Friday May 13, 2011

NetBeans 7.0 用 Ruby & Rails モジュールがアップデートセンターに

NetBeans 7.0 から Ruby と Rails のモジュールは標準のディストリビューションからなくなりプラグインとしてアップデートセンター経由で配布されています。Beta時のアップデートセンターからインストールするという方法がネットではいくつか紹介されていますがこれでその必要はなくなりました。

ツール>プラグインでプラグインダイアログを開き「使用可能なプラグイン」タブに表示されるはずですがもしない場合は「カタログを再読み込み」をしてください。



またプラグインポータルのページから zip ファイルをダウンロードし、それをプラグインダイアログの「ダウンロード済み」タブから読み込んでインストールすることもできます。


Wednesday Aug 05, 2009

NetBeans IDE 6.8 M1 が公開されました

NetBeans IDE 6.8 の最初のマイルストーンビルド(M1)が公開されています。
6.8 に関する情報はいつものように News and Noteworthy Wiki が用意されています。
そこからざっと紹介すると今回入った主な機能は以下のようになるでしょうか。
  • 組み込みブラウザ (まだ 32 ビット環境のみ - つまり Mac OS X で JDK6 の場合は使えません)
  • Java EE v6 サポート
  • PHP
    • 5.3.0 サポート
    • Symfony Framework サポート
  • Maven
    • Groovy と Scala サポート
    • CheckStyle による整形
  • C/C++
    • リモート開発
    • MSA (Microstate Accounting) とスレッドマップ表示 (Solaris のみ)
    • コードアシスタント
  • Ruby
    • JRuby を 1.3.1 にアップグレード
    • RSpec 1.2.7 サポート
  • JIRA サポート (ただしアップデートセンター経由)
今回の M1 リリースでは日本語化の予定はまだありません。Beta には始めたいと考えています。英語ですが、ぜひ使ってみて問題あればお知らせ下さい。

Wednesday Apr 29, 2009

NetBeans 6.7 Beta 日本語版

NetBeans 6.7 BetaNetBeans 6.7 の Beta です。もちろん日本語版も用意しています。英語版、日本語版の区別はなく、Beta からすでに同じ ML バイナリです(やりました!)。ダウンロードは以下からお願いします。 アナウンスや新機能に関しては以下を参照してください。 またいくつかここでも新機能についてメモしていますので載せておきます。 動作のおかしなところや質問等ありましたらぜひ知らせてください。フィードバックはいつもなら日本語メーリングリストへどうぞ!というところですが、今回はユーザーテストプログラムを行ないます。参加賞も用意していますのでぜひご参加ください。
グラフィックスも Beta から変わってきました。
NetBeans 6.7 Beta
NetBeans 6.7 Beta
NetBeans 6.7 Beta

Monday Apr 06, 2009

NetBeans 6.7 M3 日本語版

NetBeans 6.7 のマイルストーンビルド 3です。日本語版のダウンロードは以下からお願いします。 新機能に関しては以下を参照してください。 またいくつかここでも新機能についてメモしています。
日本語版もほぼ翻訳が完了しています!!

いつものリリースだと Beta から新規翻訳を始めるのですが、今回はすでに翻訳をはじめています。M3 でも日本語訳はできるだけ追従したつもりです。新しい機能でもほとんどが日本語になっているはずです。

動作のおかしなところや質問等ありましたらぜひ知らせてくださいね。また今回は新規の日本語訳できるだけ行ないました。日本語訳のおかしなところがありましたらそちらもお知らせ下さい。このブログにコメントいただいてもかまいませんし、あるいは以下のコミュニティーまでご連絡ださい。

Monday Mar 30, 2009

JRuby 1.2.0 が NetBeans 6.7 に統合

JRuby が 1.2.0 になりましたね。
詳細は上記アナウンスを参照してください。ハイライトをざっとまとめると以下のようになるでしょうか。
  • Ruby 1.9 サポートの改良 (--1.9 オプション)
    • コンパイラが動作するようになった
    • 1.9 のメソッドがほぼすべて追加された
  • 実験的な --fast フラグ - より積極的に最適化する
  • 広域的なコンパイラとランタイムのクリーンアップ、パフォーマンスオーディット
  • パースが 3 倍から 6 倍高速化された
  • 初期段階の Android サポート (Ruboto)
  • Windows 上での Rails パス名の問題を修正
  • 前回のリリースより主要バグのトリアージ
  • 1.1.6 から 1052 個のリビジョン
  • 1.1.6 から 256 個のバグ修正
そんな JRuby 1.2.0 はさっそく NetBeans に統合されています。開発ビルドや M3 には 1.2.0 が入っています。

