SQL*Loaderの使い方~CSV等を高速に取り込む

SQL*Loader とは?

SQL*Loader は、外部ファイル(CSV, Text等)のデータを Oracle Database の表に取り込むユーティリティで、Oracle Database に標準で付属しています。
Oracle Client をインストールしたクライアント端末からも使用できます。

SQL*Loader の使い方

1. 外部ファイル(CSV, Text等)を準備

※外部ファイルの例(ファイル名: C:\EMP.CSV)
"7839","KING","11/17/1981","5000","10"
"7698","BLAKE","05/01/1981","2850","30"
"7782","CLARK","06/09/1981","2450","10"
"7566","JONES","04/02/1981","2975","20"
"7788","SCOTT","12/09/1982","3000","20"

2. 制御ファイル(コントロール・ファイル)を作成

制御ファイル(コントロール・ファイル)にデータの場所、データの分析と解釈方法、データの挿入先などを指定します。

※制御ファイル(コントロール・ファイル)の例

LOAD DATA
INFILE 'C:\EMP.CSV'
INTO TABLE EMPLOYEES
APPEND
FIELDS TERMINATED BY ','
(EMP_ID,NAME,HIRE_DATE,SALARY,DEPT_ID)

3. SQL*Loader コマンドを実行する

※SQL*Loader コマンドの実行例

SQLLDR USERID=SCOTT/TIGER, CONTROL=SAMPLE.CTL

こちらの資料をご覧いただくと、SQL*Loader を含むデータローディングについて、概要を理解できます。


Oracle Enterprise Manager から SQL*Loader を実行する

Oracle Enterprise Manager を利用すると、ウィザード形式で SQL*Loader を実行することができます。

SQL*Loader 関連マニュアル


Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Archives
« 4月 2014
  
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today
Bookmarks
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
ランキング:技術コラム