社会人学生のすすめ

去年の今頃何をしていたかということを日記を見ながら確認してみると、当時通っていた学校の修了用のプレゼンパッケージを作成していたことがわかります。私が通っていた学校は、社会人向け?の専門職大学院で、ITについて学ぶコースが設置されてます(産業技術大学院大学)。ドミニカから帰国直後にすぐに受験して、その後2年間通ってました。学校に行こうとおもった理由は、いくつかあったのですが、

  1. いままで仕事で身に着けた技術的なナレッジを整理したかった
  2. 人脈を広げたかった(将来のためにも)
  3. 学位がほしかった(将来のためにも)
が主な理由です。

社会人から学校へいくというのは、人によってはほかにもいろいろな意味があるかと思います。入学当時、あう同級生ほぼ全員になんで?ときいてみたところ、キャリアアップ、転職のきっかけなどが多かったです。そういう目的意識をもっていた友人たちは、見事にステップアップしている人がほんとうにおおいです。もともと所属している会社自体がいわゆるいいところの人も多かったのですが、大手の金融機関、SIerへ見事に転職を成功させている人も結構いました。

私は、というと、当初の目的も果たすことができた気がします。年相応に知っていなければいけないことを学ぶことができ、いろんな業界の知り合いができ、無事に学位もゲットできました。ただ去年は学校でお世話になった先生方に会いにいくこともなかなかできなかったのですが、今年はすこしづつ会いにいって交流をしたいと思っています。

仕事をもつ学生が大変な思いをして、時間をつくりひとつの教室に集う。というのは、すごく刺激的で魅力的なことだとおもってます。同級生といってもさまざまな経験をもった人たちのあつまりで、年齢もさまざまです。新卒の学生から、60歳の会社経営者、すごい資格をもったコンサルタン トなどなど、ほんとうに多岐にわたっていました。そのように多種多様のバックグラウンドもった人たちがあつまる環境は、自分にとってとても興味深く、エキ サイティングな環境でした。このBlogを見てくれている方は、働いている人が多いかと思いますが、また学生をやってみてはどうでしょう?社会人学生って大変だけど、すごーく楽しいものですよ。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

Web Server, Application Server, Proxy Server, SunStudio, Javaに関する情報を少しづつ紹介していきたいと思います。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日