[JavaOne 2007 Report (7)] 5/11(金) Day-4 その1 - General Session

JavaOne 2007 もあっという間の最終日です。

前日は、大渕さんのブログにもありますが SDC の取材を受けてしまいました(まさに

受けてしまいました!という感じです。。) 大渕さん荻布さん、私の3人です。

「(サンの)Javaエバンジェリストに聞く」ということで、(JavaOne初参加の)若手に

今回の JavaOne の印象を聞くという企画でした。

何しろ取材など受けるの初めてなので、事前にお題を頂いていたにもかかわらず

しどろもどろ。。--; こっ恥ずかしい限りです。とにもかくにも、

JavaOne の熱気が伝えられるよう3人とも熱く語っておりますので是非チェックしてください!

閑話休題。 


さて、最終日は朝から General Session で James Gosling の登場です。最初、Gosling による話

が1時間ぐらいあるのかな、と思っていたのですが、実際は Gosling はガイド役でした。セッションでは

Toy Shows と題して、ゲストが壇上に次々に登場して技術やツールの紹介をしていました。

とにかく見た目が派手!なものが多かったですね。

# 和太鼓により幕開けです 

 

# Gosling 登場


# General Session については、JavaOne 2007 Photo Report をはじめ大渕さん岡崎さん荻布さんが写真満載のレポートを

# ブログにエントリしてますね \^\^

全体的に、今回の JavaOne ではロボットとか、デバイスとかかなり目立っていたなーという印象があります。

# AIBOみたいなのが会場を歩いてたり--; 

以下、紹介されていた "Toy" に関する個人的な感想など。

 

o DTrace for Developers

  DTrace で取得したパフォーマンス解析データを可視化するツール、Project D-Light の紹介でした。

  壇上では NetBeans を使ってデモしていましたが、プラグインは Coming Soon! とのことでした。

 GUIで可視化できると解析ツールはますます便利になるので、楽しみですね。

# D-Light のデモ風景

 

o Sun Grid Computer Utility

  Sun Grid アプリケーションのデモを行っていました。

network.com なるサイトがあるようです(知りませんでした--;)。また、開発者向けに NetBeans プラグインも

提供されているとのこと。Grid は直接仕事では関係していませんが、興味深いです。
 

o NetBeans 6

  スピーカーが壇上に上がるとひときわ大きな歓声が。。 JRuby で有名な Tor Norbye の登場です。

IDE 6.0 Preview の新機能のデモ、特に JRuby on Rails と JPA を使ったアプリケーション作成のデモをしていました。

それにしても、デモの手際はまさに神業。。あぁ自分もデモであれぐらい高速にソースコード書きたい。。と思ってしまう

のでした。


# Tor Norbye


o Printers

  JavaME を組み込んだ Ricoh プリンタ(製品)のデモです。このデモについては 大渕さん岡崎さんがブログで詳しく

書いていますが、Javaを組み込んだプリンタが商用化されているなんて、まさに "Java Everywhere" といった

感じで興奮します。そして、ここでも開発に NetBeans が重要な役割を果たしているんですね。

# Ricoh Printer


o Blu-ray

 こちらも大渕さんがブログで詳細にレポートしていますが、近未来のDVDの姿が垣間見れて

感動するとともに、その技術に Java が使われているというのが嬉しいですよね。

映画見ながらクイズかぁ。。。

今回 Blue-ray 関連は大人気で、あまりの混雑ぶりに諦めたり見たいセッションが重なったりで、結局1つも

Blue-ray 関連のセッションを聴けなかったのが心残りだったのですが、最後にこのデモを見れただけでも

大変な収穫でした。

 -> Blu-ray Disc Association 

# この写真では Blu-ray の凄さが全然伝わりませんが。。 

# 大渕さんのブログにすばらしいショットが沢山あります 

o Multi-media (CINESHOT)

  Swing ベースのJavaアプリケーションの可能性を再認識させるような、素晴らしい Video 編集ソフトのデモが行われました。Cool です。

  -> CINESHOT

# Gosling を編集中?
 

o Project Wonderland

  今回は「魅せる」でもが数多くあったのですが、その中でも印象に残っているのがこの Project Wonderland です。Java 3Dベースの

仮想空間ですね。このProject の URL は lg3d- となっているのでどうやら Looking Glass をベースにしているようです。

# そういえばデモ中でも 仮想空間内で Looking Glass っぽいWindow を開いてその上でプレゼンテーションを表示させたりしてました

ちなみに

  -> MPK20: Sun's Virtual Workspace

  など、実際に Sun のオフィスで使われているらしく(大渕さんブログで紹介されてますね)

 既に実用化されているのか、と純粋に驚きです。

# Project Wonderland


o Java ATMs/Hobart Meat Scale

  こんなところにも Java! という例として紹介していました。それにしても Meat Scale って。。

o Robots

  "I Will Survive"という曲 (らしいです。後で調べました)にあわせて3体のロボットが踊りだしました。

見事にシンクロしてます。
 

#  踊ってます

 

 # 微妙に官能的?

Gosling も言っていたと思いますが、 SunSPOT  を使うとさらに面白いことできるんじゃないかと思います。

実際今回の JavaOne では SunSPOT & Robots のセッションもありましたし。

o ABB Robot Arm

  JRTS 2.0 ベースのクラス最速の産業用ロボットのデモが行われました。Gosling の似顔絵を描いたり。

荻布さんのブログでも詳しく写真付きでレポートされています。

Real-Time Java 、要注目ですね。

# Robot Arm


o SONIA AUV

  Javaベースの自立型潜水艦(Autonomous Underwater Vehicle)が、Duke's Choice of Awards を受賞していました。

大学のプロジェクトなんですね。潜水艦にも Java が!と、かなりのインパクトがあります。

#  SONIA AUV

 

o Real-Time Helicopter

最後のデモでは、 Perrone Robotics の Real-Time Java ベースのヘリコプタが颯爽と登場しました。

会場を飛び回って地形をスキャンし、読み取った地形を3Dモデルとして表示していきます。


 # Gosling スキャン中。。。



o そして、いよいよ Gosling からの最後のメッセージ:

  Be Inspired!

 今回の General Session は、具体的で分かりやすく、面白く、刺激を受けるような、本当に

密度の濃い内容だったと思います。


# 名残惜しさを残しつつ、2007 JavaOne 最後の General Session も終了です。

 

# この後も テクニカルセッションはありますが、なぜか一区切りついた気分に。。

 

 

 

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

machida

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日