月曜日 12 02, 2013

2013年12月10日(火):【名古屋】「レガシーマイグレーション成功の秘訣(AS400編)」

レガシーマイグレーション成功の秘訣(AS400編)

オープン化をご検討中の AS400 ユーザー様向けのセミナーです。
専任担当の方の頭の中に蓄積されている膨大な既存資産(アプリケーション関連図、データ関連図等)を明確に解析するツール、その結果を受けて最適なマイグレーションを実現するノウハウを分かりやすくお伝えします。
また、移行過渡期に必ず発生するデータ連携のツール「Oracle GoldenGate」や、初期投資を抑えてオープン化が実現できるハードウェアとソフトウェアが一体化した「Oracle Database Appliance」のメリットや採用事例をご紹介させて頂きます。
オープン化をご検討中の方は、この機会に是非ご参加下さい。

アジェンダ

  • DCR モダナイゼーション Solution のご紹介
  • 今後10年、DB基盤に必要となるレプリケーション技術とは
  • 快適なオープン環境へ。スモールスタート可能な Oracle Database Appliance のご紹介

開催概要

  • 日時:2013年12月10日(火) 13:30~17:00(受付時間:13:00~)
  • 場所:日本オラクル株式会社 中部支社
  • 主催:日本オラクル株式会社
  • 共催:株式会社第一コンピュータリソース
  • 参加費:無料

お申し込み・詳細はこちら

Oracle Database Appliance について

Oracle Database Appliance

Oracle Database Appliance 事例:山口情報処理サービスセンター

日本オラクル株式会社と株式会社アシストは、オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システムの最新版「Oracle Database Appliance X3-2」が、株式会社山口情報処理サービスセンターに採用され、このたび稼働開始したことを発表します。
発表内容の詳細は以下をご覧ください。

参考資料

参考資料:Oracle Database Appliance

中間ダンプファイルを利用しないネットワーク経由でのEXPORT/IMPORT

Oracle Data Pumpを利用して、データベース・リンク経由でリモートデータベースから直接ローカルデータベースにインポートできることはご存知でしょうか。
中間ファイルであるDMPファイルを作成する領域がない場合に、特にこの機能が便利です。

<利用方法>
  • データベースリンクの設定をしておく
  • 移行先のデータベース上でimpdpコマンドを実行
  • 接続するリモートデータベースを、NETWORK_LINKパラメータで指定(指定する値はデータベース・リンク名)
(実行例)
COMMAND > impdp scott/tiger tables=emp,dept directory=dpump_dir network_link=scott.jp.oracle.com

<注意点>
  • ネットワーク・リンク・インポートは、10g以降のみ行うことができます。
  • 以下のデータ型では利用できません
    • LONG/LONG RAW
    • オブジェクトデータ型
  • パフォーマンスは、ネットワークの帯域幅とターゲットシステムのCPU処理量に依存します
About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Archives
« 12月 2013 »
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    
       
Today
Bookmarks
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
ランキング:技術コラム