X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【比較資料】Oracle Database 11gとMicrosoft SQL Server 2008の技術比較:高可用性に重点を置いた比較

Yusuke Yamamoto
Business Development, Database Cloud Services

資料の概要

  • 日付:2008/11/01

  • 種別:比較資料

企業データのデータベース・ソリューションを検討中の組織は、データベースの高可用性機能についても検討する必要があります。データは組織のもっとも重要なビジネス資産の1つです。データの可用性や保護が確保されていないと、ビジネスの停止時間やマイナス・イメージにより数百万ドルの損失が発生するおそれがあります。高可用性データ・インフラストラクチャの構築は、動きの速い今日の経済環境で成功を収めるためにあらゆる組織にとって不可欠といえます。

本書では、Oracle Database 11g Release 1 と Microsoft SQL Server 2008 のHA機能を詳細に比較し、その評価について説明します。本書の対象読者としては、ビジネスにこの2つのデータベースの採用を検討中であり、これらのデータベースのHA機能でどの程度データを保護し、ビジネスの継続性を維持できるかを把握したいと考えているITマネージャー、アーキテクト、および企業幹部を想定しています。


資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/cwp-ha-oracle11gr1-ss2008-128803-ja.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.