Sunday Jul 27, 2008

NetBeans 6.5 : Javadoc アナライザ

久しぶりに NetBeans 6.5 の開発ビルドをさわってみました。開発ビルドはビルドが通らなかったりしていましたが少し安定してきたようです。現在は 7/25 付けのビルドは公開されています。以前紹介した Javadoc アナライザはあらかじめ入っていて問題なく使えました。「Tools」>「Analyze Javadoc」を選びます。



問題のある Javadoc や Javadoc が無い箇所を知らせてくれます。


Tuesday Jul 15, 2008

NetBeans 6.1 で Javadoc を記述するには

NetBeans 5.5.1 まで提供されていた「自動コメント」ツールは 6.0 からは提供されておらず、別の方法で Javadoc は記述することになっています。このあたりは nbusers や以下のバグレポートでも議論されていました。
  • 111463 : [60cat] Auto Comment tool missing in NB 6.0
まずエディタ上では Javadoc では以下のような @ のコード補完が提供されてるようになりました。



また設定では Javadoc が提供されていない場合や Javadoc にエラーがある場合にヒントを出す設定が可能です。これはデフォルトではオフの状態です。



以下のようのに電球マークが付き Alt-Return キーで Javadoc を作成できます。



また NetBeans 6.1 では Beta アップデートセンターでは Javadoc Analyzer というモジュールが提供されていてこれを使うのもよいでしょう。

  「ソース」>「Analyze Javadoc」を選ぶとソースをスキャンし、

 

このように Javadoc の提供されていないところ、エラーの箇所を検出してくれます。

 

バグレポートの最後のコメントにあるようにこのモジュールは trunk にすでに統合済みだそうです。ですので 6.5 には入ってきますね。

Wednesday Jul 02, 2008

NetBeans の Java SE 6 日本語 API Doc プラグイン

通常日本語の Java API doc を NetBeans から使うようにするには、次のようにします。zip は展開しなくても大丈夫なはずです。
  1. http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html から zip をダウンロード
  2. ツール>Javaプラットフォーム
  3. Javadoc にその zip を追加
これをしておくと、
  • コード補完時に API doc が日本語で表示されたり
  • 「ヘルプ」>「Javadoc 索引検索」で日本語が使えたり
  • 「ヘルプ」>「Javadoc 参照」でブラウザで参照できたり
  • 「ウィンドウ」>「その他」>「Javadoc ビュー」で日本語が表示できたり
といろいろうれしいです。

ところでこの Java API doc ですが、プラグインの形で提供されています。zip をダウンロードする必要もありませんし、設定する必要もありません。
  • Java SE 6 API Doc Japanese Version
を選択してインストールしてください。


About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today