launch Webcast の動画が公開されています。



昨日、Oracle VM 3.0 が発表されました。

ポリシーベースの管理機能やストレージとの連携強化、パフォーマンス・拡張性の向上等の大幅な機能拡張が行われています。

Oracle VM 3.0 の特徴は以下の通りです。

  • Policy-Based Resource Management:DRS / DPM ...
  • Fully Centralized Network and Storage Configuration and Management:Oracle VM Storage Connect ...
  • Improved Performance, Scalability, and Security:Xen 4.0 / Improved scalability / OVF ...
  • Improved Ease-of-Us:Oracle VM Manager ...
  • Extensive Task and Event Management
  • Physical and Virtual Status and Resource Information
  • The Certified and Supported Virtualization Environment for Oracle

詳細については、今後お知らせしていきます。

なお、直近では以下のイベントでお伝えする予定になっています。


参考資料:Oracle VM 3.0


参考資料:Oracle VM


参考資料






Customer Voice

サイバード:Oracle VMで構築したサービスインフラによりサーバーの集約とリードタイムを10分の1に短縮、運用コストの削減を実現

「信頼性、コスト、サポートの面で Oracle VM 以外の選択肢は考えられませんでした。Oracle VM の導入によって、リソースの柔軟な割当てや新規サービスの迅速な立ち上げが可能になり、運用の手間も減りました」







Customer Voice

京阪百貨店:顧客購買情報のさらなる活用を目指し、仮想化プラットフォーム上に情報基盤を構築

「通常はサーバーの準備だけで1カ月はかかりますが、わずか3日で環境を整えることができました。本番系システムと開発系システムの共存によるハードウェア・リソースの有効活用、およびハードウェアとソフトウェアを切り離し、ハードウェアの保守切れなどによるシステム改修のリスクを軽減することも可能です」


Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.