木曜日 6 16, 2016

Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS):日本語マニュアルはこちら

Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS) のマニュアルはこちらからご覧ください。

月曜日 6 13, 2016

Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS)事例:萩原電気

日本オラクル株式会社は、エレクトロニクス製品及びITソリューションを提供する萩原電気株式会社が、工場の生産のカイゼンを助けるIoTソリューション及びサービスに、オラクルのPlatform as a Service (PaaS)である「Oracle Cloud Platform」製品群のひとつで、データベース環境をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」を2016年2月に採用したことを発表します。
発表内容の詳細は以下をご覧ください。

参考資料

参考資料:Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS)

木曜日 6 09, 2016

Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS)事例:アイデム

日本オラクル株式会社は、求人広告や求人情報など総合人材情報サービスを提供する株式会社アイデムが、迅速なアプリケーション開発を目的に、オラクルのPlatform as a Service (PaaS)である「Oracle Cloud Platform」製品群のひとつで、データベース環境をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」を2015年11月に採用したことを発表します。
発表内容の詳細は以下をご覧ください。

参考資料

参考資料:Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS)

水曜日 6 08, 2016

Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS)事例:テンプホールディングス

日本オラクル株式会社は、総合人材サービス企業のテンプホールディングス株式会社が、「Oracle Database Cloud Exadata Service」をはじめとするオラクルのPaaS「Oracle Cloud Platform」製品群を、開発・検証から災害対策、機械学習などの幅広い用途で導入したことを発表します。
発表内容の詳細は以下をご覧ください。

参考資料

参考資料:Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS)

水曜日 6 01, 2016

Apex.Oracle.Com:今すぐ使えるクラウド上の開発環境

[Read More]

Oracle Compute Cloud Service:サービス・アップデート(2016年5月)

以下はサマリーです。詳細はドキュメントをご覧ください。

2016年5月

Windows Server 2008 R2 イメージの提供

従来の Windows Server 2012 R2 に加えて、2008 R2 の提供を開始しました。

インスタンス作成ウィザードのアップデート

Oracle標準イメージとプライベート・イメージがタブで分離され、インスタンス作成ウィザードがシンプルになりました。

インスタンス作成ウィザードのアップデート

インスタンス起動ログが確認可能に

Web UIから、インスタンスの起動ログが確認できるようになりました。

インスタンス起動ログが確認可能に


Oracle Cloud Platform(PaaS/IaaS):お客様活用事例

Oracle Cloud Platform

オラクルが提供するパブリック・クラウド・サービスを活用したお客様の事例をご紹介します。

開発・検証の効率化

開発・検証の効率化(データベース・アップグレード)

開発・検証の効率化(Exadata をパブリック・クラウドで活用)

新規システムの迅速な展開

新規システムの迅速な展開(Internet of Things)

ミッションクリティカルシステムにおけるクラウド活用

BI Cloud Service(分析クラウド)

Documents Cloud Service(ファイル共有クラウド)|事例集

Integration Cloud Service(システム連携クラウド)

Management Cloud Service(システム管理クラウド)

Mobile Cloud Service(モバイル開発クラウド)

【記事紹介】Oracle Database Cloud Service上で機械学習環境を構築してみた

【記事紹介】Oracle Database Cloud 各種ログのメンテナンス

火曜日 5 31, 2016

オラクルのデータベース・セキュリティ全体像:DB基本機能~情報漏洩・不正アクセス防止etc

オラクルのデータベース・セキュリティ全体像


1. データベースセキュリティ対策の重要性について

昨今の高度化・複雑化する中、多層防御の考え方はますます重要となり、その中でのデータ層におけるセキュリティ対策の重要性はますます増しております。2015年末に公開された「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」においても、「物理層、ネットワーク層からデータ層までの多層防御」の導入と、「重要データ(データベース、ファイル)への高度な暗号化、アクセス制御、アクセスログの収集」を行う事が記載されております。


2. オラクルのセキュリティソリューション全体像

Oracle Database では、豊富なセキュリティ機能を実装しています。


3. コンプライアンス対応

個人情報保護やマイナンバーの安全管理措置、PCIDSSなどのコンプライアンス要件においてもデータベースセキュリティの対応が求められています。

マイナンバー安全管理措置におけるデータベースセキュリティ対応について

PCIDSS


4. データの暗号化・伏字化:Oracle Advanced Security

Oracle Advanced Security は、Transparent Data Encryption により本番データ、及びバックアップ上のデータの暗号化によるデータ保護を提供します。なお、Oracle Database では、基本機能としてもデータベース暗号化の機能を実装しています。

また、ユーザーの権限に応じてデータを伏せ字化する Data Redaction により、本来は見る必要のないユーザーが機密情報にアクセスしてしまうことを防ぐ事が出来ます。


5. データベース管理者の職務分掌と厳格なアクセス制御:Oracle Database Vault

Oracle Database Vault は、データベースの運用・管理をデータベース管理者に集中させるのではなく、データの利用者、データベース管理者、セキュリティ管理者のそれぞれの業務に応じて職務分掌を実現し、高度なアクセス制御を実現することができる唯一のソリューションです。これにより、データベース管理者の業務データアクセスを制御し、特定のデータベース設定やパスワードの変更、業務データの閲覧などを制限する事ができます。


6. ログ取得と監査:Oracle Audit Vault and Database Firewall

Oracle Audit Vault and Database Firewall は、Oracle Database や他社DBなどの企業内のデータベース・サーバーが出力する全ての監査ログやLinuxやSolarisのOSログや Active Directory などのLDAPのログを漏れなく収集、改ざんされることのない強固なセキュリティ環境に一元的に保全し、アラート通知や監査レポートなどタイムリーにデータ分析を可能にする統合監査ソリューションです。なお、Oracle Database では、基本機能としても豊富な監査機能を実装しています。


7. テストデータのマスキング:Oracle Data Masking and Subsetting

Oracle Data Masking and Subsetting は、個人情報や機密情報など、データベース内のセンシティブなデータに対して容易に、かつ多様なマスキングを可能にします。


8. 機密情報の検出とコンプライアンス管理

セキュリティ対策においては、人依存の運用による誤操作や不十分なセキュリティ対策による情報漏洩からの保護も重要です。Oracle Enteprise Manager を利用する事で、運用の自動化による人的ミスの最小化とリスクの早期発見を実現します。

About

Oracleエンジニアの方がスキルアップしていただくために、厳選した情報をお届けしています

Search

Categories
Archives
« 6月 2016
   
2
3
4
5
6
7
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  
       
Today
Bookmarks
Oracle Cloud Platform
関連サイト
ランキング:カテゴリ
ランキング:技術資料
Engineered Systems
ランキング:技術コラム