OpenSolaris Preview 2009.06 を VirtualBox にインストール

次の OpenSolaris のリリース、2009.06 の開発も大詰めですね。プレビューが出ています。ビルド番号は 111 です。http://www.genunix.org/ からダウンロードできます。

実機にインストールする前に VirtualBox に入れて確認してみます。先日 Mac OS X にインストールした VirtualBox 2.2 へ入れてみます。インストールは簡単です。OpenSolaris 用の仮想マシンを作ってダウンロードした iso イメージを CD イメージとして設定します。詳細は以下を参照してください。
OpenSolaris 111
インストール後のログイン画面です。2008.11 と変わってないですよね、たぶん。

OpenSolaris b111

ログインした後のデスクトップです。デスクトップのバックグラウンドは 2008.11 からは変わりましたよ。なんとなくですが Ubuntu 8.10 ぽいような...

OpenSolaris b111

忘れないうちに Guest Additions をインストールしておきましょう。VirtualBox のメニューの「デバイス」から「Guest Additions のインストール」を選びます。すると /media/VBOXADDITIONS_2.2.0_45846 などに CD イメージがマウントされます。Solaris の場合は Solaris 用のパッケージを追加します。
% pfexec pkgadd -d VBoxSolarisAdditions.pkg
OpenSolaris b111

ほ〜 Compiz も動くのですね。

OpenSolaris b111

次は実機にインストールしてみたいと思います。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today