【SDN記事の紹介】Developing Secure Applications With Sun Java System Access Manager, Part 1: Basic Authorization

こんにちは。
じめじめした暑い日が続きますねー。梅雨なのか、夏なのかはっきりしてほしい感じです。

今日は、SDN(Sun Developer Network)の記事を紹介します。Developing Secure Applications With Sun Java System Access Manager, Part 1: Basic Authorizationってことで、企業内のJavaアプリケーションに対してどのようにアクセスレベルに応じたfine-grained authorization model(きめ細かい認証モデル)を作っていくかを架空の企業を想定して解説しています。

Indigo ConsultingというSun Java Enterprise Systems (JES) のインテグレーションをやってくれている会社のRobertさんが寄稿してくれたみたいです。

概要をざっくり訳すと、

Over the past few years, demand has been steadily rising for robust solutions for securing Web applications. To ensure adequate security, most enterprises that offer online Web services implement security on two service levels:

最近、堅牢なウェブアプリケーションセキュリティの需要は確実にましています。適切なセキュリティレベルを保証するために、オンラインのウェブサービスを提供する企業は次の2つのフェーズで、ウェブでのサービスのセキュリティを実装しています。

  • Authentication — To verify that you are who you claim to be.
  • Authorization — To confirm that you have the privileges to the resources you would like to access.
  • 認証 - あなたが本当にあなた自身であるかか検証すること。
  • 認可 - アクセスしたいリソースにアクセスする権限をもっているか確認すること。

Meeting the service-level requirements calls for a detailed, meticulous design of the architecture and painstaking implementation.

要求されるサービスレベルを満たすには、詳細で細部まで行き届いたアーキテクチャデザインと念入りな実装が求められます。

This article, Part 1 of a series, describes how to use Sun Java System Access Manager (henceforth, Access Manager) to fulfill the authorization requirements for a fictitious health-care insurance company, EB Health. Access Manager, an enterprise platform, secures Web applications and services with authentication, single sign-on, and authorization capabilities. The entire implementation for EB Health's needs is based on the standard, out-of- the box capabilities and custom extensions of Access Manager 6.3 (Sun Java Enterprise System 2005Q2) and ported to Access Manager 7.1 (Sun Java Enterprise System 5)—with no modifications to the source code or configurations.

この記事では、続きものの Part1 として、Sun Java System Access Managerをどのように使って架空の企業医療保険会社 EB Healthのウェブアプリの認証に関する要求・要望を満たすのかを記述しています。Access Manager、エンタープライズプラットフォーム、セキュアなウェブアプリケーション、認証サービス、シングルサインオン、認可の機能。EB Health の要望の実装は、Access Managerの製品そのものの機能とAccess Manager 6.3 のカスタム拡張機能を Access Manager 7.1 に実装したもの(7.1へ実装するためのソースコードの変更と設定変更は必要ありませんでした。)をベースとしています。

な感じです。 設定方法の画面のキャプチャや、Java のソースコードもありますので、Access Managerを使ってシングルサインオン環境を構築される開発者の方にはとても参考になるかと思います。10分くらいで読める軽めのドキュメントですのでよろしければ、是非ご覧下さい。
_kimimasa
投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

ID管理製品のプリセールスエンジニアやってます。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日