木曜日 6 05, 2008

カスタムBinding Componentを作って、Open ESBに載せてみる

Mash up Award 4thがはじまったそうですで書きましたが、Mash upをOpen ESBでやってみようと企んでいる訳ですが、利用可能なWebサービスはたくさんありますので、すべてがすべてスムーズにOpen ESB標準のBinding Component (接続のプロトコルを仲介してくれるコンポーネントのJBI - JSR 208 - 標準の呼び名です)では足りないかもしれません。そういった場合にもスムーズに連携できるようにカスタムのBinding Componentを作る練習をしておきましょう。
カスタムのBinding Componentを作る際に参考になるのがOpen ESBの開発者用ドキュメントDeveloping JBI Componentsです。サンプルとしてNetBeans用のプロジェクト(とはいってもantプロジェクトですが)、がありますのでそれをまず実行してみることにしましょう。まず、サンプルをダウンロードします。展開して入っているMyBindingがBinding Component、MyEngineがService Engineです。以下NetBeans 6.1をフル(GlassFish+OpenESBが入っている)で入っている前提で進めていきます。
NetBeans and Custom JBI Binding Component
プロジェクトMyBindingを開くと、jbiのライブラリが足らないなどなどとエラーが出ますのでまずパスの設定をします。build.propertiesのglassfish.homeを適切なパスに設定してやればokです。Macの場合は/Applications/NetBeans/glassfish-v2ur2とかですね。できたらGlassFishをNetBeansの「サービス」のタブから起動して、プロジェクトを実行してみましょう。プロジェクトを実行するとBCのコンパイル&パッケージングとGlassFishへのデプロイまでをやってくれるスクリプトになっています。
GlassFish and Custom JBI Binding Component
ご覧の通りMyComponentというのが入りました。もう少し進んだカスタマイズはまた今度。

Mash up Award 4thがはじまったそうです

ちょっと話題的には出遅れましたが、1年ぶりにMash up Award 4thが始まったようです。最優秀賞の賞金は100万円!マッシュアップ対象のAPIも今回はさらにパワーアップしています。期間は9月16日11時59分までですので、夏休みのチャレンジとして参加されてはいかがでしょうか。その他詳細は、Mash up Award 4th公式ページか、nabejunさんのブログをご参照ください。
R0017285.JPG
今回も個人的には参加したいのはやまやまですが、主催企業社員ですので参加できません (参照: 参加規約)。1回目と、2回目あたりは参加だけならokだったと思いますが、まあしょうがないですね。というわけで、今回もブログで個人的に細々とMash upアプリを作ろうと思います。最近の流れなら、JRubyとかJython、JavaScriptなどLL系の言語でパパっと作るのがイキなんでしょうけれど、今回はあえて焦点が当たりにくい、重量級の実装で望もうと思います(笑)。
R0017273.JPG
今回の個人的なテーマはOpen ESBでMash upです。ESBにつなげてしまえば、Mash upするのも簡単なはず!(でもその道のりは簡単じゃないかもね)という意気込みでがんばります。

日曜日 5 04, 2008

プロジェクトFuji、すごそうですよこれは。

mediacast.sun.comをうろうろしていたら、Project Fujiのスクリーンキャストを発見しました。まだざっとしか見てませんが、どうやらProject Fujiは結構クールな感じですね。
Project Fuji, Screencast demo scenario
デモのシナリオです。(1) CNNのRSSを、インスタントメッセージングの標準プロトコルXMPPを使って配信、(2) もう少し進んで、JRubyを使ってRSSをフィルタリング、(3) 配信先をXMPPだけではなくてファイルにもアーカイブとして配信。といったシンプルな内容です。
Project Fuji, IFL (Integration Flow Language)
これがIFL(Integration Flow Language)という記述言語でぱぱっとかけてしまうようです。JBIが出た当時(2005年)に、いろいろXMLを書きまくったあげくにようやく動いたのがこれか〜、とため息をついたのとは大違いです。ずいぶん簡単、シンプル。しかもスクリーンキャストを見る限りすでにこのIFLはNetBeansが構文サポートしているようです(左下のNavigatorペインや、右のエディタで構文ハイライトされています)。プロジェクト自体はMavenで管理されていて、Mavenからアプリケーションの構築から実行まで全部できるようです。ESBのようにやたらと依存関係が複雑になりそうなアプリケーションだとずいぶん楽になりそうですね。NetBeans 6.1のMavenサポートはよくできているそうですし、ちょっとしたことならMavenを意識すること無く開発ができるようになるのかも。

