X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

MySQL Cloud Service - インスタンス作成

Oracle MySQL Cloud Service
- メリットとインスタンス作成手順

Oracle Cloud では、MySQL DatabaseをPaaS提供しています。このOracle MySQL Cloud Serviceのメリットは、

  • MySQL Enterprise Editionの機能が利用可能
  • 管理ツールが付属
  • エキスパートによる MySQL サポートが受けられる

という点があります。

ここでは、ユーザー・インターフェースを使用してOracleのMySQLクラウドサービスのインスタンスを作成方法をご紹介します。 PaaSならではの、短時間に簡単に環境が構築できるのもメリットです。


(※サービスインスタンスを作成するときには、公開鍵が必要です。SSHユーティリティを使用してアクセスするときには、ペアの秘密鍵を必要とします。)

 

1. Oracle Cloudにログインします。アイデンティティのドメイン、ユーザー名と パスワードを入力ください。

2. サービスコンソールを開きます。

3. クリックしてサービスを作成します。

4. 以下の情報を入力または選択し、次へ

  • Service Name: TestDB
  • Description: (オプション)
  • Metering Frequency:HOURLY

5. 以下の情報を入力または選択して、次へをクリック

  • コンピュート・シェイプ: OC3-1.0 OCPU、7.5GB RAM
  • SSH公開鍵(前のセクションで生成した公開鍵を入力)
  • 使用可能なデータベース記憶域(GB): 25
  • 管理ユーザー名: root
  • パスワード
  • Confirmパスワード
  • データベース・スキーマ名: mydatabase
  • サーバの文字セット:utf8mb4 - UTF-8 Unicode
  • MySQL Enterprise Monitorの構成: いいえ
  • バックアップの保存先: なし

6. インスタンスの詳細を確認し、作成します。サービスインスタンスの作成には、数分かかります。
Oracle MySQL Cloud Serviceのコンソールに戻ると、新しいデータベース・インスタンスが一覧表示されます。

7. データベースの名前をクリックします。

8. パブリックIPの値を書き留めておいてください。

Oracle Cloudには、トライアル環境があります。
30日間有効な$300分のクレジット(Oracle Cloud利用枠)を無償提供されます。

こちらから、ご体験ください。

無償トライアル:Oracle Database / Java / Compute Cloud Serviceを試してみよう

 

続きのチュートリアルは、こちらから

https://docs.oracle.com/cd/E60665_01/mysql-cloud/mysql-cloud-tutorials.html

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha