Oracle製品に期待して頂くこと

Oracle 製品に期待して頂くことは、いろいろあると思います。
(無くなったら終わりだ。。。)

特にデータベース製品を担当している私としては、かなりコモディティ化
してしまったOracle Databaseに対して「いま以上、期待していない」と
言われてしまうこと、「今の機能で、安ければいいのよ」と思われてしまうこと
が一番怖いことだったりします。

当然、「データを格納する」という意味では、このままで十分だったりすると
思いますし、「都市伝説2」にあるような(社内批判ととられると首があやういですが)
昔ながらのデータベース運用について議論すると、当然、他社DBとしての反論!
とか、それに対しての反論!とか、既存の顧客やパートナー様をおいてけぼりの
議論になりかねないなーとも思います。
一応「都市伝説」を擁護しておきますと、何も検討しないでデータベース製品を選ぶことは
ITに携わるものとして危険ですよ、こんなこと、無いと思いますが!!という観点で
中堅企業様の運用管理者様に(多少デフォルメして)伝えること自体は、悪意では
無いと信じています。

話がそれてしまいましたが、いま、オラクルのデータベースは「これ以上、機能は
いらない」という状態なのでしょうか?

みなさまも良く耳にする「クラウド」「PaaS」などのWeb上のサービスとして利用する
データベース。本当に今の機能(9iや10g)で十分なのでしょうか?
他社DBもしかり、ですね。

より、多くの企業がクラウドとかインターネット上にあるサービスを安心して利用する
ためにはセキュリティが必須(絶対、に近いくらいの。絶対はありません)ですし、
SLA(サービスレベル)を担保するためには、より細やかな情報収集・監視、
そしてチューニング(もちろん、これもサービスレベルで)が必要です。
無制限なサーバースペック、ストレージ拡張、あらゆるメンテナンスのオンライン処理、
処理の自動化・省力化、相反するグリーンへの貢献(法制度化することだって、
将来あり得ますよね。減税になるとか。)。

カタログ上やマーケティング上のメッセージでは、すでにこれらは現実のもの!と
言われているかもしれませんが、まだまだ実用段階とはいえないと思います。

これを実現するための機能拡張は、すべてのシステム構成要素(DBだけでなく)、
ハードウェア、OS、DB、アプリケーション層で必要だし、進化しつづける必要が
あると思っています。

高いと言われるサポート費用であっても、別に障害対応をするためだけのもの
ではありません。次の開発投資にもつながる大事なものとして、大事に活用させて
頂いているものです。

また、話がそれました。申し訳ありません。

もし、これを読んでいる技術者のあなたが、Oracle Databaseを使ってくれて
いるのであれば、現状、使っていて不満に思うことを3分でよいので、考えて
ほしいのです。

もしかしたら、11gで解決できるかもしれません。
クラウド上に自社のシステムを展開する前に、まだまだ検討することが
あるかもしれません。
削るべきは、必要なコストではなく、本来削れるのに利用方法を知らないが
故に無駄にかかっている(人的、時間的)コストのはずなんです。

現在、(新規でなくとも)Enterprise Editionを利用できるシステムを担当しているのだと
すれば、非常にHappyです。

Flashback Database機能を使えば、バッチロード処理時間が半分の時間で
終わるかもしれません。
RMANを使えば、増分バックアップと破損ブロックの検出を同時に実行でき、
バックアップ処理時間が10分の1になるかもしれません。
Begin Backup&Split Mirrorバックアップで、本番2TB、3世代バックアップで
合計8TBのディスクを買う?本当に?

今のデータベース運用(クラウドを検討する前に)本当に検討することありませんか??

ああ、でも、「クラウド」をキーワードにセミナーなどもおこなっている弊社ですので
クラウドも併せて検討してください。

クラウドも提供する側の会社まで、コストが下げられると勘違いしてしまう
ケースがあるのですが、提供したいと思ったら、それなりの投資が必要ですので、
すごい大変です。。。かつ、グローバルな競合は、数年先に進んでいますし、
価格も挑戦的だったり。。
長くなるので、この話は、またの機会に。

Comments:

熱いものを感じて、最新エントリでなくこちらにコメントします。 >みなさまも良く耳にする「クラウド」「PaaS」などのWeb上のサービスとして利用するデータベース。本当に今の機能(9iや10g)で十分なのでしょうか? これは非常に同感で、さらに言えば11gのその先もあると思います。 (現時点ではそれほど大きくないですが)「KVSでいいじゃん」とかBig Tableといった風潮に風穴を開けられるチャンスはいくらでもあるんじゃないかと。 ※そういう意味で暫くOracleが「クラウド」という言葉を使わなかったのは不満でした

Posted by rmitani on 9月 08, 2009 at 01:03 午後 JST #

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

SAP on Oracle Databaseのご支援を担当しています

Search

Top Tags
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today