NetBeans JRuby Platform

Tuesday Nov 11, 2008

Java Expert #03 「まるごと! NetBeans」は 11/14 発売です

NetBeans 日本語コミュニティのみなさんにご協力いただきついに Java Expert 「NetBeans 特集」が完成しました。技術評論社から今週金曜日 11/14 発売予定です。これ1冊で NetBeans Expert になれる情報が満載です。


執筆にご協力いただいたみなさま、技術評論社の馮さん、本当にありがとうございました。特に櫻庭さんには本当にお世話になりました。ありがとうございました! また取りまとめ役をしてくれた橘さん、お疲れさまでした&ありがとう!

Monday Sep 01, 2008

JRuby 1.1.4 がリリース、NetBeans 6.5 日本語開発ビルドにも統合

JRuby 1.1.4 がリリースされました。今回のポイントリリースも互換性の修正とパフォーマンス向上がメインのようです。また Ruby 1.9 のサポートも入り始めたようです。詳細は http://jruby.codehaus.org/をご覧下さい。ダウンロードは  http://dist.codehaus.org/jruby/から出来ます。

また NetBeans 6.5 開発ビルドにも速攻で入ってきました。8/30日付のビルドはすでに 1.1.4 に切り替わっています。

Ruby プロジェクトを作成する時にはバンドルランタイムはすでに 1.1.4 になってます。



NetBeans 6.5 の開発ビルドは現在日本語で試す事ができます。ぜひダウンロードしてインストールしてみてください。

Wednesday Aug 20, 2008

NetBeans 6.5 の C/C++, Ruby, PHP は JRE だけで動きますよ!

NetBeans 6.5 Beta のダウンロードページを見ていて気がついたのですが、



あ〜なるほど、Ruby、PHP、C/C++ は JDK ではなく JRE だけで動くようになったんですね。今までは Java の IDE ということで JDK が必要だったのですが、Java を使わない開発では NetBeans 自体を動かすためだけに JRE だけで大丈夫なようです。

試しに PHP 開発用のインストーラでは JRE だけの場所を指定しても怒られずインストールできました。Java 開発用のインストーラで強制的に JRE の場所を指定してみましたが、こちらは以下のように JDK がないとおこられます。インストーラもすでに対応していることがわかりますね。なるほど。


Thursday Aug 07, 2008

NetBeans 6.1 で Mongrel を使う

WEBrick のかわりに Mongrel を使うにはまず Ruby Gems マネージャーで Mongrel をインストールするところからはじめます。

「ツール」>「Ruby Gems」の「新しい Gem」から「mongrel」を検索します。mongrel を選択し「インストール」ボタンを押します。

最新のものをインストールします。

Ruby on Rails プロジェクトを作成する時にサーバーを選択できます。Mongrel をインストールしてあれば Mongrel が表示されるはずです。NetBeans 6.5 ではこの他に GlassFish が選択できます。



「サービス」ウィンドウでは Mongrel は一つのサーバーとして認識されそこから「停止」を選ぶ事ができます。


Wednesday Jul 30, 2008

NetBeans 6.5 : GlassFish V3 が Rails のデフォルトサーバーに

今のNetBeans 6.5 の開発ビルドには GlassFish V3 の b15a が入っているのですが、これをインストールしておくと Rails の WEBrick の代わりに使われるんですね。しかもこちらがデフォルトで。びっくり。ここまでやってきますか〜すごいですね。

JRuby on Rails のアプリケーションの作成ウィザードですが、GlassFish V3 がデフォルトです。WEBrick ももちろん選択可能です。



実際に実行すると GlassFish V3 の Applications ノード以下に Rails のアプリケーションが見えるようになります。


Monday Jul 28, 2008

NetBeans Ruby サポート FAQ 日本語訳

NetBeans の Ruby サポートに関して FAQ が用意されていたんですね。 一気に日本語にしてみました。おかしなところがあれば遠慮なく言ってください。wiki にアカウントを作って直接直していただいても大歓迎です。

