Friday Apr 17, 2009

OpenSolaris Preview 2009.06 を Sony VAIO VGN-SZ72B にインストール

opensolarisOpenSolaris Preview 2009.06 (b111)VirtualBox ではなく、実機にインストールしてみました。問題なく動いています。

VGN SZ72B/B
  • Intel Core 2 Duo
  • Intel 945GM Express Chipset
  • NVIDIA GeForce Go 7400
  • Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller
  • Intel Pro/Wireless 3945ABG Network Connection
  • SigmaTel High Definition Audio CODEC
Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller は後からドライバを入れる必要があります。これは今までと同じですね。

1点、NVIDIA で Compiz が動かなかったのですが、これはフォーラムのほうにすでに回避策がありました。
バグ 6822628 だそうで、以下を実行して再度ログインすると動くようになりました。
$ svccfg -s application/opengl/ogl-select ¥
setprop options/vendor = nvidia
$ svcadm restart application/opengl/ogl-select
関連するエントリ:

Tuesday May 13, 2008

OpenSolaris 2008.05: Sony VAIO VGN-SZ72B にインストールしてみる

OpenSolaris 2008.05 を実機にインストールしてみることにします。私は正直あまりパソコン等々詳しくないのに VM 上にインストールではもの足りなくて、どうしても実機にインストールしてしまいたくなってしまうのです…インストールする対象は Sony VAIO VGN-SZ72B です。インストールの途中のスクリーンショットを撮ってみたので載せておきます。スクリーンショットを見てもらうとわかると思いますがインストールはいたって簡単です。

Live CD から起動し、デスクトップの「OpenSolaris をインストールする」をダブルクリックします。



あ、その前に Device Driver Utility を開いてみましょう。これを見てわかるように Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller はドライバがないことがわかりますね。インストール後にドライバーを入れることにして先に進みましょう。Intel Pro/Wireless 3945ABG Network Connection は問題なく動きます。



「OpenSolaris をインストールする」をダブルクリックすると OpenSolaris のインストーラが起動します。



ディスクを選択します。このマシンにはあらかじめ Solaris (SXDE 1/08) が入っていたのでそのパーティションにインストールする形になります。他には Windows XP と Ubuntu 7.04 が入っています。



タイムゾーンの設定です。



デフォルトで使用する言語を選択します。「日本語」を選択します。ja_JP.UTF-8 ロケールが日本語のデフォルトです。



root パスワードとユーザーアカウントを1つ指定します。またコンピュータ名を指定します。



インストールのサマリーが表示されます。これでよければ「インストール」ボタンを押しましょう。



インストールはそう時間はかかりません。



完了画面です。これでリブートします。上の手順で作成したユーザーでログインしてください。


Thursday Feb 21, 2008

Solarisノートブックをプロジェクタに繋ぐ

追記 OpenSolaris では Shift+F5 でディスプレイの切り替えができます。また NVIDIA のグラフィックカードを使っている場合は NVIDIA 設定ツールで TwinView を選びます。

昨日のJava ホットトピックセミナーでは Sony VAIO (VGN-TZ90S) に Solaris (SXDE 1/08) を入れてプレゼンをしました。Solaris でプレゼンをするときにいつも心配なのがプロジェクタとの接続ですよね。今回も Solaris でやろうと決めてから試しに外部モニタを繋げてみたんですがモニタ側のサイズに合ってしまってノートPC上ではずれてしまいました。実際にプロジェクタに繋げると今度はノートPC上では1366x768、プロジェクタではそのうちの1024x768だけ見える状態になりました。そういえば以前このノート PC を使っていた人に「Solaris でプロジェクタに出す時はサイズが合わなかったよ」と言われたのを思い出しました。むむむ…ピーンチ… xorg.conf をごにょごにょいじっても期待通りに動いてくれません…

いろいろ調べてみると xrandr というのが使えるんですね!!知りませんでした。プロジェクタに差してこれだけで調整できるようになりました。

1. プロジェクタと接続する
2. /usr/X11/bin/xrandr -q でモードを確認する
% /usr/X11/bin/xrandr -q
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1024 x 768, maximum 1366 x 1366
VGA connected 1024x768+0+0 (normal left inverted right) 0mm x 0mm
   1024x768       60.0\* 
   800x600        60.3  
   640x480        59.9  
LVDS connected 1024x768+0+0 (normal left inverted right) 0mm x 0mm
   1366x768       57.8 +
   1152x768       54.8  
   1024x768       85.0\*    75.0     70.1     60.0  
   832x624        74.6  
   800x600        85.1     72.2     75.0     60.3     56.2  
   640x480        85.0     72.8     75.0     59.9  
   720x400        85.0  
   640x400        85.1  
   640x350        85.1  
TV disconnected (normal left inverted right)
3. /usr/X11/bin/xrandr --output VGA でプロジェクタ側を設定する
% /usr/X11/bin/xrandr --output VGA --mode 1024x768
再起動の必要もありません。ノートPC側のサイズが合っていなければ VGA ではなく LVDS 側を調整すればよいようです。
% /usr/X11/bin/xrandr --output LVDS --mode 1024x768

