X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】Oracle Database 10g Release 2を使用したデータベース・パフォーマンス

資料の概要

  • 日付:2005/09/01

  • 種別:技術資料

Oracle Database は、世界中で多数の大規模情報システムをサポートしています。約30年にわたって、Oracle Database はパフォーマンスとスケーラビリティに関する業界標準を設定してきました。Oracle6 におけるマルチバージョン読込み一貫性に始まり、各リリースでデータベースのパフォーマンスとスケーラビリティを改善するために設計された革新的な機能を導入してきました。また、各リリースは、その時点で使用可能なすべての主要プラットフォームで基本的な変更を必要とせずに実行できました。このホワイト・ペーパーでは、パフォーマンスとスケーラビリティに直接関係する Oracle Database の特長について、Oracle Database 10g Release 2 の新機能とパフォーマンス改善点を中心に説明します。データベースのパフォーマンスに関する課題は3つのカテゴリ、すなわち、多数の同時ユーザーの管理、複雑化するトランザクションの処理、および巨大データベースのサポートに分類されます。これらの課題にはすべて、パフォーマンス診断とデータベース・チューニングに多くの時間と労力を使わずに対応することが必要です。優れたパフォーマンスであれば、可能な最低コストでの配布とメンテナンスも容易です。このホワイト・ペーパーでは、これらの課題に関し Oracle Database の対応を説明します。

  • 概要
  • パフォーマンスの管理性
  • 多数の同時ユーザーの管理
  • 複雑なトランザクションのサポート
  • 大量のデータの管理
  • Oracle Database 10g のパフォーマンス新機能のサマリー

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://otndnld.oracle.co.jp/products/database/oracle10g/performance/pdf/twp_databaseperformancewithoracle10gr2.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.