X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】Oracle Database 11g Release 2による高可用性の実現

Yusuke Yamamoto
Business Development, Database Cloud Services

資料の概要

  • 日付:2009/09/01

  • 種別:技術資料

このホワイト・ペーパーでは、アプリケーション停止時間の一般的な原因を調査し、Oracle Database テクノロジーを使用してコストのかかる停止の長期化を防ぎ、想定外の障害から迅速にリカバリして、計画停止時間の影響を最小限に抑える方法について説明します。また、Oracle Database 11g Release 2 で導入された新しいテクノロジーにも注目します。このテクノロジーによって、企業は、さらに強力でフォルト・トレラントなITインフラストラクチャを構築し、高可用性インフラストラクチャの投資利益を最大にして、サービス品質を向上できます。

  • はじめに
  • オラクルの高可用性ビジョン
    / 従来の高可用性実現方法、オラクルの高可用性実現方法
  • 計画外停止時間からの保護
  • サーバー障害からの保護
    / Oracle Real Application Clusters
  • データ障害からの保護
    / 人為的エラーからの保護、データ破損からの保護、ストレージ障害からの保護、サイト障害からの保護
  • 計画停止時間からの保護
  • オンライン・システム再構成
  • オンライン・アップグレード
    / データセンターの移行
  • オンラインでのデータおよびアプリケーションの変更
  • Oracle Database 高可用性ソリューションの管理
  • Oracle Maximum Availability Architecture
  • オラクルの高可用性導入顧客
  • 結論

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://www.oracle.com/technetwork/jp/content/twp-databaseha-11gr2-134286-ja.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.