X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】Oracle Databaseでのクライアント・フェイルオーバーのベスト・プラクティス:Oracle Database 10g Release 2

資料の概要

  • 日付:2007/01/01

  • 種別:技術資料

このホワイト・ペーパーでは、Oracle Maximum Availability Architecture (MAA) のベスト・プラクティスについて説明します。どのような停止が起きた場合でも、Oracle Real Application Clusters (RAC) および Oracle Data Guard を使用して、JDBCクライアント、OCIクライアント、およびOLE DBクライアントを自動的かつ迅速にフェイルオーバーすることを目的としています。また、クライアント・フェイルオーバーの停止マトリクス、タイミング、および構成のベスト・プラクティスについても説明します。さまざまな構成の設定におけるクライアント・フェイルオーバー時間を予測し、実用的な例を挙げてオラクルのクライアント・フェイルオーバー機能を現在の環境に組み込みます。

  • はじめに
  • クライアント・フェイルオーバーの概要
  • クライアント・フェイルオーバーのベスト・プラクティス
  • 結論

  • 参考資料

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://otndnld.oracle.co.jp/deploy/availability/pdf/MAA_WP_10gR2_ClientFailoverBestPractices.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.