OracleでMviewは作るのも活用するのも簡単?~BI/DWHで試してみました(3)

Oracle Database では、BIツールのような上位のアプリケーションに手を加えることなく、性能課題を容易に解決する機能が実装されています。デモンストレーションを通じて、これらの機能を紹介していきます。

Mviewは作るのも活用するのも面倒?

作成すべきマテリアライズド・ビュー(Mview)はアドバイスしてもらう!自動的にそれを使ってもらう

デモンストレーション(08:13)の流れは、以下の通りです。

  1. BIでレポート画面を表示する
  2. Enterprise Manager の「SQLリアルタイム監視」機能で実行中の処理を確認する
  3. Enterprise Manager で「SQLアクセス・アドバイザ」を実行する
  4. 分析結果を表示し、推奨のマテリアライズド・ビューを確認し、作成する
  5. 「クエリー・リライト」を有効にする
  6. BIでレポート画面を表示する(Oracle Database は「クエリー・リライト」により、自動的にMviewを利用)
  7. Enterprise Manager で実行された処理の実行計画を確認する

このデモンストレーションは、Oracle GRID Center の環境を利用して実施しました。
各機能の詳細は、以下のセミナー資料をご覧ください。

参考資料

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Archives
« 4月 2014
  
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today
Bookmarks
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
ランキング:技術コラム