NetBeans 6.7.1 用 WidgetFX プラグインを作ってみた

WidgetFX のサンプルプロジェクトを作る NetBeans プラグインを作ってみました。nbm は1つです。nbm を適当なところにダウンロードして、NetBeans のツール>プラグイン、ダウンロード済みタブから選んでインストールしてみてください。対応する NetBeans は 6.7.1 のみです。あくまで個人用に作ったものなので自己責任でお願いしますね。

インストール後は、普通にプロジェクトを作成します。WidgetFX アプリケーションは JavaFX カテゴリ以下に置くことにしました。

これを選んでプロジェクトを作ると JavaFX アプリケーションのプロジェクトをベースにし、
  • Widget を元にしたサンプルソース
  • JavaFX SDK の jar を追加
  • 実行方法を Java WebStart に変更
の変更の入ったプロジェクトを作成します。なのでこのまま実行して動くようになっています。

デフォルトは以下のようなアプリケーションを実行します。

今回は簡単に作ったのですがいくつか改善したい点もあります。
  • 依存関係
    プラグインをインストールする時はオンデマンド機能が入っている場合は JavaFX のプロジェクトをあらかじめ作っておいて JavaFX を有効にしておいてください。依存関係からなのか JavaFX がまだ有効になってない場合はエラーになってしまいます。
  • WidgetFX の Javadoc
    ライブラリには WidgetFX の SDK の jar が入っています。これと一緒に Javadoc も入れたかったのですが、NetBeans が認識してくれなかったため入れていません。
  • サンプルのプロジェクト
    今回は zip にまとめたサンプルを展開するだけのプロジェクトになっています。プラグイン側から細かい指定で作成してもいいでしょうね。
このプラグインは非常に簡単なので誰でも作れると思います。参考にしたチュートリアルです。日本語訳もあるのですが最新のものとは同期がとれていないものもあります。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today