Friday May 13, 2011

NetBeans 7.0 用 Ruby & Rails モジュールがアップデートセンターに

NetBeans 7.0 から Ruby と Rails のモジュールは標準のディストリビューションからなくなりプラグインとしてアップデートセンター経由で配布されています。Beta時のアップデートセンターからインストールするという方法がネットではいくつか紹介されていますがこれでその必要はなくなりました。

ツール>プラグインでプラグインダイアログを開き「使用可能なプラグイン」タブに表示されるはずですがもしない場合は「カタログを再読み込み」をしてください。



またプラグインポータルのページから zip ファイルをダウンロードし、それをプラグインダイアログの「ダウンロード済み」タブから読み込んでインストールすることもできます。


Friday Apr 23, 2010

NetBeans 6.9 Beta 日本語版リリース

netbeans
NetBeans 6.9 Beta がリリースされました。NetBeans IDE 6.9 Beta では JavaFX Composer を備えています。これは Java アプリケーション用の Swing GUI ビルダーのように視覚的に JavaFX GUI アプリケーションを作成するデザイナです。また他の改善点では NetBeans Platform アプリケーションでの OSGi 互換性、JavaFX 1.3 のサポート、PHP Zend フレームワークのサポート、Ruby on Rails 3 などがあります。

ダウンロード
英語、日本語、中国語、ポルトガル語(ブラジル)を含むマルチリンガル版を提供しています。 ドキュメント:
NetBeans IDE 6.9 Beta の使用方法については、次のドキュメントを参照してください。 主な新機能

OSGi
  • Maven による OSGi バンドルの開発
  • Felix コンテナをバンドル, Equinox などの他のコンテナを登録可能
  • OSGi バンドルの NetBeans RCP アプリケーションでのサポート
NetBeans Platform
  • OSGi 互換性 (プラットフォームベースのアプリケーションで OSGi バンドルの開発と使用)
  • Felix 2.0.3 OSGi サポート, 実験的な Equinox サポート
  • NetBeans モジュールを OSGi バンドルに変換し OSGi コンテナで実行
  • Ant と Maven プラットフォームベースのプロジェクトのブランディングエディタ
  • NetBeans Platform ベースのアプリケーション用のインストーラ生成
  • データベースへの接続と Web アプリケーションの消費の拡張サポート
JavaFX
  • JavaFX Composer。UI コンポーネント、ステート、さまざまなデータソースをサポート。
  • エディタヒントとリファクタリングのサポート
  • JavaFX シェイプ、カラー、エフェクト、チャートのパレットサポート
  • コード整形機能の改善
Java EE
  • コンテキストと依存性注入(CDI)(JSR-299)の追加。
  • Spring Framework 3.0サポート
  • データベースの変更後でも JPA エントリを簡単な再生成
  • RCP アプリケーションでの REST Web サービスのサポート
Java
  • Java デバッガ : ブレークポイントのグループ化機能。パラメータの履歴。
  • プロジェクトプロパティーでアノテーションプロセッサのサポート。
  • 新しいアプレットと Web Start (JNLP) サポート
  • スタックツリーアナライザ、URL、オーバーライド/実装メソッドのアクションへの移動などナビゲーションの改善
Web 言語: HTML, CSS, JavaScript
  • CSS や HTML でのリファクタリングと使用状況の検索
  • class や id のコード補完やハイパーリング
  • インラインスタイルから別のスタイルセクションへのリファクタリング
PHP
  • PHP Zend Framework
  • "オーバーライド/実装" アノテーション
  • 多くの整形ルールによる整形機能
Ruby
  • Ruby on Rails 3.0
C/C++
  • "オーバーライド" アノテーションとハイパーリンクナビゲーション
  • コンソールとして "内部ターミナル"の追加
  • リモートファイル上で変更されたプロジェクト関連のファイルのダウンロード
  • ナビゲータでの Makefile ターゲットのソートとオープン
その他
  • 豊富になったエディタヒント
  • エディタでのスペルチェック機能
  • ヘルプメニューからバグやパフォーマンス問題のレポート
  • 複数の Kenai ベースのチームサーバーのサポート (例: kenai.com と netbeans.org)
最新の開発ビルドの機能の詳細については、NetBeansIDEの New and Noteworthy ページを参照してください。

