火曜日 12 09, 2008

自動化によるコントロール

こんにちは。
ふと、ブログのドラフト(書こうかなと思ってい、途中まで書いていてそのまま放置されているかわいそうなエントリたち)を整理してみようかな?と思い立ちました。
今日の「自動化によるコントロール」はなんと2007年4月に書きかけていたものですが、先日同じ話をお客様先でしましたので、あまり時代遅れな話ではないと思います。

内部統制がしっかりと行なわれているかどうかシステム監査人が監査を行なう際のポイントとなる点はいくつかありますが、
その1つとして、統制・監査対象のシステムが自動化されているかどうか? があります。
システムの自動化具合をいくつかのレベルに分けて考えてみると、
  1. 全く自動化されてない。(システム化はされていなくて、人手で処理している。)
  2. 一部自動化されている。(部分的にシステム化・自動化が行なわれているが人手の処理が介在している。)
  3. 自動化されている(完全にシステム化されていて、人手は介在していない)
のように分けられるかと思いますが、監査の視点で考えると、
  • 自動化されている
  • 一部自動化されている
  • 全く自動化されてない
の順で好ましい状態(不正やミスが起こりにくい状態)であるといえます。
人手が介在しているということは、不正やミスが発生する可能性がより高いといえるからです。

全く自動化されていないと監査人としても、サンプル数を多くしたり、いろいろな側面から監査したりとよりたくさんの時間が必要になり、監査される側に求める情報も多くなってきますので、監査人、監査される側とも幸せではありません。

一方自動されているとその処理の部分のロジックが信頼できれば、サンプル数も少なくてすみますし、監査される側に求める情報も少なくてすみます。

自動化というと、業務の効率性やコスト削減への寄与といった点がフォーカスされることが多いですが、内部統制(インターナルコントール)を適切に実施していく上でも非常に重要になってくると言えます。

っということで今回のタイトルを「自動化によるコントロール」としてみました。

_kimimasa

月曜日 12 25, 2006

システム監査技術者試験に向けてただいま勉強中

こんにちは。 訳あってただいま、システム監査技術者試験 に向けて勉強中であります。
なんで、取得を目指しているかは今後お話していこうと思っていますが、まずはご報告まで。
このエントリを書いた意図は、「パブリックにすることで自分を追い込む」為です。現状、勉強のすすみ具合が思わしくないので、なにか刺激を与える必要があるんです(笑)。
受かったら、ほめて下さい。落ちたら笑って下さい。
About

ID管理製品のプリセールスエンジニアやってます。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日