X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術資料】データベース常駐接続プーリング(DRCP):Oracle Database 11g

資料の概要

  • 日付:2007/01/01

  • 種別:技術資料

通常、Web層や中間層のアプリケーションには、RDBMSリソースを使用して順番に実行する多くの実行スレッドがあります。現在、マルチ・スレッド・アプリケーションは、データベース接続を効率的に共有できます。このため、中間層のスケーラビリティが向上します。アプリケーションの開発者、管理者、およびDBAは、Oracle Database 11g からこのようなスケーラビリティを実現できます。中間層システムにまたがるマルチプロセス・アプリケーションおよびマルチ・スレッド・アプリケーションの接続を共有し、データベース常駐接続プーリング(DRCP)機能を使用します。

  • はじめに
  • データベース常駐接続プーリング(DRCP)
  • データベース常駐接続プーリング(DRCP)の使用
  • DRCP のスケーラビリティ
  • まとめ

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/oracledrcp11g-132231-ja.pdf

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.