X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】スイッチオーバーとフェイルオーバーのベスト・プラクティス:Oracle Data Guard 10g Release 2

資料の概要

  • 日付:2007/01/01

  • 種別:技術資料

Oracle Data Guard は現在提供されている、企業データのデータ保護および障害時リカバリ・ソリューションの中で、最も効率的かつ包括的なソリューションの1つです。Oracle Database を保護し、最も重要な資産の1つである企業のオンライン情報を保護する機能を提供します。Data Guard のフェイルオーバーおよびスイッチオーバー操作により、ネットワーク停止や本番データベース障害などの計画外停止後、またはソフトウェアのアップグレードや他の定期メンテナンスなどの計画的停止後も、オンライン情報は使用可能です。Oracle Database 10g Release 2 では、Data Guard のファスト・スタート・フェイルオーバー機能が導入されました。そのため、従来のフェイルオーバーおよびスイッチオーバー機能が大きく改善されて、Data Guard のロール推移の実行に必要な時間が短縮されました。このホワイト・ペーパーでは、Oracle Database 10g Release 2 を使用した最速の Data Guard スイッチオーバーとフェイルオーバーを実現する、Maximum Availability Architecture (MAA) ベスト・プラクティスについて説明します。

  • 概要
  • 所見およびベスト・プラクティス
  • Data Guard ロールの推移
  • フェイルオーバー
  • 手動フェイルオーバーとファスト・スタート・フェイルオーバーのテスト結果
  • スイッチオーバー
  • スイッチオーバーのテスト結果
  • アプリケーションとクライアントのフェイルオーバー
  • まとめ
  • 参考資料

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://otndnld.oracle.co.jp/deploy/availability/pdf/MAA_WP_10gR2_SwitchoverFailoverBestPractices.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.