X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Oracle RACと日立サーバ仮想化機構Virtageによるデータベース・サーバー統合のすすめ「Oracle RAC on Virtage」

今年6月に、日立製作所の BladeSymphony に搭載されているサーバ仮想化機構 Virtage(バタージュ)が、オラクル独自のクラスタリング技術である Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC) の稼働環境として認定されたことを発表しました。
詳細は、以下のニュースリリースをご覧ください。

Oracle RAC on Virtage のポイントは以下のページで分かりやすく解説されています。

http://www.hitachi.co.jp/products/bladesymphony/oracle_virtage/index.html

  1. 物理環境と同様の運用・信頼性を実現
  2. 仮想化を用いたプライベートクラウド環境を構築可能
  3. 処理に応じたLPAR割り当てでピーク時処理に力を発揮
  4. データベースやLPAR単位で設定変更が可能


参考資料

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.