X

Oracle PartnerNetwork News Japanブログは、オラクルの日本パートナー様向けに情報を発信しています。

Partner Showcase

アズワン、オラクルの自律型データベースを活用し、リアルタイムな在庫データ提供基盤を強化

科学機器や産業機器、病院・介護用品を提供する理化学機器の総合商社であるアズワン株式会社が、販売店からの在庫情報確認システムにオラクルの自律型データベース「Oracle Autonomous Transaction...

科学機器や産業機器、病院・介護用品を提供する理化学機器の総合商社であるアズワン株式会社が、販売店からの在庫情報確認システムにオラクルの自律型データベース「Oracle Autonomous Transaction Processing」を導入。 カタログや同社のウェブショップ「AXEL」を通じて400万点超の商品情報を提供し、ユーザーと販売店、メーカーを結ぶデリバリー体制により商品を販売する同社。その内30万点以上の在庫データを、「Oracle Exadata」と「Oracle Autonomous Transaction Processing」の連携により運用管理し、販売店からの在庫データ確認が24時間可能に。 東京リージョンの「Oracle Autonomous Transaction Processing」に移行し、自律化機能によりチューニング、パッチング、モニタリングなどの運用管理の負担を50%軽減しながら、アップタイムの向上によりエンドユーザーの利用体験向上を実現。 また、「Oracle Application...

アフィリエイトサービス「A8.net」を支えるインフラのデータ処理のボトルネックを解消

日本最大級のアフィリエイトサービス「A8.net」を運営するアドネットワーク企業の株式会社ファンコミュニケーションズ。 同社のサービスを支えるシステムは約300台のサーバーが無停止で連続稼働するマルチクラウド型システムへと進化を遂げている。だが、クラウド環境に移行したことで、データ処理時間の遅延が発生。原因はデータベース...

日本最大級のアフィリエイトサービス「A8.net」を運営するアドネットワーク企業の株式会社ファンコミュニケーションズ。 同社のサービスを支えるシステムは約300台のサーバーが無停止で連続稼働するマルチクラウド型システムへと進化を遂げている。だが、クラウド環境に移行したことで、データ処理時間の遅延が発生。原因はデータベース・インスタンス内の最大帯域幅に起因していた。この状況を打開すべく、同社が採用を決断したのが「Oracle Autonomous Database Cloud」だった。   日本オラクル:資料ダウンロード https://go.oracle.com/LP=87047

販売管理データの分析基盤の性能を向上させ、営業拠点でのレポート作成をスムーズに

全国の美容院やサロンを対象としたディーラーであり、美容院の経営コンサルティングも務める株式会社ダリア(以下、ダリア)。同社では全国グループ6社約40拠点の担当から、販売データのレポートが日/月/三半期/年度の指定や担当者別/顧客別はもちろんのこと、目的に沿った細やかな販売分析が必須だったが、アプリケーションの処理時間が遅...

全国の美容院やサロンを対象としたディーラーであり、美容院の経営コンサルティングも務める株式会社ダリア(以下、ダリア)。同社では全国グループ6社約40拠点の担当から、販売データのレポートが日/月/三半期/年度の指定や担当者別/顧客別はもちろんのこと、目的に沿った細やかな販売分析が必須だったが、アプリケーションの処理時間が遅く、現場の不満がたまっていた。しかしデータは日々増えていく一方であり、分析するデータ規模は拡大し続けていたため、業務システムのレスポンスは遅い上にデータ規模が増えているためにクラウドの利用料も高騰していくばかり……。既存の他社クラウド上に構築されていたシステムでは限界があった。この状況を打開すべく、株式会社ピー・ビーシステムズが提案し導入に至ったのが「Oracle Autonomous Database Cloud」だった。   日本オラクル:資料ダウンロード https://go.oracle.com/LP=87649

過疎地域の活性化を目指すISOU PROJECT、地域通貨の流通基盤としてオラクルのブロックチェーンを採用

日本オラクルがメンバーとして参加する過疎地域の次世代交通・エネルギー問題に取り組むISOU PROJECTにおける地域通貨の流通および管理プラットフォーム基盤として「Oracle Blockchain Platform」が採用され、8月に行われる実証実験へ参加することを発表。   ISOU...

日本オラクルがメンバーとして参加する過疎地域の次世代交通・エネルギー問題に取り組むISOU PROJECTにおける地域通貨の流通および管理プラットフォーム基盤として「Oracle Blockchain Platform」が採用され、8月に行われる実証実験へ参加することを発表。   ISOU PROJECT推進協議会について: ISOU PROJECT推進協議会は、株式会社INDETAIL、TIS株式会社の2社が事務局を運営し、日本オラクルをはじめとする8社の賛同企業が参画しています。さらに推進協議会メンバー&推進チームは「地域通貨プラットフォーム」、「エネルギーマネジメントプラットフォーム」、「MaaS・EVプラットフォーム」、「PoCサービス仕様検討チーム」に分かれています。日本オラクルは株式会社INDETAILと共に、地域通貨プラットフォームにおいてプロジェクトに貢献しています。   日本オラクル:プレスリリース https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20190723.html