木曜日 5 29, 2008

OpenSolaris 2008.05リリース記念セミナー, その2

この前の記事の続きです。ようやく写真が全部アップロードできました。なお、すでに知ってるよ〜という方も多いかと思いますが当日の資料はOpenSolarisの日本語ポータルよりダウンロードできますのでご興味のある方はそちらから資料をゲットしてみてください。
_DSC7127
Solaris on Eee PCからSecondLifeを起動するというデモンストレーション。どうさ速度はけっこうキビシい感じ・・・。
_DSC7130
SecondLifeで会話を試みるあかぴん先生
_DSC7138
続いて佐藤さんによるSolaris 10かNevadaかどっちを使うか!?というお話。
_DSC7141
最後はQ&Aタイム。なんと、沖縄など遠くからこのためにお越しいただいた方も!
_DSC7146
片付けも終わり、打ち上げ会場へ。
_DSC7147
打ち上げ会場。
_DSC7155
カンパーイ!カメラ談義で盛り上がったり、パッケージ管理についての熱い議論があったり、傍観しているだけでもそうとう楽しい打ち上げでした。

月曜日 5 26, 2008

OpenSolaris 2008.05リリース記念セミナー

先週の金曜日はOpenSolaris 2008.05 リリース記念セミナーに参加してきました。写真がまだflickrにあがりきっていないようですが、どうやら家でアップロードのバッチ処理がこけているようです・・。うむ・・。
_DSC7074
さて、今回は神宮前のオフィスでの開催でした。実は神宮前オフィスへ行くのは今回がはじめて。それほど道は複雑ではないとはいえ、やや歩くのですごく迷子になりやすい自分としては行くだけでまずドキドキです (\^\^ゞ
_DSC7065
実はセミナーの前に今回このセミナーだけのために来日されたSunのチーフオープンソースオフィサーSimon Phippsさんと社内メンバーと意見交換をしたりしました。
_DSC7067
せっせと会場の準備。三つ部屋がつながるので結構広いですね。
_DSC7075
たくさんの方にご来場いただきました。
_DSC7076
大曽根さんの格好がぱっと見遠くからでは誰だかわかりませんでした・・・。
_DSC7080
OpenSolarisのセミナーではビールが出て、乾杯から始まり、なごやかなムードで進められます。いつものOpenSolarisセミナーでは一人のスピーカーが2時間程度はなす、という流れですが今回はSunからは特別ゲストのSimonさんをはじめ、大曽根さん、長谷川さん、OpenNSUG/OpenSolaris User Groupからは太田さん、佐藤さんと豪華スピーカー陣でした。
_DSC7091
最初はSimonさんから。オープンソースについて一番良く聞かれること。「オープンソースでどうやって儲けているのか?」についてお話をいただきました。
_DSC7098
ホワイトボードを使って従来のビジネスモデルと、オープンソースを使った場合のビジネスモデルの違いを説明していただきました。おそらくこの辺りはSDC等で詳しくレポートが出てくると思いますので、省略しておきます。
_DSC7110
次は大曽根さん。帽子の横かぶりがまたいい感じです。
_DSC7113
続いて長谷川さん。
_DSC7125
OpenSolarisをEee PCで使う!に続きます。写真のアップロード・プログラムがこけているので続きはまた後ほど・・。

木曜日 8 30, 2007

会津ITサマーフォーラム資料 Java Web Start版

遅くなってしまいましたが先週の会津ITサマーフォーラムの資料、Java Web Start版が出来上がりました。毎度ながらオレオレ証明書で署名していますので信頼できない方は実行しないでください。
なお、今回は文字コードがShift-JIS版のみとさせていただいておりますのでそれ以外のエンコーディング環境でお使いの場合にはお手数ですが文字コードの変換等の処理を行ってください。さて、今回のプレゼンテーション資料は6/27のJavaナイトセミナーで作ったものの改良版ではなく、基本的にはほとんどスクラッチから書き直しました。

