日本 Ruby 会議 2008

Ruby 会議 2008 も無事終わりましたね。運営スタッフのみなさん、発表者のみなさん、参加されたみなさん、本当にお疲れさまでした。今回もたくさんの方とお話できて楽しかったです。今回展示ブースがあったわけですが、ねこび〜ん入りの NetBeans パネルがあったのに気がつきましたか?この素敵なパネルをデザインしてくれたのはなんと(なぜか?)デザイン部の岡崎さんです。



今回は多目的ホールで展示していたりで大ホールにはなかなかいけなかったのですがこの二人が発表するというので聞きにいきました。「Real-World Enterprise Ruby」の大場さんと高井さんです。



ハイ、NetBeans 6.1 推奨ですよ、みなさん!



高井さんの Reject 会議での「やる夫で学ぶJRuby最適化」もおもしろかったです。下の写真は Reject Reject 会議のヨシオリさんの「3の実装の時にアホになる Ruby」です。思いっきり笑ってしまいました。



ライトニングトークス、みなさん、上手ですよね〜単にウケ狙いではなく一番主張したいあたりでうまく笑いをもってくるあたりがさすがです。岡崎さんと少し話をしたのですけど、いつもやっているJava ホットトピックセミナーでも普段参加してくださっているみなさんにライトニングトークスしてもらうなんてどうかな〜なんて思いました。楽しそうですよね。

最終日の午後に突然きしださんが会場に現れました。飲み会のにおいしました?ということで、その日はつくばで飲んで帰りました〜お疲れ様でした!
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today