Beta リリースでも日本語を含むマルチリンガル版になっています。日本語翻訳はまだ正式にははじめていませんので 6.9 での新機能や変更点は英語で表示されることがあります。もしすべてを英語で起動したい場合はオプションで切り換えることができます。以下の FAQ をお読み下さい。
また Mac OS X をお使いの方でニーモニックキーを消して使いたい場合には NetBeans のインストールディレクトリに別途 zip ファイルを展開してください。展開方法は FAQ をお読み下さい。
フィードバックに関しては日本語のメーリングリスト、twitter、mixi などで受け付けています。またユーザーテストプログラムのメーリングリストも使っていただいてかまいません。(6.9 のユーザーテストに関しては別途メーリングリストにてお知らせします)
正式リリースは6月を予定しています。品質向上にぜひご協力下さい。よろしくお願いいたします。

参考:

Thursday Feb 18, 2010

NetBeans 6.9 M1が公開されました

NetBeans 6.9 の最初のマイルストーンビルド(M1)が公開されています。正式な日本語化の作業はまだ始めていませんが、以下の zip ファイルを適用することにより日本語の UI にすることができます。

情報:
ダウンロード:
日本語化 zip ファイル:
主な変更点を大野さんが日本語にしてくれています。
\* NetBeans プラットフォーム: OSGi との互換を提供
  o Maven プロジェクトに新たなアーキタイプを追加
  o OSGi バンドルの Ant プロジェクトへの簡単なインポート

\* Java EE
  o CDI  (Contexts and Dependency Injection) のサポート
  o NetBeans RCP および Java クライアントアプリケー ションでの REST Web サービス の使用を簡略化

\* Java Web アプリケーション
  o Spring 3 フレームワークのサポート
  o JSP コード補完での Java クラスとタグライブラリ向け自動インポート

\* PHP
  o Zend フレームワークのサポート
  o コード整形オプションの改善

\* Ruby
  o Gem のインデックス化

\* C/C++
  o Makefile のサポート: エディタ、ナビゲーター、ターゲットの実行
  o virtual 機能: 複数ハイパーリンク、アノテーション

\* Java エディタ
  o アノテーションプロセッサのサポート
  o 60 以上の新たなヒントの追加

\* Web
  o CSS のリファクタリング、コード補完の改善
まだまだ開発版ですがフィードバックをお待ちしております。何かありましたら以下までお知らせください。

Friday Dec 11, 2009

NetBeans 6.8 が正式にリリースされました

NetBeans 6.8 が正式にリリースされました。今回も日本語版は同時リリースすることができました。開発中は日本語のメーリングリスト、twitter、ユーザーテストプログラムなどでたくさんのフィードバックをいただきました。本当にありがとうございました。


NetBeans 6.8
NetBeans 日本語コミュニティ

Tuesday Sep 08, 2009

NetBeans エディタのコードテンプレートを使おう (Ruby/Rails 編)

前回のコードテンプレートの話しは Java 用のものですが、もちろん Ruby/Rails 用にもコードテンプレートは用意されていてカスタマイズ可能です。

コードテンプレート一覧

デフォルトで提供されているコードテンプレートのリストは以下のリンクにあります。
カスタマイズの方法

コードテンプレートのカスタマイズはオンラインヘルプにも載っていますのでお使いの IDE でも読むことができます。また英語のものですが Wiki にもあります。 Ruby 用の構文が用意されています。例えばこのようなものがあるようですね。(オンラインヘルプより)
  • ${class} : Foo などのテンプレート展開位置を囲むクラスの名前に展開
  • ${classfqn} : ${class} と同じですが、クラス名だけではなく、Bar::Baz::Foo などの完全修飾クラス名に展開
  • ${superclass} : SuperFoo などのテンプレート展開位置を囲むクラスのスーパークラスの名前に展開
  • ${method} : Foo などのテンプレート展開位置を囲むメソッドの名前に展開
  • ${methodfqn} : ${method} と同じですが、クラスメソッドだけではなく、Bar::Baz::Foo#foo などの完全修飾名に展開
  • ${file} : foo_bar.rb などの現在のファイルの名前に展開
  • ${path} : /foo/bar/baz.rb などの現在のフルファイルパスの名前に展開
Ruby エディタに関する情報全般は以下の Wiki が参考になると思います。
関連するエントリ:

Wednesday Aug 05, 2009

NetBeans IDE 6.8 M1 が公開されました

NetBeans IDE 6.8 の最初のマイルストーンビルド(M1)が公開されています。
6.8 に関する情報はいつものように News and Noteworthy Wiki が用意されています。
そこからざっと紹介すると今回入った主な機能は以下のようになるでしょうか。
  • 組み込みブラウザ (まだ 32 ビット環境のみ - つまり Mac OS X で JDK6 の場合は使えません)
  • Java EE v6 サポート
  • PHP
    • 5.3.0 サポート
    • Symfony Framework サポート
  • Maven
    • Groovy と Scala サポート
    • CheckStyle による整形
  • C/C++
    • リモート開発
    • MSA (Microstate Accounting) とスレッドマップ表示 (Solaris のみ)
    • コードアシスタント
  • Ruby
    • JRuby を 1.3.1 にアップグレード
    • RSpec 1.2.7 サポート
  • JIRA サポート (ただしアップデートセンター経由)
今回の M1 リリースでは日本語化の予定はまだありません。Beta には始めたいと考えています。英語ですが、ぜひ使ってみて問題あればお知らせ下さい。

Wednesday Apr 29, 2009

NetBeans 6.7 Beta 日本語版

NetBeans 6.7 BetaNetBeans 6.7 の Beta です。もちろん日本語版も用意しています。英語版、日本語版の区別はなく、Beta からすでに同じ ML バイナリです(やりました!)。ダウンロードは以下からお願いします。 アナウンスや新機能に関しては以下を参照してください。 またいくつかここでも新機能についてメモしていますので載せておきます。 動作のおかしなところや質問等ありましたらぜひ知らせてください。フィードバックはいつもなら日本語メーリングリストへどうぞ!というところですが、今回はユーザーテストプログラムを行ないます。参加賞も用意していますのでぜひご参加ください。
グラフィックスも Beta から変わってきました。
NetBeans 6.7 Beta
NetBeans 6.7 Beta
NetBeans 6.7 Beta

Monday Apr 06, 2009

NetBeans 6.7 M3 日本語版

NetBeans 6.7 のマイルストーンビルド 3です。日本語版のダウンロードは以下からお願いします。 新機能に関しては以下を参照してください。 またいくつかここでも新機能についてメモしています。
日本語版もほぼ翻訳が完了しています!!

いつものリリースだと Beta から新規翻訳を始めるのですが、今回はすでに翻訳をはじめています。M3 でも日本語訳はできるだけ追従したつもりです。新しい機能でもほとんどが日本語になっているはずです。

動作のおかしなところや質問等ありましたらぜひ知らせてくださいね。また今回は新規の日本語訳できるだけ行ないました。日本語訳のおかしなところがありましたらそちらもお知らせ下さい。このブログにコメントいただいてもかまいませんし、あるいは以下のコミュニティーまでご連絡ださい。

Monday Mar 30, 2009

JRuby 1.2.0 が NetBeans 6.7 に統合

JRuby が 1.2.0 になりましたね。
詳細は上記アナウンスを参照してください。ハイライトをざっとまとめると以下のようになるでしょうか。
  • Ruby 1.9 サポートの改良 (--1.9 オプション)
    • コンパイラが動作するようになった
    • 1.9 のメソッドがほぼすべて追加された
  • 実験的な --fast フラグ - より積極的に最適化する
  • 広域的なコンパイラとランタイムのクリーンアップ、パフォーマンスオーディット
  • パースが 3 倍から 6 倍高速化された
  • 初期段階の Android サポート (Ruboto)
  • Windows 上での Rails パス名の問題を修正
  • 前回のリリースより主要バグのトリアージ
  • 1.1.6 から 1052 個のリビジョン
  • 1.1.6 から 256 個のバグ修正
そんな JRuby 1.2.0 はさっそく NetBeans に統合されています。開発ビルドや M3 には 1.2.0 が入っています。

NetBeans JRuby Platform

Friday Jan 30, 2009

Solaris の Rails で iconv: invalid encoding エラー

Web Stack を OpenSolaris 2008.11 にインストールして Rails のプロジェクトを作ろうとしたら invalid encoding ("ascii//ignore//translit", "utf-8") でエラーなってしまいました。