改良点1: レイアウトを改良

6/27版は急いで作ったこともありレイアウトはほとんど固定でした。レイアウトが固定でもある程度プレゼン資料を作ることはできるのですが、場合によっては読みにくいページが出来上がってしまいました。今回の改良点は主にこのポイントを改善したところにあります。
comparison
6/27版ではレイアウトは1レベルのみの箇条書きに固定されていて、画像を貼付ける場合は必ずその最下段に固定されていました。一方今回のバージョンでは2レベルまでの箇条書きに対応し(3レベル以上も簡単に拡張できる)、画像も任意の段に挿入することができるようになりました。

改良点2: キーボードイベントを使う

6/27版ではスライドをめくるのにはマウスのクリックイベントを利用していました。実は、6/27版の時もキーボードの左/右キーでスライドを前後に切り替えられるようにしたかったのですがなぜかうまくキーボードイベントが取得できないままでした。今回、ようやくその原因/対策がわかりキーボードでページめくりができるようになりました。気がつけば簡単なことだったんですが、結構時間がかかってしまいました。実は、Canvasを使っているときに
Canvas {
        focusable: true
        focused: true
//...
        onKeyDown: operation(e:KeyEvent) {
            if (e.keyStroke == RIGHT:KeyStroke) {
                ps.nextPage();
            } else if (e.keyStroke == LEFT:KeyStroke) {
                ps.prevPage();
            }
        }
}
のようにfocusableとfocusedを両方trueにしておかないとそのコンポーネントにフォーカスがあたらないので必然的にキーボードにベントもそのコンポーネントに通知されないということでした。わかってみれば単純な話でした・・・。

改良点3: ページ番号とプレゼン時間を表示

今回のプレゼンテーションではデモを3つも入れていたので時間内にきっちり終われるかどうかは途中のペース配分がとても大事でした。AppleのKeynoteなんかでは確かマルチモニタ設定で、プロジェクター側にプレゼンテーション、ノートPC側に時計と次のスライド。というような表示ができてペース配分にも配慮されているのですが、今回そこまで作り込むのは大変だったので、Ruby会議2007の時にたしかライトニングトークの際にRabbitというプレゼンテーションソフトを使ってプレゼンされていたのがとても印象深かったので、そのアイデアを拝借しました。
Rabbitでは画面下部にうさぎと亀が配置されていて、うさぎがページ番号、亀が時間を表していたと思います。どちらも画面左端から右端に向かって移動し、全ページが終わるとうさぎが右端に到達し、設定時刻になると亀が右端に到達するというシンプルかつ面白い仕組みです。これだと、うさぎが進みすぎていればテンポが早すぎ、亀が進みすぎていればおそ過ぎととても直感的です。今回JavaFXで実装するにあたり、デザインセンスのなさから単なるバーだけにしました。また、進み方向は上から下にしました。
pagenumber
この時間経過を表示する棒ですが、思いのほか実装は簡単で、単に線を一本引いて
    timeline = [0..height] dur 40 \* 60 \* 1000 linear;
というように高さ方向に指定時間(ここでは40分)で高さ方向に一番したまで進むように実装しています。
さて、これ以外にも実はJRubyのデモをするためにJavaFXからJRubyを呼び出すなどちょっと変なこともしていますが、だいぶプレゼンソフトとしては成長してきたと思います。またどこか別の機会で改良していくかもしれません (\^\^;;

火曜日 8 28, 2007

会津ITサマーフォーラム

先週は会津大学におじゃまして会津ITサマーフォーラムに参加させていただきました。今回は「オープンソースと最新Webテクノロジー」と題してお話しさせていただきました。スライドはSlideshareにおいておきました。

なお、今回のプレゼンテーションもJavaFXで書きましたので準備が整えばJava Web Start版とソースを公開したいと思います。
About

okazaki

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日