Thursday Aug 11, 2011

Nimbus on Ubuntu 11.04

久しぶりに Ubuntu をインストールし使い始めました。Ubuntu 11.04 です。Ubuntu に関してブログに書いたのは...2009年の5月以来ですね ^^;) その時は Ubuntu 9.04 でした。

Unity にはなかなか慣れません。ですのでログイン画面で"Ubuntuクラシック(エフェクトなし)"を選んで使ってしまっています。もう一つ、テーマは別にインストールしました。そうです、やっぱり Nimbus でしょう!

ずいぶん前にインストールしたときには自分でビルドした記憶がありますが、今はパッケージで提供されているのですね。

  • Ubuntu(Icons and gtkrc files, all architectures)
  • Ubuntu(GTK2 engine, Ubuntu 11.04 x86_64)
をインストールしました。

Nimbus だけは使っていて本当飽きません。Nimbus 最高!

Niumbs

Thursday Dec 25, 2008

NetBeans 6.5 & Java SE 6 Update 10 で Nimbus L&F

もう一つルック&フィールネタです。 ほ〜これは知りませんでした、NetBeans 6.5 では短い名前で L&F が指定できるのですね。以下の Wiki には詳しく書かれています。
短縮名では以下が使えるようです。
  • Windows - com.sun.java.swing.plaf.windows.WindowsLookAndFeel
  • Metal - javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel
  • GTK - com.sun.java.swing.plaf.gtk.GTKLookAndFeel
  • Nimbus - com.sun.java.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel
  • Aqua - apple.laf.AquaLookAndFeel
Nimbus を使うには簡単に
$ netbeans --laf Nimbus
でよいということになります。Java SE 6 Update 10 以降では Nimbus は JDK に入っていますので Windows でも簡単に Nimbus な NetBeans を楽しむことができますね。



OpenSolaris や Ubuntu などの Linux では NetBeans は Java SE 6 Update 1 以降 GNOME 環境では GTK L&F を使います。OpenSolaris ではデスクトップのデフォルトテーマが Nimbus なので GTK L&F でも NetBeans は見た目 Nimbus になります。OpenSolaris のデスクトップは美しいです。

Wednesday Nov 12, 2008

OpenSolaris 2008.11 で Compiz を動かす

OpenSolaris 2008.11 リリース候補版のデスクトップを見ていきます。といっても私はあまり多くの機能を使わないので見るところは限られてしまいますが…

今回は Compiz を動かしてみます。設定は「システム」>「設定」>「外観の設定」の「視覚効果」で有効にできます。デフォルトは「なし」の状態ですね。



「通常」だと少しおとなしめの視覚効果です。デスクトップも平面に4つ並びます。切り替えは Ctrl+Alt+矢印キーで切り替えられます。Mac OS X の Spaces のような切り替えです。



「追加」を選ぶとデスクトップキューブが有効になります。切り替えはくるくると立方体が回ります。



いっぺんにワークスペースを並べて表示することもできます。



ウィンドウの切り替え方法などは「カスタム」を選ぶとより細かく設定できます。あまりにもにぎやかで凝ったものにしてしまうのもよくないようですね。シンプルかつちょっと楽しくて便利、くらいがよいと思います。「通常」+デスクトップキューブくらいがよいのではないでしょうか。

ところでデスクトップテーマの Nimbus には Dark Nimbus とうのが加わったのですね?



これを選ぶとこんな感じになります。



Tuesday Feb 12, 2008

Solaris Express Developer Edition 1/08

Solaris Express Developer Edition (SXDE) 1/08 がリリースされました。注目は Web Stack でしょうか。NetBeans IDE も 6.0 が入っていますが英語版なのでここは 日本語 6.0.1 をインストールしてくださいね。

さて SXDE にはどのような開発ツールやソフトウェアが入っているのでしょうか。普段おもに NetBeans とデスクトップ用途として使っている私ですが関係ありそうなところを features ページからいくつかひろってみます。

Web applications stack
  • Apache 2.2.6
  • MySQL 5.0.45
  • PHP 5.2.4
  • PostgreSQL 8.2.5
  • Ruby 1.8.6
NetBeans 6.0 IDE
  • NetBeans DTrace GUI plugin
Sun Studio Express 12/07
  • C, C++ and Fortran compilers and tools
  • D-Light, a GUI developer tool that simplifies using DTrace
  • NetBeans DTrace GUI Plugin
GlassFish V2 Application Server

