X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術記事】データベースのパフォーマンス問題の傾向とチューニング - 現場SEのためのOracle活用術

資料の概要

  • 日付:2009/10/08

  • 種別:技術記事

第2回のテーマは、「データベースのパフォーマンス・チューニング」です。データベースに限らず、システム全般的に、長きに渡り管理者・設計者を悩ませてきた課題です。

ただ、パフォーマンス・チューニングというテーマは、既に数多くの書籍や記事等があると思います。本連載の趣旨は、"これまで十分にお伝えできていなかった「Oracle Database 10g」や「Oracle Database 11g」が持つ、優れた機能を現場で生かす"ですので、パフォーマンス・チューニングというテーマでも、こうした点に重点を置いた内容にしました。

  • データベースのパフォーマンス問題
  • 100件の事例から見た最近のパフォーマンス問題の傾向
  • ディスクI/Oのチューニングにはソフトウエアの力を活用
  • ディスクの動的追加とデータの自動再配置が可能に
  • 基本だが重要なチューニング項目〜メモリ・チューニング
  • 高いレベルの課題に対応していくには

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://thinkit.co.jp/article/1044/1

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.