$ rails create abc
/var/ruby/1.8/gem_home/gems/activesupport-2.2.2/lib/active_support/inflector.rb:275:in `iconv': invalid encoding ("ascii//ignore//translit", "utf-8") (Iconv::InvalidEncoding)
	from /var/ruby/1.8/gem_home/gems/activesupport-2.2.2/lib/active_support/inflector.rb:275:in `transliterate'
	from /var/ruby/1.8/gem_home/gems/activesupport-2.2.2/lib/active_support/inflector.rb:280
	from /usr/ruby/1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/ruby/1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /var/ruby/1.8/gem_home/gems/activesupport-2.2.2/lib/active_support.rb:26
	from /usr/ruby/1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/ruby/1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /var/ruby/1.8/gem_home/gems/rails-2.2.2/bin/../lib/rails_generator.rb:28
	from /usr/ruby/1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/ruby/1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /var/ruby/1.8/gem_home/gems/rails-2.2.2/bin/rails:13
	from /var/ruby/1.8/gem_home/bin/rails:19:in `load'
	from /var/ruby/1.8/gem_home/bin/rails:19
$
何かモジュールが足りないのかな?と調べてみるとフォーラムにも登録されていましたが、どうやら Rails 側の問題らしくチケットが登録されていました。
回避策はとりあえずここにあるパッチを入れればいいみたいですね。以下のブログには Web Stack を使った場合の一連の設定手順が書かれています。

Wednesday Jan 28, 2009

Sun Web Stack & Web Stack フォーラム

Web Stack のフォーラムには2つあるのですね。OpenSolaris 用の IPS でインストールするもの (Web Stack)、Solaris 10 用と Red Hat Enterprise Linux 用のもの (Sun Web Stack) とでわかれています。

OpenSolaris Web Stack フォーラム:

Sun Web Stack フォーラム:

Tuesday Jan 27, 2009

OSC仙台 & 仙台Ruby会議01 お疲れさまでした

オープンソースカンファレンス 2009 Sendai & 仙台 Ruby 会議 01 お疲れさまでした。とっても楽しかったみたいですね。いいなー、行きたかったなー。 monyakata さんねこび〜んの写真を岩渕さん会津大学キャンパスアンバサダの町野さんに撮ってきてもらいました。わーい。

nekobean osc sendai

nekobean osc sendai

nekobean osc sendai

Monday Jan 26, 2009

OpenSolaris 2008.11 Web Stack 入門ガイド

OpenSolaris 2008.11 用の「Web Stack Getting Started Guide」を訳してみました。これで個人的に翻訳しようと思っていた以下の4つのドキュメントすべての翻訳が終わったことになります。

「OpenSolaris 2008.11 Web Stack 入門ガイド」の目次を載せておきます。おかしな翻訳等ありましたらお知らせください。

OpenSolaris 2008.11 Web Stack 入門ガイド

Thursday Jan 22, 2009

InfoWorld Technology of the Year Awards: NetBeans が Best Rails IDE に選ばれました

Developer.com Product of the Year 2009 に続いて Infoworld では NetBeans IDE が「Best Rails IDE」に選ばれました。
Rails というところがまたなんともすばらしいですね!

NetBeans 6.5 は以下からダウンロードできます。Solaris, Windows, Linux と Mac OS X に対応しています。
NetBeans を使った Rails のチュートリアルは日本語になったものが以下にまとまっています。
また FAQ も日本語になったものがあります。
わからないことや要望などあれば日本語メーリングリストや、mixi、twitter などにぜひ参加してみてください。

Tuesday Jan 20, 2009

Sun Web Stack 1.4 入門ガイド (日本語訳)

Sun Web Stack 1.4 のドキュメントですが、今回は Sun Web Stack Getting Started Guide を日本語に訳してみました。
これで以下の2つのドキュメントとあわせて3つ日本語に翻訳しました。
コメントありましたらお願いします。翻訳したドキュメントは英語のドキュメント同様 wikis.sun.com にあります。

以下に Sun Web Stack 入門ガイド の目次だけ載せておきます。

Sun Web Stack 入門ガイド 目次

参考:
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today