木曜日 8 30, 2007

会津ITサマーフォーラム資料 Java Web Start版

遅くなってしまいましたが先週の会津ITサマーフォーラムの資料、Java Web Start版が出来上がりました。毎度ながらオレオレ証明書で署名していますので信頼できない方は実行しないでください。
なお、今回は文字コードがShift-JIS版のみとさせていただいておりますのでそれ以外のエンコーディング環境でお使いの場合にはお手数ですが文字コードの変換等の処理を行ってください。さて、今回のプレゼンテーション資料は6/27のJavaナイトセミナーで作ったものの改良版ではなく、基本的にはほとんどスクラッチから書き直しました。

改良点1: レイアウトを改良

6/27版は急いで作ったこともありレイアウトはほとんど固定でした。レイアウトが固定でもある程度プレゼン資料を作ることはできるのですが、場合によっては読みにくいページが出来上がってしまいました。今回の改良点は主にこのポイントを改善したところにあります。
comparison
6/27版ではレイアウトは1レベルのみの箇条書きに固定されていて、画像を貼付ける場合は必ずその最下段に固定されていました。一方今回のバージョンでは2レベルまでの箇条書きに対応し(3レベル以上も簡単に拡張できる)、画像も任意の段に挿入することができるようになりました。

改良点2: キーボードイベントを使う

6/27版ではスライドをめくるのにはマウスのクリックイベントを利用していました。実は、6/27版の時もキーボードの左/右キーでスライドを前後に切り替えられるようにしたかったのですがなぜかうまくキーボードイベントが取得できないままでした。今回、ようやくその原因/対策がわかりキーボードでページめくりができるようになりました。気がつけば簡単なことだったんですが、結構時間がかかってしまいました。実は、Canvasを使っているときに
Canvas {
        focusable: true
        focused: true
//...
        onKeyDown: operation(e:KeyEvent) {
            if (e.keyStroke == RIGHT:KeyStroke) {
                ps.nextPage();
            } else if (e.keyStroke == LEFT:KeyStroke) {
                ps.prevPage();
            }
        }
}
のようにfocusableとfocusedを両方trueにしておかないとそのコンポーネントにフォーカスがあたらないので必然的にキーボードにベントもそのコンポーネントに通知されないということでした。わかってみれば単純な話でした・・・。

改良点3: ページ番号とプレゼン時間を表示

今回のプレゼンテーションではデモを3つも入れていたので時間内にきっちり終われるかどうかは途中のペース配分がとても大事でした。AppleのKeynoteなんかでは確かマルチモニタ設定で、プロジェクター側にプレゼンテーション、ノートPC側に時計と次のスライド。というような表示ができてペース配分にも配慮されているのですが、今回そこまで作り込むのは大変だったので、Ruby会議2007の時にたしかライトニングトークの際にRabbitというプレゼンテーションソフトを使ってプレゼンされていたのがとても印象深かったので、そのアイデアを拝借しました。
Rabbitでは画面下部にうさぎと亀が配置されていて、うさぎがページ番号、亀が時間を表していたと思います。どちらも画面左端から右端に向かって移動し、全ページが終わるとうさぎが右端に到達し、設定時刻になると亀が右端に到達するというシンプルかつ面白い仕組みです。これだと、うさぎが進みすぎていればテンポが早すぎ、亀が進みすぎていればおそ過ぎととても直感的です。今回JavaFXで実装するにあたり、デザインセンスのなさから単なるバーだけにしました。また、進み方向は上から下にしました。
pagenumber
この時間経過を表示する棒ですが、思いのほか実装は簡単で、単に線を一本引いて
    timeline = [0..height] dur 40 \* 60 \* 1000 linear;
というように高さ方向に指定時間(ここでは40分)で高さ方向に一番したまで進むように実装しています。
さて、これ以外にも実はJRubyのデモをするためにJavaFXからJRubyを呼び出すなどちょっと変なこともしていますが、だいぶプレゼンソフトとしては成長してきたと思います。またどこか別の機会で改良していくかもしれません (\^\^;;

火曜日 8 28, 2007

会津ITサマーフォーラム

先週は会津大学におじゃまして会津ITサマーフォーラムに参加させていただきました。今回は「オープンソースと最新Webテクノロジー」と題してお話しさせていただきました。スライドはSlideshareにおいておきました。

なお、今回のプレゼンテーションもJavaFXで書きましたので準備が整えばJava Web Start版とソースを公開したいと思います。

水曜日 7 04, 2007

先月の会津大学 Solarisインストールフェスタ, その1 写真で振り返る

先月末に会津大学で行われましたSolarisインストールフェスタのレポートです。今回はOpenSolarisエバンジェリストグループだけではなく、Javaエバンジェリストグループからも参加ということで、予告しておりました通り「気になる真夏の Java トレンド 3 つのレシピ」というタイトルでJavaセミナーも金曜、土曜と2回にわたって実施させていただきました。
R0016379
初めて東北新幹線に乗りました。
R0016381
会津のマスコット「あかべえ」
R0016408
インストールフェスタ1日目は残念ながら雨でした。
R0016412
学内には往年の名機が展示されています。
R0016417
学内のあちこちには案内が表示されています。
R0016427
こちらがJavaセミナーとSolaris Install festaが行われていた会場です。
R0016443
こちらは学食。活気がありますね。
R0016450
カレーを食べました。
R0016505
学内施設を案内していただいたのですが、Sunのマシンがずらり!壮観です。
R0016556
こちらはサーバルーム。
R0016565
芝生が広々としかれており、ライトアップもきれいでした。
R0016610
二日目(6/30土)はうってかわっての晴天です。
R0016631
こちらはJavaセミナー終了後の粗品争奪戦です。クリスタルDuke大人気。
R0016650
こちらはSolaris Install festaの様子。岡崎も後ろの方でSolaris Express Developer EditionをParallels on MacBook Proにインストールしてみましたが問題なくインストールできました。
R0016710
こちらは駅近くのパソコンショップ。こちらにもインストールフェスタの案内が掲げられていました。

金曜日 6 22, 2007

OpenSolaris インストールフェスタを会津大で開催

来週末ですが、会津大学にてOpenSolarisインストールフェスタが行われます。もうslashdot.jpにも出ていますね。 今回はSolaris/OpenSolarisだけではなく、Javaネタも少しあって、岡崎と片貝さんも参加させていただき、Javaのセッションを持たせていただく予定になっております。タイトルはそろそろ夏ということで、夏らしい感じにしてみました。
20070629_aizu
About

okazaki

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日