中間ダンプファイルを利用しないネットワーク経由でのEXPORT/IMPORT

Oracle Data Pumpを利用して、データベース・リンク経由でリモートデータベースから直接ローカルデータベースにインポートできることはご存知でしょうか。
中間ファイルであるDMPファイルを作成する領域がない場合に、特にこの機能が便利です。

<利用方法>
  • データベースリンクの設定をしておく
  • 移行先のデータベース上でimpdpコマンドを実行
  • 接続するリモートデータベースを、NETWORK_LINKパラメータで指定(指定する値はデータベース・リンク名)
(実行例)
COMMAND > impdp scott/tiger tables=emp,dept directory=dpump_dir network_link=scott.jp.oracle.com

<注意点>
  • ネットワーク・リンク・インポートは、10g以降のみ行うことができます。
  • 以下のデータ型では利用できません
    • LONG/LONG RAW
    • オブジェクトデータ型
  • パフォーマンスは、ネットワークの帯域幅とターゲットシステムのCPU処理量に依存します
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Archives
« 4月 2014
  
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today
Bookmarks
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
ランキング:技術コラム