JavaFX Scriptの「より簡単な」ローカリゼーション機能

前回のエントリーで、JavaFX Script言語の文字列リテラルの簡単なローカリゼーションの提案について説明しました。現時点でその実装が OpenJFXコンパイラリポジトリにコミットされたので、実際にどう動いているかをみてみることができます。例としてこのリポジトリにあるJavaFXBallsというデモを日本語にローカライズしてみました(このローカリゼーション自体もリポジトリに入っています)。

左下のボタンのテキスト、「ストップ」がソースコード上どうなっているかというと、ボタンのオブジェクトリテラルを作っているところのコードは:

text: bind if (not test._is_running) then ##"Start" else ##"Stop"

で、それに対応するJavaFXプロパティファイルのエントリーは:

"Stop" = "ストップ"

これだけ、です。

さて、今現在考えているのは、この機能をソースコードの文字列リテラルのローカリゼーションだけではなく、より一般的なローカリゼーション機能として使えないかということ。例えばJavaFXのランタイムライブラリとして、javafx.util.StringLocalizerというクラスを作り、その APIで、

package javafx.util;

public class StringLocalizer {

    public attribute key: String;
    public attribute locale: java.util.Locale;
    public attribute packageName: String;
    public attribute propertiesName: String;
    public attribute defaultString: String;

    // this is lazily bound to the above attributes.
    public function localizedString(): String;

    public static function associate(packageName: String,
                                     scriptFileName: String,
                                     properties: String): Void;
}

としたらどうでしょう。これらのAPIを使うことにより、次のようなことが可能になるはずです。

// ローカリゼーションオブジェクトの作成。
var localizer = StringLocalizer{ key: "Hello, World!" };

// "Hello, World!"のデフォルトロケール用の翻訳を出力。
System.out.println(localizer.localizedString());

// "Duke"のデフォルトロケール用の翻訳を出力。
localizer.key = "Duke";
System.out.println(localizer.localizedString());

// "Duke"のフランス語の翻訳を出力。
localizer.locale = Locale.FRENCH;
System.out.println(localizer.localizedString());

// "Duke"のフランス語の翻訳を、"foo/bar/MyBundle_fr.fxproperties"
// から探してきて出力。
localizer.packageName = "foo.bar";
localizer.propertiesName = "MyBundle";
System.out.println(localizer.localizedString());

また、"associate()"スタティック関数を使うことにより、JavaFX Scriptのソースファイル(またはJavaFXのパッケージごと)をJavaFXプロパティにマップすることができます。これにより文字列リテラルのローカリゼーションを探すプロパティファイルを指定できるようになります(デフォルトではソースのJavaFX Scriptファイルと同じ名前・場所のJavaFXプロパティファイルから探します)。このスタティック関数を使うことで、アプリケーションのプロパティファイルをどのようにパッケージするかを柔軟に指定できるようになるのです。一つのプロパティファイルで全アプリケーションのローカリゼーションを保持するか、ソースファイルごとにプロパティファイルを持つか、あるいはその中間か、など。

これはまだまだアイディアの段階で、実際にコミットするときにはもっと洗練されていると思いますが、この機能によって「より簡単に」JavaFX Scriptのローカリゼーションが可能になれば、と思っています。

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

naotoj

Search

Categories
Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today
News

No bookmarks in folder

Blogroll