Java Platform, Standard Edition 6 update 3

Solaris Desktop
  • Nimbus theme
  • StarSuite 8, Update 9
  • GNOME 2.20
  • Firefox 2.0.0.9
  • Thunderbird 2.0.0.6
その他:
  • ATOK
  • Wnn8
  • Ant 1.6.5
  • Mercurial 0.9.5
  • Subversion 1.4.0
  • Flash 9
  • Realplayer 10.0.8
  • GIMP 2.4.0
  • Pidgin 2.1.1
Ruby は標準で入るようになりましたね。NetBeans の DTrace のプラグインはあらかじめインストールされているようです。コンパイラは Sun Studio Express が入っています。バージョン管理は Mercurial に Subversion が入っていますね。cvs が実はないんですがまだ使うことがあるので入っていると個人的にはうれしかったりします。私が普段仕事で使っていることは単純なのでほとんどのものはデフォルトでインストールされるものが使えるのですが毎回別途用意しているのは cvs と ant でしょうか。NetBeans のビルドは ant 1.7 が必要です。あ、そうか NetBeans 6.0 についている ant を使えばいいかもですね。

デスクトップ環境では StarSuite も最新のものが入っています。日本語環境だとかな漢字変換は ATOK for Solaris と Wnn8 が使えます。あと忘れてはならないのがデスクトップ環境の Nimbus テーマではないでしょうか。使っていて楽しいですね。Solaris というと開発環境やサーバーアプリケーションの実行環境というイメージが強いと思うのですがいやいや私はデスクトップ環境もとてもよく出来ていると思っています。



デスクトップの背景画像もいろいろ用意されています。以 前サムネイルを作ってみたことがあります。

Sunday Dec 23, 2007

Nimbus on Ubuntu

Nimbus, the default theme on Solaris Desktop is my favorite.



I'm mainly using Solaris Nevada for my work but sometime using Ubuntu too. I was wondering if this cool theme could be also usable on Ubuntu. I found it's available from,
.deb packages should be available from the above page but I could not get them, so I tried to build them from sources.
The build was easy. There are some additional steps needed, which was described in comment.
sudo apt-get install icon-naming-utils
fakeroot dpkg-buildpackage -us -uc -d
After installing packages, Nimbus is now listed on Desktop theme selector. The default theme of Ubuntu is Human.



A set of Nimbus icons is also provided.



Window decorator is Nimbus.


Saturday Dec 22, 2007

Java SE 6 Update N EA b09 : はやり Nimbus は NetBeans では無理なのか…

Java SE 6 Update N の b09 が出ていました。
ダウンロードはここから。
さっそく Windows XP で NetBeans を Nimbus で使ってみます。バグ 6612359 はこのビルドで直っているはずですね。
netbeans.exe --laf sun.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel 
Exception は出なくなりました。が、どうも怪しい…ちゃんと動いているのでしょうか、これ。色が変ですね。リストやツリーの文字が白なので見づらいです。



しばらく使っているとグラフィックまわりなのでしょうか、表示がおかしくなります。例えば以下のようにメニューの文字は表示されるのですがメニューそのものはなぜか表示されなくなります。Windows の場合は Direct3D を使うようになるからでしょうか、グラフィックカードに依存するのかもしれません。



調べている時間がないので NetBeans 自体に Nimbus を使うのはあきらめました。

GUI ビルダーでプレビューが出来るはずだと思い出し、NetBeans をデフォルトのL&Fで起動し、GUIビルダーでデザインのプレビューのメニューを開いてみました。なるほど、ちゃんと Nimbus が表示されていますね。



が、残念ながら以下のような結果になりました。おかしいなぁ…



本来ならば Windows L&F ではこのように。



Nimbus ならこのようになるはずです。実際に jar を作って
java -Dswing.defaultlaf=sun.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel -jar GUIFormExamples.jar
のように単体で実行すると以下のように正しくなります。NetBeans からやってしまうとおかしくなってしまうのでしょうかねぇ…

