X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Standard Edition High Availabilityを提供開始

※本ページは、"Standard Edition High Availability Released - See What's New"の翻訳です


先日のブログ投稿「Announcing: Standard Edition High Availability(SE向け高可用性ソリューションの提供予定)」で、この新機能に大きな関心を寄せていただき、ありがとうございました。

今回、Linux、Microsoft Windows、およびSolarisのOracle Database 19c Release Update(RU) 19.7でのStandard Edition High Availability(SEHA)の一般提供を発表できることを大変嬉しく思います。追加のオペレーティングシステムは、今年後半にサポートされる予定です。

What's New

「Oracle Database 19c New Features Guide」に記載されているように、SEHAは、Oracle Clusterwareを使用して、シングルインスタンスのOracle Database Standard Editionにクラスタベースのフェイルオーバーを提供します。Oracle Clusterware、Oracle自動ストレージ管理(Oracle ASM)、Oracle ASMクラスタファイルシステム(Oracle ACFS)など、これまで提供されてきたOracle Grid Infrastructureの一部であるクラスタ機能とストレージソリューションを活用しています。

SEHAは、Oracle Grid Infrastructure 19c Release Update 19.7以降、Oracle Grid Infrastructureと完全に統合されています。したがって、「Requirements for Installing Standard Edition High Availability」に記載されているように、SEHAデータベースシステムの前提条件は、Oracle Grid Infrastructureベースのデータベースシステムと同様です。

SEHAは、Real Application Clusters(RAC)対応ではありません。Oracle RAC One NodeはRAC対応データベースであり、データベースが実行されるOracle Database HomeでRACオプションを有効にする必要があります。これは、SEHAデータベースには当てはまりません。どちらのソリューションもOracle Databaseにクラスタベースのフェイルオーバーを提供しますが、RAC One Nodeは追加の高可用性機能をサポートしており、SEHAにはない、計画メンテナンス関連のダウンタイムを削減できる機能を提供しています。SEHA、Oracle Restart、Oracle RACおよびOracle RAC One Nodeの比較の詳細については、「High Availability Options Overview for Oracle Databases using Oracle Clusterware」を参照してください。

SEHAでは、このドキュメントで説明されている「10日間のフェイルオーバールール」に基づいてライセンスを利用できます。このルールには、ライセンスされたプログラム(ここではOracle Database Standard Edition)を、ライセンスされていない待機コンピューターで、特定の暦年に合計で最大10日間実行する権利が含まれています。この権利は、コンピュータがクラスタに配置され、1つのディスクアレイを共有する場合にのみ適用されます。これは、SEHAが該当します。さらに、SEHAは、Standard Edition 2(SE2) シングルインスタンス・データベースに一般的に適用される、全てのライセンスルールが適用されます。SEHAは、クラスター毎のソケット制限の対象ではありませんが、サーバー毎のソケット制限に従う必要があることに注意してください。

SEHAは、新しくインストールするか、既存のシングルインスタンス・データベースを使用して構成できます。シングルインスタンスまたは19cより前のOracle RAC Standard Edition 2データベースからの直接のアップグレードパスはありません。データベースはアップグレードできますが、SEHAを構成するには、「Managing Standard Edition High Availability with Oracle Databases」 セクションで説明されている追加手順が必要です。My Oracle Support Note 2504078.1で説明されているように、Oracle Database 19cにアップグレードする前に、Standard Edition 2のOracle RACデータベースをシングルインスタンスのStandard Editionデータベースに変換する必要があります。

SEHAは、Oracle Clusterwareを使用してStandard EditionのOracle Databaseに完全に統合されたクラスタベースのフェイルオーバーを提供します。SEHAにより、SE2のお客様は、ASMやACFSなど、すでにOracle Grid Infrastructureの一部となっている無償の高可用性機能とストレージ管理ソリューションをさらに活用いただけるようになります。

こちらからスタートしてください。「Deploying Standard Edition High Availability」

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.