X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【比較資料】Oracle Real Application Clusters 11g Release 2 - Microsoft SQL Server 2008との技術比較

資料の概要

  • 日付:2009/12/01

  • 種別:比較資料

クラスタ・データベース市場では競合する宣伝文句が飛び交っており、各ベンダーは自社アーキテクチャの利点を盛んに宣伝しています。顧客は、急速に進化する大量のベンチマークの結果や、相反するアナリストの批評記事、一様に肯定的な顧客の事例広告を取捨選択して、ミッション・クリティカルなソフトウェア・プラットフォームを選択する必要があります。

このホワイト・ペーパーでは、Microsoft SQL Server 2008 のアーキテクチャとなる Microsoft の次の4つのデータベース・テクノロジーを技術的に評価します。

  • フェデレーテッド・データベース

  • フェイルオーバー・クラスタリング(Microsoft Cluster Server で管理)

  • データベース・ミラーリング

  • ピア・ツー・ピア・レプリケーション

各テクノロジーをオラクルのクラスタ・アーキテクチャである Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)またはオラクルの各テクノロジーと比較します。Oracle RAC と関連テクノロジーは、オラクルの Maximum Availability Architecture(MAA)を形成し、データベースの障害保護を強化します。上記アーキテクチャはすべて、Microsoft SQL Server の旧バージョンにも存在します。そのため、Microsoft SQL Server 2008 の機能のほとんどは単なる改良版となっており、フェデレーテッド・データベース・サーバーについては、旧バージョンと比較して著しい改良点は見られません。

このホワイト・ペーパーで取り上げるすべての Microsoft ソリューションを、Oracle Database 11g Release 2 および Oracle Real Application Clusters 11g Release 2 と順を追って比較します。


資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/wp-oracle-msft-ss-2009-1-132961-ja.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.