Ubuntu 8.04 で NetBeans を GTK L&F にするには

Ubuntu 8.04 で OpenJDK (openjdk-6-jdk) を使って NetBeans を起動した場合は以下のような画面になるはずです。



これは Metal ですね。フォントもデスクトップのものとは違っています。NetBeans は 6.0 から Java6 の u1 以降では Linux や Solaris では自動的に GTK のルック&フィールで起動しますが、openjdk-6-jdk は 1.6.0 なので Metal です。
openjdk-6-jdk ではなく sun-java6-jdk を使って起動してみます。JDK の切り替えはインストール時に JDK を指定しても構いませんし、インストール後であれば --jdkhome オプションで切り替えます。
% netbeans --jdkhome /usr/lib/jvm/java-6-sun



このように GNOME デスクトップと同じルック&フィールに自動的になります。openjdk-6-jdk で GTK のルック&フィールを使いたい場合には --laf オプションで切り替えられます。
% netbeans --laf com.sun.java.swing.plaf.gtk.GTKLookAndFeel
逆に sun-java6-jdk を使っているのだけど Metal のほうがいいという方は次のようにして起動してみてください。
% netbeans --laf javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel 
コマンド行から指定するのがいちいち面倒な場合は起動時オプションを NetBeans をインストールしたディレクトリの etc/netbeans.conf に記述しておくことができます。詳しくは以下の FAQ をご覧ください。 どの JDK を使っているかがわからなくなったら「ヘルプ」>「製品について」を選んでください。NetBeans のバージョン、JDK のバージョンなどがわかります。メーリングリストなどで不具合などを報告していただく場合はこれらの情報が役に立ちますのでよろしくお願いします。

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today