Oracle Database Appliance 事例:富士通テン

富士通テンは、シンガポール、インドネシア、フィリピン、タイ、中国などASEAN地域拠点で利用するOracle E-Business Suiteのデータベース基盤としてOracle Database Applianceを採用。その理由を「短期間での導入が可能であること、最小限のライセンス費用でスモールスタートでき、同等構成の汎用サーバーと比べて低コストであること、そしてハードウェアとソフトウェアの構成一式をオラクルが動作保証していること」と説明する。実際に、Oracle Database Applianceによるデータベース基盤は最短で構築でき、海外事業のスピーディな展開にIT面から貢献している。
事例内容の詳細は以下をご覧ください。

富士通テン

参考資料:Oracle Database Appliance

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Archives
« 4月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  
       
Today
Bookmarks
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
ランキング:技術コラム