X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

DBサーバーサイジング 始めの一歩

これから Oracle Database を導入しようとしている方で、こんな問題を抱えていらっしゃいませんか?

  • CPUってどのくらい積めばいいの?

  • メモリは何メガくらい用意しとけばいいのかなあ?

  • データ量が多いんだけど現状のハードウェア構成で大丈夫かなあ?

新規にデータベース・システムを構築される際に、どのようなハードウェア・システム構成で構築するのか、頭を悩まされているシステム担当者は多いかと思います。

当コラムでは、Oracle Database のサイジングを行う際に必要な情報をご紹介します。

Oracleが無償でサイジング診断実施中!!


目次







資料でお読みになりたい方へ

当コラムの内容をカバーしていますので、ぜひご覧ください。





データベースのサイジングとは


サイジングとは?

  • システムを構築する際に、どのハードウェアを使用するのが適切なのかを検討すること

  • 同時使用ユーザ数などの情報を元に、過去のベンチマーク結果や実例などから得た結果を利用して必要なリソース(CPU、メモリ)を算出します


サイジングを適切に行わないと・・・

サイジングを適切に行わないと・・・

サイジングの3つの工程

サイジングの3つの工程


データベースのサイジングポイント


システム要件の確認

処理タイプについて

  • 対象となるデータベース・システムの「特性」を確認

  • データベース・システムには大きく分けて、OLTP系とDSS系の2種類のものがあります

OLTPとDSS系の特徴

OLTPとDSS系の特徴

同時アクセス数/トランザクション量

  • ピーク時を想定して同時アクセス数/トランザクション量を算出する

  • 将来のユーザー数増加、データ量増加を予測しておく


続きは、「【セミナー動画/資料】実践!! Oracle Databaseのサイジング」をご覧ください。

Oracleが無償でサイジング診断実施中!!

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.