Friday Jul 25, 2008

NetBeans JRuby/JRuby on Rails プロジェクトに jar ファイルを追加する

JRuby や JRuby on Rails のプロジェクトに簡単に外部 jar ファイルを追加するには JRuby の実行環境の lib/ ディレクトリに入れるのが手っ取り早いのですが、NetBeans ではプロジェクトのプロパティーダイアログの Java カテゴリで jar を追加できるんですね。知りませんでした。

JRuby の実行環境を汚さずさくっと試すにはとても便利です。

Monday Jul 21, 2008

JRuby 1.1.3 を NetBeans 6.1 に登録する

JRuby1.1.3 がリリースされました。82 個のバグ修正にくわえて主にパフォーマンスに関しての修正が入っているようです。
  • RubyGems 1.2
  • Greatly improved interpreter performance
  • jrubyc compiler usability improvements and bug fixes
  • Reduced memory usage and object churn
  • Dozens of IO-related and core class RubySpec fixes + reduced memory for IO
  • ThreadGroup fixes to resolve Mongrel "dead thread" issues
  • New options/properties for tweaking JIT, thread pooling, and more
  • Block invocation performance improvements
  • Much faster Time performance
  • Much better support for --debug
NetBeans で使うには ダウンロードサイトから jruby-bin-1.1.3.zip をダウンロード、展開したものを Ruby プラットフォームに追加すればいいですよね。

1. 「ツール」>「Ruby プラットフォーム」を選んで Ruby プラットフォームマネージャーを起動
2. 「プラットフォームを追加」ボタンを押しJRuby 1.1.3 を展開したディレクトリの bin/jruby を選択

これでプラットフォームとして JRuby 1.1.3 が選択できるようになります。Rails プロジェクトなどを作成するときに 1.1.3 をプルダウンメニューから選んでください。



3. Rails を使う場合には「ツール」>「Ruby Gems」で Rails をインストールするか Rails プロジェクトを作成する時にインストール

Rails がインストールされていない状態で Rails プロジェクトを作成しようとすると以下のようにエラーが表示されます。

「Rails をインストール」ボタンを押してインストールしてください。

インストールが終わるとプロジェクトウィザードで「完了」ボタンが選択できるようになります。2.1.0 がインストールされます。

Sunday Jul 20, 2008

Mashup Caravan in OSAKA, KYOTO

Mashup Award 4Mashup Caravan、大阪、京都に行ってきました。 両会場ともほぼ満席でしたね。参加してくださったみなさん、ありがとうございました&お疲れさまでした。とっても楽しかったです。渡辺さんのブログにはすでに詳細なレポートがあがっています。
私の発表資料をあげておきます。Mashup というと JavaScript でガリガリ、ということで NetBeans 6.1 の JavaScript エディタをメインに、jMaki と JRuby について紹介させてもらいました。少しでも参考になればうれしいです。
セッション中に聞いてみたのですが、NetBeans を知っている人はとても多かったです。両会場とも7割以上でした。ただねこび〜んを知っている方がとても少なかったです。もっと宣伝しないとですね!











京都会場はオープンソースカンファレンス 2008 Kansai 内でした。



なのでもじらなみなさんにもお会いすることができました。





Friday Jun 27, 2008

JRuby ウィーク、お疲れさまでした

6/26(木)には弊社セミナールームにて「JRuby の最新動向と NetBeans, GlassFish, Solaris on Sun サーバ 」セミナーが行われました。非常に多くの皆さんにお越しいただきました。ありがとうございました!

野澤さんの NetBeans、岡崎さんの GlassFish, 今回来日している Charles Nutter の JRuby 最新動向、 河原さんの Tuning Tips と盛りだくさんでしたね。



セミナー終了後はちょっとした懇親会も行われました。Tim Bray からのビデオメッセージです。



司会の大渕さんが何やら撮っています。この日発表した岡崎さん、野澤さん、河原さん、そして大渕さんは皆同期なんだそうですね!大渕さんは今日は Java Edge で名古屋かな?楽しんで来てくださいね〜



そしてこの素敵なお二人。



高井さんの「やる夫で学ぶJRuby最適化」を野澤さんが Charles に説明しています。おかしい!おっと、野澤さんがさっそく英訳してました!



今日は午前中に社内セミナーがありました。これで先週金曜日からの嵐のような JRuby ウィークが終了しました。みなさん、お疲れさまでした!
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today