Wednesday Feb 13, 2008

SXDE 1/08 installed to SONY VAIO VGN-SZ72B

さて Solaris Express Developer Edition (SXDE) 1/08 のインストールの練習も終わって実際に使った感じもつかめたので実機にインストールしました。いつものように

VGN-SZ72B/B
  • Intel Core 2 Duo
  • Intel 945GM Express Chipset
  • NVIDIA GeForce Go 7400
  • Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller
  • Intel Pro/Wireless 3945ABG Network Connection
  • SigmaTel High Definition Audio CODEC
にインストールしました。ちなみに以前は b78 がインストールして使っていました。詳細は以下にまとめています。
インストーラは Solaris Express から起動しました。ディスクを保存しておきたいので新しい GUI インストーラは使わず CLI のものを使いました。これだと開発ツールと Web Stack はインストールされないので Solaris インストール後、別途インストールする必要があります。Marvell Yukon はそのままでは動きませんが Intel Pro/Wireless 3945ABG は問題なく動くので Marvell Yukon のドライバーをサイトからダウンロードできますね。

まとめると私の場合は手順は毎回このようになります。
  1. Solaris Express からインストール
  2. リブー ト後に install_devtools.sh コマンドで開発ツール一式 (Web Stack を含む) をインストール
  3. Marvell Yukon の 64 bit ドライバーを別途ダウンロードしインストール
  4. inetmenu をインストール
  5. Compiz 0.6.2 のインストール
  6. NetBeans 6.0.1 日本語版をインストール

Wednesday Dec 26, 2007

Solaris Nevada b78 and Network Auto-Magic on SONY VAIO VGN-SZ72B

少し前に Sony VAIO VGN-SZ72B/B の Solaris を Solaris Nevada b78 にしました。

VGN-SZ72B/B:
  • Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller
  • Intel Pro/Wireless 3945ABG Network Connection
ネットワークは上記の構成です。ワイヤレス 3945ABG は b64 で動くようになりましたが、Marvell Yukon は相変わらずインストール後にドライバをインストールしないといけません…このあたりのことは以下にまとめています。
ところでネットワークを設定しようと「設定」から「ネットワーク」を選んだら以下のようなダイアログが…



実は私はこれは始めて見たのですが、これが Network Auto-Magic なんですね。なんで今まで見なかったんだろう…しかもこれが上がってくるということはデフォルトはオンってことですよね? (enable にした記憶がありません…)
WiFi が利用できる場合には以下のようにダイアログを自動的に表示してくれます。



選択するとそこに繋がります。wpi0 はワイヤレスです。



こちらはケーブルを挿した時、yukonx0 に繋がります。



WiFi の接続先が複数ある時に(さくっと)切り替え方法がいまひとつよくわかりません…いろいろ調べないとです…

Monday Oct 29, 2007

Solaris Nevada b75 を VAIO VGN-SZ72B にインストール

Sony VAIO VGN-SZ72B/B の Solaris を Solaris nevada b75a にしました。

VGN-SZ72B/B:
  • Intel Core 2 Duo
  • Intel 945GM Express Chipset
  • NVIDIA GeForce Go 7400
  • Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller
  • Intel Pro/Wireless 3945ABG Network Connection
  • SigmaTel High Definition Audio CODEC
今回確認したかったのは b73 でドライバに修正が入った SigmaTel High Definition Audio CODEC です。無事に動いていました〜よかった。

一番最初に OpenSolaris をインストールしたときには、
  • Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller
    32bitドライバーしかなかった
  • Intel Pro/Wireless 3945ABG Network Connection
    動かなかった
  • SigmaTel High Definition Audio CODEC
    動かなかった。パッチを当てたドライバーを自 分でビルドして使っていた
な状態でしたが今では解決していて快適に使えています。



VGN-SZ72B/B へのインストール関係は以下にまとめています。
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today