X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Amazon RDSがOracleに対応!費用についてと皆さんのレポート

既に話題になっていますが、5月25日にPaaS型RDBサービス「Amazon RDS」で、Oracle Database が対応したと発表されました。


費用について


気になる費用については、以下を参考にしてください。

ライセンス持ち込みの場合には、オラクルが従来より Amazon EC2 向けに用意しているライセンス・ポリシーが適用されるようです。


なお、今回ライセンス時間課金で用意されている Oracle Database Standard Edition One は、通常ライセンスの場合、98,000円から利用できます

皆さんのご利用状況を考え、適切な形態をご検討ください。


レポート続々!

既に試された方がいらっしゃいます。

ぜひ、皆さんも試していただき、レポートしてみてください。


参考資料

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.