水曜日 4 15, 2009

Sun での日々(その12):タイムゾーン - 残念ながらその会議には参加できません!!

こんにちは。
サンはグローバルカンパニーなので、海外の同僚と電話会議があったり、WebEXなどでの打ち合わせがあったりします。
その時に注意しなくてはいけないのが、時差です。
サンの本社は、アメリカの西海岸にあるので、PSTまたはPDTになります。それぞれ、Pacific Standard Time と Pacific Daylight Time の略です。なんで二個あるかと言うと夏時間のためです。標準の時間はPacific Standard Timeですが、サマータイム(夏時間)の間は、Pacific Daylight Timeが使われます。
社内会議の通知の際には
  • 4/16 6:00 PM (PDT)
  • Thursday April 16th at 4 pm CDT / 5 pm EDT
などのように時間が記載されていることが多いです。主催者側の時間が表示されます。 さて、日本では何時になるでしょうか?
  • 4/16 6:00 PM (PDT)
    日本時間(JST - Japan Standard Time)では、4/17 の午前10時です。(16時間を足します。)この時間に設定されていれば、参加可能です。
  • Thursday April 16th at 4 pm CDT / 5 pm EDT
    日本時間では、4月17日の午前 0時です。CDT - Central DayLight Time(アメリカの中部)には8時間足して、EDT - Eastern Daylight Time(アメリカの東海岸)には7時間を足します。こういう電話会議の連絡の場合は「残念ながらその会議には参加できません!!」と心の中でつぶやきます。ただ、どうしても参加しなくてはならない場合は家族の目を気にしながらがんばって参加します。。地球は丸いので世界中のみんなに都合の良い時間はありません。グローバルカンパニーのつらいところです。

毎回自分で足し算をするようにするのもいいかもしれませんが、必ず間違えます!!よくあるのは日にち間違えや足さなきゃいけないところと引いてしまうなどです。なので、私は を使っています。

ちなみに、出張などの時には自分のいるタイムゾーンが変わります。そんなときには自分の身の回りの機器のタイムゾーンも変更してあげなくてはいけません。 先日、NYに出張したのですが、iPhoneは「時間帯」の設定が可能なので便利でした。(ちゃんとサマータイムにも対応していました。)デジカメは旅行モードみたいなのがあってこれも便利なのですが、残念ながらサマータイムには未対応でしたので、NYではない地域を設定しました。

大リーグ、WBC、マスターズなどの海外で開催されるスポーツを観戦されるときも向こうの時間を意識してみると面白いかもしれません。(大リーグって結構夜遅くにやってたりしますよね。。)

_kimimasa
About

ID管理製品のプリセールスエンジニアやってます。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日