お悩み解決!データベースの仮想化統合(DBの仮想化統合には気をつけろ!)

物理サーバの統合を仮想化技術を使って実施したことで、
HW所有のコスト・スペース・電力量などが削減され、一定の効果が上がった。
しかし、物理マシンが仮想マシンに変わっただけで
実際の運用コストは変わらない、もしくは仮想なので余計に大変になったという話があります。
仮想化して効果があるケース、しないほうが良いケースもあるようです。

データベース・サーバの場合は、どうでしょう。
データベースも仮想化してしまってよいのでしょうか。

データベース・サーバの仮想化を検討する際に、注意したいポイントを
システムのライフサイクルごとに整理しました。

  • 設計段階、構築段階で注意しておくべきことは何か
  • 運用に入ってから、問題になることは無いか
  • いざという時に、困ることは無いのか

  • お悩み解決!データベースの仮想化統合(DBの仮想化統合には気をつけろ!)
  • Comments:

    Post a Comment:
    • HTML Syntax: NOT allowed
    About

    Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

    Search

    Archives
    « 9月 2015
      
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       
           
    Today
    Bookmarks
    Oracle Cloud Platform
    関連サイト
    ランキング:カテゴリ
    ランキング:技術資料
    Engineered Systems
    ランキング:技術コラム