Thursday Dec 20, 2007

もうすぐ NetBeans で Nimbus が動くかも

Nimbus が NetBeans で動かなかった件は b09 で修正が入ったようです。
  • 6612359 : Nimbus L&F: NetBeans 6.0 Beta 1 causes exceptions with 1.6.0_05-ea-b04
Java SE 6 Update N の早期アクセス版では現在は b08 が出ています。 修正は b09 ですから次のビルドですね。 早く試してみたかったのでひょっとしたら nimbus.dev.java.net 側には修正が入っているのではないかと http://swinglabs.org/hudson/ を調べてみましたがこちらには入っていないようです。

Saturday Dec 01, 2007

Ubuntu で Nimbus テーマを使う

OpenSolaris のデスクトップのテーマ、Nimbus はかなり気に入っています。かっこいいです。



Ubuntu も使うのですがこの Nimbus が使えないかな〜と検索したらあっさり見つかりました。やっぱり考えていることは同じなのですね (\^\^;)
本当はここから .deb パッケージがとってこれるはずなのですがダウンロードがうまく動かなかったので、
を参考にして自分でビルドしてみました。ただこのままではビルドに失敗してしまうので、コメントにあるように
sudo apt-get install icon-naming-utils
fakeroot dpkg-buildpackage -us -uc -d
としました。

パッケージをインストールして普通にテーマから選択します。Ubuntu のデフォルトは Human です。



こちらはアイコン。ただアイコンは小さいサイズがないようですね。



こちらはウィンドウの修飾です。



いやいや、美しいです。うれしいです。

Friday Oct 05, 2007

Nimbus is not working with NetBeans

I tried Nimbus - new Swing L&F with NetBeans. I used Java 6 u5 EA and NetBeans 6.0 Beta 1.
I started NetBeans with --laf option to specify the L&F.
% netbeans --laf sun.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel
If you use separate jar file of nimbus.dev.java.net, I think you can start like below.
% netbeans -cp:a <nimbus.jar> --laf org.jdesktop.swingx.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel
NetBeans can start and change the L&F on buttons and scrollbars. However NullPointerException happens in many places and I can not open the editors on it.



I could not find the existing bug so I created a new bug report.
  • 6612359 : Nimbus L&F: NetBeans 6.0 Beta 1 causes exceptions with 1.6.0_05-ea-b04
Are you seeing the same result on your enviroment?

Nimbus L&F が NetBeans で動かず…

私の場合ブログに NetBeans のスクリーンショットを載せることが多いのですが、たまたま二日続けて同じようなコメントをもらいました。

「これって Nimbus ?」

あ~なるほど…。私の場合はデスクトップ環境は Solaris Nevada を普段使っているのでスクリーンショットは



のような感じになるのですが、このルック&フィールは Nimbus は Nimbus でも JDS(Java Desktop System) の GTK のテーマですね。NetBeans 6.0 は Java6u1 以降で使うと GTK のネイティブテーマで動きます。強制的に使うには以下のように GTK の L&F を指定します。

% netbeans --laf com.sun.java.swing.plaf.gtk.GTKLookAndFeel

さてさて純粋な Swing 側の新しい L&F nimbus.dev.java.net の Nimbus は使ったことがなかったので試してみることにします。てっとりばやく Java6u5 の早期開発版で試してみます。

ビルド4が出ています。
NetBeans 6.0 は次のように起動します。

% netbeans --laf sun.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel

nimbus.dev.java.net の jar を使用するのであれば

% netbeans -cp:a <Nimbusのjar> --laf org.jdesktop.swingx.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel

となるでしょうか。設定ファイル (etc/netbeans.conf) の netbeans_default_options に上のオプションに追加しておくという方法もあります。(NetBeans 日本語 FAQ 参照)

結果は…残念ながらキレイに動きませんでした。NPE ですね。このスクリーンショットのようにボタンやスクロールバーなど L&F は切り替わっていますがエディタが開きませんでした。NPE が出まくり…



既知バグかどうかいろいろ調べてみたいのですがどうもなさそうなので新規にバグレポートしておきました。みなさんのところではどうでしょう?
  • 6612359 : Nimbus L&F: NetBeans 6.0 Beta 1 causes exceptions with 1.6.0_05-ea-b04

About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today