X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

【技術記事】データベースの障害対策を考える - 現場SEのためのOracle活用術

資料の概要

  • 日付:2009/10/15

  • 種別:技術記事

第3回のテーマは、「データベースの障害対策」です。データベースはシステムの要であり、基幹システムにおいてはバックアップ機を設置するなどの障害対策を、企業規模を問わず、かなりの割合で行っています(JUAS調べでは7割超がバックアップ機を設置:http://www.juas.or.jp/project/survey/it09/)。

しかし、実際に障害が発生した際に、想定していた方法では対処できなかった、という話をよく耳にします。というわけで、あらためて、どんな障害が想定されるのかをおさらいしたうえで、最新の解決方法を交えて解説します。

  • 起こりうる障害の種類を把握する
  • 大きくは、計画停止と計画外停止の2つに大別
  • データベース・サーバーの冗長化で可用性を高める
  • フラッシュバックで人為的エラーに対処
  • ツールを活用して障害を監視・分析する
  • Oracle Coherence で障害の影響を回避したユーザー事例も

資料のダウンロード


こちらより、資料をご覧いただけます

http://thinkit.co.jp/article/1050/1

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.