水曜日 9 27, 2006

"Peopleware", Tom Demarco

4822281108.09._SCMZZZZZZZ_

トム・デマルコ本の2冊目を読みました。本書の主題は「実際のところ、ソフトウェア開発上の問題の多くは、技術的というより社会学的なものである」であり、全ての章に渡って、人間同士の関係のあり方がプロジェクトの成功に影響を与え得ることを説いています。内容的には多くの部分が「デッドライン」と通ずるものがあります。

オフィス環境(騒音、電話、広さなど)、残業時間、チームの結束、達成感、満足感がソフトウェアの生産性と品質に与える影響に関する考察は、PMというロールを担う人だけでなく、組織の管理職の立場となる人にも考えさせられる内容となっています。

ソフトウェア開発の現場では、諸刃の剣と考えられる開発プロセスの標準化に関しても、役に立たない作業規定やドキュメント、変化に対する抵抗などが作業のやる気をそぐことになり、生産性と品質を高めることを目的としたはずなのに逆に悪い方向に向かうことがあり得ることに注意しなければいけません。

29章にも述べられていますが、「プロセス改善はいいことだけれど、(押し付けられた)プロセス改善プログラムはよくないか、少なくともよくないことが多い」ということです。プロセス改善は結束したチームの内部から自然発生的に起こる状態が理想的なプロジェクトであると再認識しました。

木曜日 9 07, 2006

"The Deadline", Tom DeMarco

4822280535.09._SCMZZZZZZZ_ 同僚の勧めで読み始めました。プロジェクト管理の指南書というよりは、普通に小説として楽しめます。

主人公のウエブスター・トムキンスは転職講習会で謎の女性ラークサー・フーリハンに拉致され、モロビアの国家的ソフトウェア開発プロジェクトの管理者となります。そこで直面する様々な問題を解決しながら、ウエブスターは様々な発見し、日記にそれらを綴っていきます。以下は、その中の一つです。

トムキンスの日記より。

病んだ政治(再び)

  • 病んだ政治を下から治療することはできない。むだな努力で時間を浪費したり、自分の立場を危険にさらす必要はない。
  • 問題が自然に解決するか、行動するチャンスが来るのを待つしかない場合もある。
  • 奇跡が起こることもある(だが、あてにしてはいけない)。

About

Takashi Nishigaya
Principal Consultant
Technology Solution Consulting
Oracle Consulting Services

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日