X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】Oracle Database 11g Release 2におけるパラレル実行の基盤

資料の概要

  • 日付:2009/11/01

  • 種別:技術資料

パラレル実行は、単一のデータベース操作の実行に複数のCPUおよびIOリソースを利用するための機能です。今日の主要なデータベース・ベンダーは並列処理機能を提供していますが、それらのベンダーが提供するアーキテクチャには決定的な相違点があります。ここでは、パラレル実行の基盤と、Oracle Database 11g のアーキテクチャに行われる拡張について説明します。また、パラレル実行の制御および監視方法や、Oracle Database 11g 以前のバージョンから移行する際のアップグレードの考慮事項について説明します。

  • 概要
  • はじめに
  • パラレル実行の利点
    / 最終的な目標:スケーラビリティ、シェアード・エブリシング - オラクルの利点
  • パラレル実行の概念
    / SQL文のパラレル処理、インメモリ・パラレル実行
  • パラレル実行 - DBAが知っておくべきこと
    / 並列度
  • パラレル実行のワークロード管理
  • 結論

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://www.oracle.com/technetwork/jp/content/twp-parallel-execution-fundamentals-1-132539-ja.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.