X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】Oracle TimesTen In-Memory Databaseの使用による最高のパフォーマンス

資料の概要

  • 日付:2009/07/01

  • 種別:技術資料

Oracle TimesTen In-Memory Database は、メモリが最適化されたリレーショナル・データベースであり、パフォーマンスを重視するシステムに非常に短い応答時間と高いスループットを提供します。アプリケーションに近接したアプリケーション層で実行されることになっており、オプションとしてアプリケーションに組み込まれて実行される場合もあります。Oracle TimesTen In-Memory Database は、レコードのデータベースとして、または Oracle Database のキャッシュとして使用できます。このホワイト・ペーパーでは、Oracle TimesTen In-Memory Database について説明するとともに、Oracle Database をキャッシュとして使用する方法の概要を紹介します。

  • はじめに
  • ミリ秒の問題
  • リアルタイム・アプリケーションの発展
  • Oracle TimesTen In-Memory Database
  • インメモリ・データベース(IMDB)テクノロジー
  • Oracle TimesTen の物理構造
  • データ・レプリケーション・テクノロジー
  • キャッシュ・テクノロジー
  • IMDB テクノロジーの詳細
  • 優れたパフォーマンス
  • リアルタイム機能
  • 結論
  • 参考資料

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/timesten/wp-timesten-tech-1-134559-ja.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.