Open ESB v3とプロジェクトFuji、GlassFish ESB

_DSC4959-D
JavaOne 2008および、プレイベントであるCommunity Oneもまだ始まっていませんが、フライングしているのか、もともとスケジュール通りなのかよくわかりませんが(笑)、なんだかいろいろと情報が出てきています。Open ESBはそろそろv2がリリース間近だったので、JavaOne/CommunityOneではてっきりv2の正式リリースが大きな節目だろうとおもっていましたが、ここにきてv3のアナウンスです
さて、微妙にここでいくつか新出単語が出てきますので、キーワードまとめておきましょう。
  • Open ESB ... JBI (JSR 208)準拠のエンタープライズ・サービス・バス(ESB)の実装プロジェクト。
  • Project Fuji ... Open ESB v3のコアコンポーネント。OSGi/JBI(JSR 208)ベースのマイクロESBマイクロカーネル。Open ESBプロジェクトのサブプロジェクト。
  • GlassFish ESB ... GlassFish v3とOpen ESB v3 + Project Fujiを組み合わせたライトウエイトのESBプラットホーム。
うーん、ややこしい。とくにOpen ESBとGlassFish ESBというかたちで二つにたようなプロジェクトが出てくると、混乱しますねぇ・・・。Project FujiはGlassFish v3におけるHK2 (Hundred Kilobytes Kernel)みたいなものだと考えればいいでしょう。おそらく、JBI/ESBのコアとして必要な機能はFujiに集約され、バインディングコンポーネントやサービスエンジンといった周辺コンポーネントはOpen ESBプロジェクト下で開発/統合されるのでしょう。
_DSC5018-D
Open ESBページのアナウンスより。
With Open ESB v2 core runtime winding down in terms of functionality, Open ESB team is proud to announce to v3 effort. Version 3 of Open ESB leverages OSGi and JBI to come up with a powerful service oriented integration platform that's agile and modular platform. The core framework for Open ESB v3 is implemented at Project Fuji. Check it out at http://fuji.dev.java.net. Open ESB v3 will be supporting various application server containers, like GlassFish, JBoss, WebSphere, WebLogic, etc, but also runs standalone on Java SE. In the Java SE case, all you need is an OSGi container like Apache Felix. Open ESB v3 on GlassFish is offered as GlassFishESB (http://GlassFishESB.org) which offers powerful integration with GlassFish v3 technology leveraging its modular implementation.
また、Open ESB v3はGlassFish以外のアプリケーションにも組み込んで使えるようにするようで、JBossやWebSphere、Weblogicでも動作し、さらにはスタンドアロンのJava SE (+ OSGi)でも動作するようにするつもりのようです。つまり、Open ESB v3がリリースされると、GlassFish上でもOpen ESB v3が使えるし、JBossやWeblogic上でもOpen ESBが使えるようになります。そして特に、GlassFish上で使う場合にはGlassFish ESBを使うことになるのでしょう(おそらく管理機能などがGlassFishと連携するなどして強化されると思う)。今のところはこれ以上のことはわかりませんが、たぶん、ここ2〜3日のうちにどんどん情報が出てくることでしょう。(それにしてもなぜプロジェクト名がFujiになったのかが気になりますねぇ)
追記:Open ESBのWikiに載っていました。この書き方が一番わかりやすいですね。
Open ESB v3 = Project Fuji + Project Open JBI Components
GlassFishESB = Open ESB v3 + GlassFish + GF specific integration modules + Open SSO + .. +

日曜日 5 06, 2007

OpenESB 2.0ベータ2

OpenESB
JavaOneに向けていろいろなソフトウエアがマイルストーンリリースを発表していますが、この間の2 時間で学ぶ今月の Java ホットトピック (4月号)セミナーで荻布さんがプレゼンをされていたOpenESBもJavaOneに向けて OpenESB 2.0のベータ2がリリースされています。
そういえば、2時間で学ぶ今月のJavaホットトピック(4月号)の写真が撮りっぱなしになっていました(もうflickrにアップロードした写真も10,000枚を超えたので、撮りっぱなしなものばっかりですが・・・)。こちらが荻布さんのプレゼン風景です。
Hot Topic Seminar - 3
内容についてはオラクルの佐藤さんがかなり詳細に書かれているのでこちらをご覧いただいたほうがあえて岡崎が中途半端な説明を加えるより良さそうです (\^\^;;
そして次の写真は日本総研ソリューションズの橋本さんによるNetBeans Ruby Packのお話の様子です。
Hot Topic Seminar - 8
Ruby関係のお話はJavaOneでもまたいろいろ出てきそうなので別途ご紹介しようと思います。
About

okazaki

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日